戸田 智基

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/17 16:32
 
アバター
研究者氏名
戸田 智基
URL
https://sites.google.com/site/tomokitoda/
所属
名古屋大学
部署
情報基盤センター 教育情報メディア研究部門
職名
教授
学位
博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学)

経歴

 
2003年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会 特別研究員-PD
 
2005年4月
 - 
2007年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助手
 
2007年4月
 - 
2011年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教
 
2011年4月
 - 
2015年8月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 准教授
 
2015年9月
 - 
現在
名古屋大学 情報基盤センター 教育情報メディア研究部門 教授
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年3月
名古屋大学 工学部 電気電子・情報工学科(電気電子コース)
 
1999年4月
 - 
2001年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士前期課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士後期課程
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
現在
APSIPA  Distinguished Lecturer
 
2016年6月
 - 
現在
電子情報通信学会/日本音響学会 音声研究専門委員会  専門委員
 
2016年11月
 - 
現在
IEEE Signal Processing Letters, Editorial Board  Associate Editor
 
2019年1月
 - 
現在
IEEE Signal Processing Society Tokyo Joint Chapter  Treasurer
 
2015年6月
 - 
現在
日本音響学会  代議員/評議員
 
2013年4月
 - 
現在
EURASIP Journal on Audio, Speech, and Music Processing, Editorial Board  Associate Editor
 
2015年4月
 - 
現在
Voice Conversion Challenge, Organizing Committee  Organizing Committee Member
 
2018年1月
 - 
2018年10月
DSP in vehicles 2018, Organizing Committee  Program Chair
 
2016年6月
 - 
2018年6月
国公立大学情報システム研究会  世話人
 
2016年6月
 - 
2018年6月
国公立大学情報システム研究会 編集委員会  編集委員長
 
2016年6月
 - 
2017年12月
IEEE ASRU 2017, Organizing Committee  Challenge Chair
 
2013年8月
 - 
2017年8月
日本音響学会 事業委員会  事業委員
 
2013年4月
 - 
2017年3月
情報処理学会 音楽情報科学研究運営委員会  運営委員
 
2013年6月
 - 
2017年6月
日本音響学会 編集委員会  論文部会委員
 
2014年1月
 - 
2016年12月
IEEE Signal Processing Society Speech and Language Technical Committee  Technical Committee Member
 
2010年4月
 - 
2016年12月
APSIPA Speech, Language, and Audio Technical Committee  Technical Committee Member
 
2015年9月
 - 
2015年12月
大学ICT運営協議会 2015年度年次大会 実行委員会  実行委員
 
2011年12月
 - 
2012年3月
IEEE ICASSP 2012, Organizing Committee  Organizing Committee Member
 
2013年2月
 - 
2015年1月
IEEE Signal Processing Society Kansai Chapter  Treasurer
 
2013年5月
 - 
2015年5月
電子情報通信学会/日本音響学会 音声研究専門委員会  幹事(企画)
 

受賞

 
2019年3月
大学ICT 推進協議会 2018年度年次大会 優秀ポスター賞
受賞者: 出口 大輔、清谷 竣也、大平 茂輝、戸田 智基
 
2018年3月
大学ICT 推進協議会 2017年度年次大会 優秀論文賞
受賞者: 清谷 竣也、伊藤 瑠哉、岡本 康佑、谷川 右京、大平 茂輝、出口 大輔、戸田 智基
 
2015年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2015年3月
言語処理学会 言語処理学会 第21回年次大会 優秀賞
受賞者: 小田 悠介、Graham Neubig、Sakriani Sakti、戸田 智基、中村 哲
 
2014年12月
APSIPA APSIPA ASC 2014 The Best Paper Award
受賞者: S. Takamichi, T. Toda, A.W. Black, S. Nakamura
 
2013年9月
EURASIP, and ISCA The 2013 EURASIP-ISCA Best Paper Award (Speech Communication Journal)
受賞者: T. Toda, A.W. Black, K. Tokuda
 
