土井 守

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/26 11:16
 
アバター
研究者氏名
土井 守
 
ドイ オサム
URL
https://www1.gifu-u.ac.jp/~lar/
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 応用生物科学科 生物生産科学講座 応用動物科学系 動物繁殖学研究室
職名
教授
学位
農学 修士(岐阜大学), 農学 博士(神戸大学)
その他の所属
連合農学研究科応用生物科学研究科

プロフィール

希少動物の繁殖生理と人工繁殖/動物園と共同で絶滅の危機に瀕する哺乳動物を主な対象として,それらの繁殖生理を内分泌学的に追究している。また,ホルモン処理による発情同期化や人工授精など動物園での人工繁殖にも技術協力している。/野生動物と動物園動物の繁殖生理/動物の繁殖生理,野生動物と動物園動物の繁殖生理

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 生産環境科学課程 教授
 
1985年
 - 
1992年
岐阜大学農学部附属農場 助手
 
1992年
 - 
1995年
岐阜大学農学部 講師
 
1998年
 - 
2004年
名古屋大学非常勤講師
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1985年3月
神戸大学 自然科学研究科 資源生物科学
 
1975年4月
 - 
1979年3月
岐阜大学 農学部 家禽畜産学
 
1979年4月
 - 
1981年3月
岐阜大学大学院農学研究科家禽畜産学専攻修士課程  
 

委員歴

 
2002年
   
 
希少動物人工繁殖研究会  会長
 
1995年
 - 
2000年
東海畜産学会  評議員
 

受賞

 
2018年8月
日本学術振興会 平成29年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰
 
1985年
日本畜産学会畜産学研究奨励賞(佐々木賞)
 
2005年
日本獣医学会・獣医繁殖学分科会賞(日本獣医繁殖学学術賞)
 
