新井 英靖

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/18 03:02
 
アバター
研究者氏名
新井 英靖
 
アライ ヒデヤス
所属
茨城大学
部署
教育学部学校教育教員養成課程 特別支援教育コース 障害児教育教室
職名
教授
学位
博士(東京学芸大学)
その他の所属
茨城大学
科研費研究者番号
30332547

プロフィール

(研究経歴)
1)英国の特別な教育的ニーズ概念に関する歴史的研究
 この研究では、第二次世界大戦前後から英国が通常学校の学習困難児に対する特別な支援をどのように整備して生きたのかを歴史的に検討する中で、英国において特別な教育的ニーズ概念が提起された背景を追究する。
2)日本の通常学校における学習困難児に対する実態調査研究および支援方法に関する研究
 英国の研究を基盤として、日本の通常学校における学習困難児(不登校児・被虐待児・LD児などを含む)の実態を調査し、今後整備すべき支援方法について検討する。近年、日本においても通常学校で特別な支援を提供しようとする枠組みが提起されたこともあり、日本の特別支援教育体制整備との関連についても言及している。
3)養護学校の教育課程および教授・学習過程の研究
 養護学校(主として知的障害児)の授業づくりに関する全般を扱っている。障害児の教育課程論、教授学習論・教材/教具論・授業評価論・教育内容論などを体系的に研究している。

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
2000年9月
東京都立久留米養護学校(教諭)
 
2000年10月
   
 
茨城大学教育学部(講師)
 
2007年10月
   
 
茨城大学教育学部(准教授)
 
2019年4月
   
 
茨城大学教育学部(教授)
 

