広瀬 訓

J-GLOBALへ         更新日: 12/07/25 15:47
 
アバター
研究者氏名
広瀬 訓
 
ヒロセ サトシ
所属
長崎大学 核兵器廃絶研究センター
学位
修士(行政学)(国際基督教大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
宮崎公立大学(MMU) 人文学部 国際文化学科 国際関係系 教授
 
1989年
 - 
1991年
国際基督教大学社会科学研究所研究助手
 
1991年
 - 
1993年
北陸学院短期大学専任講師
 
1993年
 - 
1995年
外務省専門調査員
 
1995年
 - 
1996年
北陸学院短期大学専任講師
 

学歴

 
 
 - 
1992年
国際基督教大学 行政学研究科 国際法
 
 
 - 
1985年
国際基督教大学 教養学部 社会科学科
 

委員歴

 
2010年
   
 
 みやぎん経済研究所客員研究員
 
2010年
   
 
日本軍縮学会  編集委員
 

受賞

 
2002年
「21世紀への提言」懸賞論文入賞
 

Misc

 
「核軍縮・不拡散における普遍性と差別性-CTBT第一四条をケースとして-」
北陸学院短期大学紀要   (28) 211   1997年
「ジュネーブ軍縮会議と国連総会との関係に関する一考察CTBT交渉の成立をケースとして」
北陸学院短期大学紀要   (31) 257   1999年
「包括的核実験禁止条約(CTBT)の現状と課題」
(財)国際問題研究所軍縮・不拡散促進センター      2000年
「人権としての発展の権利:その法的側面」
社会科学ジャーナル   28(1) 101   1990年
「軍縮へ向けて、NGOの役割」
『軍縮問題資料』   (208) 28   1998年

書籍等出版物

 
『市民・自治体は平和のために何ができるか』(共著)
国際書院   1991年   
『国際法入門』(共著)
有斐閣   1996年   
『軍縮問題入門』(共著)
東信堂   1996年   
「発展の権利から人道的支援権へ」
『現代国際法と国連・人権・裁判』 国際書院   2003年   
『軍縮問題入門』第2版(共著)
東信堂   1999年   

講演・口頭発表等

 
The Security of Developing Countries and the United Natinos-the Role of the UN in the Reconstruction of Failed States
the Fifth Japan-Korea Seminar on "Security in North-East Asia and Japan Korea Cooperation"   2005年   
Global Economic Governance: ECOSOC Reform and MDGs
the 6th Japan-Korea Seminar on "Security in North-East Asia and Japan Korea Cooperation"   2006年   
Human Security and National Security
the 7th Japan-Korea Seminar on "Security in North-East Asia and Japan-Korea Cooperation"   2007年   
核なき世界への前進
日本国際連合学会2010年研究大会   2010年   

Works

 
北東アジアの軍縮と安全保障
1999年
主要先進国における海外援助の制度と動向に関する調査
2007年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
軍縮、軍備管理、不拡散と安全保障
研究期間: 1995年   
国連による安全保障
研究期間: 1995年   
発展の権利と人道援助
研究期間: 1995年   
日本国憲法と日本の国際貢献
研究期間: 2000年   
地域密着型国際理解教育の教授法の研究
研究期間: 2005年