2013年6月
情報処理学会 情報処理学会 2012年度喜安記念業績賞
受賞者: 徳田 恵一、戸田 智基、全 炳河、山岸 順一、大浦 圭一郎
 
2012年12月
APSIPA APSIPA ASC 2012 The Best Paper Award (Short Paper in Regular Session Category)
受賞者: H. Doi, T. Toda, T. Nakano, M. Goto, S. Nakamura
 
2011年6月
電子情報通信学会/日本音響学会 音声研 2010年度音声研究会研究奨励賞
 
2010年3月
IEEE Signal Processing Society IEEE Signal Processing Society 2009 Young Author Best Paper Award
受賞者: T. Toda
 
2009年3月
日本音響学会 日本音響学会 第4回独創研究奨励賞板倉記念
 
2009年3月
日本音響学会 日本音響学会 第26回粟屋潔学術奨励賞
 
2008年12月
電子情報通信学会情報・システムソサイエティ 電子情報通信学会 2007年度情報・システムソサイエティ論文賞(連作論文)
受賞者: 全 炳河、戸田 智基、中村 勝、徳田 恵一、益子 貴史、小林 隆夫、北村 正
 
2008年11月
日本エリクソン株式会社 第10回エリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード
 
2008年3月
電気通信普及財団 第23回電気通信普及財団賞 テレコムシステム技術賞
受賞者: 全 炳河、戸田 智基、中村 勝、徳田 恵一、益子 貴史、小林 隆夫、北村 正、吉村 貴克
 
