松葉 正子

J-GLOBALへ         更新日: 07/09/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
松葉 正子
 
マツバ マサコ
所属
旧所属 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 作業療法学科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
 - 
2002年
 東京都立保健科学大学 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1964年
東京大学 医学部 衛生看護
 

委員歴

 
2004年
 - 
2006年
日本高次脳機能障害学会  評議員
 
1995年
   
 
認知リハビリテーション研究会  世話人
 
1990年
   
 
高次神経障害作業療法研究会  世話人
 

Misc

 
健忘例が日常生活において用いている記憶代償方略について
認知リハビリテーション2001   53-57   2001年
外傷性脳損傷者の後遺症に対する主観的認識-予備調査-
認知リハビリテーション2003   57-63   2003年
作業療法   17巻1号52-60    1998年
作業療法   15巻3号 231-239    1996年
身体障害の職業リハビリテーションにおける連携の実際
作業療法ジャーナル   29巻3号 177-182    1995年

書籍等出版物

 
上肢機能障害(共著)
リハビリテーションにおける評価Ver.2   2000年   
第2章作業療法の実際 代謝・内分泌疾患
作業療法学全書[改訂第2版]第4巻作業治療学1 協同医書出版社 身体障害   1999年   

Works

 
マイクロデータロガーによる人間日常生活動作の解析
2003年

競争的資金等の研究課題

 
超小型高分解能データロガーによる動作分析と応用動作の基礎的研究
研究期間: 2004年 - 2005年
外傷性脳損傷者の社会参加を妨げる注意力障害要因の研究
研究期間: 2004年 - 2006年
データロガーによる成人~高齢者の運動量測定