IEMOTO Mami

J-GLOBAL         Last updated: Nov 30, 2018 at 19:18
 
Avatar
Name
IEMOTO Mami
Affiliation
Setsunan University
Section
Faculty of Law Department of Law
Job title
Lecture
Degree
Master(Kwansei Gakuin University), LL.M.(The United States of America)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2001
Graduate School, Division of Law, Kwansei Gakuin University
 
 
 - 
2003
Graduate School, Division of Law, The University of Iowa, College of Law
 
 
 - 
2005
Graduate School, Division of Law, Kwansei Gakuin University
 
 
 - 
1997
Faculty of Law, Konan University
 

Published Papers

 
家本 真実
摂南法学   (49) 1-52   Aug 2014   [Refereed]
家本 真実
摂南法学   (46) 29-92   Jan 2013   [Refereed]
Iemoto Mami
The journal of law & politics   52(2) 645-690   Sep 2001
Introduction As in modern European societies, in the United States the principle of freedom of contract holds the premise that courts generally leave it up to both parties to evaluate the reasonableness of an agreement. Even so, there are some rul...

Misc

 
Matal v. Tam, 137 S. Ct. 1744 (2017)
IEMOTO Mami
AMERICA HO   (2018-1) 91-96   Dec 2018   [Refereed][Invited]
Doctrine of Foreign Equivalent in U.S. Trademark Law and Relevancy of Foreign decisions in U.S. Courts- Otokoyama Co. Ltd., v. Wine of Japan Import, Inc., 175 F.3d 266 (2d Cir.1999)
Mami Iemoto
Setsunan Law Review   (51・52) 121-133   Feb 2016   [Refereed]
アメリカで自社の日本酒を販売する日本の酒造メーカーが、アメリカで登録済みの商標を、アメリカで酒類の輸入販売を手掛ける会社が無断で使用したとして、商標権侵害であると主張し提訴した事件に対して、一般名称は商標としてほごされるものではないと判断した裁判所の判決について評釈をおこなった。
Book Review: PATRICIA AUFDEREHEIDE AND PETER JASZI, RECLAIMING FAIR USE: HOW TO PUT BALANCE BACK IN COPYRIGHT
Mami Iemoto
AMERIKA HO   2014(2) 364-371   Apr 2015   [Refereed][Invited]
アメリカで、既存の著作物を著作権者に無断で使用しても著作権侵害とならないとする「フェア・ユース」理論に関係する問題に実践的に携わってきた、アメリカン大学のAUFDEREHEIDE教授とJASZI教授の共著『フェア・ユースの再生』につき、紹介をおこなった。他人の著作物をどのように使用すればフェア・ユースであるとして著作権法上の問題が生じることにならずに済むのか、これまでのフェア・ユースを取り巻く歴史や判決を挙げながら、説明を試みた本書の内容を紹介、論評した。
「音楽をめぐる著作権侵害訴訟で原告の立証を不十分とするサマリー・ジャッジメント(事実審省略判決)が上訴審で支持された事例」(US Case Studies 第10回)
Mami Iemoto
(19) 30-37   May 2007   [Refereed][Invited]
作曲家が、自身の創作した楽曲を無断で使用されたとして使用料を求めた事例につき、同じ曲で長さの異なる2つのバージョンのうち、著作権登録をおこなっていなかったロング・バージョンにつき、被告による著作権侵害があったかどうかについて争われた事例を紹介した。原告がショート・バージョンのみ著作権登録をしていたことから、ショート・バージョンと重複する部分にのみ著作権保護が及んだという点が、興味深いと思われた。
「製造物責任訴訟において、アメリカ合衆国における会社規模や販売実績や経営戦略から、当該州の裁判所の一般的管轄権が及ぶのに必要な『継続的かつ組識的な接触』が存在すると判断されたロングアーム法と裁判管轄に関する事例」(US Case Studies 第2回) 
Mami Iemoto
(11) 25-30   Sep 2006   [Refereed][Invited]
日本の著名なタイヤメーカーが、アメリカで製造物責任訴訟の被告となった事例において、当該メーカーがアメリカ国内で直接販売をおこなっていない場合でも、その経営の手法や戦略などから製造物責任を問われることがあると判断された例を紹介した。日本の企業が、アメリカにおいて訴訟当事者となる例の1つとして紹介に値すると考えられたため、批判をおこなった。

Books etc

 
monogram ART
IEMOTO Mami (Part:Joint Work, "Monogram" Artworks and Law)
KUNST ARZT   Mar 2014   

Conference Activities & Talks

 
Matal v. Tam, 137 S.Ct. 1744 (2017)
Mami Iemoto
Japanese American Society of Legal Studies Recent Case Workshop   2 Dec 2017   Japanese American Society of Legal Studies
Asian-American music group named itself "THE SLANTS" and tried to register the name. The U.S. Patent and Trademark Office rejected their registration on the ground that Lanham Act (15 U.S.C.A. § 1052(a)) prohibits any trademark that could "dispara...
Beyond a reasonable doubt-「少年が父親を殺した」ことに合理的な疑いは残らないか?
Mami Iemoto
The Association for Teaching English through Movies Kansai 9th Annual meeting   8 Oct 2011   The Association for Teaching English through Movies Kansai
「映画『十二人の怒れる男』徹底活用法」と題された本大会において、映画の主役である「陪審」がおこなった判断について、アメリカ法の研究者という立場から解説を加えた。

Research Grants & Projects

 
Anglo-American Copyright Law
Project Year: 2005   
Unconscionability in Anglo-American Contract Law