2009年6月
岐阜大学職員表彰
 

論文

 
動物園のツシマヤマネコ展示における解説パネルの普及啓発効果向上の実証実験.
杉村春佳,楠田哲士,加藤俊紀,佐藤康弘,江口雄作,今西鉄也,土井 守,茶谷公一.
日本動物園水族館教育研究会誌   25 37-45   2018年   [査読有り]
Tajima H, Yoshizawa M, Sasaki S, Yamamoto F, Narushima E, Tsutsui T, Funahashi T, Kusuda S, Doi O, Tateyama Y, Kobayashi M, Hori T, Kawakami E.
J Vet Med Sci   79(1) 92-99   2017年1月   [査読有り]
Yamamoto S, Kusuda S, Horiguchi M, Ishihara Y, Doi O.
Jpn J Zoo Wildl Med   21(2) 41-45   2016年   [査読有り]
山本彩織,楠田哲士,高橋幸裕,堀 秀正,堀口政治,石原裕司,土井 守
日本野生動物医学会誌   20(3) 51-55   2015年   [査読有り]
木仁,楠田哲士,胡日査,高須正規,後藤佳恵,齋藤麻里子,香坂美和,堀 泰洋,土井 守
日本野生動物医学会誌   19(3) 87-99   2014年8月   [査読有り]
井門彩織,足立 樹,楠田哲士,谷口 敦,唐沢瑞樹,近藤奈津子,清水泰輔,野本寛二,佐々木悠太,伊藤武明,土井 守,安藤元一,佐々木剛,小川 博
哺乳類科学   54(2) 257-264   2014年5月   [査読有り]
木仁,楠田哲士,柴田枝梨,土井 守
Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine   19(2) 49-56   2014年4月   [査読有り]
Kusuda S, Hashikawa H, Takeda M, Ito H, Goto A, Oguchi J, Makino T, Doi O.
59(3) 308-313   2013年   [査読有り]
Kusuda S, Adachi I, Fujioka K, Nakamura M, Amano-Hanzawa N, Goto N, Furuhashi S, Doi O.
137 69-73   2013年   [査読有り]
Kusuda S, Yasukawa Y, Shibata H, Saito T, Doi O, Ohya Y, Yoshizaki N.
30(5)    2013年   [査読有り]
Takasu M, Hiramatsu N, Nakagawa T, Tozaki T, Kakoi H, Hasegawa T, Maeda M, Huricha, Kusuda S, Doi O, Murase T, Mukoyama H.
J Equine Sci   22(4)    2012年
ツシマヤマネコを含むネコ科動物の繁殖生理に関する研究
楠田哲士,足立 樹,下川優紀,吉崎友紀,土井 守
JVM獣医畜産新報   65(3)    2012年
楠田 哲士(岐阜大学応用生物科学部),土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
Zoo Biology   30(2) 212-217   2011年3月
吉崎 範夫(応用生物科学部),土井 守(応用生物科学部),楠田 哲士(応用生物科学部)
Journal of Poultry Science,   48(2) 119-124   2011年2月
足立 樹(岐阜大学連合農学研究科),土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
J Reprod Dev   57(2) 262-266   2011年1月
Asai, H., Watanabe, Y., Yamauchi-Kohno, R., Doi, O.
Journal of Receptors and Signal Transduction   31(6) 416-422   2011年
ニワトリの排卵周期中における卵胞重量の増加と顆粒膜プラスミノーゲン・アクチベーター活性との関係
武石 勝(日本配合飼料株式会社),土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
日本家禽学会誌   47(2) 71-77   2010年10月
楠田 哲士(岐阜大学応用生物科学部),土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
Mammal Study   35(3) 217-219   2010年9月
宇佐見 誠(国立衛生研究所),土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
Int. J. Dev. Biol.   54 1277-1285   2010年7月
足立 樹(岐阜大学連合農学研究科),土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
Theriogenology   74(8) 1499-1503   2010年7月
楠田 哲士(岐阜大学応用生物科学部),土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
Biology of Reproduction   81 1033-1040   2009年6月
Usami Makoto(国立医薬品食品衛生研究所),Osamu Doi(岐阜大学応用生物科学部)
Reproductive Toxicology   28 477-488   2009年6月
ニワトリ卵胞顆粒膜におけるプラスミノーゲン・アクチベーター活性と小卵胞の急速成長相への転移との関係
武石 勝(日本配合飼料),土井 守(応用生物科学部)
日本家禽学会誌   46(J1) 1-8   2009年4月
畜産学・応用動物学系の大学および大学院での野生動物教育の実態(2)-全国アンケート調査の集計結果-
楠 比呂志(神戸大学),土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
畜産の研究   63(3) 358-362   2009年3月
畜産学・応用動物学系の大学および大学院での野生動物教育の実態(1)-全国アンケート調査の集計結果-
楠 比呂志(神戸大学農学部),土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
畜産の研究   63(2) 281-286   2009年2月
楠田 哲士(応用生物科学部),土井 守(応用生物科学部)
Jpn J Zoo Wildl Med   13(2) 45-50   2008年9月
Usami Makoto(国立医薬品食品衛生研究所),Doi Osamu(岐阜大学応用生物科学部)
Reproductive Toxicology   83 80-96   2008年6月
性行動観察と糞中プロジェステロン測定によるアラビアオリックスの発情周期の解明と妊娠診断
土井 守(応用生物科学部)
動物園水族館雑誌   49(1) 1-7   2008年4月
ニワトリの排卵周期中における血漿と卵黄膜内層中のビテロゲニン(VTG)レベル
武石 勝(日本配合飼料),土井 守(応用生物科学部)
日本家禽学会誌   45(J1) 1-8   2008年4月
土井 守(応用生物科学部)
J Reprod Dev   53(6) 1283-1289   2007年10月
土井 守(応用生物科学部)
Jpn J Zoo Wildl Med   12(2) 111-115   2007年9月
土井 守(応用生物科学部)
Jpn J Zoo Wildl Med   12(2) 97-103   2007年9月
土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
J. Reprod. Dev.   53(5) 1099-1105   2007年6月
土井 守(応用生物科学部)
J. Vet. Med. Sci.   68(10) 1093-1095   2006年10月
フンでわかる動物の繁殖―動物園で糞中の性ホルモンを調べる―
楠田 哲士(連合農学研究科),森角 興起(横浜市繁殖センター),土井 守(応用生物科学部)
どうぶつと動物園   58(2) 28(82)-33(87)   2006年4月
土井 守(応用生物科学部)
Jpn. J. Zoo. Wildl. Med.   11(1) 25-30   2006年3月
Age-related changes in semen quality of captive bharal (Pseudois nayaur)
土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
Jpn. J. Zoo Wildl. Med.,   10(2) 91-94   2005年9月
Yoshizaki Norio(岐阜大学農学部),Doi Osamu(岐阜大学農学部),Uto Norihiko(浜松医科大学)
Current Herpetology   23 1-6   2004年6月
飼育下におけるインドゾウの行動による発情発見の可能性
土井 守(岐阜大学応用生物科学部)
日本家畜管理学会誌   40(1) 22-23   2004年4月
バクの生殖内分泌学
楠田 哲士(岐阜大学大学院農学研究科),土井 守(岐阜大学農学部)
アニテックス   16(2) 69-73   2004年3月
Kamezaki Naoki(特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会),OkiKatsuki(奄美海洋展示館),Mizuno Koujiro(特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会),Toji Taichiro(特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会),Doi Osamu(岐阜大学農学部)
Current Herpetology   21(2) 95-97   2002年12月
卵殻形成における血漿カルシウム濃度と卵殻腺部のカルシウム結合蛋白質(CaBP-D28K)mRNA発現.
後藤 尚也(日本配合飼料(株)),田上 雅之(日本配合飼料(株)),水野 雅司(日清食品(株)),亀岡 絵都子(岐阜大学農学部),武石 勝(日本配合飼料(株)),山村 奈美子(岐阜大学農学部),土井 守(岐阜大学農学部),上吉 道治(岐阜大学農学部)
日本家禽学会誌   39(J1) 25-40   2002年5月
Baba Taisuke(岐阜大学大学院連合農学研究科),Iwasawa Atsushi(岐阜大学農学部),Yano Takashi(持田製薬(株)),Doi Osamu(岐阜大学農学部),Suzuki Fumiaki(岐阜大学農学部),Nakamura Takao(岐阜大学農学部)
Journal of Poultry Science   39(2) 77-83   2002年4月
Baba Taisuke(岐阜大学大学院連合農学研究科),Iwasawa Atsushi(岐阜大学農学部),Doi Osamu(岐阜大学農学部),Suzuki Fumiaki(岐阜大学農学部),Nakamura Takao(岐阜県農業大学校)
Journal of Poultry Science   39(2) 100-108   2002年4月
土井 守(岐阜大学農学部),松岡 賢司(京都市動物園),伊藤 淳(京都市動物園),岩橋 宣明(京都市動物園),水野 章裕(京都市動物園),楠比呂志(神戸大学農学部),山田 朋美(岐阜大学農学部),寺園 美奈子(岐阜大学農学部),和田 晴太郎(京都市動物園),秋久 成人(京都市動物園),坂本 英房(京都市動物園),濱崎 勤(京都市動物園),柳本 博(京都市動物園),中野 和彦(京都市動物園)
日本野生動物医学会誌   6(2) 55-59   2001年10月

