金子 真理子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/20 03:18
 
アバター
研究者氏名
金子 真理子
 
カネコ マリコ
eメール
mkanekou-gakugei.ac.jp
所属
東京学芸大学
部署
教員養成カリキュラム開発研究センター
職名
教授
学位
修士(教育学)(東京大学大学院)

研究分野

 
 

Misc

 
「新たな科学教育が生まれた社会的文脈―2000年代のイギリスにおけるTwenty First Century Scienceの誕生に注目して―」
金子真理子
『教員養成カリキュラム開発研究センター研究年報』   Vol.17    2018年3月
「臨時的任用教員の増加と働き方」
金子真理子
(通巻545号) 89-91   2018年1月
「教師の働き方と教職観」
金子真理子
『月刊 高校教育』   第50巻(第11号) 32-35   2017年10月
「非正規教員の増加傾向をどうとらえるか―学校現場にできること」
月刊 教職研修 通巻第533号      2017年1月
「子どもの「意見表明権」の社会的意義―二つの教育実践の分析をもとに―」
『子ども社会研究』   (第21号) 75-94   2015年6月

書籍等出版物

 
『教育社会学事典』
丸善出版(東京)   2018年1月   
『教師教育研究ハンドブック』
学文社(東京)   2017年9月   
『現代社会の児童生徒指導』
2017年3月   
『18歳までに育てたい力―社会科で育む「政治的教養」―』
東京   2017年2月   
『現代高校生の学習と進路―高校の「常識」はどう変わってきたか?―』
学事出版(東京)   2014年12月   

講演・口頭発表等

 
「教師の専門性とは何か?―「自由を行使しうる主体」を形成するために」
日本教師教育学会第26回研究大会公開シンポジウム「教師の専門職性と“学び続ける教師”の在り方を問う」   2016年9月   
「教師の専門性とは何か?―「自由を行使しうる主体」を形成するために」
日本教師教育学会第26回研究大会公開シンポジウム「教師の専門職性と“学び続ける教師”の在り方を問う」   2016年9月   
「教師の教職観と自己像」
HATO教員の魅力プロジェクト(愛知教育大学・北海道教育大学・東京学芸大学・大阪教育大学)主催公開シンポジウム「教師の仕事その実態と魅力-HATOプロジェクト教師の魅力調査から-」   2016年2月   
「教員評価制度の導入が教員社会にもたらすもの―誰が「分断」されるのか?―」
日本社会病理学会シンポジウム『社会的分断化のメカニズムを問うⅢ―教育における文化と分断―』   2013年9月   
「「予防原則」と「ALARA」はなぜ削除されたのか?―イングランドのサイエンスの教科書の変化に注目して―」
日本教育社会学会第65回大会   2013年9月   

Works

 
「文献紹介:渡辺謙一著 東京の「教育改革」は何をもたらしたか-一元都立高校長の体験から」
201209

競争的資金等の研究課題

 
教育社会学