青沼 仁志

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/09 10:49
 
アバター
研究者氏名
青沼 仁志
 
アオヌマ ヒトシ
URL
http://ncmac2.es.hokudai.ac.jp/index.html
所属
北海道大学
部署
電子科学研究所
職名
准教授
学位
博士(理学)(北海道大学)
その他の所属
北海道大学大学院生命科学院JST CREST
科研費研究者番号
20333643
ORCID ID
0000-0001-8380-1820

プロフィール

動物がどのように環境を知覚し,適応的な行動を実時間で発現するのか?その基盤となる脳神経系のメカニズムと,脳・身体・環境の相互作用によって生まれる機能の発生メカニズムを研究しています.

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
北海道大学 電子科学研究所・附属社会創造数学研究センター 准教授
 
2006年4月
 - 
現在
北海道大学大学院 生命科学院 准教授
 
2014年10月
 - 
現在
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業・小林CREST グループリーダー
 
2003年7月
 - 
2006年3月
北海道大学大学院 工学研究科 助教授
 
2001年1月
 - 
2003年7月
北海道大学 電子科学研究所 助手
 
2003年
 - 
現在
北海道大学 電子科学研究所 准教授
 
1999年1月
 - 
2000年12月
サウザンプトン大学 生物科学専攻 日本学術振興会 海外特別研究員
 
1998年4月
 - 
1998年12月
サウザンプトン大学 生物科学専攻 博士研究員
 
1995年4月
 - 
1997年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1998年3月
北海道大学大学院 理学研究科 生物科学専攻
 
1991年4月
 - 
1993年3月
北海道大学大学院 理学研究科 動物学専攻
 
1987年4月
 - 
1991年3月
北海道大学 理学部 生物学科
 

受賞

 
2017年6月
The 8th International Symposium on Adaptive Motion of Animals and Machines AMAM2017 Outstanding Demo Award Frog Cyborg Driven by Biological Muscle Actuators that Packaged Physiological Solution
受賞者: Shimizu M., Ishii D., Aonuma H. and Hosoda K.
 
2013年9月
計測自動制御学会システム・情報部門 SSI Best Research Award クモヒトデのレジリアントなロコモーションに内在する自律分散制御則
受賞者: 佐藤英毅,加納 剛史,坂本 義哉,松坂 義哉,青沼 仁志,石黒 章夫
 
2013年9月
日本数理生物学会 第23回日本数理生物学会大会 ポスター賞 腕切断実験から探るクモヒトデの腕間協調メカニズム
受賞者: 佐藤英毅,加納 剛史,坂本 義哉,松坂 義哉,青沼 仁志,石黒 章夫
 
2008年
日本動物学会 Zoological Science Award 2008 Serotonin-immunoreactive neurons in the antennal sensory system of the brain in the carpenter ant, Camponotus japonicus
受賞者: Tsuji E., Aonuma H., Yokohari F. and Nishikawa M.
 
