岩渕 功一

J-GLOBALへ         更新日: 12/10/18 02:53
 
アバター
研究者氏名
岩渕 功一
 
イワブチ コウイチ
所属
早稲田大学
部署
国際学術院
職名
教授
学位
Ph.D.(博士)(西シドニー大学), Ph.D(University of Western Sydney), 法学士(早稲田)

経歴

 
1996年
 - 
2000年
西シドニー大学非常勤講師
 
2000年
   
 
- 国際基督教大学助教授
 
2004年
   
 
- 早稲田大学助教授
 
2007年
   
 
- 同教授
 

学歴

 
 
 - 
1999年
西シドニー大学 - メディア文化研究
 
 
 - 
1983年
早稲田大学 法学部 
 

委員歴

 
 
 - 
2007年
朝日新聞 アジアフェロー 2007 -
 
2006年
   
 
東アジア共同体評議会 有識者議員 2006 -
 
2000年
   
 
Japanese Studies (Carfax Journal) Editorial board 2000 -
 
2004年
   
 
Global Media and Communication (Sage Journal) Editorial board 2004 -
 
2005年
 - 
2006年
朝日新聞アジアネットワーク 客員研究員 2005 - 2006
 

受賞

 
2000年
オーストラリア アジア研究学会 2000年度最優秀博士論文
 

Misc

 
“China”, Japan’s chimera and media cultural globalisation
Cinema Journal   volume 40.3, Spring 2010    2010年
Inter-Asia Cultural Studies   9 (4)    2008年
Multinationalizing the multicultural: the commodification of “ordinary foreigners” in a Japanese TV talk show”
Japanese Studies      2005年
メディア文化がつなぐ「東アジア」の(不)可能性~日本のテレビドラマを題材に、
『中央評論』No.246 Winter、49-58頁。      2004年

書籍等出版物

 
文化の対話力:ソフト・パワーとブランド・ナショナリズムを越えて
日本経済新聞出版社   2007年   
Recentering Globalization :Popular Culture and Japanese Transnationalism
Duke University Press   2002年   
トランスナショナル・ジャパン:アジアをつなぐポピュラー文化
岩波書店   2001年   
East Asian Pop Culture: Analysing the Korean Wave
Hong Kong University Press   2008年   
Feeling Asian Modernities: Transnational consumption of Japanese TV dramas
Hong Kong University Press   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
東アジアのメディア・ポピュラー文化交通
エスニック・マイノリティーメディア消費とトランスナショナリズム
多文化社会におけるメディアの公共性と文化シティズンシップ
国境を越えるテレビの公共性:東アジアの文脈から
国際共同研究
研究期間: 2005年   
エスニックマイノリティーメディア消費とトランスナショナリズム
共同研究
研究期間: 2001年 - 2002年