木内 一壽

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/11 02:48
 
アバター
研究者氏名
木内 一壽
 
キウチ カズトシ
所属
岐阜大学
部署
科学研究基盤センター
職名
特任教授
学位
医学博士(名古屋大学)

プロフィール

GDNF 遺伝子の発現機構に関する研究/ドーパミン神経の生存保護因子として発見された GDNF について、その遺伝子発現機構の解明を進めている。現在は、免疫細胞系での発現機構とその作用機序を解析している。/GDNF 受容体を介する細胞内シグナル伝達の解析/アルツハイマー病発症の原因物質の一つであるアミロイド β の加水分解に係わる neprilysin について、自ら開発した高感度微量測定法を用いて、培養細胞レベルで各種ストレスの酵素活性に及ぼす影響を調べるとともに、その作用機序を解析している。/ネプリライシン活性に影響を及ぼす因子の探索とその作用メカニズムの解明

研究分野

 
 

経歴

 
1980年4月
 - 
1989年10月
名古屋大学医学部 助手
 
1989年11月
 - 
1993年9月
名古屋大学アイソトープ総合センター医学部分館 講師
 
1993年10月
 - 
2001年9月
理化学研究所バイオ・ミメティックコントロール研究センター運動遺伝子研究チーム チームリーダー
 
1999年12月
 - 
2016年3月
岐阜大学工学部 教授
 
2016年4月
 - 
2018年3月
岐阜大学 生命科学総合研究支援センター 特任教授
 

学歴

 
1970年4月
 - 
1974年3月
早稲田大学理工学部応用化学科  
 
1974年4月
 - 
1976年3月
早稲田大学大学院理工学研究科化学工学専攻  
 
1976年4月
 - 
1980年3月
名古屋大学大学院医学研究科生理系生化学専攻  
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本生化学会  評議員
 

論文

 
ニワトリ腎のグロノラクトン酸化酵素の精製とその諸性質
Development of electrodes with conductive polymer for stimulating nervous system.
Ito Y, Yagi T, Ohnishi Y, Kiuchi K, Uchikawa Y
Technical Report of IEICE   155 33-38   2000年
Takeuchi A, Miyaishi O, Kiuchi K, Isobe K
J. Neurobiol.   45(1) 39-46   2000年10月
Tanaka M, Ito S, Kiuchi K
Biochim. Biophys. Acta   1494(1-2) 63-74   2000年11月
Up-regulation of glialcell line-derived neurotrophic factor (GDNF) following traumatic spinal cord injury.
Satake K, Matsuyama Y, Kamiya M, Kawakami H, Iwata H, Adachi K, Kiuchi K
Neuroreport   11(17) 3877-3881   2000年11月

Misc

 
Shoko Shibata, Kyoji Furuta, Masahide Maeda, Masaaki Suzuki, Kentaro Oh-hashi, Kazutoshi Kiuchi, Yoko Hirata
Brain Research   1296 196-202
We show that cyclopentenone derivatives, which are synthetic analogs of cyclopentenone prostaglandins, are neuroprotective against glutamate-induced oxidative stress in HT22 cells. This effect was antagonized by a peroxisome proliferator-activated...
Junpei Norisada, Yoko Hirata, Yoko Hirata, Fumimasa Amaya, Kazutoshi Kiuchi, Kazutoshi Kiuchi, Kentaro Oh-Hashi, Kentaro Oh-Hashi
PLoS ONE   11    2016年1月
© 2016 Norisada et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source ar...
Takahiro Hikiji, Junpei Norisada, Junpei Norisada, Yoko Hirata, Yoko Hirata, Kensuke Okuda, Hideko Nagasawa, Shinsuke Ishigaki, Gen Sobue, Kazutoshi Kiuchi, Kazutoshi Kiuchi, Kentaro Oh-Hashi, Kentaro Oh-Hashi
Biochemical and Biophysical Research Communications   463 881-887
© 2015 Elsevier Inc. All rights reserved. Activation of inositol-requiring enzyme 1 (IRE1) due to abnormal conditions of the endoplasmic reticulum (ER) is responsible for the cleavage of an unspliced form of X-box binding protein 1 (uXBP1), produc...
Mikiei Tanaka, Mikiei Tanaka, Hengyi Xiao, Yoko Hirata, Yoko Hirata, Kazutoshi Kiuchi, Kazutoshi Kiuchi
Brain Research Protocols   11 119-122
Glial cell line-derived neurotrophic factor (GDNF), a potent survival and trophic factor for various neuronal cells, has been measured by assaying its bioactivity based on neurite outgrowth or cell proliferation. We describe herein a sensitive and...
Akira Ishii, Kazutoshi Kiuchi, Ryoji Kobayashi, Mariko Sumi, Hiroyoshi Hidaka, Toshiharu Nagatsu
Biochemical and Biophysical Research Communications   176 1051-1056
Involvement of Ca2+ calmodulin-dependent protein kinase II ( Ca2+ CaM-kinase II) on the phosphorylation of tyrosine hydroxylase (TH, EC.1.14.16.2) in rat pheochromocytoma, PC12h cells was examined using KN-62, 1-[N,O-Bis(5-isoquinolinsulfonyl)-N-m...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 木内 一壽
炎症ストレス下における GDNF mRNA の発現誘導を解析したところ、新規のGDNF mRNAの存在を確認したので、その構造および発現誘導機構を解析し、翻訳物の性状を明らかにする。
ネプリライシンの酵素活性に影響を及ぼす物質の探索とその有効物質の作用機序の解明
その他の研究制度
研究期間: 2006年   
アミロイドβ の主要な分解酵素であるネプリライシンの細胞表在酵素活性に影響を及ぼす物質の探索を、自ら開発した高感度な活性測定法を用いて行う。現在、活性化因子を見出したので、その作用機序について解析中である。
小胞体ストレスにより誘導される遺伝子の発現メカニズムの解析
その他の研究制度
研究期間: 2007年   
小胞体カルシウムの枯渇剤タプシガルギンにて引き起こされる小胞体ストレスにおいて発現が変動する遺伝子を DNA アレイにより分析し、変化が見られた既知、未知の遺伝子に関し、プロモーター領域の構造及び機能について解析を行う。特定の細胞でのタプシガルギン誘導性小胞体ストレスによる遺伝子発現に関して、システムバイオロジー的解析を試みる。
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 木内 一壽
線条体の損傷モデルの作製を試み、iNOSの誘導が起きることを見い出した。定位脳手術によりラットの線条体にエタノール5μlを直接注入し、線条体の約20%が変性する損傷モデルを作り、RT-PCR法により初期応答遺伝子、iNOS、サイトカイン、神経栄養因子等の遺伝子の発現パターンを経時的、空間的に解析した。損傷操作後c-fosの遺伝子発現に続いて、IL-6、G-CSF、iNOSおよびCSF-1遺伝子の誘導が起こり、エタノール注入後、各々0.5、6、12、24および72時間でその遺伝子発現が最大と...
生体の持つストレス応答機能を利用した老化制御、予防研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 磯部 健一(名古屋大学大学院医学研究科)

社会貢献活動

 
錯視:我々は脳でものを見ている
【】  2014年10月22日 - 2014年10月22日
錯視:我々は脳でものを見ている
【】  守山高校  守山高校  2015年10月22日
平成28年度岐阜大学公開講座生命科学の扉を開く~研究が皆さんの日常生活にもたらすもの~
【】  生命科学総合研究支援センター  生命科学総合研究支援センター  2016年11月20日 - 2016年11月20日