WATASE Noriko

J-GLOBAL         Last updated: Oct 5, 2018 at 17:10
 
Avatar
Name
WATASE Noriko
Affiliation
Tokyo Gakugei University
Section
Faculty of Education
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D.(Ochanomizu University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1992
 - 
1997
Sakuma High school
 

Education

 
 
 - 
2004
Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture, Ochanomizu University
 

Published Papers

 
WATASE Noriko
岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要 = The Journal of the Clinical Research Center for Child Development and Educational Practices   17 107-114   Mar 2018
WATASE Noriko
岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要 = The Journal of the Clinical Research Center for Child Development and Educational Practices   16 145-153   Mar 2017
WATASE Noriko
岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要   (15) 169-178   Mar 2016
衣生活・食生活の外部化が進展する現在,家庭科教育では生活実態との関連から「消費」にかかわる教育内容の開発・実践に関心が集まっている。その一方で,児童・生徒が自ら製作をする技術的側面の育成は授業時間数減などを背景に精選・縮減される傾向にある。この状況は,子どもを取り巻く家庭・社会の変化に加え,家庭科教育の履修形態の変化―男女別学から男女共修―も要因のひとつに挙げられる。家庭科は,小学校5年生から高等学校まで男女必修の教科になって20年以上が経過した。男女必修に至った経緯は各学校段階で様々であ...
WATASE Noriko
岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要   (14) 231-239   2015
 2008(平成20)年,文部科学省は「大学教育の分野別 質保障の在り方」について日本学術会議に審議を求めた。家政学分野は健康・生活科学委員会において参照基準検討分科会が設置され,2013(平成25)年に参照基準が発表された。同参照基準における家政学の定義は,日本家政学会が1984(昭和59)年に発表した「人間生活における人と環境との相互作用について人的・物的両面から研究し,生活の質の向上と人類の福祉に貢献する実践的総合科学」を再確認している。また,「方法論における独自性」に「学際的方法」...
WATASE Noriko
東北家庭科教育研究   12 15-21   Apr 2013
小学校,中学校,高等学校における家庭科男女必修は,平成25年度に施行される高等学校の新学習指導要領によって,3回目のサイクルを迎える。家庭科が必修化されたこの20年間は,男女がともに学ぶ家庭科教育の枠組みの再考とともに,授業時間数の減少に苦慮する時代でもあった。このような家庭科をめぐる状況の中で,中教審答申(2008)の学習指導要領の改善の具体的事項として「学校段階に応じた体系的な目標や内容に改善を図る」ことや,「小学校での学習を踏まえた中学校での学習のガイダンス的な内容を設定」することが...
WATASE Noriko
東北家庭科教育研究   11 23-28   Aug 2012
現代の子どもたちは教育を通して,実際の生活場面での問題解決能力や人間関係の識整能力を身に付けることが期待されている。日本の教育政策でも,1996 (平成8)年の文部省答申「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」でこれからの子どもに必要な能力である「生きる力」が定義され,「生きる力」は「学校において組織的,計画的に学習しつつ,家庭や地域社会において(中略)様々な活動を通じて根付いていくもの」とされた。同答申以後の2006(平成18)年に改正された「教育基本法」でも,「学校,家庭及び...

Misc

 
On the Implementation of Aging-Related Studies in Senior High School(2)
(26) 20-28   2000
On the Implementation of Aging-Related Studies in Senior High School(1)
(26) 8-19   2000
Correlation between the Implementations of Studies for the Aged and Aging-rote in the Community : From the Investigations for teachers of home economics and civics in senior high school
Journal of Social Sciences and Family Studies   97-112   2000
The Objectives and Viewpoints of Studies for Aged Person in the senior High School Textbooks(2) : Comparison Between Japanese and American Senior high school Textbooks
Journal of the Japan Association of Home Economics Education   43(2) 117-122   2000
The Objectives and Viewpoints of Studies for Aged Person in the senior High School Textbooks(1) : Comparison Between Home Economics and Social Studies
Journal of the Japan Association of Home Economics Education   43(2) 109-116   2000
A study on the objectives and Activities of Welfare Education for Elderly People-From the view-point of pro-social moral judgement theory-
(6) 71-84   1999
A study on Anxieties among old-single-household Persons Living in Under-populated Region : In the Case of Hokuen District
Japanese Journal of Family Relations   (17) 33-42   1998

Research Grants & Projects

 
A study on welfare education in FACS.