ASAKAWA Yasuyoshi

J-GLOBAL         Last updated: Jul 25, 2019 at 10:58
 
Avatar
Name
ASAKAWA Yasuyoshi
Affiliation
Tokyo Metropolitan University
Degree
(BLANK)(Ryukoku University), 条件付必須項目の入力がありません(Tokyo Women's Medical College)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Associate Professor, Gunma University 
 

Published Papers

 
齊藤道子, 山上徹也, 田中繁弥, 浅川康吉, 山口晴保
理学療法群馬   (29) 48‐58-58   Aug 2018
住民が主体となって通いの場を作る、地域づくりによる介護予防が推奨されている。要支援者の通いの場への参加促進方法を検討する目的で、群馬県玉村町の要支援者137人を対象に、通いの場への参加意向とその理由を調査した。その結果、参加意向有りは45人(32.8%)、参加意向無しは92人(67.2%)であった。参加意向を示した者の参加理由は交流と健康保持であり、属性は後期高齢女性で主観的健康観が高く、通いの場の存在を知っている者が多かった。参加意向を示さなかった者のうち、移動困難を理由とした者は85歳...
牧野真弓, 牧野真弓, 加藤真由美, 正源寺美穂, 関井愛紀子, 浅川康吉
看護実践学会誌   30(1) 32‐45   Sep 2017
Yamagami T, Harada K, Hashidate H, Asakawa Y, Nihei K, Kaneya S, Yoshii C
Dementia and geriatric cognitive disorders extra   6(1) 1-9   Jan 2016   [Refereed]
Maruya K, Asakawa Y, Ishibashi H, Fujita H, Arai T, Yamaguchi H
Journal of physical therapy science   28(11) 3183-3188   Nov 2016   [Refereed]
Matsubayashi Y, Asakawa Y, Yamaguchi H
Journal of physical therapy science   28(2) 366-371   Jan 2016   [Refereed]
Yajima M, Asakawa Y, Yamaguchi H
Journal of physical therapy science   28(2) 535-540   Jan 2016   [Refereed]
Ikezoe T, Nakamura M, Shima H, Asakawa Y, Ichihashi N
Journal of physiological anthropology   34 31   Aug 2015   [Refereed]
Ikezoe T, Asakawa Y, Shima H, Kishibuchi K, Ichihashi N
Archives of gerontology and geriatrics   57(2) 221-225   Sep 2013   [Refereed]
Makino T, Shinozaki H, Hayashi K, Lee B, Matsui H, Kururi N, Kazama H, Ogawara H, Tozato F, Iwasaki K, Asakawa Y, Abe Y, Uchida Y, Kanaizumi S, Sakou K, Watanabe H
Journal of interprofessional care   27(3) 261-268   May 2013   [Refereed]
Nakagawa K, Asakawa Y, Yamada K, Ushikubo M, Yoshida T, Yamaguchi H
BMC medical education   12 84   Aug 2012   [Refereed]
Hashidate H, Harada K, Asakawa Y, Yamagami T, Nihei K, Kaneya S, Yoshii C
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   59(8) 532-543   Aug 2012   [Refereed]
Hayashi T, Shinozaki H, Makino T, Ogawara H, Asakawa Y, Iwasaki K, Matsuda T, Abe Y, Tozato F, Koizumi M, Yasukawa T, Lee B, Hayashi K, Watanabe H
Journal of interprofessional care   26(2) 100-107   Mar 2012   [Refereed]
Ikezoe T, Asakawa Y, Fukumoto Y, Tsukagoshi R, Ichihashi N
Geriatrics & gerontology international   12(1) 86-92   Jan 2012   [Refereed]
Shimada H, Sawyer P, Harada K, Kaneya S, Nihei K, Asakawa Y, Yoshii C, Hagiwara A, Furuna T, Ishizaki T
Archives of physical medicine and rehabilitation   91(2) 241-246   Feb 2010   [Refereed]
Ogawara H, Hayashi T, Asakawa Y, Iwasaki K, Matsuda T, Abe Y, Tozato F, Makino T, Koizumi M, Yasukawa T, Watanabe H
Human resources for health   7 60   Jul 2009   [Refereed]

