INOUE Shinji

J-GLOBAL         Last updated: Apr 19, 2019 at 08:01
 
Avatar
Name
INOUE Shinji
Affiliation
Niimi College
Section
Faculty of Health and Welfare, Department of Social Work
Job title
Others
Degree
-(Kwansei Gakuin University)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2001
Graduate School, Division of Sociology, Kwansei Gakuin University
 

Published Papers

 
水口 由紀子, 中新 美保子, 井上 信次
川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal   27(1) 63-73   Jul 2017
青年期大学生の親準備性の現状とそれを育む要因を明らかにすることを目的に,医療福祉系 A 大学1年生の男女816名を対象に質問紙調査を行った.調査時期は2016年4月~6月,郵送法にて回収した. 結果,190名から回答が得られ,以下のことが明らかになった.1)親準備性の構成要素として,【親 になることの意義】【乳児・育児への好意感情】【親になることへの負担感・不安感】【親になること への要件】【世代の継承】の5因子が抽出された.2)親準備性を育む要因11項目および教育の記憶やきょ うだいの有...
貞政 宗司朗, 中新 美保子, 井上 信次
川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal   27(1) 193-203   Jul 2017
超重症児(者)に関わる看護師のQOLとストレス・コーピングの実態を明らかにすることを目的に、四国・中国地方の重症児(者)施設(病棟)の看護師を対象にSF-36(QOL)、SCI(Lazarus Type Stress Coping Inventory)を用いた質問紙調査を行い、203名(男性32名、女性171名。看護師経験年数平均16.7±9.3年)より有効回答を得た。その結果、当該看護師の健康関連QOLの3コンポーネント・サマリースコア(身体的、精神的、役割/社会的)は、国民標準値と比較...
井上 信次
川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal   27(1) 129-137   2017
本稿の目的は,質問紙調査において,等間隔性を持つ尺度の一例を提示することである.調査票は2016年12月上旬,ある講義において,95部を配布し,80部を回収した(84.2%).回収した調査票はす べてを有効回答票とした.2変数のそれぞれの算術平均値の算術平均値(μ)において,算術平均値の 差の90% 信頼区間が -0.20μ~ +0.20μにある場合を「同等性が高い」,同じく -0.30μ~ +0.30μにある 場合を「同等性がやや低い」,これら以外を「同等性が認められない」とした.分析の...
井上 信次, 熊谷 忠和, 下田 茜
川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal   25(2) 301-306   Jan 2016
井上 信次
川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal   25(1) 23-35   Jul 2015
 本稿の目的は,質問紙調査における,回答のしやすさと統計学的な妥当性が成立する尺度のカテゴリ数について明らかにすることである.筆者は,医療福祉の利用者を調査対象とする場合,最小限の負担であることが好ましく,また尺度のカテゴリ数は少ない方がよいと考える.回答のしやすさと統計学的な妥当性が成立する尺度のカテゴリ数,さらには質問項目数の分析が必要である.医療福祉分野の研究の中で,以上の関心をもった研究をみることはできない.調査は2015年1月下旬に筆者が行う講義において,質問紙を配布し,回収した...
松宮 透高, 井上 信次
厚生の指標   61(15) 22-27   Dec 2014
目的 児童福祉施設における,親にメンタルヘルス問題がみられる入所児童への家庭復帰支援の現況を明らかにし,その促進に向けた課題を提示することが本研究の目的である。方法 中国地方5県に所在する児童福祉施設(児童養護施設,乳児院,情緒障害児短期治療施設,児童自立支援施設)に対し,所属する家庭支援専門相談員(FSW)への質問紙調査を行った。質問紙では入所する全児童の個々について,属性,被虐待経験の有無,親や世帯の状況などをたずね,家庭復帰の見込みおよび支援実施状況との関連性を統計的に分析した。結果...
生きていることの有意味感 ハンセン病当事者のライフストーリー分析から
熊谷 忠和, 井上 信次
保健医療社会学論集   24(特別) 52-52   May 2013
出宮 由季, 井上 信次, 小河 孝則
人権教育研究   12(0) 45-54   2012
井上 信次, 松宮 透高
川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal   21(1) 121-126   Jul 2011
メンタルヘルスに問題のある親による児童虐待に対する保健師の問題意識について、保健師219名を対象に質問紙調査を実施した。その結果、親にメンタルヘルス問題がある場合の困難感は、児童虐待やメンタルヘルス問題に関するスキルや保健師としての経験の長短とは関係がなかった。また、対応頻度が多くなることで更に対応上の困難感が増していた。この対応上の困難感の要因を明らかにするとともに、その軽減に寄与する因子を明らかにしていく必要があると思われた。多くの回答者が対応上の困難感を抱く事例に対して、現時点では積...
Inoue Shinji, Okamoto Nobuo
Kawasaki medical welfare journal   20(2) 331-345   2011
The purpose of this paper is to reconsider people waiting for admission to special nursing homes from the aspect of outreach, not from the ideal and the standard of priority entrance. In March through June, 2009, a postal survey was conducted usin...
Inoue Shinji, Kumagai Tadakazu
Kawasaki medical welfare journal   20(2) 427-435   2011
本稿の目的は,米国,英国,日本でソーシャルワークコースに在籍する学生を対象に実施した質問紙調査を基に,コースの選択理由等の実態や学生らのもつ諸価値を明らかにすることである(以下,米国,英国の2つの国を他国とする).本稿は,筆者らが行っている,(医療)ソーシャルワーカー(以下,SWr)の養成に関する国際比較研究のための基礎的研究に位置づけられ,今後の本格的な研究のための布石である.本調査において,SWrの専門職課程に所属する各国の学生を比較したところ,他国の学生は,他国の学生より将来,SWr...
Kumagai Tadakazu, Inoue Shinji, Cleminson Tim
Kawasaki medical welfare journal   20(2) 437-446   2011
The aim of this research is to create a comprehensive educational model for the training of public health social workers. One of the key areas in this study is the role of practical placements(field education)in the undergraduate and graduate curr...
Inoue Shinji, Matsumiya Yukitaka
Kawasaki medical welfare journal   21(1) 121-126   2011
Inoue Shinji, Matsumiya Yukitaka
Kawasaki medical welfare journal   20(1) 107-116   2010
The first purpose of this paper is to analyze the consideration of family social workers in children's welfare institutions for parents with mental health problems and abused children. The second purpose is to clarify the tasks of the social worke...
Okamoto Nobuo, Inoue Shinji
Kawasaki medical welfare journal   20(1) 231-234   2010
Kumagai Tadakazu, Matsumiya Yukitaka, Inoue Shinji, Ogawa Takanori
Kawasaki medical welfare journal   18(2) 347-360   2009
The purpose of this study is to examine set factors in Health Esteem (HE) which were discussed previously in `A Study on Inequalities in Health based on Medical Welfare (1)' through the method of a `life story study,' in particular, through the in...
Okamoto Nobuo, Inoue Shinji
Kawasaki medical welfare journal   18(2) 471-474   2009
Ando Masato, Ogawa Takanori, Yoshimoto Kazuo, Tanaka Masaaki, Inoue Shinji, Kawakami Noriko, Koike Daisuke, Tanikawa Tomohiro, Yoneda Tsuyoshi
Kawasaki medical welfare journal   18(2) 511-513   2009
"Inoue Shinji, Matsumiya Yukitaka, Kumagai Tadakazu, Ogawa Takanori"
Kawasaki medical welfare journal   17(2) 303-312   2008
"The purpose of this article is to insist on an antithesis against the ongoing situation where the term ""inequalities in health"" is used too lightly and to make clear that ""inequalities in health"" is the difference of the availability of the r...
松宮 透高, 井上 信次
Research-aid paper of the Meiji Yasuda Mental Health Foundation   (44) 188-197   2008
INOUE Shinji
SOSHIOROJI   50(1) 69-85,166   2005
 The purpose of this paper is to analyze the AD/HDs Association of Parents (oyanokai) and to suggest that it produces and reproduces specialized knowledge in situations that are not always controlled by professionals. In this discussion, we sugges...
井上 信次
Kwansei Gakuin University School of Sociology journal   94(94) 99-113   2003

