共同研究・競争的資金等の研究課題

1993年

細胞のストレス応答におけるステリルグルコシド(コレステリルグルコシド)合成誘導の役割


資金種別
競争的資金

細胞のストレス応答の初期課程において、ステリルグルコシド(動物一般ではコレステリルグルコシド)が合成誘導され、それがストレスタンパク質の合成誘導を引き起こすための転写因子の活性化等を引き起こすことを明らかにし、その合成酵素等の探索を行っている。