2003年3月
電気通信普及財団 第18回電気通信普及財団賞 テレコムシステム技術学生賞
 

論文

 
Improving singing aid system for laryngectomees with statistical voice conversion and VAE-SPACE
L. Li, T. Toda, K. Morikawa, K. Kobayashi, S. Makino
Proc. ISMIR   784-790   2019年11月   [査読有り]
Refined WaveNet vocoder for variational autoencoder based voice conversion
W.-C. Huang, Y.-C. Wu, H.-T. Hwang, P.L. Tobing, T. Hayashi, K. Kobayashi, T. Toda, Y. Tsao, H.-M. Wang
Proc. EUSIPCO   5 pages   2019年9月   [査読有り]
Multi-Head Decoder for end-to-end speech recognition
T. Hayashi, S. Watanabe, T. Toda, K. Takeda
Proc. INTERSPEECH   801-805   2018年9月   [査読有り]
Scene-dependent anomalous acoustic-event detection based on conditional WaveNet and i-Vector
T. Komatsu, T. Hayashi, R. Kondo, T. Toda, K. Takeda
Proc. IEEE ICASSP   870-874   2019年5月   [査読有り]
Voice conversion with cyclic recurrent neural network and fine-tuned WaveNet vocoder
P.L. Tobing, Y. Wu, T. Hayashi, K. Kobayashi, T. Toda
Proc. IEEE ICASSP   6815-6819   2019年5月   [査読有り]
Investigations of real-time Gaussian FFTNet and parallel WaveNet neural vocoders with simple acoustic features
T. Okamoto, T. Toda, Y. Shiga, H. Kawai
Proc. IEEE ICASSP   7020-7024   2019年5月   [査読有り]
Daily activity recognition based on recurrent neural network using multi-modal signals
A. Tamamori, T. Hayashi, T. Toda, K. Takeda
APSIPA Transactions on Signal and Information Processing   7(e21) 1-11   2018年12月   [査読有り]
Connectionist temporal classification-based sound event encoder for converting sound events into onomatopoeia representations
K. Miyazaki, T. Hayashi, T. Toda, K. Takeda
Proc. EUSIPCO   857-861   2018年9月   [査読有り]
Electrolarygeal speech enhancement with statistical voice conversion based on CLDNN
K. Kobayashi, T. Toda
Proc. EUSIPCO   2129-2133   2018年9月   [査読有り]
Anomalous sound event detection based on WaveNet
T. Hayashi, T. Komatsu, R. Kondo, T. Toda, K. Takeda
Proc. EUSIPCO   2508-2512   2018年9月   [査読有り]
Collapsed segment detection and reduction for WaveNet vocoder
Y. Wu, K. Kobayashi, T. Hayashi, P.L. Tobing, T. Toda
Proc. INTERSPEECH   1998-1992   2018年9月   [査読有り]
Self-produced speech enhancement and suppression method using air- and body-conductive microphones
M. Takada, S. Seki, T. Toda
Proc. APSIPA ASC   1240-1245   2018年11月   [査読有り]
An end-to-end model for cross-lingual transformation of paralinguistic information
T. Kano, S. Takamichi, S. Sakti, G. Neubig, T. Toda, S. Nakamura
Machine Translation   32(4) 353-368   2018年12月   [査読有り]
An evaluation of deep spectral mappings and WaveNet vocoder for voice conversion
P.L. Tobing, T. Hayashi, Y. Wu, K. Kobayashi, T. Toda
Proc. IEEE SLT   297-303   2018年12月   [査読有り]
Improving FFTNet vocoder with noise shaping and subband approaches