Books etc

 
メディックメディア   May 2011   ISBN:4896323874
メディックメディア   Apr 2010   ISBN:4896323300
メディックメディア   May 2009   ISBN:4896322665

Conference Activities & Talks

 
遺伝性疾患の否定的イメージに関連する要因の網羅的検討 遺伝差別の軽減を目指して
小西 陽介, 升野 光雄, 山内 泰子, 井上 信次, 黒木 良和
日本遺伝カウンセリング学会誌   May 2017   
青年期大学生の親準備性を育む要因の検討 教育に焦点を当てて
水口 由紀子, 中新 美保子, 井上 信次
岡山県母性衛生   Mar 2017   
遺伝カウンセラーの自己開示がクライエントへ及ぼす影響
小西 陽介, 安達 容枝, 升野 光雄, 山内 泰子, 井上 信次, 黒木 良和
日本遺伝カウンセリング学会誌   Mar 2016   
遺伝カウンセリングにおける遺伝カウンセラーの自己開示がクライエントへ及ぼす影響
安達 容枝, 升野 光雄, 山内 泰子, 井上 信次, 黒木 良和
日本遺伝カウンセリング学会誌   May 2015   
遺伝カウンセリングにおける遺伝カウンセラーの自己開示がクライエントへ及ぼす影響
安達 容枝, 升野 光雄, 山内 泰子, 井上 信次
川崎医療福祉学会誌   Jan 2015   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2007 - 2009    Investigator(s): Shinji INOUE
We did theoretical investigation, 1 quantitative research, and 2 qualitative researches. First, the questionnaire intended for waiting list at the special elderly nursing home was investigated in quantitative research in 2007. In the research, we ...
Organization and Transformation of School Education System
The Other Research Programs