Misc

 
老人において独歩の為に必要な筋力及び筋持久性
Ikezoe Tome, Asakawa Yasuyoshi, Hazaki Kan
Journal of Physical Therapy Science   9(1) 19-22   Jun 1997
1群(独歩群)と2群(非独歩群)で検討した.膝伸展時の筋力は膝関節伸筋の最大等尺力から計算した体重百分率として評価した.筋持久性は椅子を用いる座位-立位試験の30秒以内の反復回数によって評価した.膝関節伸展時の筋力及び座位-立位試験の反復回数は両群間で有意差があった.膝関節伸展時の筋力の両群間の識別基準は45.5%であるのに対し,座位-立位試験の反復回数は5.6回であった.独歩には,膝関節伸展時に体重の45.5%を支える筋力と,座位-立位試験における反復回数が5.6回/30秒という筋持久性...
Asakawa Yasuyoshi, Ikezoe Tome, Hazaki Kan
Journal of Physical Therapy Science   8(2) 45-48   Dec 1996
同じ施設内に居住する老人27人において,前年に転倒した群と転倒しなかった群において膝伸展力を屈曲角90°で測定した.その結果,転倒と膝伸展力には密接な関係があり,片足で体重の約35%の伸展力を維持することが転倒の防止に望ましいことが判った
Endo Fumio, Asakawa Yasuyoshi, Usuda Shigeru
Journal of Physical Therapy Science   8(1) 1-4   Jun 1996
血液透析外来患者41例で3週間続けて毎日の目標歩数を越えて歩くように指導した.目標歩数は運動より前の1日当たりの平均歩数の120%と定義した.運動遂行前後における6MD(6分間歩行距離)及びPCI(physiological cost index)の比較によってこの運動の効果を評価した.運動期間中目標歩数は41例中19例で達成された.目標達成患者の6MDはこの運動によって有意に増加した.この運動前後のPCIの差異は推計学的に有意ではなかった
握力における個々の指の相対的力
Asakawa Yasuyoshi, Ono Izumi, Ueba Yasuo
Journal of Physical Therapy Science   6(1) 35-38   Jun 1994
肘90度,前腕中間位で15例の女性(19-22歳)で握力を測定した。各指に対応して4個のストレンゲージを持つアルミニュームのシリンダーを有する特別なダイナモメーターを使用した。その結果示指は総握力の11.0±4.1%,中指は26.5±3.4%,環指は33.9±4.4%で小指が28.7±6.4%であった

Books etc

 
Advanced Initiatives in Interprofessional Education in Japan
Springer Japan   2009   ISBN:978-4-431-98075-9

Conference Activities & Talks

 
正源寺美穂, 加藤真由美, 北岡和代, 浅川康吉, 植村小夜子, 小林素子, 甲斐正義, 石田和生, 稲垣嘉信
日本老年医学会雑誌   25 May 2019   
Assessment of frailty risk using walking speed during daily activities for development of a sensing model among older adults.
Asakawa Y., Kato M., Shogenji M., Kitaoka K., Uemura S., Kobayashi M., Kai M., Ishida K., Inagaki Y.
International Conference on Combined Actions and Combined Effects of Environmental Factors   23 Sep 2018   
Relationship between of curved walking ability to straight walking ability and fall experience.
Saito T., Fujii K., Kobayashi M., Asakawa Y.
International Conference on Combined Actions and Combined Effects of Environmental Factors   22 Sep 2018   
加藤真由美, 正源寺美穂, 浅川康吉, 植村小夜子, 北岡和代, 甲斐正義, 小林素子, 石田和生, 稲垣嘉信, 山村幸太郎
日本転倒予防学会誌   10 Sep 2018   
正源寺美穂, 加藤真由美, 北岡和代, 浅川康吉, 植村小夜子, 小林素子, 甲斐正義, 石田和生, 稲垣嘉信
日本老年看護学会学術集会抄録集   31 May 2018   
正源寺美穂, 加藤真由美, 北岡和代, 浅川康吉, 植村小夜子, 小林素子, 甲斐正義, 石田和生, 稲垣嘉信
日本転倒予防学会誌   10 Sep 2017   
加藤真由美, 正源寺美穂, 植村小夜子, 浅川康吉, 北岡和代, 甲斐正義, 小林素子, 小林素子, 石田和生, 稲垣嘉信
日本転倒予防学会誌   10 Sep 2017   
植村小夜子, 加藤真由美, 正源寺美穂, 北岡和代, 浅川康吉, 小林素子, 甲斐正義, 石田和生, 稲垣嘉信
日本在宅ケア学会学術集会講演集   1 Jul 2017   
正源寺美穂, 加藤真由美, 北岡和代, 浅川康吉, 植村小夜子, 小林素子, 甲斐正義, 石田和生, 稲垣嘉信
日本老年看護学会学術集会抄録集   1 Jun 2017