T. Okamoto, T. Toda, Y. Shiga, H. Kawai
Proc. IEEE SLT   304-311   2018年12月   [査読有り]
Back-translation-style data augmentation for end-to-end ASR
T. Hayashi, S. Watanabe, Y. Zhang, T. Toda, T. Hori, R. Astudillo, K. Takeda
Proc. IEEE SLT   426-433   2018年12月   [査読有り]
Generalization of spectrum differential based direct waveform modification for voice conversion
W.-C. Huang, Y.-C. Wu, K. Kobayashi, Y.-H. Peng, H.-T. Hwang, P.L. Tobing, Y. Tsao, H.-M. Wang, T. Toda
Proc. 10th ISCA Speech Synthesis Workshop (SSW10)   57-62   2019年9月   [査読有り]
Statistical voice conversion with quasi-periodic WaveNet vocoder
Y.-C. Wu, T. Hayashi, P.L. Tobing, K. Kobayashi, T. Toda
Proc. 10th ISCA Speech Synthesis Workshop (SSW10)   63-68   2019年9月   [査読有り]
An investigation of features for fundamental frequency pattern prediction in electrolaryngeal speech enhancement
M. Eshghi, K. Tanaka, K. Kobayashi, H. Kameoka, T. Toda
Proc. 10th ISCA Speech Synthesis Workshop (SSW10)   251-256   2019年9月   [査読有り]
Quasi-periodic WaveNet vocoder: a pitch dependent dilated convolution model for parametric speech generation
Y.-C. Wu, T. Hayashi, P.L. Tobing, K. Kobayashi, T. Toda
Proc. INTERSPEECH   196-200   2019年9月   [査読有り]
Non-parallel voice conversion with cyclic variational autoencoder
P.L. Tobing, Y.-C. Wu, T. Hayashi, K. Kobayashi, T. Toda
Proc. INTERSPEECH   674-678   2019年9月   [査読有り]
Robustness of statistical voice conversion based on direct waveform modification against background sounds
Y. Kurita, K. Kobayashi, K. Takeda, T. Toda
Proc. INTERSPEECH   684-688   2019年9月   [査読有り]
Investigation of F0 conditioning and fully convolutional networks in variational autoencoder based voice conversion
W.-C. Huang, Y.-C. Wu, C.-C. Lo, P.L. Tobing, T. Hayashi, K. Kobayashi, T. Toda, Y. Tsao, H.-M. Wang
Proc. INTERSPEECH   709-713   2019年9月   [査読有り]
Real-time neural text-to-speech with sequence-to-sequence acoustic model and WaveGlow or single Gaussian WaveRNN vocoders
T. Okamoto, T. Toda, Y. Shiga, H. Kawai
Proc. INTERSPEECH   1308-1312   2019年9月   [査読有り]
Pre-trained text embeddings for enhanced text-to-speech synthesis
T. Hayashi, S. Watanabe, T. Toda, K. Takeda, S. Toshniwal, K. Livescu
Proc. INTERSPEECH   4430-4434   2019年9月   [査読有り]
Generalized multichannel variational autoencoder for underdetermined source separation
S. Seki, H. Kameoka, L. Li, T. Toda, K. Takeda
Proc. EUSIPCO   5 pages   2019年9月   [査読有り]
Development of a real-time bionic voice generation system based on statistical excitation prediction
F. Ahmadi, K. Kobayashi, T. Toda
Proc. ACM ASSETS   655-657   2019年10月   [査読有り]
Frequency domain variants of velvet noise and their application to speech processing and synthesis
