迫田 義博

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/13 16:59
 
アバター
研究者氏名
迫田 義博
 
サコダ ヨシヒロ
URL
https://www.vetmed.hokudai.ac.jp/organization/microbiol/index.html
所属
北海道大学
部署
大学院獣医学研究院 獣医学専攻 病原制御学分野 微生物学教室
職名
教授
学位
博士(獣医学)(北海道大学)
科研費研究者番号
40333637

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院獣医学研究院 教授
 
2005年
 - 
2014年3月
北海道大学 大学院獣医学研究科 准教授
 
2001年
 - 
2005年
北海道大学 大学院獣医学研究科 助教
 

学歴

 
 
 - 
1994年
北海道大学 獣医学部 獣医
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
国際獣疫事務局(OIE)高病原性鳥インフルエンザレファレンスラボラトリー  責任者
 
2013年
 - 
2014年
家禽疾病小委員会委員
 
2008年
 - 
現在
環境省鳥インフルエンザ等野鳥対策に係る専門家グループ会合 委員
 
2007年
 - 
2009年
鳥インフルエンザパンフレット作成委員会 座長
 

受賞

 
2016年
北海道大学 北海道大学研究総長賞
 
2014年
北海道大学 北海道大学研究総長賞
 
2013年3月
日本獣医学会 日本獣医学会賞 「ペスチウイルスの分子疫学と病原性に関する研究」
 
2008年
若手農林水産研究者表彰 「高病原性鳥インフルエンザの診断と予防法の開発に関する研究」
 
2006年
アジア獣医系大学協会 アジア獣医系大学協会賞 「高病原性鳥インフルエンザの疫学と病原性に関する研究」
 

論文

 
Temuujin U, Tserendorj A, Fujiki J, Sakoda Y, Tseren-Ochir EO, Okamatsu M, Matsuno K, Sharav T, Horiuchi M, Umemura T, Chultemdorj T
Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases   73 269-275   2019年5月   [査読有り]
Hajake T, Matsuno K, M Kasumba D, Oda H, Kobayashi M, Miyata N, Shinji M, Kogure A, Kasajima N, Okamatsu M, Sakoda Y, Kato H, Fujita T
International immunology      2019年8月   [査読有り]
Shibata A, Harada R, Okamatsu M, Matsuno K, Arita T, Suzuki Y, Shirakura M, Odagiri T, Takemae N, Uchida Y, Saito T, Sakoda Y, Osaka H
The Journal of veterinary medical science   81(3) 444-448   2019年1月   [査読有り]
Nguyen LT, Firestone SM, Stevenson MA, Young ND, Sims LD, Chu DH, Nguyen TN, Van Nguyen L, Thanh Le T, Van Nguyen H, Nguyen HN, Tien TN, Nguyen TD, Tran BN, Matsuno K, Okamatsu M, Kida H, Sakoda Y
Scientific reports   9(1) 7723   2019年5月   [査読有り]
Agah MA, Notsu K, El-Khaiat HM, Arikawa G, Kubo M, Mitoma S, Okabayashi T, Mekata H, Elhanafy E, El Daous H, Mai TN, Nguyen TH, Isoda N, Sakoda Y, Norimine J, Sekiguchi S
The Journal of veterinary medical science      2019年8月   [査読有り]
Isoda N, Asano A, Ichijo M, Ohno H, Sato K, Okamoto H, Nakao S, Kato H, Saito K, Ito N, Usui A, Takayama H, Sakoda Y
The Journal of veterinary medical science   81(4) 577-585   2019年4月   [査読有り]
Hideshima S, Hayashi H, Hinou H, Nambuya S, Kuroiwa S, Nakanishi T, Momma T, Nishimura SI, Sakoda Y, Osaka T
Scientific reports   9(1) 11616   2019年8月   [査読有り]
Nguyen LT, Stevenson MA, Firestone SM, Sims LD, Chu DH, Nguyen LV, Nguyen TN, Le KT, Isoda N, Matsuno K, Okamatsu M, Kida H, Sakoda Y
Preventive veterinary medicine   104678   2019年4月   [査読有り]
Tamura T, Igarashi M, Enkhbold B, Suzuki T, Okamatsu M, Ono C, Mori H, Izumi T, Sato A, Fauzyah Y, Okamoto T, Sakoda Y, Fukuhara T, Matsuura Y
Journal of virology      2019年8月   [査読有り]