委員歴

 
2019年10月
 - 
2020年3月
茨城県教育委員会  特別支援教育推進会議委員
 
2019年5月
 - 
2020年3月
茨城県教育委員会  幼児教育指導資料集編集委員
 
2016年4月
 - 
2020年3月
鹿嶋市教育委員会  鹿嶋市特別支援教育推進会議委員
 
2013年4月
 - 
2021年3月
日本学校ソーシャルワーク学会  査読委員
 
2013年1月
 - 
2020年8月
日本特殊教育学会  編集委員
 

論文

 
児童の思考の深化を促す教師の指導技術に関する研究ー小学校に勤務する4名の教師へのインタビュー調査を通してー
小里直通・新井英靖
茨城大学教育学部(教育科学)   (68) 217-224   2019年1月
知的障害特別支援学校の授業づくりに関する質的研究ーミドルリーダーの実践知の質的分析を通してー
遠藤貴則・新井英靖
茨城大学教育学部紀要(教育科学)   (68) 225-241   2019年1月
地域若者サポートステーション利用者の学びと社会的つながり
新井英靖・湯浅恭正・福田敦志・吉田茂孝
茨城大学教育実践研究   (37) 181-193   2018年11月
イギリスのディスレキシア・フレンドリー・スクールに関する研究-英国ディスレキシア協会の評価項目を中心に-
根矢悠花・新井英靖
茨城大学教育実践研究   (37) 195-207   2018年11月
特別支援教育における若手教師の実践力育成方法に関する検討-実践的科目を受講した大学院生の授業評価アンケートから-
新井英靖・細川美由紀
茨城大学教育実践研究   (37) 169-180   2018年11月
さまざまな生きづらさをかかえる子ども・青年の学び合い-学習困難児の参加と学びにつながる教科指導の方法-
新井英靖
『SNEジャーナル』   24 9-23   2018年10月   [査読有り][招待有り]
特別支援学校教員養成課程で学ぶ学生の学修ニーズと学修カリキュラムに関する検討
新井英靖
日本教育大学協会研究年報   36 73-83   2018年3月   [査読有り]
身体活動に制限のある子どもに対する教科学習の方法
新井英靖・三浦佳苗
茨城大学教育実践研究   36 197-205   2017年11月
肢体不自由特別支援学校における音楽の活用に関する考察ー重度・重複障害児を担当する教師に対するインタビュー調査から-
高橋結・新井英靖
茨城大学教育実践研究   36 207-217   2017年11月
英国におけるインクルーシブ学校の学校方針に関する検討 ー キングスリー初等学校の事例からー
新井英靖
茨城大学教育実践研究   35 205-217   2016年11月
英国における「いじめ」問題に対する学校全体からのアプローチ-特別なニーズのある子どもに対する「いじめ」の実態と対応をふまえて-
新井英靖
学校ソーシャルワーク研究   (10) 49-59   2015年11月   [査読有り]
キャリア発達の基盤となる人間関係形成能力の指導ー自己理解・他者理解の成長をめぐってー
新井英靖
発達障害研究   35(4) 47-53   2013年11月   [査読有り]
英国インクルーシブ教育実践の展開と教授方法の改善
新井英靖
障害者問題研究   39(1) 44-48   2011年5月
英国の行動上の困難を示す子どもに対する教育的対応に関する研究~人格・社会性・健康教育(PSHE)に注目して~
新井英靖
学校ソーシャルワーク研究   5 30-40   2010年7月   [査読有り]
Development of Support Systems for Children with Learning Difficulties in Primary and Secondary Schools in London
Hideyasu Arai
The Japanese Journal of Special Education   47(6) 471-482   2010年3月
特別支援教育の巡回相談と被虐待児の支援
新井英靖
『発達障害と「不適応・いじめ・被虐待」問題』(日本特別ニーズ教育学会編)   (3) 71-86   2009年12月
英国のパストラル・ケアの発展過程に関する研究
新井英靖
茨城大学教育実践研究   (28) 65-77   2009年11月
特別支援教育に対応した小・中学校教員養成カリキュラムの改善に関する研究
是永かな子,新井英靖,石橋由紀子,平賀健太郎,水内豊和,小島道生,千賀愛,吉利宗久
日本教育大学協会研究年報   (26) 225-236   2008年3月
英国の教育福祉サービスの発展過程に関する研究
新井英靖
学校ソーシャルワーク研究   (2) 2-11   2007年9月   [査読有り]
英国の学習支援アシスタントの発展過程に関する研究
新井英靖
発達障害研究   29(4)    2007年9月   [査読有り]
特別な教育的ニーズを持つ子どもへの支援方法
新井英靖
『特別ニーズ教育と学校づくり』(日本特別ニーズ教育学会編)   (1) 56-71   2007年7月
通常学校の特別支援教育コーディネーターの役割および校内での地位に関する調査研究
新井英靖
発達障害研究   27(1) 76-82   2005年5月
英国の特別な教育的ニーズコーディネーターの役割と専門性について
『特殊教育学研究』(日本特殊教育学会編)   42(5) 351-356   2005年1月
英国1981年教育法の『統合教育』に関する研究‐1981年教育法の審議過程にもとづいて‐
『関東教育学会紀要』(関東教育学会編)   31 1-11   2004年10月
英国の特別な教育的ニーズ概念に関する理論的検討と『特別教育』改革の視座
『日英教育研究フォーラム』(日英教育学会編)   8 39-55   2004年7月
通常学級に在籍する病弱児の支援システムに関する研究‐心臓病児の保護者のニーズ調査から‐
『SNEジャーナル』(特別なニーズ教育とインテグレーション学会編)   9 28-41   2003年10月
イギリス1960年代〜1970年代における『統合』政策に関する研究
『発達障害研究』(日本発達障害学会編)   25(1) 39-49   2003年5月
病弱教育の現状と在宅訪問教育の課題
『日本在宅ケア学会誌』(日本在宅ケア学会編)   6(3) 18-22   2003年3月
イギリス特別教育史の構想―第二次世界大戦後の『学習困難』問題と特別教育改革―
『日英教育研究フォーラム紀要』(日英教育研究フォーラム:現 日英教育学会編)   6 99-108   2002年9月
イギリス1944年教育法における『教育遅滞』概念の成立過程に関する研究-1920年代の学業不振問題に対する『特殊教育』の枠組みの変化を中心に-
『障害者問題史研究紀要』(精神薄弱問題史研究会編)   39 49-56   2000年9月
イギリスの『学習困難児』問題への教育的トリートメントに関する一研究-1950年代から1960年代の通常学校における特別な教育の展開過程を中心に-
『SNEジャーナル』(特別なニーズ教育とインテグレーション学会編)   5 56-78   2000年3月

Misc

 
アクティブ・ラーニングとインクルーシブ教育
新井英靖
授業づくりネットワーク   25 22-27   2017年4月   [依頼有り]
これからの教材研究ー特別支援教育の立場からー
新井英靖
『学校教育』   (1183) 14-21   2016年3月   [依頼有り]
人との関わりの中で主体的に働く力を育てる作業学習-吹き出しの指導案およびエピソード記述を用いた実践研究-
錦織聡子・赤荻浩之・神戸久美子・芦田良衣・山崎敏子・渡邉慶・三中西純・奥本富美子・新嶌一隆・新井英靖
茨城大学教育実践研究   (34) 81-95   2015年11月
特別支援教育と学校ソーシャルワーク
新井 英靖
日本学校ソーシャルワーク学会10周年記念誌   27-30   2015年6月
2000年代の英国インクルーシブ教育に関する実践原理と教育方法
茨城大学教育学部紀要(教育科学)   64 185-193   2015年3月