2002年8月
日本比較生理生化学会 吉田奨励賞 節足動物の神経系における一酸化窒素の役割に関する研究
 

論文

 
Journal of The Royal Society Interface      2020年1月   [査読有り]
Wakita D, Hayase Y, Aonuma H
Scientific Reports   9(1) 8298   2019年12月   [査読有り]
Daiki Wakita, Hitoshi Aonuma, Shin Tochinai
   2019年6月   [査読有り]
Naniwa K, Sugimoto Y, Osuka K, Aonuma H
Journal of insect physiology   112 117-122   2018年11月   [査読有り]
Totani Y, Aonuma H, Oike A, Watanabe T, Hatakeyama D, Sakakibara M, Lukowiak K, Ito E
Frontiers in behavioral neuroscience   13 65   2019年4月   [査読有り]
Clark EG, Kanauchi D, Kano T, Aonuma H, Briggs DEG, Ishiguro A
The Journal of Experimental Biology   222(Pt 2) jeb.192104   2018年11月   [査読有り]
Takayuki Watanabe, Atsushi Ugajin, Hitoshi Aonuma
eneuro   5(4) ENEURO.0061   2018年8月   [査読有り]
DiRienzo Nicholas, Aonuma Hitoshi
ANIMAL BEHAVIOUR   138 9-17   2018年4月   [査読有り]
Momohara Yuto, Aonuma Hitoshi, Nagayama Toshiki
JOURNAL OF COMPARATIVE PHYSIOLOGY A-NEUROETHOLOGY SENSORY NEURAL AND BEHAVIORAL PHYSIOLOGY   204(5) 465-473   2018年5月   [査読有り]
Aonuma Hitoshi, Totani Yuki, Kaneda Mugiho, Nakamura Ryota, Watanabe Takayuki, Hatakeyama Dai, Dyakonova Varvara E., Lukowiak Ken, Ito Etsuro
NEUROBIOLOGY OF LEARNING AND MEMORY   148 20-29   2018年2月   [査読有り]
園山貴之, 荻本啓介, 石橋敏章, 須田有輔, 青沼仁志, 青沼仁志, 松浦啓一
魚類学雑誌   65(1) 81‐84-84   2018年4月
<p>A specimen of the pufferfish Torquigener albomaculosus, previously recorded in depths of 10–30 m off Amami-oshima Island, northern Ryukyu Islands, was collected at 100m depth by hook and line off Hamahika-jima Island (off east coast of O...
Kano Takeshi, Sato Eiki, Ono Tatsuya, Aonuma Hitoshi, Matsuzaka Yoshiya, Ishiguro Akio
ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE   4(12) 171200   2017年11月   [査読有り]
Image-based Measurement of Ultra-fast Movement of Mandible in Trap-Jaw Ants
PROCEEDINGS 2018 12TH FRANCE-JAPAN AND 10TH EUROPE-ASIA CONGRESS ON MECHATRONICS   89-93   2018年   [査読有り]
Matsuda Keisuke, Gotoh Hiroki, Tajika Yuki, Sushida Takamichi, Aonuma Hitoshi, Niimi Teruyuki, Akiyama Masakazu, Inoue Yasuhiro, Kondo Shigeru
SCIENTIFIC REPORTS   7(1) 13939   2017年10月   [査読有り]
Aonuma H, Totani Y, Sakakibara M, Lukowiak K, Ito E
Biophysics and physicobiology   15 129-135   2018年   [査読有り]
Shiratori Chihiro, Suzuki Nanoka, Momohara Yuto, Shiraishi Kyosuke, Aonuma Hitoshi, Nagayama Toshiki
EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE   46(3) 1863-1874   2017年8月   [査読有り]
DiRienzo Nicholas, Aonuma Hitoshi
BEHAVIORAL ECOLOGY AND SOCIOBIOLOGY   71(8)    2017年8月   [査読有り]
Aonuma Hitoshi, Kaneda Mugiho, Hatakeyama Dai, Watanabe Takayuki, Lukowiak Ken, Ito Etsuro
NEUROBIOLOGY OF LEARNING AND MEMORY   141 189-198   2017年5月   [査読有り]
Matsuzaka Yoshiya, Sato Eiki, Kano Takeshi, Aonuma Hitoshi, Ishiguro Akio
BIOLOGY OPEN   6(4) 425-438   2017年4月   [査読有り]
Shimoji Hiroyuki, Aonuma Hitoshi, Miura Toru, Tsuji Kazuki, Sasaki Ken, Okada Yasukazu
BEHAVIORAL ECOLOGY AND SOCIOBIOLOGY   71(2)    2017年2月   [査読有り]
Matsuo Ryota, Tanaka Marin, Fukata Rena, Kobayashi Suguru, Aonuma Hitoshi, Matsuo Yuko
JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   524(18) 3849-3864   2016年12月   [査読有り]
Aonuma Hitoshi, Kaneda Mugiho, Hatakeyama Dai, Watanabe Takayuki, Lukowiak Ken, Ito Etsuro
BIOLOGY OPEN   5(12) 1869-1873   2016年12月   [査読有り]
Ishikawa Yuki, Aonuma Hitoshi, Sasaki Ken, Miura Toru
PLOS ONE   11(5) e0154230   2016年5月   [査読有り]
高橋悟, 奥田泰丈, 川端邦明, 川端邦明, 青沼仁志, 青沼仁志, 佐藤雄隆, 岩田健司
Journal of Signal Processing (Web)   20(2) 65‐74(J‐STAGE)-74   2016年
Multiple tracking methods are widely required in biology field, in particular neuroethology and ecology fields. Biology researches have to observe target behavior with recording video and have to spend much time for analyzing video data afterward....
Newland Philip L., Al Ghamdi Mesfer S., Sharkh Suleiman, Aonuma Hitoshi, Jackson Christopher W.
PROCEEDINGS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES   282(1812) 60-66   2015年8月   [査読有り]
Ohkawara K, Aonuma H.
Insectes Sociaux   63(2) 257-264   2016年   [査読有り]
小林充, 片岡崇, 青沼仁志, 柴田洋一
