藤木 通弘

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/31 17:13
 
アバター
研究者氏名
藤木 通弘
 
フジキ ノブヒロ
所属
産業医科大学 産業生態科学研究所
部署
人間工学研究室
職名
教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1993年4月
 - 
1993年9月
香川医科大学 第2生理学研究生
 
1993年10月
 - 
1995年3月
熊本大学医学部 第一内科研究生(神経内科)
 
1995年4月
 - 
1995年11月
熊本大学医学部 第一内科医員 (神経内科)
 
1995年12月
 - 
1998年5月
熊本大学医学部 神経内科医員
 
1998年6月
 - 
1999年4月
岐阜大学医学部 第一生理学研究生
 
1999年5月
 - 
2001年4月
スタンフォード大学医学部精神行動科学講座 睡眠研究所 ポストドクトラルフェロー
 
2001年5月
 - 
2003年6月
岐阜大学医学部 第一生理学 助手
 
2003年7月
 - 
2007年10月
岐阜大学医学部助手休職、スタンフォード大学医学部精神行動科学講座 睡眠研究所 客員助教授
 
2007年2月
 - 
2007年10月
スタンフォード大学医学部精神行動科学講座 睡眠研究所 睡眠・概日リズム神経生物学研究室 副室長
 
2007年11月
 - 
2009年3月
徳島大学大学院 ヘルスバイオサイエンス研究部 情報統合医学講座 統合生理学分野 助教
 
2009年4月
 - 
2012年8月
浜松大学 保健医療学部 作業療法学科 教授
 
2012年9月
 - 
現在
産業医科大学 産業生態科学研究所 人間工学研究室 教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年
香川医科大学 医学研究科 
 
 
 - 
1988年
香川医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
日本人間工学会  代議員
 
2012年8月
 - 
現在
日本病態生理学会  学会活性化委員
 
 
 - 
現在
日本病態生理学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本睡眠学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本生理学会  評議員
 

論文

 
Visual recognition memory test performance was improved in older adults by extending encoding time and repeating test trials.
J Occup Health.   56(6) 453-460   2014年   [査読有り]
[Sleep problems in occupational health].
Fujiki N
Journal of UOEH   35 Suppl 157-162   2013年10月   [査読有り]
Ryu KY, Fujiki N, Kazantzis M, Garza JC, Bouley DM, Stahl A, Lu XY, Nishino S, Kopito RR.
Neuropathol Appl Neurobiol.   36(4) 285-299   2010年
Effects of paraxanthine and caffeine on sleep, locomotor activity, and body temperature in orexin/ataxin-3 transgenic narcoleptic mice.
Okuro M, Fujiki N, Kotorii N, Ishimaru Y, Sokoloff P, Nishino S.
Sleep   33(7) 930-942   2010年
Specificity of direct transition from wake to REM sleep in orexin/ataxin-3 transgenic narcoleptic mice.
Fujiki N, Cheng T, Yoshino F, Nishino S.
Exp Neurol.   217(1) 46-54   2009年

講演・口頭発表等

 
機械学習を用いた生体時系列データの異常検出の試み
藤木 通弘、藤原 広明
第94回日本生理学会大会   2017年3月28日   
前庭電気刺激による平衡覚と姿勢制御の評価
古野亜実、笹野紗帆里、無漏田芳野、 藤原広明、泉 博之、藤木通弘
日本人間工学会 九州・沖縄支部第37回大会   2016年10月16日   
ラット下垂体後葉におけるex vivo 蛍光タンパクモニタリングの試み
藤原 広明,松浦 孝紀,橋本 弘史,藤木 通弘,上田 陽一
第41回日本神経内分泌学会学術集会   2016年10月14日   
交替制勤務モデルマウスにおける睡眠解析
藤原 広明,笹野 紗帆里,藤木 通弘
産業医科大学学会   2016年10月1日   
教師なし機械学習を用いた生体時系列データの特徴量解析の試み
藤木通弘、藤原広明
第26回病態生理学会大会   2016年8月5日   

競争的資金等の研究課題

 
麻酔薬が大脳皮質興奮性に及ぼす影響についての二連発感覚刺激を用いた解析
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 藤木 通弘
二連発刺激による誘発電位を用いた麻酔深度・睡眠深度の新しい評価方法の開発
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 藤木 通弘

特許

 
藤木 通弘, 藤原 広明, 枝村 光浩
森田 啓之, 藤木 通弘, 後藤 太郎, 田中 邦彦