岡山 吉道

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 05:49
 
アバター
研究者氏名
岡山 吉道
 
オカヤマ ヨシミチ
eメール
okayama.yoshimichinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
医学部医学科分子細胞免疫・アレルギー学
職名
准教授
学位
医学博士(英国サザンプトン大学), 医学博士(群馬大学)
科研費研究者番号
80292605

研究分野

 
 

経歴

 
1989年6月
 - 
1985年6月
群馬大学医学部附属病院第一内科研修医および関連病院勤務
 
1989年7月
 - 
1994年6月
英国サザンプトン大学医学部臨床薬理部門研究員
 
1994年7月
 - 
1995年5月
英国サザンプトン大学医学部臨床薬理部門上級研究員
 
1995年6月
 - 
1997年5月
群馬大学医学部附属病院第一内科医員
 
1997年6月
 - 
1998年5月
群馬大学医学部附属病院第一内科助手
 

学歴

 
 
 - 
1994年
英国サザンプトン大学大学院 大学院 医科学研究科 臨床薬理学 臨床薬理学
 

委員歴

 
2018年
   
 
日本アレルギー学会  学会誌「アレルギー」編集委員
 
2017年
   
 
日本アレルギー学会  学術大会委員会委員
 
2015年
   
 
日本呼吸器学会  代議員
 
2013年
   
 
好酸球アレルギー研究会  幹事
 
2013年10月
 - 
2015年12月
日本アレルギー学会  専門医制度研修プログラム作成委員
 

受賞

 
2015年7月
日本大学 平成27年度日本大学学術研究助成金 総合研究 疾患特異的ヒトマスト細胞のフェノタイプの解析とフェノタイプの変化の機序の解明
 
2013年5月
日本大学 平成25年度日本大学学術研究助成金 総合研究 関節リウマチおよび慢性蕁麻疹におけるマスト細胞を標的とした新規治療法の確立
 
2012年5月
第33回日本大学医師会学術奨励賞 ヒトマスト細胞における高親和性IgG受容体, FcgammaRI,の発現とその役割について
 
2010年6月
平成22年度日本大学学術研究助成金 総合研究 ヒトマスト細胞活性化阻害によるアレルギー疾患の新規治療薬の開発
 
2008年4月
日本大学学術研究助成金
 

論文

 
Effect of staurosporine on histamine release from rat serosal mast cells.
1 Kurosawa M, Okayama Y, Kobayashi S
Ann Allergy   63(3) 231-234   1989年   [査読有り]
A diphosphoinositide kinase in rat mast cell granules.
Kurosawa M, Okayama Y, Kobayashi S
J Allergy Clin Immunol   84(1) 118-128   1989年   [査読有り]
Inhibitory effect of adenine nucleotides and anti-allergic drugs on phosphorylation of phosphatidylinositol in rat mast cell granules.
Kurosawa M, Okayama Y, Kobayashi S
Allergy   44(8) 576-581   1989年
Phorbol myristate acetate stimulates formation of diphosphoinositide in rat mast cell granules.
Kurosawa M, Okayama Y, Kobayashi S
Int Arch Allergy Appl Immunol   90(4) 373-377   1989年   [査読有り]
Rat mast cell granules reacting with a mouse monoclonal antibody M6764 which recognizes the same epitope of a mouse monoclonal antibody HNK-1.
Kurosawa M, Okayama Y, Kobayashi S, Obata K
Int Arch Allergy Appl Immunol   92(4) 349-355   1990年   [査読有り]