H. Kawahara, K. Sakakibara, M. Morise, H. Banno, T. Toda, T. Irino
Proc. INTERSPEECH   2027-2031   2018年9月   [査読有り]
Audio-visual voice conversion using deep canonical correlation analysis for deep bottleneck features
S. Tamura, K. Horio, H. Endo, S. Hayamizu, T. Toda
Proc. INTERSPEECH   2469-2473   2018年9月   [査読有り]
Designing a pneumatic bionic voice prosthesis - statistical approach for source excitation generation
F. Ahmadi, T. Toda
Proc. INTERSPEECH   3142-3146   2018年9月   [査読有り]
Stereophonic music separation based on non-negative tensor factorization with cepstral distance regularization
S. Seki, T. Toda, K. Takeda
IEICE Transactions on Fundamentals   E101-A(7) 1057-1064   2018年7月   [査読有り]
A spoofing benchmark for the 2018 voice conversion challenge: leveraging from spoofing countermeasures for speech artifact assessment
T. Kinnunen, J. Lorenzo-Trueba, J. Yamagishi, T. Toda, D. Saito, F. Villavicencio, Z. Ling
Proc. Odyssey 2018   187-194   2018年6月   [査読有り]
The voice conversion challenge 2018: promoting development of parallel and nonparallel methods
J. Lorenzo-Trueba, J. Yamagishi, T. Toda, D. Saito, F. Villavicencio, T. Kinnunen, Z. Ling
Proc. Odyssey 2018   195-202   2018年6月   [査読有り]
sprocket: open-source voice conversion software
K. Kobayashi, T. Toda
Proc. Odyssey 2018   203-210   2018年6月   [査読有り]
The NU non-parallel voice conversion system for the voice conversion challenge 2018
Y. Wu, P.L. Tobing, T. Hayashi, K. Kobayashi, T. Toda
Proc. Odyssey 2018   211-218   2018年6月   [査読有り]
NU voice conversion system for the voice conversion challenge 2018
P.L. Tobing, Y. Wu, T. Hayashi, K. Kobayashi, T. Toda
Proc. Odyssey 2018   219-226   2018年6月   [査読有り]
K. Kobayashi, T. Toda, S. Nakamura
Speech Communication   99 211-220   2018年5月   [査読有り]
An investigation of noise shaping with perceptual weighting for WaveNet-based speech generation
K. Tachibana, T. Toda, Y. Shiga, H. Kawai
Proc. IEEE ICASSP   5664-5668   2018年4月   [査読有り]
An investigation of subband WaveNet vocoder covering entire audible frequency range with limited acoustic features
T. Okamoto, K. Tachibana, T. Toda, Y. Shiga, H. Kawai
Proc. IEEE ICASSP   5654-5658   2018年4月   [査読有り]
Development of "KamiRepo" system with automatic student identification to handle handwritten assignments on LMS
S. Seiya, R. Ito, K. Okamoto, U. Tanikawa, S. Ohira, D. Deguchi, T. Toda
Proc. IEEE EDUCON   841-848   2018年4月   [査読有り]
T. Okamoto, K. Tachibana, T. Toda, Y. Shiga, H. Kawai
Acoustical Science and Technology, Acoustical Letter   39(2) 163-166   2018年3月   [査読有り]
T. Hayashi, M. Nishida, N. Kitaoka, T. Toda, K. Takeda
IEICE Transactions on Fundamentals   E101-A(1) 199-210   2018年1月   [査読有り]