農業食料工学会誌   77(3) 179-185   2015年5月
Alessi Ahmad M., O'Connor Vincent, Aonuma Hitoshi, Newland Philip L.
FRONTIERS IN BEHAVIORAL NEUROSCIENCE   8(November) 371   2014年11月   [査読有り]
Aonuma H, Sakura M, Kurabayashi D.
Memory Consolidation   37-52   2015年   [査読有り]
Okada R, Ikeno H, Kimura T, Ohashi M, Aonuma H, Ito E
Scientific reports   4 4175   2014年2月   [査読有り]
青沼 仁志
日本画像学会誌 = Journal of the Imaging Society of Japan   53(3) 207-215   2014年
Kuniaki Kawabata,Hitoshi Aonuma,Koh Hosoda,Jianru Xue
Robotics and Autonomous Systems   61(12) 1529-1538   2013年12月   [査読有り]
Yano S, Watanabe T, Aonuma H, Asama H
Molecular bioSystems   9(8) 2079-2084   2013年8月   [査読有り]
Sakura M, Aonuma H
The Journal of experimental biology   216(12) 2221-2228   2013年3月   [査読有り]
Watanabe T, Sadamoto H, Aonuma H
Invertebrate neuroscience : IN   13(2) 107-123   2013年3月   [査読有り]
Yoritsune A, Aonuma H
Invertebrate neuroscience : IN   12(2) 103-117   2012年12月   [査読有り]
Kawabata K, Aonuma H, Hosoda K, Xue J.
Journal of Robotics and Mechatronics   25(2) 333-339   2013年   [査読有り]
Ito E, Otsuka E, Hama N, Aonuma H, Okada R, Hatakeyama D, Fujito Y, Kobayashi S
PloS one   7(8) e43151   2012年8月   [査読有り]
Fukumitsu Y, Irie K, Satho T, Aonuma H, Dieng H, Ahmad AH, Nakashima Y, Mishima K, Kashige N, Miake F
Parasites & vectors   5(1) 92   2012年5月   [査読有り]
Shiro Yano,Yusuke Ikemoto,Hitoshi Aonuma,Hajime Asama
Robotics and Autonomous Systems   60(5) 722-728   2012年5月   [査読有り]
Okada R, Akamatsu T, Iwata K, Ikeno H, Kimura T, Ohashi M, Aonuma H, Ito E
The Journal of experimental biology   215(10) 1633-1641   2012年5月   [査読有り]
Kuniaki Kawabata,Takashi Fujii,Hitoshi Aonuma,Tsuyoshi Suzuki,Masatoshi Ashikaga,Jun Ota,Hajime Asama
Robotics and Autonomous Systems   60(5) 707-713   2012年5月   [査読有り]
Tatsuya Mizuno,Midori Sakura,Masatoshi Ashikaga,Hitoshi Aonuma,Ryosuke Chiba,Jun Ota
Robotics and Autonomous Systems   60(5) 700-706   2012年5月   [査読有り]
Sakura M, Okada R, Aonuma H
Proceedings. Biological sciences / The Royal Society   279(1728) 535-542   2012年2月   [査読有り]
Watanabe T, Aonuma H.
Acta biologica Hungarica   63 Suppl 2 58-62   2012年   [査読有り]
Sakura M, Watanabe T, Aonuma H.
Acta biologica Hungarica   63 Suppl 2 69-74   2012年   [査読有り]
Okada R, Ikeno H, Kimura T, Ohashi M, Aonuma H, Ito E.
Acta biologica Hungarica   63 Suppl 2 75-79   2012年   [査読有り]
Aonuma H, Watanabe T.
Acta biologica Hungarica   63 Suppl 2 63-68   2012年   [査読有り]
Funato T, Nara M, Kurabayashi D, Ashikaga M, Aonuma H
The Journal of experimental biology   214(14) 2426-2434   2011年7月   [査読有り]
Wada-Katsumata A, Yamaoka R, Aonuma H
The Journal of experimental biology   214(10) 1707-1713   2011年5月   [査読有り]
Okada R, Ikeno H, Kimura T, Ohashi M, Aonuma H, Ito E.
Information   13(3 B) 1115-1130   2010年5月   [査読有り]
It is well established mat honeybees inform their nestmates of the location of flowers they have visited by a unique behavior called a "waggle dance". To evaluate the efficacy of this dance in terms of food collection, we constructed a Markov mode...
Guerra Rda S, Aonuma H, Hosoda K, Asada M
Journal of neuroscience methods   191(1) 138-144   2010年8月   [査読有り]
Yano Shiro, Ikemoto Yusuke, Aonuma Hitoshi, Nagao Takashi, Asama Hajime
DISTRIBUTED AUTONOMOUS ROBOTIC SYSTEMS 8   97-+   2009年   [査読有り]
Masatoshi Ashikaga,Midori Sakura,Mika Kikuchi,Tetsutaro Hiraguchi,Ryosuke Chiba,Hitoshi Aonuma,Jun Ota
Advanced Robotics   23(5) 563-578   2009年   [査読有り]
Yamazaki Madoka, Sakura Midori, Aonuma Hitoshi, Akino Toshiharu, Yamaoka Ryohei
COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY   151(4) 453   2008年12月   [査読有り]
Yano S, Ikemoto Y, Aonuma H, Nagao T, Asama H.
Distributed Autonomous Robotic Systems 8   97-107   2009年   [査読有り]
Okada Ryuichi, Ikeno Hidetoshi, Kimura Toshifumi, Ohashi Mizue, Aonuma Hitoshi, Ito Etsuro
COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY   151(4) 456   2008年12月   [査読有り]
Ishikawa Y, Aonuma H, Miura T
PloS one   3(e2617) e2617-8   2008年7月   [査読有り]
Funato T, Kurabayashi D, Nara M, Aonuma H
