矢原 隆行

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/28 08:58
 
アバター
研究者氏名
矢原 隆行
 
ヤハラ タカユキ
所属
熊本大学
部署
大学院人文社会科学研究部
職名
教授
学位
文学修士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
熊本大学 大学院人文社会科学研究部 教授
 
2013年4月
 - 
2017年3月
広島国際大学医療福祉学部 教授
 
2006年4月
 - 
2013年3月
広島国際大学医療福祉学部 准教授
 
2000年10月
 - 
2006年3月
福山市立女子短期大学 講師
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年9月
九州大学大学院 文学研究科 社会学専攻博士課程(単位修得退学)
 
1995年4月
 - 
1997年3月
九州大学大学院 文学研究科 社会学専攻修士課程
 
1987年4月
 - 
1991年3月
九州大学 文学部 社会学専攻
 

委員歴

 
2015年8月
   
 
東広島市  男女共同参画推進審議会委員
 
2014年3月
   
 
東広島市  男女共同参画推進懇話会委員
 
2012年12月
   
 
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2011年10月
   
 
日本介護学会  学会委員
 
2011年5月
   
 
社会福祉振興・試験センター  社会福祉士国家試験委員
 

論文

 
難病患者の患者会研究に関する文献検討
岡田純也・矢原隆行
熊本大学社会文化研究   17 205-214   2019年3月   [査読有り]
北欧の刑務所におけるリフレクティング・トークの展開
矢原 隆行
更生保護学研究   (10) 19-26   2017年6月   [査読有り]
開かれゆく会話のためのリフレクティング:二つの事例から
矢原 隆行
精神療法   43(3) 59-64   2017年6月   [招待有り]
オープンダイアローグを殺さないための二様のリフレクティング
矢原 隆行
N:ナラティヴとケア   (8) 27-33   2017年1月   [招待有り]
”Tree of Life (人生の木)”を用いた学生と高齢者の協働ワークショップ―今治市関前地区小大下島における実践
池田明子・岡本晴美・矢原隆行
広島国際大学医療福祉学科紀要   (12) 43-58   2016年3月

Misc

 
面接等におけるリフレクティングの活用
矢原 隆行
更生保護   70(7) 13-16   2019年7月   [依頼有り]
ダイアローグとリフレクティング
矢原 隆行
治療   101(7) 828-832   2019年7月   [依頼有り]
〈ほんとの対話〉綾屋紗月編著『ソーシャル・マジョリティ研究』
矢原 隆行
こころの科学   (205) 114-114   2019年5月   [依頼有り]
つぎつぎになりゆく出来事と対話的であること―Tom Andersenを手がかりに
矢原 隆行
臨床心理学   18(3) 371-375   2018年5月   [依頼有り]
2018年1月のリフレクション
矢原 隆行
平成29年度「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間」研究開発領域 研究開発プロジェクト「多様な嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築」性問題行動ユニット報告書「えんたくの実践とその可能性」   45-51   2018年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
対話がひらく こころの多職種連携
山登敬之編 (担当:共著, 範囲:ディスコミュニケーションの場をひらく:多職種連携のためのリフレクティング)
日本評論社   2018年11月   ISBN:978-4535904507
リフレクティング: 会話についての会話という方法
矢原 隆行
ナカニシヤ出版   2016年9月   ISBN:978-4779510991
介護福祉士実務者研修テキスト
黒澤貞夫・石橋真二・是枝祥子・上原千寿子・白井孝子編 (担当:共著, 範囲:第3章第1節)
中央法規   2015年11月   ISBN:978-4805852644
会話・協働・ナラティヴ:アンデルセン・アンダーソン・ホワイトのワークショップ
小森康永, 奥野光, 矢原隆行 (担当:共訳)
金剛出版   2015年9月   ISBN:978-4772414456
七訂 介護福祉用語辞典(編集協力)
中央法規出版編集部
中央法規   2015年2月   ISBN:978-4805850947
家族療法テキストブック
日本家族研究・家族療法学会編 (担当:共著, 範囲:第1部 理論編 第3章 第2節 リフレクティング・プロセス、および、コラム「オートポイエーシス」)
金剛出版   2013年7月   ISBN:978-4772413176
電話相談ボランティアにおけるリフレクティング・プロセス応用の手引き:チャイルドラインびんごにおける実践と研究から(監修)
青木印刷   2009年   ISBN:978-4938137991
よくわかる介護福祉研究入門:現場の気づきから課題解決、成果の共有、そして社会発信へ(単著)
保育社   2009年   ISBN:978-4586630172
ナラティヴ・アプローチ(共著)
野口裕二編 (担当:共著, 範囲:第二章 オルタナティヴとしてのリフレクティング・プロセス)
勁草書房   2009年4月   ISBN:978-4326653409
ナラティヴからコミュニケーションへ:リフレクティング・プロセスの実践(共編著)
弘文堂   2008年   ISBN:978-4335651335

講演・口頭発表等

 
対象者中心の医療及び支援におけるリフレクティングの可能性 [招待有り]
矢原 隆行
第15回医療観察法関連職種研修会 シンポジウムⅡ 対象者中心の医療及び支援を考える-社会復帰を促進するために-           2019年9月27日   
Reflecting Processes and Reflecting Processes in Japan [招待有り]
矢原 隆行
ノルウェー科学技術大学における特別講義   2019年9月2日   
二人のナラティヴを聞いてのリフレクティング・トーク
矢原 隆行
日本家族療法学会第36回北海道大会、自主シンポジウム:ナラティヴ・セラピーの「今」を語ろう   2019年6月29日   
リフレクティングワークショップ:異質を折り重ね、うつし合わせる [招待有り]
矢原 隆行
第15回日本司法精神医学会大会ワークショップ   2019年6月8日   
リフレクティングと司法精神医学:リフレクティングの概略と司法領域における可能性 [招待有り]
矢原 隆行
第15回日本司法精神医学会大会シンポジウムⅢ 司法精神医療におけるモチベーションの多様性   2019年6月8日   
北欧の刑務所におけるリフレクティングの展開と含意 [招待有り]
矢原 隆行
龍谷大学犯罪学研究センター トークセッション   2019年3月23日   
リフレクティング:会話についての会話という方法 [招待有り]
矢原 隆行
日本精神保健看護学会 教育活動委員会主催研修会「オープンダイアローグとリフレクティング:日本での展開の可能性を探る」   2019年3月21日   
いわゆる「治療的」会話をめぐって:Tom Andersenの10の仮説 [招待有り]
矢原 隆行
第7回ナラティヴ・コロキウム シンポジウム 治療的会話を求めて   2019年3月17日   
地域共⽣社会実現のための対話⽅法:ダイアローグとリフレクティング [招待有り]
矢原 隆行
平成30年度九州ブロック地域包括・在宅介護⽀援センター協議会セミナー   2018年11月30日   
Wagner, J. の刑務所実践におけるリフレクティング・トークとリフレクティング・プロセス
矢原 隆行
日本犯罪社会学会第45回大会 テーマセッション:犯罪社会学におけるナラティヴ・アプローチの可能性と課題   2018年10月20日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2019年 - 2023年    代表者: 大川 貴子
対人援助とセラピーにおける対話実践の身体性と社会性:対話空間のオラリティ研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2019年 - 2022年    代表者: 石原 孝二
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 矢原 隆行
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 矢原 隆行
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 矢原 隆行