Misc

 
Osamu Doi, Tatsumi Takai, Takao Nakamura, Yuichi Tanabe
General and Comparative Endocrinology   41 156-163
Luteinizing hormone (LH) and sex steroid hormones in the pituitary, plasma, and hierarchical follicles of the quail maintained under 14L:10D condition were measured during the ovulatory cycle at 2-hr intervals using radioimmunoassay. Pituitary lev...
Y. Tanabe, T. Nakamura, H. Tanase, O. Doi
Endocrinologia Japonica   28 605-613
Plasma luteinizing hormone (LH), progesterone, testosterone and estradiol concentrations were measured from the same 10 male and 10 female chickens at various ages of 28 to 1141 days. They were kept on a photoperiod of 14 L:10 D (lights on 0500-19...
Makoto Usami, Katsuyoshi Mitsunaga, Atsuko Miyajima, Mina Takamatu, Shugo Kazama, Tomohiko Irie, Osamu Doi, Tatsuya Takizawa
Congenital Anomalies   56 52-59
© 2016 Japanese Teratology Society. The inhibition of neural crest cell (NCC) migration has been considered as a possible pathogenic mechanism underlying chemical developmental toxicity. In this study, we examined the effects of 13 developmentally...
Osamu Doi, Emi Koyama, Takao Nakamura, Yuichi Tanabe
Comparative Biochemistry and Physiology -- Part A: Physiology   74 195-198
1. 1. In continuous light, serotonin N-acetyltransferase activity in the pineal gland of 16-day-old chicks was reduced to about a half of the usual nocturnal level only in the first day, but no suppressive effect by the light was observed througho...
Yuichi Tanabe, Takao Nakamura, Koro Fujioka, Osamu Doi
General and Comparative Endocrinology   39 26-33
Testosterone, estradiol, progesterone, and LH levels in adrenals, testes, ovary, and plasma of chicken embryos and chickens were determined with radioimmunoassays. Testosterone contents of adrenal pairs from 17- and 20-day-old male and female embr...