IEEE transactions on systems, man, and cybernetics. Part B, Cybernetics : a publication of the IEEE Systems, Man, and Cybernetics Society   38(3) 764-770   2008年6月   [査読有り]
Ryuichi Okada,Hidetoshi Ikeno,Hitoshi Aonuma,Etsuro Ito
Advanced Robotics   22(15) 1665-1681   2008年   [査読有り]
Ikeno Hidetoshi, Kanzaki Ryohei, Aonuma Hitoshi, Takahata Masakazu, Mizunarni Makoto, Yasuyama Kouji, Matsui Nobuyuki, Yokohari Fumio, Usui Shiro
NEURAL INFORMATION PROCESSING, PART II   4985(PART 2) 905-+   2008年   [査読有り]
青沼 仁志, 長尾 隆司, 太田 順, 川端 邦明, 淺間 一
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   46(12) 903-909   2007年12月
Ogawa Hiroto, Baba Yoshichika, Kitamura Yoshiichiro, Kitamura Yoshichiro, Aonuma Hitoshi, Oka Kotaro
COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY   148(3) 348   2007年11月   [査読有り]
Hatakeyama D, Aonuma H, Ito E, Elekes K
The Biological bulletin   213(2) 172-186   2007年10月   [査読有り]
Iwasaki M, Nishino H, Delago A, Aonuma H
Zoological science   24(9) 860-868   2007年9月   [査読有り]
Tsuji E, Aonuma H, Yokohari F, Nishikawa M
Zoological science   24(8) 836-849   2007年8月   [査読有り]
Ott SR, Aonuma H, Newland PL, Elphick MR
The Journal of comparative neurology   501 381-399   2007年3月   [査読有り]
Watanabe T, Kikuchi M, Hatakeyama D, Shiga T, Yamamoto T, Aonuma H, Takahata M, Suzuki N, Ito E
Developmental neurobiology   67 456-473   2007年3月   [査読有り]
Sakura Midori, Hiraguchi Tetsutaro, Ohkawara Kyohsuke, Aonuma Hitoshi
COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY   145(3-4) 419   2006年11月   [査読有り]
Wagatsuma A, Azami S, Sakura M, Hatakeyama D, Aonuma H, Ito E
Journal of neuroscience research   84 954-960   2006年10月   [査読有り]
Iwasaki M, Delago A, Nishino H, Aonuma H
Zoological science   23(10) 863-872   2006年10月   [査読有り]
Delago A, Aonuma H
Zoological science   23(9) 775-783   2006年9月   [査読有り]
Niwa K, Sakai J, Karino T, Aonuma H, Watanabe T, Ohyama T, Inanami O, Kuwabara M
Free radical research   40(2) 167-174   2006年2月   [査読有り]
Matsumoto Y, Unoki S, Aonuma H, Mizunami M
Learning & memory (Cold Spring Harbor, N.Y.)   13 35-44   2006年1月   [査読有り]
Nagamoto J, Aonuma H, Hisada M
Zoological science   22(10) 1079-1088   2005年10月   [査読有り]
Seki Y, Aonuma H, Kanzaki R
The Journal of comparative neurology   481(4) 340-351   2005年1月   [査読有り]
Nagayama T, Kimura K, Araki M, Aonuma H, Newland PL
The Journal of comparative neurology   474(1) 123-135   2004年6月   [査読有り]
Sadamoto H, Sato H, Kobayashi S, Murakami J, Aonuma H, Ando H, Fujito Y, Hamano K, Awaji M, Lukowiak K, Urano A, Ito E
Journal of neurobiology   58(4) 455-466   2004年3月   [査読有り]
Schuppe H, Araki M, Aonuma H, Nagayama T, Newland PL
Zoological science   21(1) 1-5   2004年1月   [査読有り]
Aonuma H, Iwasaki M, Niwa K.
Proceedings of the SICE Annual Conference   375-380   2004年   [査読有り]
Schuppe H, Araki M, Aonuma H, Nagayama T, Newland P.L.
Zoological Science   21(1) 1-5   2004年1月   [査読有り]
Aonuma H, Niwa K.
Acta Biologica Hungarica   55(1-4) 65-70   2004年   [査読有り]
Aonuma H, Newland PL
Journal of neurobiology   52(2) 144-155   2002年8月   [査読有り]
Schuppe H, Aonuma H, Newland P.L.
Cell and Tissue Research   303(3) 451   2001年   [査読有り]
Fujie S, Aonuma H, Ito I, Gelperin A, Ito E
Zoological science   19(1) 15-26   2002年1月   [査読有り]
Schuppe H, Aonuma H, Newland P.L.
Cell and Tissue Research   305(1) 135-146   2001年   [査読有り]
Schuppe H, Aonuma H, Newland P.L.
Cell and Tissue Research   303(2) 289-299   2001年   [査読有り]
Aonuma H, Newland P.L.
Journal of Experimental Biology   204(7) 1319-1332   2001年   [査読有り]
Newland Philip L., Aonuma Hitoshi, Nagayama Toshiki
Zoological science   17(9) 1185-1195   2000年12月
A single proprioceptor in the tailfan of the crayfish, Procambarus clarkii(Girard), in nervated by only twelve sensory neurones encodes the position and the direction and velocity of movement of the exopodite relative to the endopodite. Most of th...
Aonuma H, Nagayama T, Takahata M.
Journal of Experimental Biology   203(23) 3595-3602   2000年   [査読有り]
Aonuma H, Newland P.L, Nagayama T.
Journal of Experimental Biology   202(21) 2975-2984   1999年   [査読有り]

