宮武 健治

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/19 02:51
 
アバター
研究者氏名
宮武 健治
 
ミヤタケ ケンジ
URL
http://www.clean.yamanashi.ac.jp/
所属
山梨大学
部署
大学院 総合研究部 工学域物質科学系(クリーンエネルギー研究センター)
職名
教授
学位
工学博士(早稲田大学)
科研費研究者番号
50277761

論文

 
D. Koronka, A. Matsumoto, K. Otsuji, K. Miyatake
RSC Advances   9 37391-37402   2019年12月   [査読有り]
Z. Long, J. Miyake, K. Miyatake
ACS Appl. Energy Mater.   2 7527-7534   2019年10月   [査読有り]
T. Kawamoto, M. Aoki, T. Kimura, P. Chinapang, T. Mizusawa, N. L. Yamada, F. Nemoto, T. Watanabe, H. Tanida, M. Matsumoto, H. Imai, J. Miyake, K. Miyatake, J. Inukai
Electrochemistry   87(5) 270-275   2019年8月   [査読有り]
T. Kawamoto, M. Aoki, T. Kimura, T. Mizusawa, N. L. Yamada, J. Miyake, K. Miyatake, J. Inukai
Jpn. J. Appl. Phys.   58 SIID01   2019年7月   [査読有り]
K. Shiino, J. Miyake, K. Miyatake
Chem. Commun.   55 7073-7076   2019年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Polymer Electrolyte Membranes: Design for Fuel Cells in Acidic Media
K. Miyatake
Elsevier   2018年11月   

講演・口頭発表等

 
パネルディスカッション「エネルギー大変革時代を切り拓く博士人材」 [招待有り]
早稲田大学パワー・エネルギー・プロフェッショナル育成プログラム キックオフシンポジウム   2019年3月18日   
燃料電池の高性能化を目指したイオン伝導性薄膜の開発:山梨大学における産学官連携と大学院教育 [招待有り]
宮武 健治
秋田大学新素材・機能性材料開発セミナー   2019年3月7日   
イオン伝導性芳香族高分子の設計と燃料電池への応用 [招待有り]
宮武 健治
高分子学会18-2有機エレクトロニクス研究会   2018年12月21日   高分子学会有機エレクトロニクス研究会
Polyphenylene Ionomers as Fuel Cell Membranes [招待有り]
K. Miyatake
The 12th SPSJ International Polymer Conference   2018年12月4日   SPSJ
次世代燃料電池を目指した高分子薄膜への挑戦 [招待有り]
宮武 健治
第50回有機合成セミナー   2018年10月24日   

競争的資金等の研究課題

 
高性能アニオン交換膜を用いた水電解水素製造技術の開発
NEDO: 
研究期間: 2019年7月 - 2021年7月
燃料電池の高性能化を目指した高耐久性イオン伝導膜の設計と開発
科学技術振興機構: 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
高速移動水素による次世代創蓄電デバイスの設計
研究期間: 2018年7月 - 2023年3月
ポリフェニレンイオノマーへの挑戦
研究期間: 2018年6月 - 2020年3月
多機能性高分子イオニクス材料の創製とエネルギーデバイスへの応用
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月