講演・口頭発表等

 
ユーラシアカワウソにおける雌雄の行動変化を指標とした発情の推定
今井千尋,伊藤咲良,中村千穂,牧真三子,土井 守,楠田哲士
第24回日本野生動物医学会大会   2018年9月1日   
東山動物園のツシマヤマネコ展示における解説パネルの普及啓発効果の検証
杉村春佳,楠田哲士,加藤俊紀,佐藤康弘,江口雄作,今西鉄也,土井 守,茶谷公一
第2回野生動物保全繁殖研究会大会   2018年7月12日   
雌雄ゴールデンターキンにおける糞中の性ステロイドホルモン動態の長期モニタリングによる繁殖生理の解明
吉田智紀,楠田哲士,生井澤初枝,倉持 浩,太田真琴,大沼友有子,尾形光昭,土井 守
第2回野生動物保全繁殖研究会大会   2018年7月12日   
ユーラシアカワウソにおける雌雄の行動変化を指標とした発情の推定
今井千尋,伊藤咲良,中村千穂,牧真三子,土井 守,楠田哲士
第2回野生動物保全繁殖研究会大会   2018年7月12日   
飼育下の雌シンリンオオカミにおける糞中プロジェステロン上昇期および発情出血期の個体間の同調
星野 智,楠田哲士,大樂 央,齋藤恵理子,川上茂久,土井 守
第2回野生動物保全繁殖研究会大会   2018年7月12日   
チーターにおける糞中ホルモン動態を指標とした妊娠判定実施例(2006~2018年)
松原香菜,杉村春佳,土井 守,楠田哲士
第2回野生動物保全繁殖研究会大会   2018年7月12日   
ツシマヤマネコにおける死体および救護個体の血液と眼房水を用いた性ステロイドホルモン濃度測定による野外での繁殖状態の推定
Sugimura H, Kusuda S, Minoura C, Kuniyoshi S, Yamamoto H, Doi O.
対馬学フォーラム2017&アジア保全医学会第1回アジアのヤマネコ保全ワークショップ   2017年12月10日   
ツシマヤマネコにおける死体および救護個体の血液と眼房水を用いた性ステロイドホルモン濃度測定による野外での繁殖状態の推定.
杉村春佳,楠田哲士,箕浦千咲,國吉沙和子,山本英恵,土井 守.
第23回日本野生動物医学会大会   2017年9月2日   
飼育下の雌ユーラシアカワウソにおける卵巣活動の内分泌モニタリング.
今井千尋,楠田哲士,谷澤果南,伊藤咲良,穴田美佳,牧真三子,屋野丸勢津子,竹田正人,土井 守.
第23回日本野生動物医学会大会   2017年9月2日   
飼育下リカオンにおける妊娠および偽妊娠の糞中プロジェスタージェン上昇期の同調.
星野 智,楠田哲士,田島俊一郎,石田真菜,宮本知佳,土井 守.
第23回日本野生動物医学会大会   2017年9月2日   
飼育下雌アラスカラッコにおける糞中の性ステロイドホルモン代謝物の動態と体重変化からみた偽妊娠の存在について.
谷澤果南,木村 凜,長屋七奈,楠田哲士,村本ももよ,大須賀陽子,亀崎直樹,土井 守.
第22回日本野生動物医学会大会   2016年9月17日   
国内飼育下グレビーシマウマにおける卵巣活動と妊娠状況の全頭調査.
村上清香,楠田哲士,木仁,伊藤英之,森角興起,下川優紀,秋葉由紀,高原由妃,落合絵美,佐藤安優美,高桑省吾,鈴木貴久,土井 守.
第22回日本野生動物医学会大会   2016年9月17日   
ホッキョクグマの妊娠判定法の確立にむけた妊娠,偽妊娠および非妊娠における排泄物中の性ホルモン代謝物動態の比較.
髙橋愛里花,楠田哲士,佐藤伸高,土井 守.
第22回日本野生動物医学会大会   2016年9月17日   
インドサイの泌乳期における乳成分変化と繁殖状態の関係.
吉見綾音,河上 巴,楠田哲士,先崎 優,箕浦睦也,八代田真人,土井 守.
ず~だなも。動物園大学⑥ in 犬山,   2016年3月20日   
飼育下チーターにおける育子行動パターンの変化と発情回帰との関連性.
木村 凜,楠田哲士,北村昭二,齋藤恵理子,川上茂久,足立 樹,土井 守.
ず~だなも。動物園大学⑥ in 犬山,   2016年3月20日   
国内飼育下グレビーシマウマにおける卵巣活動と妊娠状況の全頭調査.
村上清香,楠田哲士,土井 守,伊藤英之.
ず~だなも。動物園大学⑥ in 犬山   2016年3月20日   
Seasonal changes in plasma steroid hormones and blood biochemistry associated with breeding and molting in captive northern rockhopper penguins Eudyptes moseleyi.
Shimabukuro U, Yamamoto S, Kusuda S, Hagino R, Ono K, Takahashi M, Tomita S, Ishizuka M, Doi O.
第6回極域科学シンポジウム   2015年11月   
野外の雌雄ニホンライチョウにおける生殖内分泌に関する調査の試み
山本彩織,楠田哲士,土井 守,中村浩志
第16回ライチョウ会議静岡大会   2015年10月   ライチョウ会議
野外の雌雄ニホンライチョウにおける生殖内分泌に関する調査
山本彩織,楠田哲士,土井 守,中村浩志
日本鳥学会2015年度大会   2015年9月   日本鳥学会
野外の雌雄ニホンライチョウにおける生殖内分泌に関する調査の試み.
山本彩織.楠田哲士.土井 守.中村浩志.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
飼育下雌グレビーシマウマにおける生殖状態の全頭調査.
楠田哲士,伊藤英之,森角興起,下川優紀,村上清香,木仁,秋葉由紀,高原由妃,落合絵美,佐藤安優美,高桑省吾,鈴木貴久,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
飼育下ラッコにおける糞中の性ステロイドホルモン代謝物の動態を指標とした生殖状態のモニタリング.
木村 凜,谷澤果南,長屋七奈,楠田哲士,村本ももよ,大越智香,大須賀陽子,亀崎直樹,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
飼育下チーターにおける育子行動パターンの変化と発情回帰との関連性.
木村 凜,楠田哲士,北村昭二,齋藤恵理子,川上茂久,足立 樹,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
飼育下スマトラトラにおける出産後の授乳行動量の変化と発情回帰について.
小川由貴,木村 凜,楠田哲士,釜谷大輔,吉住和規,曽地千尋,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
飼育下スバールバルライチョウにおける日長または照明時間が生殖腺活動に与える影響(2).
山本彩織,楠田哲士,高橋幸裕,堀 秀正,堀口政治,石原裕司,野口敦子,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
飼育下シロイルカの繁殖期に見られる行動と性ホルモン動態の関連性(第3報).
