基本情報

所属
宇都宮大学 教育学部 社会科教育 教授
学位
修士(教育学)(1988年3月 筑波大学)
教育学修士(1986年3月 千葉大学)

研究者番号
60260452
J-GLOBAL ID
200901030622497063

社会科教育の授業を手がかりにして、子ども達が授業を通してどのように成長するのかを探っています。分析対象が実際の子ども達なので、定期的に授業を観察したり、それを授業記録にしたり、子ども達の作文を集めたりします。子ども達が話しかけてくれたり、「溜池先生!」と呼んでくれたり、からかってくれたり、抱っこしてと言われたりするのが、研究のはげみになります。小学校1年生が3年生になるまでを追いましたが、2018年からまた小学校1年生を追い始めました。

現在(2020年)、その子らは3年生になり、「カメラマン」「溜池先生」などなど、色々な呼び方をしてくれます。担任の先生の学習指導が良くなり、以前観察した3年生と比べると、いま観察している3年生は、「その先」まで行って、成長しています。子ども達は、2年・3年と持ち上がったので、みちがえるほどに学習を進めるのが上手になりました。

 ほんの小さなことでも、子ども達からおしえてもらって少しでも良い研究ができるように、また、教育学を机上の空論ではなく、現場の先生のためのものとすべきことを重松鷹泰先生から教えられ、細々と研究を進めています。


経歴

  5

論文

  82

MISC

  2

書籍等出版物

  11

講演・口頭発表等

  17

共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

社会貢献活動

  6

メディア報道

  1