山口 高平

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/08 04:57
 
アバター
研究者氏名
山口 高平
 
ヤマグチ タカヒラ
eメール
yamagutiae.keio.ac.jp
URL
http://www.yamaguti.comp.ae.keio.ac.jp/
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部管理工学科
職名
教授
学位
工学博士(大阪大学)
科研費研究者番号
20174617

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
   
 
慶應義塾大学・教授・理工学部管理工学科
 
2005年4月
 - 
2007年3月
慶應義塾大学理工学部 ,学習指導副主任
 
2006年4月
 - 
2010年3月
慶應義塾大学大学院理工学研究科資格審査委員
 
2006年4月
 - 
2010年3月
静岡大学客員教授
 
2006年4月
   
 
島根大学医学部非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1979年3月
大阪大学 工学部 通信工学科
 
 
 - 
1984年3月
大阪大学 工学研究科 通信工学専攻
 

委員歴

 
2015年
 - 
2017年
人工知能学会  代議員
 
2014年
 - 
2022年
人工知能学会  顧問
 
2014年
 - 
2017年
人工知能学会,人工知能学事典新版  編集委員
 
2014年
 - 
2017年
情報システム学会  評議員
 
2013年
 - 
2018年
独立行政法人科学技術振興機構,研究開発戦略センター  特任フェロー
 

受賞

 
2016年5月
情報システム学会 情報システム学会10周年記念論文賞 SCOR オントロジーに基づく生産管理プロセスモデリング支援ツールの実装
受賞者: 森田 武史、洪 潤基、斉藤 忍、飯島 正、山口 高平
 
2015年11月
情報システム学会功績賞
 
2015年11月
情報システム学会第11回全国大会・研究発表大会ベストペーパー賞 実践知能アプリケーション構築プラットフォーム PRINTEPS
 
2015年6月
平成26年度人工知能学会 功績賞
 
2007年
大川出版賞 データマイニングの基礎(共著)
受賞者: 山口 高平
 

論文

 
サイエンスアゴラ2017 トークセッション 人工知能(AI)との共生:人間の仕事はどう変化していくのか
山口 高平
情報管理   60(12) 865-881   2018年3月   [招待有り]
Ontology-Based Backward Learning Support System
M.Okabe,M.Umezawa,T.Yamaguchi
IFIP World Conference on Computers in Education   398-408   2018年1月
Building Wikipedia Ontology with More Semi-structured Information Resources
T.Kawakami,T.Morita,T.Yamaguchi
Joint International Semantic Technology Conference(JIST2017)   LNCS 10675 3-18   2017年11月
A User-Centric Platform PRINTEPS to Develop Integrated Intelligent Applications and Application to Robot Teahouse
K.Nakamura,T.Morita,T.Yamaguchi
Procedia Computer Science(KES2017)   112 2309-2318   2017年9月
Implementation of Teacher-Robot Collaboration Lesson Application in PRINTEPS
S.Akashiba,C.Nishimoto,N.Takahashi,T.Morita,R.Kukihara,M.Kuwayama,T.Yamaguchi
Procedia Computer Science(KES2017)   112 2299-2308   2017年9月

Misc

 
特集「AIと生きる未来」:人間とAIの協働社会が始まる
山口 高平
塾(297) 4-5   2018年1月
レクチャーシリーズ:「シンギュラリティとAI」〔第3 回〕 実践知能・多重知能のためのメタAI アーキテクチャ
山口 高平
人工知能学会誌   32(6) 983-987   2017年11月   [依頼有り]
最新AIの動向を分類・整理して人間とAIが共生する未来社会を考えよう
山口 高平
TOSHIN TIMES臨時増刊号「大学学部研究会 digest号」   178-179   2017年10月
統合知能アプリケーション開発プラットフォームPRINTEPS
山口高平,森田武史
人工知能学会誌   32(5) 721-729   2017年9月
特集「人と調和して協働する知的情報処理」にあたって
山口高平,谷口忠大
人工知能学会誌   32(5) 701-701   2017年9月

書籍等出版物

 
人工知能学大事典,第19章ナレッジマネジメント(総論), コラム「ナレッジエンジニアからナレッジワーカーへ 」
山口 高平
共立出版   2017年7月   
人工知能学大事典,第19章ナレッジマネジメント,コラム「アルファベットスープ 」
山口 高平
共立出版   2017年7月   
人工知能学大事典,第19章ナレッジマネジメント,19-5ナレッジマネジメントとデータマイニング
山口 高平
共立出版   2017年7月   
人工知能学大事典,第19章ナレッジマネジメント(総論)
山口 高平
共立出版   2017年7月   
人工知能学大事典,第18章 知識工学とセマンティックテクノロジー,コラム「閉じた知識獲得から知識の創造的デザイン活動へ」
山口 高平
共立出版   2017年7月   

講演・口頭発表等

 
特別シンポジウム「人工知能の時代を生きるサバイバル術」 [招待有り]
山口 高平
科学の甲子園第7回全国大会   2018年3月18日   独立行政法人 科学技術振興機構
自然言語のSPARQLクエリ変換に基づく大規模知識へのアクセス手法の基礎的検討
山口 高平
言語処理学会第24回年次大会   2018年3月14日   
校長先生とロボット助手 理科の実験授業 慶大チームが支援
山口 高平
日刊工業新聞 科学技術・大学1   2018年3月5日   
ROSモジュールにおけるメタ学習による機械学習アルゴリズム選定の実 現と評価
山口 高平
第190回情報処理学会 知能システム研究会   2018年3月2日   
The User-centered Tool to Develop Unified AI Applications [招待有り]
山口 高平
Germany-Japan Workshop on Quantified Learning   2018年1月16日   

Works

 
eビジネスソフトウェア教材
山口 高平   その他   2005年4月 - 2005年9月
管理工学科3年生開講科目「eビジネスソフトウェア」において、「インターネットの知的情報技術 -eビジネスの理論と応用-」(菅坂玉美,横尾真,寺野隆雄,山口高平,東京電機大学出版局, 2003)を執筆すると共に、最新事情についてはpptスライド資料を新たに作成して利用し、教育効果を上げた。

競争的資金等の研究課題

 
実践知能アプリケーション構築フレームワークPRINTEPSの開発と社会実践
研究期間: 2014年10月 - 2020年3月
オントロジー搭載型検索システムに関する研究
研究期間: 2014年7月 - 2016年3月
オントロジーとデータマイニングに基づくインテリジェントサービス開発基盤
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
スキルと実践を重視したビッグデータ・イノベーション人材育成プログラム
研究期間: 2013年7月 - 2016年3月
サービス価値モデルを用いた感性検索サービスの研究
研究期間: 2011年 - 2012年3月

特許

 
特願2017-155584 : 知能ロボットシステム及びプログラム
山口高平,森田武史
特開2015-102937(P2015-102937A) : 食事療法支援装置及び食事療法支援方法
並河大地