遠藤 隆志

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/19 20:42
 
アバター
研究者氏名
遠藤 隆志
 
エンドウ タカシ
所属
植草学園大学
部署
発達教育学部
職名
准教授
学位
修士(教育学)(千葉大学), 博士(学術)(東京学芸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年10月
 - 
2008年3月
 順天堂大学スポーツ健康医科学研究所 博士研究員
 
2008年4月
 - 
2010年8月
 国立障害者リハビリテーションセンター研究所 流動研究員
 

学歴

 
 
 - 
2001年
千葉大学 教育学研究科 保健体育
 
 
 - 
2005年
東京学芸大学 教育学研究科 学校教育学専攻
 
 
 - 
1999年
千葉大学 教育学部 スポーツ科学課程
 

委員歴

 
 
   
 
日本体力医学会  評議員
 
 
   
 
千葉体育学会  監事
 

受賞

 
2008年
第16回日本運動生理学会大会Young Investigator Award優秀賞
 
2009年
第64回日本体力医学会大会研究奨励賞
 

論文

 
Omori M, Shibuya S, Nakajima T, Endoh T, Suzuki S, Irie S, Ariyasu R, Unenaka S, Sano H, Igarashi K, Ichimura S, Ohki Y
Behavioural neurology   2018 5138234   2018年   [査読有り]
Sasada S, Endoh T, Ishii T, Komiyama T
Neuroscience letters   657 97-101   2017年9月   [査読有り]
大森雅夫, 渋谷賢, 佐野秀仁, 中島剛, 鈴木伸弥, 入江駿, 大木紫, 遠藤隆志, 五十嵐一峰, 市村正一
脊髄機能診断学(Web)   37(1) 43‐48 (WEB ONLY)   2017年1月
Nakajima T, Tazoe T, Sakamoto M, Endoh T, Shibuya S, Elias LA, Mezzarane RA, Komiyama T, Ohki Y
Frontiers in human neuroscience   11 19   2017年   [査読有り]

Misc

 
遠藤隆志, 小川哲也, 中澤公孝
デサントスポーツ科学   31 167-175   2010年6月
足底面の皮膚感覚情報によるつまずき反応の特徴
デサントスポーツ科学   27 137-144   2006年

書籍等出版物

 
教育の基礎と展開-豊かな保育・教育のつながりをめざして
遠藤 隆志 (担当:共著, 範囲:第8章 子どもの成長と運動)
学文社   2016年4月   

Works

 
(財)ミズノスポーツ振興会スポーツ医科学研究助成
2006年
平成19年度千葉体育学会研究助成
2007年
第31回(財)石本記念デサントスポーツ科学振興財団自由課題学術研究優秀入選
2009年

競争的資金等の研究課題

 
ニューロモデュレーションによって中枢性疲労は回復するか?
科学研究費補助金
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 遠藤 隆志
ニューロモデュレーションを用いた新たなスポーツ練習法の開発
科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 遠藤 隆志
筋損傷時における両側性運動機能低下のメカニズムの解明
科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 遠藤 隆志
運動・トレーニングによる中枢及び末梢運動系の適応及び可塑的変化
共同研究
研究期間: 1999年 - 2008年
伸張性筋収縮による筋損傷および遅発性筋痛時の運動制御機構
研究期間: 2003年