Misc

 
Treatment of murine mast cells with IgEκ and protein L enhances apoptotic cell death induced by IL-3 withdrawal.
Nunomura S, Okayama Y, Terui T, Ra C
Biochem Biophys Res Commun   456(2) 700-705   2015年2月   [査読有り]
FcRγ promotes contact hypersensitivity to oxazolone without affecting the contact sensitisation process in B6 mice.
Nunomura S, Ohtsubo-Yoshioka M, Okayama Y, Terui T, Ra C.
Exp Dermatol   24(3) 204-208   2015年3月   [査読有り]
Differentiation ability of multipotent hematopoietic stem/progenitor cells detected by a porcine specific anti-CD117 monoclonal antibody.
Ohshima S, Mori S, Shigenari A, Miyamoto A, Takasu M, Imaeda N, Nunomura S, Okayama Y, Tanaka M, Kitagawa H, Kulski JK, Inoko H, Ando A, Kametani Y.
Biosci Trends   8(6) 308-315   2014年6月   [査読有り]
IgE受容体「アレルギー用語解説」シリーズ
岡山吉道
アレルギー   In press    2018年   [査読有り][依頼有り]
マスト細胞
岡山吉道
鼻アレルギーフロンティア   18(2) 76-79   2018年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Mast cell-derived cytokine expression induced via Fc receptors and Toll-like receptors. In: Saito H and Okayama Y (eds). Chemical Immunol Allergy Mast cells in Allergic Diseases.
Okayama Y
Karger AG   2005年   
Selective down-regulation of FcγRI and FcεRI in cord blood-derived vs adult peripheral blood-derived cultured human mast cells. In: Bienenstock J, Ring J and Togias AG (eds). Allergy Frontiers and Futures.
Tomita H, Kashiwakura J, Okumura S, Matsumoto K, Nakajima T, Saito H, Okayama Y (担当:共著, 範囲:133-137)
Hogrefe & Huber Publishers   2004年   
Human mast cells and basophils. In: Kay AB (ed). Allergy and Allergic Diseases.
Church MK, Bradding P, Walls AF, Okayama Y (担当:共著, 範囲:149-170)
Blackwell Science   1997年   
Human mast cells. In: Stockley R (ed) Pulmonary Defences.
Okayama Y, Church MK (担当:共著, 範囲:149-161)
John Wiley & Sons Ltd   1996年   
The in vitro effects of antihistamines. In: Simons E (ed) Histamine and H1-Receptor Antagonists in allergic Disease.
Church MK, Collinson AD, Okayama Y (担当:共著, 範囲:117-144)
Marcel Dekker   1996年   

講演・口頭発表等

 
最新データから考える慢性特発性蕁麻疹の病因・病態とオマリズマブ [招待有り]
岡山吉道
第87回日本皮膚科学会東京支部学術学会   2018年12月2日   
ウイルス感染と反復喘鳴 [招待有り]
岡山吉道
第36回呼吸器・免疫シンポジウム   2018年10月27日   
RSウイルス感染による初回喘鳴児における鼻汁中抗RSV IgE値, TSLPと反復喘鳴の関係
菅井和子, 坂本朋美, 柏倉淳一, 宮地裕美子, 吉住正和, 木村博一, 吉原重美, 岡山吉道
アレルギー・好酸球研究会2018   2018年9月22日   
慢性突発性蕁麻疹(CSU)患者の好塩基球におけるFc epsilon RIを介する刺激に反応する(R)と反応しない(NR)群のオマリズマブの治療効果
遠藤嵩大, 豊島翔太, 伊東真奈, 葉山惟大, 西盛信幸, 伊崎聡志, 鐘ヶ江佳寿子, 坂本朋美, 照井正, 岡山吉道
アレルギー・好酸球研究会2018   2018年9月22日   
RSウイルスによるヒトマスト細胞の活性化機構の検討
坂本朋美, 豊島翔太, 榎本幸典, 菅井和子, 高増哲也, 吉原重美, 岡山吉道
アレルギー・好酸球研究会2018   2018年9月22日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
平成27年度日本大学学術研究助成金 総合研究「疾患特異的ヒトマスト細胞のフェノタイプの解析とフェノタイプの変化の機序の解明」
研究期間: 2015年   
平成27年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「難治性免疫・アレルギー疾患の病態の解明と新規治療法の開発」
研究期間: 2015年 - 2020年
ヒトマスト細胞に発現するMrgX2を標的としたアレルギー免疫疾患の治療戦略
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
平成25年度日本大学学術研究助成金 総合研究「関節リウマチおよび慢性蕁麻疹におけるマスト細胞を標的とした新規治療法の確立」
研究期間: 2013年 - 2014年
平成22-23年度日本大学学術研究助成金 総合研究「ヒトマスト細胞活性化阻害によるアレルギー疾患の新規治療薬の開発」
研究期間: 2010年 - 2012年

特許

 
2009-206324 : 新規ヒトマスト細胞活性化阻害ペプチド
岡山吉道、羅智靖