碇 智徳

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/27 03:31
 
アバター
研究者氏名
碇 智徳
 
イカリ トモノリ
所属
宇部工業高等専門学校
部署
電気工学科
職名
教授
学位
(工学)博士(九州工業大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2001年
九州工業大学 工学研究科 電子工学
 
 
 - 
1999年
九州工業大学 工学部 電気工学科電子
 

論文

 
Effect of ion-beam irradiation on the epitaxial growth of graphene via the SiC surface decomposition method
Japanese Journal of Applied Physics   56(085104) 1-4   2017年6月   [査読有り]
碇  智徳
e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, Vol. 14, pp. 141-143      2016年5月
碇  智徳
e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, Vol. 14, pp. 103-106      2016年4月
碇  智徳
e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, Vol. 14, pp. 121-124      2016年4月
碇  智徳
e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, Vol. 14, pp. 107-112      2016年4月

書籍等出版物

 
エネルギー管理士電気分野模擬問題集
碇  智徳 (担当:共著)
電気書院 全471貢   2016年2月   

講演・口頭発表等

 
Metastable Induced Electron Spectroscopy as tool for investigating the surface of ionic liquids
第18回「イオンビームによる表面・界解析」特別研究会   2017年12月16日   
A study of epitaxial graphene on 3C-SiC(111) via Ar+ ion beam irradiation
International Symposium on Epitaxial Graphene (ISEG-2017)   2017年11月23日   
Observation of the electronic structure at a zinc-phthalocyanine thin film by MIES
The 8th International Symposium on Surface Science (ISSS-8)   2017年10月26日   
Electronic structure of Oxygen and Cesium co-adsorption on 6H-SiC(0001)_(6√3×6√3)R30° surface studied by MIES
The 8th International Symposium on Surface Science (ISSS-8)   2017年10月26日   
A study of the electronic structure at oxygen adsorbed 4H-SiC(0001) (3×3) reconstructed surface by MIES
The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering   2017年10月9日   

競争的資金等の研究課題

 
スピン偏極準安定原子脱励起分光法によるO/Ni(110)表面の研究
遷移金属触媒を用いたCVD法によるカーボンナノチューブの合成
プラズマCVD法を用いたダイヤモンド半導体の作製
イオン液体表面における構造・電子状態の解明