廣瀬 浩二郎

J-GLOBALへ         更新日: 14/12/09 12:47
 
アバター
研究者氏名
廣瀬 浩二郎
 
ヒロセ コウジロウ
所属
国立民族学博物館
部署
民族文化研究部
職名
准教授
学位
博士(文学)(京都大学), 修士(文学)(京都大学)
科研費研究者番号
20342644

プロフィール

  東京都出身。筑波大学附属盲学校から京都大学に進学。2000年、同大学院にて文学博士号取得。専門は日本宗教史、触文化論。01年より国立民族学博物館に勤務。「ユニバーサル・ミュージアム」(誰もが楽しめる博物館)の実践的研究に取り組み、“さわる”をテーマとする各種イベントを全国で企画・実施している。
    主な著書に『さわる文化への招待』(世界思想社)、『さわっておどろく!』(岩波ジュニア新書)、『さわって楽しむ博物館』(青弓社)、『世界をさわる』(文理閣)などがある。

 

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2000年
京都大学文学部研修員
 
2002年
 - 
2003年
 プリンストン大学東洋学部 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1997年
京都大学 文学研究科 日本史学
 
 
 - 
1991年
京都大学 文学部 日本史学
 

Misc

 
日本文化史と中世盲僧
藝能史研究   (127)    1994年
中世盲僧と吉野・熊野
山岳修験   (13)    1994年
盲僧のイメージ
歴史評論   (550)    1996年
出口王仁三郎の思想を現代に問う
国際宗教研究所ニュースレター   (20)    1998年
合気道の「力」と「心」
月刊武道   (8)    2000年

書籍等出版物

 
『障害者の宗教民俗学』
廣瀬 浩二郎 著
明石書店   1997年   
『人間解放の福祉論(出口王仁三郎と近代日本)』 
廣瀬 浩二郎 著
解放出版社   2001年   
『触る門には福来たる(座頭市流フィールドワーカーが行く!)』
廣瀬 浩二郎 著
岩波書店   2004年   
『だれもが楽しめるユニバーサル・ミュージアム(“つくる”と“ひらく”の現場から)』
廣瀬 浩二郎 編著
読書工房   2007年   
『さわる文化への招待(触覚でみる手学問のすすめ)』
廣瀬 浩二郎 著
世界思想社   2009年   
『万人のための点字力入門(さわる文字から、さわる文化へ)』
廣瀬 浩二郎 編著
生活書院   2010年   
『さわって楽しむ博物館(ユニバーサル・ミュージアムの可能性)』
廣瀬 浩二郎 編著
青弓社   2012年   
『さわっておどろく!(点字・点図がひらく世界)』
廣瀬 浩二郎・嶺重慎 共著
岩波ジュニア新書   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
基盤研究(C)「誰もが楽しめる博物館を創造する実践的研究」
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 廣瀬 浩二郎