P.L. Tobing, K. Kobayashi, T. Toda
IEEE/ACM Transactions on Audio, Speech, and Language Processing   25(12) 2337-2350   2017年12月   [査読有り]
H. Kawahara, K. Sakakibara, M. Morise, H. Banno, T. Toda
Proc. APSIPA ASC   9 pages   2017年12月   [査読有り]
K. Kubo, K. Kobayashi, T. Toda, G. Neubig, S. Sakti, S. Nakamura
Proc. APSIPA ASC   4 pages   2017年12月   [査読有り]
A. Tamamori, T. Hayashi, T. Toda, K. Takeda
Proc. APSIPA ASC   7 pages   2017年12月   [査読有り][招待有り]
P.L. Tobing, H. Kameoka, T. Toda
Proc. APSIPA ASC   4 pages   2017年12月   [査読有り]
K. Morikawa, T. Toda
Proc. APSIPA ASC   4 pages   2017年12月   [査読有り]
T. Hayashi, A. Tamamori, K. Kobayashi, K. Takeda, T. Toda
Proc. IEEE ASRU   712-718   2017年12月   [査読有り]
T. Okamoto, K. Tachibana, T. Toda, Y. Shiga, H. Kawai
Proc. IEEE ASRU   698-704   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
K. Miyazaki, T. Toda, T. Hayashi, K. Takeda
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   14(3) 340-351   2019年3月   [査読有り][依頼有り]
統計的手法による音響イベント検出
林 知樹, 戸田 智基
日本音響学会誌   75(9) 532-537   2019年9月   [依頼有り]
戸田 智基、小林 和弘
システム制御情報学会 システム/制御/情報   62(2) 69-75   2018年2月   [査読有り][依頼有り]
高道 慎之介、戸田 智基
日本音響学会誌   74(9) 535-538   2018年9月   [依頼有り]
K. Vijayan, H. Li, T. Toda
IEEE Signal Processing Magazine   36(1) 95-102   2019年1月   [査読有り]
戸田 智基
日本音響学会誌   72(6) 324-331   2016年6月   [依頼有り]
K. Tokuda, Y. Nankaku, T. Toda, H. Zen, J. Yamagishi, K. Oura
Proceedings of the IEEE   101(5) 1234-1252   2013年5月   [査読有り][依頼有り]
Post-filter using modulation spectrum as a metric to quantify qver-smoothing effects in statistical parametric speech synthesis
S. Takamichi, T. Toda, A.W. Black, S. Nakamura
APSIPA newsletter   (9) 14-16   2015年4月   [依頼有り]
サイレント音声コミュニケーションのための音声強調技術
戸田 智基
ケミカルエンジニヤリング   58(3) 25-30   2013年3月   [依頼有り]
音声合成技術 進化の行方
戸田 智基
PROJECT DESIGN 月刊「事業構想」      2012年11月   [依頼有り]
戸田 智基
日本音響学会誌   67(1) 34-39   2011年1月   [依頼有り]
ユーザ負担のない話者・環境適応性を実現する自然な音声対話処理技術の総合開発
鹿野 清宏, 武田 一哉, 河原 達也, 河原 英紀, 猿渡 洋, 徳田 恵一, 李 晃伸, 川波 弘道, 西村 竜一, Randy Gomez, 戸田 智基, 西浦 敬信, 高橋 徹, 坂野 秀樹, 全 炳河
電子情報通信学会誌   J92(6) 475-491   2009年6月   [依頼有り]
音声合成/音声変換がもたらす新たなコミュニケーション ---「伝達の円滑化」を生み出す声をつくる
戸田 智基
Mobile Society Review 未来心理   15 6-15   2009年3月   [依頼有り]
Y. Stylianou, T. Toda, C.-H. Wu, A. Kain, O. Rosec
IEEE Transactions on Audio, Speech and Language Processing   18(5) 909-911   2010年7月   [依頼有り]
戸田 智基
日本音響学会誌   66(4) page 192   2010年4月   [依頼有り]
おめでとうソサイエティ論文賞「Blizzard Challengeの ための高品質HMM音声合成システム」
全 炳河, 戸田 智基, 中村 勝, 徳田 恵一, 益子 貴史, 小林 隆夫, 北村 正
電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌   13(2) page 12   2008年8月   [依頼有り]
Optimizing segment selection for high-quality Text-to-Speech
T. Toda, H. Kawai, M. Tsuzaki, K. Shikano
ATR Technical Report   (TR-SLT-0033)    2003年3月