Misc

 
Daiki Wakita, Keisuke Naniwa, Hitoshi Aonuma
   2019年5月   [査読有り]
Daiki Wakita, Katsushi Kagaya, Hitoshi Aonuma
   2019年4月   [査読有り]
Keisuke Naniwa, Yasuhiro Sugimoto, Koichi Osuka, Hitoshi Aonuma
   2018年7月   [査読有り]
浪花啓右, 青沼仁志, 青沼仁志, 杉本靖博, 大須賀公一, 大須賀公一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.1P1‐D13   2018年6月
和田啓雅, 杉本靖博, 青沼仁志, 浪花啓右, 大須賀公一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.2P1‐D12   2018年6月
早瀬友美乃, 早瀬友美乃, 中西秀, 坂上貴洋, 青沼仁志, 高原聡, 金子俊一
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   73(1) ROMBUNNO.24pK604‐13   2018年3月
浪花啓右, 杉本靖博, 青沼仁志, 大須賀公一
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.1A2‐3   2018年1月
青沼仁志, 青沼仁志
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.1A2‐2   2018年1月
大脇大, 杉本靖博, 石黒章夫, 石黒章夫, 青沼仁志, 青沼仁志
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.1A2‐4   2018年1月
安井浩太郎, 菊池和気, 加納剛史, 黒田茂, 青沼仁志, 早瀬友美乃, 小林亮, 石黒章夫
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.1A3‐3   2018年1月
大須賀公一, 大須賀公一, 青沼仁志, 青沼仁志
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.1A2‐1   2018年1月
Masahiro Shimizu, Daisuke Ishii, Hitoshi Aonuma, Koh Hosoda
2017 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems, CBS 2017   2018-January 73-76   2018年1月
© 2017 IEEE. This paper shows a frog cyborg Xenopus-noid with webbed feet based on the anatomical structure of feet of X. laevis. Locomotion of an animal is generated through interactions among the nervous system, the musculo-skeletal system and t...
Aonuma H.
The Cricket as a Model Organism: Development, Regeneration, and Behavior   313-325   2017年   [査読有り]
2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON CYBORG AND BIONIC SYSTEMS (CBS)   73-76   2017年   [査読有り]
Aonuma H, Osuka K, Ohkawara K.
2017 56TH ANNUAL CONFERENCE OF THE SOCIETY OF INSTRUMENT AND CONTROL ENGINEERS OF JAPAN (SICE)   2017-November 15-18   2017年   [査読有り]
Aonuma H.
The Cricket as a Model Organism: Development, Regeneration, and Behavior   197-209   2017年   [査読有り]
Sakai Ryo, Shimizu Masahiro, Aonuma Hitoshi, Hosoda Koh
BIOMIMETIC AND BIOHYBRID SYSTEMS, LIVING MACHINES 2015   9222 97-100   2015年   [査読有り]
杉本靖博, 青沼仁志, 川端邦明, 大須賀公一
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   26th ROMBUNNO.1C3-2   2014年1月
早瀬友美乃, 早瀬友美乃, 中西秀, 坂上貴洋, 青沼仁志, 高原聡, 松田朝陽, 金子俊一
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   72(2) ROMBUNNO.21aK10‐9   2017年9月
加納剛史, 大須賀公一, 小林亮, 小林亮, 青沼仁志, 石川将人, 杉本靖博, 大脇大, 石黒章夫, 石黒章夫
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   26th ROMBUNNO.2B2-3   2014年1月
杉本靖博, 浪花啓右, 青沼仁志, 大須賀公一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.1A1‐E10   2017年5月
川端邦明, 青沼仁志, 杉本靖博, 細田耕, XUE Jianru
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   26th ROMBUNNO.1C3-3   2014年1月
小野達也, 金内大地, 加納剛史, 青沼仁志, 青沼仁志, 石黒章夫, 石黒章夫
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   29th ROMBUNNO.1A1‐2   2017年1月
佐藤英毅, 加納剛史, 青沼仁志, 松坂義哉, 石黒章夫, 石黒章夫
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   26th ROMBUNNO.2A1-3   2014年1月
安井浩太郎, 菊池和気, 加納剛史, 早瀬友美乃, 黒田茂, 青沼仁志, 青沼仁志, 小林亮, 小林亮, 石黒章夫, 石黒章夫
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   29th ROMBUNNO.1A3‐1   2017年1月
矢野史朗, 渡邊崇之, 青沼仁志, 淺間一
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   26th ROMBUNNO.2D2-1   2014年1月
杉本靖博, 浪花啓右, 青沼仁志, 大須賀公一
横幹連合コンファレンス(CD-ROM)   8th ROMBUNNO.D‐2‐3   2017年
青沼仁志
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   26th ROMBUNNO.WAKUSHOPPU,3   2014年1月
長谷川英祐, 青沼仁志, 寺尾勘太, 小楠なつき, 大久保祐作, 渡邊紗織, 三上俊太, 藤田悠介, 水波誠, 村上優花
日本動物行動学会大会発表要旨集   36th P.185   2017年
青沼仁志
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   26th ROMBUNNO.1C3-1   2014年1月
杉本 靖博, 浪花 啓右, 青沼 仁志, 大須賀 公一
横幹連合コンファレンス予稿集   2017(0) D-2-3   2017年
In this research, to investigate behavior and internal state changes during aggressive behaviorof cricket, we are developing an small autonomous mobile robot which has a articial antennae and canintervene in aggressive behavior repeatedly.
松坂義哉, 佐藤英毅, 加納剛史, 坂本一寛, 青沼仁志, 石黒章夫
日本生理学雑誌   76(1) 39   2014年1月
杉本 靖博, 浪花 啓右, 青沼 仁志, 大須賀 公一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2017(0) 1A1-E10   2017年
<p>In this study, towards the neurophysiological mechanism elucidation of the aggressive behavior of crickets, in order to examine the internal state of the aggressive behavior. Therefore, we have developed a small mobile invasive device that can ...