吉田智幸,大澗恵子,森 朋子,伊藤美穂,西本沙代,楠田哲士,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
飼育下ジャイアントパンダにおける尿中の13,14-dihydro-15-keto-PGF2αとセルロプラスミンを指標とした妊娠判定法の検討.
木村 凜,小川由貴,楠田哲士,堀 秀正,倉持 浩,阿部展子,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
飼育下アフリカゾウおよびアジアゾウにおける生殖腺活動と尿中セロトニン濃度の関連性.
舟橋 昂,楠田哲士,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
雌雄キタイワトビペンギンにおける血中のステロイドホルモン値と血液生化学値を指標とした繁殖と換羽の生理学的研究.
島袋羽衣,山本彩織,楠田哲士,萩野涼子,大野晃治,高橋深雪,富田峻平,石塚素美,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
鯨類における糞中の性ステロイドホルモン測定法の繁殖生理学的有用性の検討と繁殖生理のモニタリング.
大曲和海,楠田哲士,船坂徳子,櫻井夏子,清水 崇,高津智和,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
育子拒否をするアジアゾウの自然哺育に向けての取り組み.
下川英子,山田亜紀子,花木久実子,関 和也,石川康司,清水哲夫,佐藤公俊,大山裕二郎,中谷隆二,岩田 円,楠田哲士,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会議   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
PCR法による鳥類および哺乳類の性判別(4)2014~2015年の検査結果と糞中DNAによる検討状況.
山本彩織,渡部真由,楠田哲士,土井 守.
第23回希少動物人工繁殖研究会   2015年7月   希少動物人工繁殖研究会
ツシマヤマネコにおける糞中グルココルチコイド代謝物を指標としたストレス応答の評価
舟橋 昂,楠田哲士,茂木万友香,山本英恵,土井 守
第20回日本野生動物医学会大会   2014年9月   
培養ラット胚におけるバルプロ酸による発生毒性のプロテオミクス解析
宇佐見 誠, 高松 美奈, 風間 崇吾, 満長 克祥, 入江 智彦, 宮島 敦子, 土 井 守, 滝沢 達也
第54回日本先天異常学会学術集会   2014年7月   日本先天異常学会
飼育下ユーラシアカワウソの繁殖生理に関する内分泌学的調査
楠田哲士,西森紗弥,永井美帆,穴田美佳,藤田かおり,加藤朋美,村井仁志,牧 真三子,伊藤咲良,屋野丸勢津子,竹田正人,前田直樹,土井 守
第22回希少動物人工繁殖研究会議   2014年7月   希少動物人工繁殖研究会
飼育下クロサイの出産後における授乳行動量、母子活動時間および雌雄接触行動の変化
山本祥菜,小林真紀,楠田哲士,連 有吾,松浦友貴,手島有平,土井 守
第22回希少動物人工繁殖研究会議   2014年7月   希少動物人工繁殖研究会
飼育下アジアゾウの授乳行動量と子の成長に伴う運動量の変化
世良歩実,大嶋めぐ美,楠田哲士,茶谷公一,佐藤正祐,辻 信義,湯川正幸,鈴木伸子,土井 守
第22回希少動物人工繁殖研究会議   2014年7月   希少動物人工繁殖研究会
雌雄ホンドテンにおける糞中の性ホルモン代謝物の動態からみた生殖腺活動の季節性
外山美穂子,舟橋 昂,楠田哲士,見浦沙耶子,村井仁志,土井 守
第22回希少動物人工繁殖研究会議   2014年7月   希少動物人工繁殖研究会
ツシマヤマネコにおける糞中グルココルチコイド代謝物を指標としたストレス応答の評価
舟橋 昂,楠田哲士,茂木万友香,山本英恵,土井 守
第22回希少動物人工繁殖研究会議   2014年7月   希少動物人工繁殖研究会
野生ツシマヤマネコにおける糞を用いた生殖状態の内分泌学的検討
菅原 愛,楠田哲士,吉﨑友紀,足立 樹,舟橋 昂,國吉沙和子,秋葉由紀,村井仁志,土井 守
第19回日本野生動物医学会   2013年8月   第19回日本野生動物医学会大会
糞中ホルモン動態を指標とした飼育下モウコノウマの排卵周期と妊娠判定
木仁,楠田哲士,齋藤麻里子,香坂美和,堀 泰洋,土井 守
第19回日本野生動物医学会   2013年8月   第19回日本野生動物医学会大会
スマトラトラにおける糞中のステロイドホルモンおよびプロスタグランジンF2α代謝物を指標とした生殖状態の観察と妊娠判定例
小川由貴,楠田哲士,足立 樹,松井由希子,川上壮太郎,堀 秀正,橋本 渉,佐藤康弘,土井 守
第19回日本野生動物医学会   2013年8月   第19回日本野生動物医学会大会
アムールヤマネコとツシマヤマネコにおける季節と加齢に伴う精巣活動の比較
吉﨑友紀,楠田哲士,舟橋 昂,菅原 愛,村井仁志,松山 薫,永尾英史,前田亮平,佐々木真一,土井 守
第19回日本野生動物医学会   2013年8月   第19回日本野生動物医学会大会
野生ツシマヤマネコにおける糞を用いた性判別と繁殖季節に関する内分泌学的検討
菅原 愛,楠田哲士,吉﨑友紀,足立 樹,小川由貴,舟橋 昂,國吉沙和子,秋葉由紀,村井仁志,土井 守
第21回希少動物人工繁殖研究会議   2013年7月   第21回希少動物人工繁殖研究会
名古屋市東山動物園におけるアジアゾウの妊娠判定から出産日予測と育子行動の観察
楠田哲士,茶谷公一,佐藤康弘,佐藤正祐,辻 信義,湯川正幸,鈴木伸子,前野あゆみ,土井 守,川上茂久,橋川 央
第21回希少動物人工繁殖研究会議   2013年7月   第21回希少動物人工繁殖研究会
男鹿水族館GAOと釧路市動物園間のホッキョクグマの繁殖成功例における生殖状態のモニタリング
楠田哲士,萩野涼子,田口清太郎2,久保埜廣之,臼井里沙,土井 守
第21回希少動物人工繁殖研究会議   2013年7月   第21回希少動物人工繁殖研究会
飼育下雄アムールヤマネコの生殖腺活動の季節性と年齢差
舟橋 昂,楠田哲士,吉﨑友紀,菅原 愛,佐々木真一,田島日出男,山本藤生,堀 達也,土井 守
第21回希少動物人工繁殖研究会議   2013年7月   第21回希少動物人工繁殖研究会
飼育下シロイルカの繁殖期に見られる行動と性ホルモン動態の関連性
松村亜裕子,楠田哲士,小林由加子,伊藤美穂,西本沙代,大野 佳,齋藤 豊,船坂徳子,土井 守,吉岡 基
第21回希少動物人工繁殖研究会議   2013年7月   第21回希少動物人工繁殖研究会
飼育下アメリカマナティーにおける卵巣活動モニタリングのための糞中ホルモン測定の有用性の検討
吉﨑友紀,堀場拓磨,楠田哲士,柳澤牧央,小野英彦,下山紗由莉,土井 守,吉岡 基
第21回希少動物人工繁殖研究会議   2013年7月   第21回希少動物人工繁殖研究会
希少ネコ科動物の遺伝子資源の保存に向けた皮膚線維芽細胞の分化能誘導に関する研究
吉﨑友紀,舟橋 昂,相原亜希子,楠田哲士,川上茂久,青木仁美,國貞隆弘,土井 守
第21回希少動物人工繁殖研究会議   2013年7月   第21回希少動物人工繁殖研究会