書籍等出版物

 
「カリキュラムづくりと教授・学習」「学習指導案の教授学」.障害児の教授学研究会編『アクティブ・ラーニング時代の実践をひらく 「障害児の教授学」』
新井英靖 (担当:共編者)
福村出版   2019年10月   
「特別支援教育の教育課程の特徴」「通常の学級に在籍する学習困難のある子どもの教育」
新井英靖 (担当:共著)
かもがわ出版   2019年7月   
「重度障害児のインクルーシブ教育」「多様なニーズとインクルーシブ教育」「心理・社会的困難を抱える子どものインクルーシブ教育」「保幼小をつなぐカリキュラムづくりの課題」「保幼・小をつなぐ算数の授業づくり」「保幼・小をつなぐ社会科の授業づくり」
ミネルヴァ書房   2019年5月   
「困った子は困っている子」論を超える.鈴木庸裕・新井英靖・佐々木千里編『多文化社会を生きる子どもとスクールソーシャルワーク』
新井英靖
かもがわ出版   2018年7月   
特別ニーズのある子どもの授業づくりと学校福祉論の視座ー「合理的配慮」と「補償」的アプローチを超えてー
新井英靖
ミネルヴァ書房   2018年3月   
内面や意識の変化を描くエピソード記述の方法
新井英靖 (担当:共著, 範囲:19-24)
福村出版   2017年9月   
アクティブ・ラーニング時代の看護教育
新井英靖
ミネルヴァ書房   2017年4月   
インクルーシブ教育の合理的配慮と実践課題
新井英靖
培風館   2016年11月   
「数えるよりも大切なことがある」茨城大学教育学部・茨城大学教育学部附属幼稚園編『楽しく遊んで、子どもを伸ばす』
新井英靖
福村出版   2016年8月   
アクション・リサーチでつくるインクルーシブ授業
新井英靖
ミネルヴァ書房   2016年3月   
「感じる・考える・伝えあう」授業づくり
茨城大学教育学部附属特別支援学校 (担当:監修)
明治図書   2016年1月   
「インクルーシブ教育実践の基本的な考え方と方法」.インクルーシブ授業研究会編『インクルーシブ授業をつくる』.
新井英靖
ミネルヴァ書房   2015年4月   
「特別支援教育の実際」.梅谷忠勇・生川善男・堅田明義編著『特別支援児の心理学』.
新井英靖
北大路書房   2015年3月   
「障害児教育・特別支援教育研究 障害児の教科学習」.日本教育方法学会編『教育方法研究ハンドブック』
学文社   2014年10月   
「子どもの実態把握と授業の構想」「子どもが主体的に学べる指導方法」「子どもが主体的に学べる授業展開」.『特別支援教育の授業づくりキーワード』
新井英靖
明治図書   2014年9月   
「想像世界で自由に表現する力を育てる国語の授業」.『ことばの授業づくりハンドブック』.
新井英靖
渓水社   2014年7月   
コミュニケーション力を育てる授業づくり
佐藤まゆみ (担当:監修)
明治図書   2014年3月   
「発達障害児などの学習困難児に対する教科指導の方法論」.日本方法学会編『教育方法42 教師の専門的力量と教育実践の課題』.
新井英靖 (担当:共著)
図書文化社   2013年10月   
「自閉症児教育の課題と集団における教育実践の展開」障害児教育実践研究会編『拓き・確かめ・響き合う知的障害児教育の実践』
新井英靖
田研出版   2013年9月   
「現代の病弱教育システムの特徴と課題」「発達障害を伴う病気の子どもの特徴と支援」.全国病弱教育研究会編『病気の子どもの教育入門』
クリエイツかもがわ   2013年8月   
「考える看護学生を育む授業づくりの基礎」新井英靖・荒川眞知子・池西靜江・石束佳子編著『考える看護学生を育む授業づくり 意欲と主体性を引き出す指導方法』
メヂカルフレンド社   2013年7月   
「生活と教科の論理をふまえた教育実践の開発」.渡邉健治監修・障害児教育実践研究会編『「考える力」を育てる教育実践の探求』
新井英靖
ジアース教育新社   2013年4月   
「インクルーシブ教育とユニバーサルデザインの授業づくり」.渡邊健治編著『特別支援教育からインクルーシブ教育への展望』.
クリエイツかもがわ   2012年9月   
発達障害児者の防災ハンドブック いのちと生活を守る福祉避難所を
新井英靖・金丸隆太・松坂晃・鈴木栄子 (担当:共著)
クリエイツかもがわ   2012年7月   
英国の学習困難児に対する教育的アプローチに関する研究
風間書房   2011年12月   
発達障害児の感情コントロール力を育てる授業づくりとキャリア教育
新井英靖・三村和子・茨城大学教育学部附属特別支援学校 (担当:共著)
