玉城 英彦

J-GLOBALへ         更新日: 03/11/27 00:00
 
アバター
研究者氏名
玉城 英彦
 
タマシロ ヒデヒコ
URL
http://www.med.hokudai.ac.jp/~senior-w/
所属
北海道大学
部署
大学院医学研究科 社会医学専攻
職名
教授
学位
博士(医学)(テキサス大学(アメリカ合衆国)), 博士(公衆衛生学)(国立公衆衛生院)

研究分野

 
 

委員歴

 
2002年
 - 
2005年
日本衛生学会  評議員
 
2001年
 - 
2003年
北海道公衆衛生協会  理事
 

Misc

 
HIV抗体検査のためのAlternative confirmatory strategies
エイズ   2号, 56-60    1991年
感染症撲滅に向けての国際協力-AIDS(共著)
臨床と微生物   20号、575-579    1993年
エイズ-その予防活動((]G0001[))-一日本人国連職員の体験より-エイズの現状
保健の科学   36号、318-327    1994年
エイズ-その予防活動((]G0002[))-一日本人国連職員の体験より-エイズ患者及びHIV感染者数の推定と予測
保健の科学   36号、389-393    1994年
エイズ-その予防活動((]G0003[))-一日本人国連職員の体験より-効果的なエイズ予防対策及びその活動(1)
保健の科学   36号、472-483    1994年

書籍等出版物

 
エイズの疫学と予測
食物、栄養、健康データブック、医歯薬出版   1994年   
疫学的原因論(共著)
三一書房   1982年   
疫学・臨床医学のための患者対照研究-研究計画の立案・実施・解析(共著)
ソフトサイエンス社   1985年   
公衆衛生-世界的観点から〔翻訳〕(共著)
JAMA日本語版   1980年   
国際問題、世界保健機関
保健+医療+福祉の現代用語WIBA2001年板   2001年   

Works

 
インターネットを活用した社会医学教育システムの開発に関する研究
2002年 - 2004年
ITを用いた北海道212市町村における健康・福祉・介護に関するダイナミック・データベースの構築とその運用‐地域意思決定支援システムへの応用
2002年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
高齢者の健康およびQOLに関する疫学調査研究
研究期間: 2000年   
エイズおよびその他の感染症に関する疫学調査研究
研究期間: 2003年   
交通事故の疫学研究
研究期間: 2002年   
インターネットを活用した社会医学教育システムの開発に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2005年
ITを用いた北海道212市町村における健康・福祉・介護に関するダイナミック・データベースの構築とその運用‐地域意思決定支援システムへの応用
研究期間: 2002年 - 2003年