担当経験のある科目

 

Works

 
雌雄ゾウの性周期に関する内分泌学的研究
1995年 - 1996年
雌ゾウの膣前庭スメアにおける脱落細胞像の周期的変化、並びに誘起排卵を起させた雌チーターの血中ホルモン濃度の変動に関する研究
1997年 - 1998年
雌アジアゾウにおける発情周期中の膣前庭粘膜面の肉眼的変化
1999年 - 2000年
鳥類と爬虫類の卵殻
土井 守(岐阜大学応用生物科学部),和田 晴太郎(京都市動物園)   教材   2004年9月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 土井 守
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 土井 守
東南アジアに生息する希少動物種を飼育している日本各地の動物園と共同して、23種の動物種の繁殖生理を内分泌学的に解明し、これらのモニタリングの結果から繁殖適期を把握した交配と動物園間での個体の移動(ブリーディングローン)の実施、交配適期における人工授精、雌雄からの配偶子の採取と凍結保存を実施した。本研究の結果、東南アジアに生息する希少動物種の保護・保全(生息域外保全)活動に貢献できる知見をほぼ得ることができた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 土井 守
アカウミガメでは、通常受精卵の頂点付近から胚の固着と卵殻の白濁が進行した。しかし、転卵区ばかりでなく通常の孵卵条件下の受精卵でも胚が卵殻上部の位置で固着せず、孵卵15日目において卵殻下部の位置で発生が進行しているものも観察できた。そのため、初期胚は必ずしも卵上部で固着し発生が進行するとは限らないものと考えられた。また、アカウミガメの受精卵において移植時に生じる胚発生の停止は、産卵後12時間以上から約40日目までに起こるものと考えられた。孵卵に必要な温度と砂中水分含量は、自然下では降水量と密...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 土井 守
和歌山県日高郡南部町千里の浜と愛知県渥美郡渥美町恋路が浜に産卵のため上陸したアカウミガメから採取した卵を用いて、1)受精卵の移植前後の発生率の変化と最適な移植時期の検討、2)発生の進行に伴う胚の固着現象の意義、3)発生過程で生じる卵殻の白濁現象の組織学的解明並びに卵白蛋白質成分の変化、5)飼育下の雌雄アカウミガメの繁殖生理に関する内分泌学的研究について実施した。1)産卵直後から産卵後16時間以内に転卵(移植)を行うと発生の停止が起こらないことや、産卵後約30日以降に行った場合でも発生率の低...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1990年 - 1991年    代表者: 田名部 雄一, 土井 守
本研究では、先ずニワトリヒナに対して様々なノイズがメラトニン日周リズム形成に与える影響を検討した。24時間ホワイトノイズを与え続けると、24日齢までメラトニン日周リズムは形成されなかった。12時間周期でホワイトノイズあるいはニワトリ雛の鳴き声を与えると、ともに音の周期に同調したメラトニン日周リズムが形成された。すなわち、ニワトリ雛がホワイトノイズの存在する恒常的な音の環境を本質的な暗期(夜)と感知し、ニワトリ雛の鳴き声の存在する断続的な音の環境を本質的な明期(昼)と感知し、音の種類によって...