Noshi T, Kitano M, Taniguchi K, Yamamoto A, Omoto S, Baba K, Hashimoto T, Ishida K, Kushima Y, Hattori K, Kawai M, Yoshida R, Kobayashi M, Yoshinaga T, Sato A, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H, Shishido T, Naito A
Antiviral research   160 109-117   2018年10月   [査読有り]
Torii S, Matsuno K, Qiu Y, Mori-Kajihara A, Kajihara M, Nakao R, Nao N, Okazaki K, Sashika M, Hiono T, Okamatsu M, Sakoda Y, Ebihara H, Takada A, Sawa H
Ticks and tick-borne diseases   10(2) 328-335   2018年11月   [査読有り]
Bazarragchaa E, Okamatsu M, Ulaankhuu A, Twabela AT, Matsuno K, Kida H, Sakoda Y
Journal of virological methods   265 121-125   2019年3月   [査読有り]
Taniguchi K, Ando Y, Nobori H, Toba S, Noshi T, Kobayashi M, Kawai M, Yoshida R, Sato A, Shishido T, Naito A, Matsuno K, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H
Scientific reports   9(1) 3466   2019年3月   [査読有り]
Hiono T, Matsuda A, Wagatsuma T, Okamatsu M, Sakoda Y, Kuno A
Virology   527 132-140   2018年11月   [査読有り]
Tamura T, Fukuhara T, Uchida T, Ono C, Mori H, Sato A, Fauzyah Y, Okamoto T, Kurosu T, Setoh YX, Imamura M, Tautz N, Sakoda Y, Khromykh AA, Chayama K, Matsuura Y
Journal of virology   92(2)    2017年11月   [査読有り]
Wang ZJ, Kikutani Y, Nguyen LT, Hiono T, Matsuno K, Okamatsu M, Krauss S, Webby R, Lee YJ, Kida H, Sakoda Y
Virus genes   54(4) 543-549   2018年5月   [査読有り]
Matsuno K, Nonoue N, Noda A, Kasajima N, Noguchi K, Takano A, Shimoda H, Orba Y, Muramatsu M, Sakoda Y, Takada A, Minami S, Une Y, Morikawa S, Maeda K
Emerging infectious diseases   24(9) 1726-1729   2018年9月   [査読有り]
Sharav T, Konnai S, Ochirkhuu N, Ts EO, Mekata H, Sakoda Y, Umemura T, Murata S, Chultemdorj T, Ohashi K
The Journal of veterinary medical science   79(11) 1884-1888   2017年10月   [査読有り]
Shibata A, Okamatsu M, Sumiyoshi R, Matsuno K, Wang ZJ, Kida H, Osaka H, Sakoda Y
Virology   524 10-17   2018年8月   [査読有り]
Suzuki M, Okamatsu M, Hiono T, Matsuno K, Sakoda Y
The Journal of veterinary medical science   79(11) 1815-1821   2017年10月   [査読有り]

Misc

 
迫田義博, 迫田義博, 迫田義博
臨床獣医   37(1) 40‐45,18-45,18   2019年1月
日尾野隆大, 岡松正敏, 迫田義博
臨床とウイルス   47(1) 61‐68-68   2019年3月
【畜産現場のバイオセキュリティ〜最近の家畜衛生をめぐる情勢と農場における防疫体制〜】(第3章)我が国の農場での防疫対策 家畜伝染病と届出伝染病 豚コレラとバイオセキュリティ
迫田 義博
臨床獣医   37(8) 105-109   2019年7月
迫田義博, 迫田義博, 迫田義博
鶏の研究   93(11) 12‐16   2018年11月
迫田義博, 迫田義博, 迫田義博
臨床獣医   37(9) 33‐37   2019年8月
迫田義博, 迫田義博, 迫田義博
鶏の研究   93(10) 12‐15   2018年10月
迫田義博, 迫田義博
家畜衛生学雑誌   44(2) 61‐64   2018年12月
迫田義博, 迫田義博, 迫田義博
臨床獣医   37(8) 105‐109   2019年7月
磯田典和, 浅野明弘, 一條満, 大野浩, 佐藤一彦, 岡本浩一, 中尾茂, 加藤肇, 斉藤一真, 伊藤直樹, 臼井章, 高山裕章, 迫田義博
北海道獣医師会雑誌   62(8) 353-353   2018年8月
迫田義博, SHATAR Munkhduuren, ENKHBOLD Bazarragchaa, 廣瀬和彦, 今泉好能, 松野啓太, 岡松正敏, TEMUUJIN Uyangaa, GANZORIG Basan, 梅村孝司
家畜衛生学雑誌   44(2) 92‐93   2018年12月