書籍等出版物

 
人工知能学大辞典
戸田 智基 (担当:分担執筆, 範囲:声質変換)
共立出版   2017年7月   
音響キーワードブック
戸田 智基 (担当:分担執筆, 範囲:声質変換)
コロナ社   2016年3月   
シンギュラリティ 限界突破を目指した最先端研究
戸田 智基 (担当:分担執筆, 範囲:声とその表情を生み出すコンピュータ)
近代科学者   2016年2月   
おしゃべりなコンピュータ 音声合成技術の現在と未来
山岸 順一、徳田 恵一、戸田 智基、みわよしこ (担当:共著)
丸善出版   2015年4月   
次世代ヒューマンインタフェース開発最前線
戸田 智基 (担当:分担執筆, 範囲:周囲が聞き取れない程の小声を鮮明音声にする変換技術の開発)
エヌ・ティー・エス   2013年5月   
Hidden Markov Models, Theory and Applications
T. Toda (担当:分担執筆, 範囲:Modeling of speech parameter sequence considering global variance for HMM-based speech synthesis)
InTech   2011年4月   

講演・口頭発表等

 
多チャンネル変分自己符号化器に基づく劣決定音源分離の評価
関 翔悟, 亀岡 弘和, 李 莉, 戸田 智基, 武田 一哉
電子情報通信学会音声研究会   2019年3月   
音声を変換する技術と機能拡張への応用 [招待有り]
戸田 智基
豊田工業大学 研究談話会   2019年10月   
波形加工に基づく統計的声質変換の外部雑音に対する頑健性
栗田 優佑, 小林 和弘, 武田 一哉, 戸田 智基
電子情報通信学会音声研究会   2019年3月   
パソコン必携化を活用した授業設計に向けて
戸田 智基
令和元年度第2回名古屋大学情報連携統括本部公開講演会・研究会   2019年10月   
多チャンネル変分自己符号化器を用いた劣決定音源分離
関 翔悟, 亀岡 弘和, 李 莉, 戸田 智基, 武田 一哉
日本音響学会研究発表会   2019年3月   
音声波形直接生成モデル「ニューラルボコーダ」の比較 [招待有り]
岡本 拓磨, 戸田 智基, 志賀 芳則, 河井 恒
情報処理学会音声言語情報処理研究会   2019年10月   
雑音環境下における統計的声質変換の頑健性に関する調査
栗田 優佑, 小林 和弘, 武田 一哉, 戸田 智基
日本音響学会研究発表会   2019年3月   
音声翻訳のための柔軟な音声合成の進展 [招待有り]
戸田 智基, 高道 慎之介
次世代音声言語研究シンポジウム2019   2019年9月   
音素事後確率を利用した表現学習に基づく発話感情認識
岡田 慎太郎, 安藤 厚志, 戸田 智基
日本音響学会研究発表会   2019年3月   
WaveGlowボコーダを用いたリアルタイムニューラルテキスト音声合成
岡本 拓麿, 戸田 智基, 志賀 芳則, 河井 恒
日本音響学会研究発表会   2019年9月   
基本周波数とメルケプストラムを用いたリアルタイムニューラルボコーダの検討
岡本 拓磨, 戸田 智基, 志賀 芳則, 河井 恒
日本音響学会研究発表会   2019年3月   
End-to-End型テキスト音声合成におけるWaveNetボコーダの学習に関する調査
安原 和輝, 林 知樹, 戸田 智基
日本音響学会研究発表会   2019年9月   
Voice conversion with cyclic recurrent neural network for WaveNet fine-tuning
P.L. Tobing, Y.-C. Wu, T. Hayashi, K. Kobayashi, T. Toda
日本音響学会研究発表会   2019年3月   
An investigation of fundamental frequency pattern prediction in electrolaryngeal speech enhancement
M. Eshghi, K. Tanaka, K. Kobayashi, H. Kameoka, T. Toda
日本音響学会研究発表会   2019年9月   
Reducing mismatch of WaveNet vocoder for variational autoencoder based voice conversion
W.-C. Huang, Y.-C. Wu, H.-T. Hwang, P.L. Tobing, T. Hayashi, K. Kobayashi, T. Toda, Y. Tsao, H.-M. Wang
日本音響学会研究発表会   2019年3月   
コンタクトセンタ顧客満足度推定におけるドメイン適応の検討
安藤 厚志, 増村 亮, 神山 歩相名, 小橋川 哲, 青野 裕司, 戸田 智基
日本音響学会研究発表会   2019年9月   
WaveNetに基づく振幅スペクトログラムからの波形生成
関 翔悟, 林 知樹, 武田 一哉, 戸田 智基
日本音響学会研究発表会   2018年9月   
End-to-End音声認識ためのMulti-Head Decoderネットワーク
林 知樹, 渡部 晋治, 戸田 智基, 武田 一哉
日本音響学会研究発表会   2018年9月   
Electrolaryngeal Speech Enhancement by Using Attached Microphones onto Electrolarynx
M. Eshghi, S. Seki, K. Kobayashi, T. Toda
日本音響学会研究発表会   2018年9月   
FFTNetボコーダの高品質化に関する検討
岡本 拓磨, 戸田 智基, 志賀 芳則, 河井 恒
日本音響学会研究発表会   2018年9月   

競争的資金等の研究課題

 
音メディアコミュニケーションにおける共創型機能拡張技術の創出
JST: 戦略的創造研究推進事業チーム型研究(CREST)
研究期間: 2019年10月       代表者: 戸田 智基
空気/体内伝導音信号の相補的活用に基づく音声/音環境情報処理基盤の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月       代表者: 戸田 智基
ユーザの適応能力を活用する共創型音声生成機能拡張技術の構築
JST: 戦略的創造研究推進事業個人研究(さきがけ)「新しい社会システムデザインに向けた情報基盤技術の創出」領域
研究期間: 2016年12月 - 現在    代表者: 戸田 智基
雑音環境下で頑健に動作するサイレント音声通話技術の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 戸田 智基
統計的手法と生成過程モデリング手法の融合に基づく音声生成機能拡張技術の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 戸田 智基
バリアフリー音声コミュニケーションのための次世代ボイスチェンジャー技術の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 戸田 智基
発声障害者補助のためのリアルタイム声質変換処理の実装
科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ
研究期間: 2011年12月 - 2012年7月    代表者: 戸田 智基
カシス ~コミュニケーション補助のための静かな音声インタフェース~
日本学術振興会: 日仏交流促進事業(SAKURAプログラム)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 戸田 智基
発声障害者補助のための統計的声質変換技術の研究開発
総務省: 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE) 若手ICT研究者育成型研究開発
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 戸田 智基
任意のユーザーを対象とする統計的声質変換・制御法の構築に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 戸田 智基
固有声変換法に基づく声質変換ソフトウェアの開発
情報処理推進機構(IPA): 未踏ソフトウェア創造事業
研究期間: 2006年5月 - 2007年2月    代表者: 戸田 智基
多様な話者性の制御を可能とする高品質なテキスト音声合成の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 戸田 智基