石川 孝博

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/01 03:14
 
アバター
研究者氏名
石川 孝博
 
イシカワ タカヒロ
URL
http://shimane-univ-biochemistry.jp/
所属
島根大学
部署
生物資源科学部 生命科学科 生命科学科 
職名
教授
学位
博士(近畿大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2017年
 - 
2019年
日本農芸化学会中四国支部会  庶務幹事
 
2012年
 - 
2015年
日本ビタミン学会  評議員
 
2009年
 - 
2015年
日本農芸化学会中四国支部会  支部参与
 
2007年
 - 
2015年
日本ビタミン学会  トピックス委員
 
2007年
 - 
2015年
ビタミンC委員会  委員
 

受賞

 
2017年
日本農芸化学会2016年度大会トピックス賞
 
2017年
日本分子生物学会優秀ポスター賞
 

Misc

 
Kimura M, Ishikawa T
Journal of Applied Phycology   30 367-373   2018年
Iwaoka Y, Nishino K, Ishikawa T, Ito H, Sawa Y, Tai A
Analyst,   143 874-882   2018年
Azad AK, Ahmed J, Alum MA, Hasan MM, Ishikawa T, Sawa Y
International Journal of Biological Macromolecules   107 2630-2642   2018年
Shibata S, Arimura S-i, Ishikawa T, Awai K
Frontiers in Plant Science   9 370   2018年
Kato S, Soshino M, Takaichi S, Ishikawa T, Nagata N, Asahina M, Shinomura T
BMC Plant Biology   17 125   2017年

書籍等出版物

 
Ascorbate peroxidase functions in higher plants: The control of the balance between oxidative damage and signaling.
Springer International Publishing   2018年   ISBN:9783319750
Biosynthesis and regulation of ascorbic acid in plants.
Springer International Publishing   2018年   ISBN:9783319750
Ascorbate peroxidases: Crucial roles of antioxidant enzymes in plant stress responses.
Springer International Publishing   2018年   ISBN:9783319740
Chemistry and metabolism of ascorbic acid in plants.
Springer International Publishing   2018年   ISBN:9783319740
Wax Ester Fermentation and Its Application for Biofuel Production.
Springer International Publishing   2017年   ISBN:9783319549

講演・口頭発表等

 
リン酸化修飾はユーグレナのワックスエステル代謝制御に不可欠である
ユーグレナ研究会 第33回研究集会   2017年   
オミクス解析によるユーグレナワックスエステル代謝調節機構の解明
ユーグレナ研究会 第33回大会   2017年   
データベースを利用したパラミロン代謝に関わるグルカナーゼの探索
ユーグレナ研究会 第33回研究集会   2017年   
シロイヌナズナにおけるアスコルビン酸生合成光調節因子VTC3の機能解析
日本ビタミン学会第69回大会   2017年   
シロイヌナズナVTC2破壊株を用いた新奇アスコルビン酸輸送変異体の探索
日本ビタミン学会第69回大会   2017年   

競争的資金等の研究課題

 
微細藻類ユーグレナからのバイオ燃料生産基盤技術の開発
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2012年 - 2017年
微細藻類ユーグレナは、光合成により得た貯蔵多糖パラミロンから、バイオディーゼル燃料としての利用が期待されるワックスエステルを大量に生産する。本研究では、ワックスエステル発酵経路とその調節機構の解明および関連有用遺伝子による形質転換技術を用いて、より高い光合成活性を持ちワックスエステル高生産可能な‘スーパーユーグレナ’作出のための基盤技術を確立する。
光合成生物におけるアスコルビン酸生合成経路と調節機構の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2009年   
植物のマンノース/ガラクトース経路および藻類のガラクツロン酸経路の生物間における分布や生理機能、アスコルビン酸の光調節機構について分子生理学的に解析を進めている。