小野達也, 加納剛史, 青沼仁志, 青沼仁志, 松坂義哉, 石黒章夫, 石黒章夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.1A2‐04b2   2016年6月
杉本靖博, 浪花啓右, 青沼仁志, 大須賀公一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.1A2‐05a6   2016年6月
坂井亮, 清水正宏, 青沼仁志, 細田耕
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.1A1‐12a2   2016年6月
Ryo Sakai,Masahiro Shimizu,Hitoshi Aonuma,Koh Hosoda
Biomimetic and Biohybrid Systems - Third International Conference, Living Machines 2014, Milan, Italy, July 30 - August 1, 2014. Proceedings   8608 420-422   2014年   [査読有り]
Kawabata K, Aonuma H, Hosoda K, Sugimoto Y, Xue J.
2014 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND BIOMIMETICS IEEE-ROBIO 2014   949-954   2014年   [査読有り]
矢野史朗, 渡邊崇之, 青沼仁志, 淺間一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.SS14-8   2013年11月
青沼仁志, 青沼仁志
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   28th ROMBUNNO.2A2‐1   2016年1月
坂井 亮, 清水 正宏, 青沼 仁志, 細田 耕
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2016(0) 1A1-12a2   2016年
<p>This study aims to understand relationships between musculoskeletal structure of frogs and swimming performance without control of the nerves systems. Frogs generate great swimming performance by extension of the hind limbs. Extension of knee c...
青沼仁志, 渡邊崇之
日本動物学会大会予稿集   84th 136   2013年8月
小野 達也, 加納 剛史, 青沼 仁志, 松坂 義哉, 石黒 章夫
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2016(0) 1A2-04b2   2016年
<p>Robots are now required to adapt to changes in the environments and physical damages so that they can work under harsh environments. To meet the requirement, we focused on ophiuroid' s highly adaptive and resilient locomotion. In our previous w...
清水正宏, 青沼仁志, 細田耕
自律分散システム・シンポジウム資料   25th 109-112   2013年1月
古橋一憲, 北川善政, 赤坂司, 亘理文夫, 青沼仁志
北海道外科雑誌   58(1) 87-88   2013年6月
杉本 靖博, 浪花 啓右, 青沼 仁志, 大須賀 公一
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2016(0) 1A2-05a6   2016年
<p>In this study, towards the neurophysiological mechanism elucidation of the aggressive behavior of crickets, in order to examine the internal state of the aggressive behavior. Therefore, we have developed a small mobile robot that can repeatedly...
渡邊崇之, 青沼仁志
日本進化学会大会プログラム・講演要旨集(Web)   17th ROMBUNNO.P‐18 (WEB ONLY)   2015年8月
Yasutake Okuda,Satoru Takahashi,Kuniaki Kawabata,Hitoshi Aonuma,Kenji Iwata,Yutaka Satoh
The First International Symposium on Computing and Networking - Across Practical Development and Theoretical Research, Dogo SPA Resort, Matsuyama, Japan, December 4-6, 2013.   324-327   2013年   [査読有り]
Kobayashi M, Kataoka T, Aonuma H, Al-Mallahi A.A, Shibata Y.
IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)   1(PART 1)    2013年   [査読有り]
Okuda Y, Takahashi S, Kawabata K, Aonuma H, Iwata K, Satoh Y.
IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCON      2013年   [査読有り]
Kuniaki Kawabata,Hitoshi Aonuma,Koh Hosoda,Jianru Xue
IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2013, Shenzhen, China, December 12-14, 2013   1347-1352   2013年   [査読有り]
渡邉崇之, 青沼仁志
日本動物学会大会予稿集   83rd 163   2012年8月
加納剛史, 大須賀公一, 小林亮, 青沼仁志, 石川将人, 杉本靖博, 大脇大, 石黒章夫
日本数理生物学会大会講演要旨集   23rd 166   2013年
佐藤英毅, 加納剛史, 坂本一寛, 松坂義哉, 青沼仁志, 石黒章夫
日本数理生物学会大会講演要旨集   23rd 172   2013年
小野達也, 加納剛史, 青沼仁志, 青沼仁志, 松坂義哉, 石黒章夫, 石黒章夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.2A2‐S02   2015年5月
岡田龍一, 池野英利, 木村敏文, 大橋瑞江, 青沼仁志, 伊藤悦朗
日本動物学会大会予稿集   83rd 128   2012年8月
佐藤英毅, 小野達也, 加納剛史, 青沼仁志, 松坂義哉, 石黒章夫
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   27th ROMBUNNO.1C2-3   2015年1月
佐倉緑, 山本泰生, 青沼仁志
日本動物学会大会予稿集   83rd 162   2012年8月
小野 達也, 加納 剛史, 青沼 仁志, 松坂 義哉, 石黒 章夫
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015(0) _2A2-S02_1-_2A2-S02_4   2015年
Although numerous robots have been developed inspired by animal locomotion, they could not reproduce adaptive and resilient behavior of real animals. To tackle this problem, we adopted ophiuroids as our model. In our previous work, we focused on t...
小林 充, 片岡 崇, 青沼 仁志, 柴田 洋一
農業食料工学会誌   77(3) 179-185   2015年
<p>鱗翅目害虫のオス成虫はメス成虫の分泌する性フェロモンを触角で感知すると,触角内部に数mVの生体電位(以下,触角電位)が生じる。本研究では,害虫発生予察のために,ヨトウガを対象とし,性フェロモンに対する触角のセンシング機能を検討した。触角はヨトウガの頭部から切り離し,両端から脳波測定用ペーストを介して,計測器へ接続し,触角電位を計測した。この結果,切除した触角の寿命は最長200分程度であること,性フェロモン刺激は5秒以上の間隔を空けることが望ましいことがわかった。そして,メス性フェロモ...
Kuniaki Kawabata,Hitoshi Aonuma,Koh Hosoda,Jianru Xue