黎明書房   2011年11月   
「幼児期から始めるキャリア形成」湯浅恭正ほか編著『発達障害児のキャリア形成と授業づくり・学級づくり』
新井英靖
黎明書房   2011年3月   
「コミュニケーションの基盤づくりの重要性」新井英靖ほか編著『自閉症児のコミュニケーション形成と授業づくり・学級づくり』
新井英靖
黎明書房   2011年2月   
特別支援教育における子どもの発達と教育方法
渡邉健治・新井英靖 (担当:共著)
田研出版   2010年7月   
「PISA型読解力の育成と特別支援教育」湯浅恭正編著『自立への挑戦と授業づくり・学級づくり』
新井英靖
明治図書   2009年5月   
「すべての子どもの学力保障と多様な学習支援の提供」湯浅恭正編著『子ども集団の変化と授業づくり・学級づくり』
新井英靖
明治図書   2009年5月   
「気になる子どもの発達と特別支援教育」湯浅恭正編著『芽生えを育む授業づくり・学級づくり』
新井英靖
明治図書   2009年5月   
「専門職養成の課題」富永光昭ほか編『現代教職 特別支援教育』
新井英靖
ミネルヴァ書房   2009年3月   
「新学習指導要領における職業教育と作業学習」『障害児の職業教育と作業学習』
新井英靖
黎明書房   2009年1月   
「新学習指導要領における自立活動」『障害性に応じた指導と自立活動』
新井英靖
黎明書房   2009年1月   
「英国のインクルーシブ教育の動向と実践的課題」『教育方法37』
新井英靖
図書文化社   2008年10月   
「イギリスの教育福祉サービスと教育福祉官の役割」日本学校ソーシャルワーク学会編『学校ソーシャルワーカー養成テキスト』
新井英靖
中央法規出版   2008年10月   
「英国のインクルーシブ教育の展開と教育方法論の視座」日本教育方法学会編『現代カリキュラム研究と教育方法学(教育方法37)』
新井英靖 (担当:共著)
図書文化社   2008年10月   
「気になる子ども」の教育相談ケースファイル
ミネルヴァ書房   2008年7月   
「総合的な学習の時間におけるカリキュラム開発」「行動上の困難のある子と関係を築く」湯浅恭正・新井英靖・小川英彦・高橋浩平・広瀬信雄編著『特別支援教育のカリキュラム開発力を養おう』
黎明書房   2008年7月   
「金銭とお金の指導をどのように考えるか」小川英彦・新井英靖・高橋浩平・広瀬信雄・湯浅恭正編著『特別支援教育の授業を組み立てよう』
新井英靖
黎明書房   2007年11月   
「教育課程とカリキュラム」高橋浩平・新井英靖・小川英彦・広瀬信雄・湯浅恭正編著『特別支援教育の子ども理解と授業づくり』
あら英靖
黎明出版   2007年11月   
「教育実践と教師の専門性」大沼直樹,吉利宗久編著『特別支援教育の基礎と動向 新しい障害児教育のかたち』
新井英靖
培風館   2007年10月   
通常の学級担任が見つける資源・つくるネットワーク
廣瀬由美子,新井英靖,ほか (担当:共著)
東洋館出版   2007年9月   
「イギリスの特別ニーズ教育の動向」日本特別ニーズ教育学会編『テキスト特別ニーズ教育』
荒川智、高橋智、新井英靖ほか(第3著者、他32名) (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2007年5月   
障害児者へのサポートガイド
新井英靖
中央法規出版   2007年3月   
自治体から創る特別支援教育
渡部昭男,新井英靖 (担当:編者)
クリエイツかもがわ   2006年12月   
「障害のある子どもの教育に対する諸外国の取り組み イギリス」.大沼直樹・吉利宗久編『特別支援教育の理論と方法』
培風館   2005年4月   
『気になる子どものサポートシステム』
中央法規出版   2005年3月   
「専門職の役割と養成 教師」.谷川弘治・駒松仁子・松浦和代・夏路瑞穂編『病気の子どもの心理社会的支援入門』
ナカニシヤ出版   2004年12月   

競争的資金等の研究課題

 
質的研究法を用いた若手教師の授業力向上プログラムの開発
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 新井英靖
読み書き指導に関する幼・小連携カリキュラムの開発
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 斎木久美
多職種協働によるインクルーシブ教育の推進に関する国際比較研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 湯浅恭正