社会貢献活動

 
市民講座「食べられる生命-肉と卵と牛乳の科学と実際-」
【講師】  岐阜大学応用生物科学部附属岐阜フィールド科学教育研究センター  2018年11月3日
動物の進化:恐竜から哺乳類をみる
【講師】  豊田北高等学校  出前授業  (豊田北高等学校)  2018年10月24日 - 2018年10月24日
動物園の希少動物:種の保存計画
【講師】  岐阜県立岐山高等学校  2018年10月19日 - 2018年10月19日
動物園の希少動物:種の保存計画
【講師】  学校法人溪泉学園多治見西高等学校  2018年10月3日 - 2018年10月3日
ABNステーション
【インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  長野朝日放送  ABNニュース  2018年7月18日
午後5時36分~午後6時55分
野生イノシシの雌雄判別と住宅地に徘徊する理由に関するコメントを行った。
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【講師】  愛知県一宮市(経済部経済振興課)  一宮市消費生活講座  (尾張一宮駅前ビル2階大会議室)  2018年3月19日 - 2018年3月19日
私たちは、毎日のようにニワトリの卵を食べています。現在、いろいろな卵が売られていますが、店頭に並ぶ卵の違い、新鮮さの判断基準、保存方法などについては、あまり正確に知られていません。そこで、卵に関するさまざまな疑問を科学的に解説します。
動物の進化:恐竜から哺乳類をみる
【講師】  静岡県立浜松湖東高等学校  2017年11月9日 - 2017年11月9日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【講師】  愛知県立天白高等学校  2017年11月2日 - 2017年11月2日
ウミガメの生物学と保護活動
【講師】  愛知県立春日井南高等学校  2017年11月1日 - 2017年11月1日
市民講座「食べられる生命-肉と卵と牛乳の科学と実際-」
【講師】  応用生物科学部  公開講座  2017年10月28日 - 2017年10月28日
3
動物の進化:恐竜から哺乳類をみる
【講師】  碧南高等学校  出前授業  (碧南高等学校)  2017年10月26日 - 2017年10月26日
市民講座「食べられる生命-肉と卵と牛乳の科学と実際-」
【講師】  岐阜大学応用生物科学部附属岐阜フィールド科学教育研究センター  2017年10月21日 - 2017年10月21日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【講師】  岡崎北高等学校  出前授業  (岡崎北高等学校)  2017年10月16日 - 2017年10月16日
ウミガメの生物学と保護活動
【講師】  岐阜県立加納高等学校  2017年10月5日 - 2017年10月5日
北方町内にキツネ 安藤さん 親子の写真撮影
【取材協力, 情報提供, 運営参加・支援, その他】  中日新聞  2017年8月2日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【講師】  岐阜県立本巣松陽高等学校  2017年6月22日 - 2017年6月22日
市民講座「食べられる生命-肉と卵と牛乳の科学と実際-」
【講師】  応用生物科学部  応用生物科学部  2016年12月3日 - 2016年12月3日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【講師】  岐阜県立加茂高等学校  岐阜県立加茂高等学校  2016年11月17日 - 2016年11月17日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【講師】  岐阜県立多治見高等学校  岐阜県立多治見高等学校  2016年11月10日 - 2016年11月10日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【講師】  愛知県立岡崎北高等学校  愛知県立岡崎北高等学校  2016年10月17日 - 2016年10月17日
【取材協力, 編集, 助言・指導】  日本テレビ  日本テレビ  2016年8月29日 - 2016年8月29日
【アイス・ベアー】 500キロもの距離を食べ物を探して旅するホッキョクグマの様子を追ったドキュメント番組。およそ5頭に1頭が命を落とすという過酷な長旅にカメラが密着!腹ペコの若いホッキョクグマが過酷な環境の中、エサを求めて笑いと感動の大冒険! 果たして無事生きて帰る事はできるのか?
動物の進化:恐竜から哺乳類をみる
【講師】  名古屋市立富田高等学校  名古屋市立富田高等学校  2016年6月15日 - 2016年6月15日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【講師】  クラーク記念国際高校岐阜校  クラーク記念国際高校岐阜校  2016年6月3日 - 2016年6月3日
岐阜市食肉地方卸売市場取引委員会
【】  岐阜市  岐阜市  2014年2月13日 - 2016年2月12日
ラッコの糞から分かる内分泌現象
【講師, 助言・指導】  第9回生物多様性委員会種保存事業部ラッコ計画推進会議, 株式会社鳥羽水族館  第9回生物多様性委員会種保存事業部ラッコ計画推進会議, 株式会社鳥羽水族館  2016年1月26日 - 2016年1月26日
動物の進化:恐竜から哺乳類をみる
【講師】  名城大学附属高等学校  名城大学附属高等学校  2015年12月8日 - 2015年12月8日
岐阜大学応用生物科学部附属フィールド科学教育研究センター公開講座 「食べられる生命-肉と卵と牛乳の科学と実際-」
【講師】  岐阜大学応用生物科学部附属フィールド科学教育研究センター  岐阜大学応用生物科学部附属フィールド科学教育研究センター  2015年11月28日 - 2015年11月28日
卵の講座(食品としての卵)、マヨネーズや黄身返し卵作製の実習など
市民講座「食べられる生命-肉と卵と牛乳の科学と実際-」
【】  岐阜大学応用生物科学部  岐阜大学応用生物科学部  2015年11月28日 - 2015年11月28日
岐阜大学重点(環境)講座「トリと環境の科学」
【司会, 企画】  岐阜大学連合農学研究科  岐阜大学連合農学研究科  2015年10月24日 - 2015年10月24日
河合塾岐阜校 7階71教室で開催
排泄物から分かる動物の内分泌現象
【講師】  アクアワールド茨城県大洗水族館  アクアワールド茨城県大洗水族館  2015年9月14日 - 2015年9月14日
動物園の希少動物:種の保存計画
【講師】  岐阜県立岐阜農林高等学校  岐阜県立岐阜農林高等学校  2015年7月22日
卵を究めるーおいしい卵の見分け方
【講師】  岐阜県立加茂高等学校  岐阜県立加茂高等学校  2015年6月18日 - 2015年6月18日
公益社団法人日本畜産学会理事
【】  公益社団法人日本畜産学会  公益社団法人日本畜産学会  2013年4月1日 - 2015年3月31日
東海畜産学会会長
【】  2013年4月1日 - 2015年3月31日
排泄物から分かる動物の内分泌現象 -希少動物の繁殖と保全に役立てるために-
【】  東京農業大学農学部  東京農業大学農学部  2015年2月3日 - 2015年2月3日
市民講座「食べられる生命-肉と卵と牛乳の科学と実際-」
【】  岐阜大学応用生物科学部  岐阜大学応用生物科学部  2015年1月17日 - 2015年1月17日
平成26年度東海畜産学会秋季発表会
【】  東海畜産学会  東海畜産学会  2014年12月5日 - 2014年12月5日
排泄物から分かる動物の内分泌現象
【講師】  神戸市立須磨海浜水族園  神戸市立須磨海浜水族園  2014年11月11日 - 2014年11月11日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【】  愛知県立刈谷北高等学校  愛知県立刈谷北高等学校  2014年10月23日 - 2014年10月23日
第27回生殖・発生毒性学東京セミナーでの講演会講師
【】  生殖・発生毒性学東京セミナー事務局  生殖・発生毒性学東京セミナー事務局  2014年10月3日 - 2014年10月3日
動物園の希少動物:種の保存計画
【講師】  岐阜県立羽島北高等学校  岐阜県立羽島北高等学校  2013年11月7日 - 2013年11月7日
動物園の希少動物:種の保存計画
【講師】  愛知県立春日井高等学校  愛知県立春日井高等学校  2013年11月6日 - 2013年11月6日
