矢野 大仁

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/02 02:42
 
アバター
研究者氏名
矢野 大仁
 
ヤノ ヒロヒト
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 医科学専攻 神経統御学講座 脳神経外科学分野
職名
准教授
学位
医学博士(岐阜大学)
その他の所属
医学系研究科

プロフィール

悪性脳腫瘍の新規治療法の確立

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
2013年
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 准教授
 
 
   
 
岐阜大学 医学部 医学科 助手
 
2001年
   
 
- 岐阜大学医学部 助手
 
1990年4月
 - 
1990年4月
岐阜大学医学部附属病院臨床研修員
 
1990年5月
 - 
1990年9月
岐阜大学医学部附属病院医員研修医脳神経外科
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1990年3月
岐阜大学 医学部 医学科
 
1997年4月
 - 
2000年7月
岐阜大学大学院医学研究科  脳神経外科学
 

委員歴

 
1996年
   
 
日本脳神経外科学会  評議員
 

論文

 
In situ detection of O6-methylguanine-DNA methyltransferase messenger RNA in paraffin-embedded human astrocytic tumour tissues by nested in situ RT-PCR is useful in predicting chemotherapy-resistance of tumors.
Ohe N(Neurosurgery),Yano H(Neurosurgery),Iwama T(Neurosurgery)
IntJ Oncol.   22 543-549   2003年1月
Clinical and angiographic results ofintra-aneurysmal embolization for cerebral aneurysms and histopathological findings in an aneurysms treated with GDC
Yoshimura S(Neurosurgery)
Interv Neuroradiol.   9(suppl 1) 35-40   2003年1月
Fluorescence-guided resection of glioblastoma multiforme by using high-dose fluorescein sodium.
Yano H(Neurosurgery),Yoshimura S(Neurosurgery),Iwama T(Neurosurgery)
J Neurosurg.   99 597-603   2003年1月
Glioblastoma摘出術における蛍光色素Fluorescein-Na投与の有用性
矢野 大仁(脳神経外科学),吉村 紳一(脳神経外科学),奥村 歩(?),郭 泰彦(?),岩間 亨(脳神経外科学),篠田 淳(?),坂井 昇(?)
脳腫瘍の外科−手術による根治性と神経機能−   186-191   2003年1月

Misc

 
B7.1遺伝子導入による頭蓋内抗腫瘍効果(共著)
神経免疫研究   13 47-50   2000年
B7.1導入腫瘍細胞を用いた頭蓋内抗腫瘍免疫応答の解析
脳と免疫   13:449-453    2001年
Glioblastomaに対する定位放射線治療〜初期治療経験より〜
Neuro-onocollogy   12:47-50    2002年
Glioblastomaに対する定位放射線治療〜初期治療経験より〜.
Neuro-onocollogy   12: 47-57    2002年

書籍等出版物

 
Glioblastoma摘出術における蛍光色素Fluorescein-Na術中投与の有用性
脳腫瘍の外科   2003年   
悪性グリオーマにおける定位放射線治療による PET画像の変化
脳腫瘍の外科   2003年   

講演・口頭発表等

 
「gliomaの画像診断up to date」
矢野 大仁(脳神経外科学)
第10回日本外科病理学会   2005年10月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
脳腫瘍に対する定位的放射線治療の効果に関する研究
悪性脳腫瘍の血管増殖に関する研究

その他

 
医師免許
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医