2012 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2012, Guangzhou, China, December 11-14, 2012   1615-1620   2012年   [査読有り]
川端邦明, 藤井喬, 鈴木剛, 青沼仁志, 太田順, 淺間一
日本機械学会論文集 C編(Web)   78(792) 3028-3032   2012年
This paper discusses what is given to control of multi-agent system with dynamic behavior selection model which we already proposed. Cricket shows adaptive behavior modification in both of individual and group level based on individual interaction...
川端邦明, 青沼仁志, 細田耕, XUE Jianru
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.2P1-H05   2012年5月
加納剛史, 佐藤英毅, 小野達也, 青沼仁志, 松坂義哉, 石黒章夫
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.GS3-11(O1-3)   2014年11月
佐藤英毅, 小野達也, 加納剛史, 青沼仁志, 松坂義哉, 石黒章夫
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   32nd ROMBUNNO.1O2-03   2014年9月
坂井亮, 清水正宏, 青沼仁志, 細田耕
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.2A1‐J06   2014年5月
岡田龍一, 池野英利, 木村敏文, 大橋瑞江, 青沼仁志, 伊藤悦朗
日本動物学会大会予稿集   82nd 145   2011年8月
佐藤英毅, 加納剛史, 青沼仁志, 松坂義哉, 石黒章夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.1A1‐V05   2014年5月
渡邊崇之, 青沼仁志
日本動物学会大会予稿集   82nd 100   2011年8月
石川由希, 青沼仁志, 佐々木謙, 三浦徹
日本動物学会大会予稿集   82nd 144   2011年8月
青沼仁志
日本動物学会大会予稿集   82nd 144   2011年8月
佐倉緑, 渡邊崇之, 青沼仁志
日本動物学会大会予稿集   82nd 103   2011年8月
青沼仁志
日本生態学会大会講演要旨集   58th 146   2011年3月
岡田龍一, 池野英利, 木村敏文, 大橋瑞江, 青沼仁志, 伊藤悦朗
日本動物学会中国四国支部会報   (63) 16   2011年
矢野史朗, 渡邊崇之, 佐倉緑, 青沼仁志, 淺間一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2010 ROMBUNNO.2G2-2   2010年11月
下地博之, 青沼仁志, 岡田泰和, 三浦徹, 辻和希
日本生態学会大会講演要旨(Web)   61st E1-12 (WEB ONLY)   2014年
佐倉緑, 菊地美香, 青沼仁志
日本動物学会大会予稿集   81st 154   2010年8月
佐藤 英毅, 加納 剛史, 青沼 仁志, 松坂 義哉, 石黒 章夫
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2014(0) _1A1-V05_1-_1A1-V05_4   2014年
Most robots are vulnerable to changes in their own morphology such as failures. To tackle this problem, we have focused on ophiuroids, which have simple body with pentaradial symmetry, as our model. Although they are composed of primitive decentra...
岡田龍一, 池野英利, 木村敏文, 大橋瑞江, 青沼仁志, 伊藤悦朗
日本動物学会大会予稿集   81st 155   2010年8月
坂井 亮, 清水 正宏, 青沼 仁志, 細田 耕
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2014(0) _2A1-J06_1-_2A1-J06_4   2014年
Generation of adaptive swimming locomotion of Xenopus laevis is greatly affected by hydrodynamic interaction between its musculoskeletal system and water environments. To understand the mechanism of frog locomotion, it is a proper approach to buil...
山崎まどか, 佐倉緑, 青沼仁志, 松山茂, 秋野順治, 山岡亮平
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   54th 115   2010年3月
藤井喬, 川端邦明, 青沼仁志, 佐倉緑, 鈴木剛, 太田順, 淺間一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2010 ROMBUNNO.2A1-A01   2010年6月
岡田龍一, 池野英利, 木村敏文, 大橋瑞江, 青沼仁志, 伊藤悦朗
日本比較生理生化学会大会予稿集   32nd 29   2010年
岡田龍一, 池野英利, 赤松忠明, 岩田可南子, 木村敏文, 大橋瑞江, 青沼仁志, 伊藤悦朗
日本動物学会中国四国支部会報   (62) 12   2010年
青沼 仁志
比較生理生化学   30(3) 87-88   2013年9月
藤井喬, 川端邦明, 青沼仁志, 鈴木剛, 足利昌俊, 太田順, 淺間一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2009 ROMBUNNO.2A1-B10   2009年5月
佐藤英毅, 加納剛史, 青沼仁志, 石黒章夫, 石黒章夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.2A1‐O02   2013年5月
藤井喬, 川端邦明, 青沼仁志, 鈴木剛, 足利昌俊, 太田順, 淺間一
ロボティクスシンポジア予稿集   14th 35-41   2009年3月
山崎まどか, 佐倉緑, 青沼仁志, 松山茂, 秋野順治, 山岡亮平
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   53rd 54   2009年3月
加納剛史, 大須賀公一, 小林亮, 青沼仁志, 石川将人, 杉本靖博, 大脇大, 石黒章夫
交通流のシミュレーションシンポジウム論文集   19th 89-92   2013年
Koh Hosoda,Hitoshi Aonuma
Advanced Robotics   23(5) 481-482   2009年   [査読有り]
Yano S, Ikemoto Y, Aonuma H, Asama H.
ICCAS-SICE 2009 - ICROS-SICE International Joint Conference 2009, Proceedings   2254-2259   2009年   [査読有り]
岡田龍一, 赤松忠明, 岩田可南子, 池野英利, 木村敏文, 大橋瑞江, 青沼仁志, 伊藤悦朗
日本比較生理生化学会大会予稿集   31st 69   2009年
佐藤 英毅, 加納 剛史, 青沼 仁志, 石黒 章夫
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2013(0) _2A1-O02_1-_2A1-O02_4   2013年
Most robots are vulnerable to the change in their own morphology such as failures. To tackle this problem, we focus on ophiuroids, which have simple body with pentaradial symmetry. Although they are composed of primitive decentralized nervous syst...
佐倉緑, 岡田龍一, 青沼仁志
日本比較生理生化学会大会予稿集   31st 70   2009年
石川由希, 青沼仁志, 佐々木謙, 三浦徹
日本比較生理生化学会大会予稿集   31st 71   2009年
青沼仁志, 佐倉緑, 足利昌俊, 藤木智久, 藤井喬, 川端邦明, 太田順, 淺間一
インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集   18th(CD-ROM) ROMBUNNO.E2-2   2008年10月
岡田龍一, 池野英利, 木村敏文, 大橋瑞江, 青沼仁志, 伊藤悦朗
日本動物学会大会予稿集   79th 132   2008年8月
佐倉緑, 頼経篤史, 青沼仁志
日本動物学会大会予稿集   79th 89   2008年8月