ウミガメの生物学と保護活動
【講師】  愛知県立豊田北高等学校  愛知県立豊田北高等学校  2013年10月16日 - 2013年10月16日
動物園の人気者 守りたい 各国サイやゾウ繁殖に力
【取材協力, 助言・指導】  愛媛新聞  愛媛新聞  2013年9月25日
消えゆく動物園の人気者 環境破壊、密猟 野生サイ、ゾウ激減
【取材協力, 助言・指導】  新潟日報  新潟日報  2013年9月24日
動物園消えゆく人気者 各国飼育下の繁殖に力
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  中國新聞  中國新聞  2013年9月24日
2013年度東海畜産学会シンポジウム
【】  岐阜大学応用生物科学部  岐阜大学応用生物科学部  2013年7月12日 - 2013年7月12日
第21回希少動物人工繁殖研究会会議
【】  土井 守(岐阜大学応用生物科学部)  土井 守(岐阜大学応用生物科学部)  2013年7月4日 - 2013年7月5日
社団法人日本畜産学会代議員
【】  社団法人日本畜産学会  社団法人日本畜産学会  2011年4月9日 - 2013年4月8日
代議員
ウミガメの生物学と保護活動
【】  愛知県立成章高等学校  愛知県立成章高等学校  2013年3月7日 - 2013年3月7日
動物園の希少動物:種の保存計画
【】  岐阜県立岐阜農林高等学校  岐阜県立岐阜農林高等学校  2012年12月20日 - 2012年12月20日
ウミガメの生物学と保護活動
【】  愛知県立春日井高等学校  愛知県立春日井高等学校  2012年11月5日 - 2012年11月5日
岐阜フィールド科学教育研究センター公開講座(卵編)
【】  JAぎふ  JAぎふ  2012年10月9日 - 2012年10月9日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【】  愛知県立豊田北高等学校  愛知県立豊田北高等学校  2012年7月31日 - 2012年7月31日
第20回希少動物人工繁殖研究会会議
【】  希少動物人工繁殖研究会  希少動物人工繁殖研究会  2012年7月2日 - 2012年7月3日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【】  名古屋市立富田高等学校  名古屋市立富田高等学校  2012年5月15日 - 2012年5月15日
フィールド科学教育研究センター公開講座
【】  JAぎふ  JAぎふ  2011年10月11日 - 2011年10月11日
卵の講座(食品としての卵)、マヨネーズや黄身返し卵作製の実習など
生物の進化
【】  岐阜大学教育学部附属中学校  岐阜大学教育学部附属中学校  2011年2月3日 - 2011年2月3日
ホッキョクグマに双子の赤ちゃん 姫路市立動物園
【】  神戸新聞  神戸新聞  2010年12月6日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【】  愛知県立江南高等学校  愛知県立江南高等学校  2010年10月28日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
【】  愛知県立豊橋東高等学校  愛知県立豊橋東高等学校  2010年10月27日
フィールド科学教育研究センター公開講座
【】  2010年10月12日 - 2010年10月12日
卵を究める-おいしい卵の見分け方
動物園の希少動物:種の保存計画
【】  愛知県立木曽川高等学校  愛知県立木曽川高等学校  2010年9月29日 - 2010年9月29日
動物園の希少動物:種の保存計画
【】  岐阜県立加茂高等学校  岐阜県立加茂高等学校  2010年9月16日
高校生のための体験実験講座
【】  2010年8月7日
卵を究める
多治見北高等学校研究室訪問
【】  2010年6月25日 - 2010年6月25日
動物園の希少動物:種の保存計画
【】  愛知県立一宮興道高等学校  愛知県立一宮興道高等学校  2010年6月14日 - 2010年6月14日
第18回希少動物人工繁殖研究会
【】  希少動物人工繁殖研究会  希少動物人工繁殖研究会  2010年6月10日 - 2010年6月11日
会長
なごや環境大学共育講座 つなぐ生命の輝き~脅かされる動物の生態に迫る~
【】  名古屋市東生涯学習センター  名古屋市東生涯学習センター  2010年6月8日 - 2010年6月8日
野生動物と自然環境 ~野生動物保全の実態に迫る~
卵から産まれる新しい命を学ぶ・・・親子教室
【】  2009年11月3日 - 2009年11月3日
岐阜大学応用生物科学部の大学紹介
【】  愛知県立新川高等学校  愛知県立新川高等学校  2009年10月29日 - 2009年10月29日
高校生のための体験実験講座
【】  2009年8月8日 - 2009年8月9日
第17回希少動物人工繁殖研究会
【】  2009年6月11日 - 2009年6月12日
会長
社団法人日本畜産学会代議員
【】  2007年4月7日 - 2009年4月6日
代議員
平成20年度東海畜産学会第2回大会
【】  2008年11月27日 - 2008年11月27日
庶務幹事
卵から産まれる新しい命を学ぶ・・親子教室
【】  2008年10月25日 - 2008年10月25日
畜産学・応用動物学(非獣医学)系の大学および大学院での野生動物教育の実態
【】  2008年9月4日 - 2008年9月4日
コーディネーターと座長
平成20年度東海畜産学会シンポジウム
【】  2008年7月9日 - 2008年7月9日
遺伝資源としてのニワトリ利活用の新展開―マーケットからバイオリソースまで―/庶務幹事
第16回希少動物人工繁殖研究会
【】  2008年7月1日 - 2008年7月2日
会長
平成19年度東海畜産学会第2回大会
【】  2007年11月30日 - 2007年11月30日
庶務幹事
動物園の希少動物_種の保存計画
【】  2007年11月1日
卵から産まれる新しい命を学ぶ・・親子教室
【】  2007年10月20日 - 2007年10月20日
平成19年度東海畜産学会シンポジウム
【】  2007年7月6日
庶務担当
第15回希少動物人工繁殖研究会
【】  神戸市王子動物園  神戸市王子動物園  2007年6月7日 - 2007年6月8日
会長
「研究室から大学は今」ホルモン分析、希少動物保全
【】  岐阜新聞朝刊  岐阜新聞朝刊  2007年1月23日
畜産学概論
【】  2006年10月31日 - 2006年11月2日
卵から産まれる新しい命を学ぶ・・親子教室
【】  2006年10月29日 - 2006年10月29日
高校生のための実験体験講座
【】  2006年8月5日 - 2006年8月6日
第14回希少動物人工繁殖研究会
【】  2006年6月27日 - 2006年6月28日
会長
未来へつなぐ命の鎖 ぞう列車は走る 戦後60年(下) 繁殖目指す試み進行中
【】  朝日新聞朝刊  朝日新聞朝刊  2005年12月15日
チャンネル長良川 エリアトピックス「卵から産まれる新しい命を学ぶ・・親子教室」
【】  ケーブルテレビCCN  ケーブルテレビCCN  2005年10月26日
フィールド科学教育研究センターでの公開講座の模様を取材。
卵から産まれる新しい命を学ぶ・・親子教室
【】  2005年10月22日 - 2005年10月22日
高校生のための実験体験講座
【】  2005年8月6日 - 2005年8月7日
第13回希少動物人工繁殖研究会
【】  2005年6月13日 - 2005年6月14日
会長
糞から性周期特定 採血困難な希少動物の繁殖に有効 初のゾウ人工授精へ
【】  産経新聞全国版朝刊  産経新聞全国版朝刊  2004年9月26日
動物園動物の繁殖生理
【】  2004年9月13日
サイエンススクール「夢のタマゴ」-卵の不思議
【】  2004年8月16日 - 2004年8月18日
第12回希少動物人工繁殖研究会
【】  2004年6月17日 - 2004年6月18日
会長
ゾウの糞で発情周期確認
【】  朝日新聞愛媛県地方版朝刊  朝日新聞愛媛県地方版朝刊  2004年6月18日
全国の動物園と共同で進めているゾウの糞を使った分析によって、雌の妊娠が確認できるなど発情周期のモニタリングがが可能となった。
希少動物保存を研究会が松山で全体会議
【】  愛媛新聞朝刊  愛媛新聞朝刊  2004年6月17日
ゾウやウミガメなど対象動物ごとにグループを組織し、繁殖生理や繁殖技術を研究している。

その他

 
2010年12月   高大連携による基礎学力の確保
平成22年度岐阜大学応用生物科学部シンポジウム