書籍等出版物

 
Cricket as a model organism for the 21st century; Development, Regeneration, and Behavior
青沼 仁志 (担当:分担執筆, 範囲:Fighting behavior: Understanding the mechanisms of group-size-dependent aggression, Synthetic approaches for observing and measuring cricket behaviors)
Springer   2017年   
行動生物学辞典
青沼 仁志 (担当:分担執筆)
東京化学同人   2013年   
オーム社   2010年3月   ISBN:4274502791
身近な動物を使った学実験4 ミツバチ コオロギ スズメガ
三共出版   2009年   
動物は何を考えているのか?:学習と記憶の比較生物学
共立出版   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 青沼 仁志
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 青沼 仁志
脳システムが,受容した感覚刺激から重要な情報を抽出し,その情報を経験や記憶と照合し,状況に応じた行動を発現するための運動制御信号をリアルタイムで生成する神経生理機構を明らかにする目的で,昆虫の闘争行動を題材に研究を進めた.コオロギは不完全変態昆虫で,発生後の生活様式を変えないまま幼虫から成虫にまで成長するため,各個体の経験や履歴を把握しながら実験が可能である.脳における適応行動の実時間制御の働き明らかにするため,闘争行動の過程で,一方の個体が負けを認めて攻撃を諦める過程の脳の働きを調べた....
昆虫脳における適応的な行動制御信号の生成メカニズムの解明
科学研究費補助金
研究期間: 2011年 - 2013年
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 川端 邦明
研究課題の初年度である今年度は,昆虫と人工物の能動的相互作用による昆虫の行動切り替えメカニズム理解の基礎となる要件について研究開発を行った.具体的には,従来の生物学の知見から相互作用により行動切替を行う昆虫の典型例であるクロコオロギを対象として選び,小型移動ロボット(人工物)によるフェロモンコミュニケーションに基づいた能動的な相互作用による行動誘引および相互作用実験に関する条件を実験者の意図に基づいて操作・調整することが可能な実験環境の構築を行った.特に,計算機を用いた実験者による小型移動...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 定本 久世
軟体動物モノアラガイでは、そしゃく行動に関連する神経回路が明らかにされている。本研究ではインシュリンによる体液性調節機構とそしゃく行動との関連を調べた。その結果、インシュリン様遺伝子発現量は、数日間の飢餓・飽食によっては変化せず、またそしゃく応答との関連はなかった。また、インシュリンに応答し、ショ糖刺激によって生理学的性質が変化するニューロン群はそしゃく行動に直接的に関わる神経節中に存在することが示された。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2010年    代表者: 淺間 一
計画班および公募班が,本領域の特徴とする生工連携がスムーズにかつ効果的に行えるように,班間の連携を促進した.また,国際シンポジウム,ワークショップの開催,非公開シンポジウムの開催,内部評価の実施,国際会議・国内学会講演会などでのオーガナイズドセッションの企画,移動知教科書シリーズ出版企画,若手の会の支援,ホームページの更新,研究成果・活動記録に関するデータベースの作成などの広報,報告書の作成などを行った.
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2009年    代表者: 青沼 仁志
社会環境への適応のメカニズムを明らかにするため,コオロギの闘争経験に基づく行動の選択の神経メカニズムを調査したところ,脳内の一酸化窒素・生体アミン系の働きが重要であることを突き止めた.また,行動と神経修飾機構を説明するモデルを構築し,シミュレーション実験と行動検定によりモデルの妥当性を検証した.その結果,個体間相互作用による部状態を更新するメカニズムが社会適応の実現に重要であることを明らかにした.
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 下澤 楯夫
受精卵は卵割を繰り返して単細胞から多細胞へと移行する。受精卵の卵割を、単細胞生物から多細胞へと移行した進化過程のモデルとして扱い、多細胞化が、単細胞に比べて、熱雑音に埋もれた微弱な観測信号の信頼性(情報量)を加算平均化によって改善していることを実証する。これまでに、コオロギの気流感覚細胞は分子1個の平均運動エネルギー【approximately equal】k_BT(常温で約4×10〜<-21>Joule)に応答できることを実測し、この熱雑音感受性が神経系の基本構造である並列伝送回路の起源...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 下澤 楯夫
神経系はなぜ多数の繊維からなる束なのか?多細胞生物としての当然の帰結なのか?これらの疑問は、つまるところ、神経系は進化の上での如何なる淘汰圧への適応の産物なのか、またその適応にはいかなる拘束条件が付きまとったのか、を問うことである。情報の生成(観測)にはエネルギー散逸が避けられず、感覚細胞における情報のエネルギーコストは統計熱力学上の理論限界である0.7K_BT[Joule/bit]に近い。本研究は、細胞の熱雑音感受性は進化を通して達成した適応ではなく、生命の起源に遡る拘束であることを明ら...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 水波 誠
近年、様々な動物で、学習・記憶に一酸化窒素(NO)を介した細胞間のシグナル伝達が重要な役割を果すことが報告されている。しかし、その仕組みを個体レベルでの行動と直接結びつけて解明する試みはほとんど行われていなかった。そこで本研究では、昆虫を材料に、長期記憶の形成にNOが果す役割について調べた。コオロギでは1回の嗅覚学習訓練(匂いと報酬の対呈示)により学習が成立するが、その記憶は数時間しか保持されない。一方、4回の学習訓練を行うと、学習後少なくとも4日間は保持される長期記憶が成立する。平成15...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 青沼 仁志
動物は、環境への適応機構のひとつとして神経系を進化の過程で獲得した。刻々と変化する状況に即して動物は様々な行動を発現し、外部環境の変化に適応している。では、動物は状況に応じてどの様な神経生理機構で適切な行動を発現し、切替えているのか?本研究では、いかに状況に応じた行動が発現されるのかその神経機構を理解しようとしている。神経の可塑的な性質は行動を切り換える際に必要な生理機構である。この様な神経の可塑的な変化には一酸化窒素(NO)が重要な役割を担っていると考え、節足動物、特にザリガニやコオロギ...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 下澤 楯夫
神経細胞は熱雑音感受性をもっており、そのことが神経系に共通する基本構造である並列伝送回路の起源であることを、1.神経細胞は情報受容に当たってエネルギーを散逸する抵抗体として動作し、揺動散逸定理に従ったブラウン運動を観察できること、2.異なる細胞のブラウン運動は互いに無相関であること、3.感覚細胞がブラウン運動を用いて確率サンプリングした信号は介在神経でシナプス加算によって再構成されること、を実証するため研究を進めてきた。コオロギ気流感覚毛の機械特性の計測から感覚閾値で感覚細胞が受け取るエネ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 下澤 楯夫
機械受容は、動物と外界との相互作用の「基本要素」であり、機械刺激の受容機構を抜きにして動物の進化・適応は語れない。従来、機械受容は「膜の張力によるイオンチャネルの開閉」といった「マクロで単純すぎる」図式でとらえられて来た。また、機械感覚の超高感度性の例として、ヒトやクサカゲロウの聴覚閾値での鼓膜の変位量が0.1オングストローム、つまり水素原子の直径の1/10に過ぎないことも、数多く示されてきた。しかし、変位で機械感度を議論するのは明らかに誤っている。感覚細胞は外界のエネルギーを情報エントロ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 下澤 楯夫
昆虫の機械受容器は、常温の熱揺動エネルギーk_BT(約4×10^<-21>J、可視光フォトンのエネルギーの1/100)をも検出できる最高度に進化した刺激受容系である。コオロギ気流感覚細胞が熱雑音(ブラウン運動)に揺すられて発火するほど高感度なこと、中枢の介在神経は熱雑音の無相関性を利用して閾値以下の微弱な信号を抽出することを明らかにする目的で本プロジェクトを遂行した。フォトンのような量子を持たない機械受容器、化学受容器、イオンチャンネル、シナプス受容体などは必然的に熱雑音に出会うから、雑音...
行動切替えの神経機構に関する研究