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 迫田 義博
豚コレラウイルスの病原性発揮に関与すると考えられている自然免疫回避機構を分子レベルで解明することを目的とし、ウイルス非構造蛋白N^<pro>の点変異体や欠損体を作製し、1型IFNの産生抑制に必須なアミノ酸領域を決定した。このアミノ酸の変異は、(1)C112R、(2)D136N、(3)H5Y、L8F、P17Sのいずれかであることがわかった。また、この自然免疫の調節に関与するN^<pro>上のアミノ酸の変異は、豚における病原性発揮の要因の1つであることを明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 喜田 宏
本研究は、家禽と家畜のインフルエンザの被害を未然に防ぐとともに、ヒトの新型インフルエンザウイルスの出現に備え、その予防と制圧に資することを目的とする。・動物インフルエンザのグローバルサーベイランスによるウイルス分布の解明2006年秋、日本、モンゴルにおいて採取された渡りガモおよびハクチョウの糞便材料からのウイルス分離を試みた。1,201検体の材料から合計55株のインフルエンザAウイルスを分離同定した。これらの分離株にはH5やH7亜型のインフルエンザウイルスは含まれていなかった。これまでのウ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 田島 誉士
自然発生の牛ウイルス性下痢症ウイルス(BVDV)持続感染牛(PI)の臨床症状と分離されたウイルスの遺伝子亜型との関係を調べた。1991〜2005年までの間に摘発された150検体について、BVDVの主要抗原であるE2をコードする遺伝子の塩基配列を解読し、遺伝子亜型を決定した。その結果、13検体が世界的にきわめて稀な1c亜型に分類された。これらの症例には、運動障害を主徴とする中枢神経異常の症状が高率に認められ、病理解剖によって大脳に肉眼病変が認められた症例もあった。また、糖尿病併発BVDV感染...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 迫田 義博
牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)に感染した牛が致死的な粘膜病を発病する際には、ウイルス遺伝子内に宿主由来遺伝子が挿入することが明らかになっている。この宿主遺伝子の一つとしてcINS遺伝子がある。このcINS遺伝子から翻訳される蛋白は分子シャペロンとして機能し、BVDVの病原性発揮に関与していると考えられるが、詳細は不明である。本年度は、昨年作出した組換えcINS蛋白に対するモノクローン抗体、およびNS2-3蛋白発現プラスミドを用いて、cINS蛋白がNS2-3蛋白の開裂に直接作用するのか...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 田島 誉士
過去十数年の間に欧米各国で分離された、牛ウイルス性下痢症ウイルス(BVDV)野外分離株の主要抗原であるE2をコードする領域を基に、遺伝子型を解析した。ドイツ北部で分離されたBVDVは、ほとんどが1bおよび1d亜型に分類された。検索した62BVDV中それぞれの占める割合は50.0および40.3%であった。1d亜型はドイツ国内に分布する独特の遺伝子型であると考えられた。北米での流行BVDVの遺伝子型を検討したところ、56例中26例(37.5%)がBVDV2であった。この比率は、日本および欧州に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 喜田 宏
新型ウイルスの亜型予測に資するため、鳥類および動物インフルエンザウイルスの疫学調査を実施した。ロシア、モンゴル、中国および北海道で、渡りカモの糞便3,987検体を採取し、亜型の異なるインフルエンザAウイルス212株を分離した。宮城県のブタからH1N2ウイルスを分離した。北海道大学を含む動物インフルエンザセンター5機関で25株のH9ウイルス株を交換し、解析を共同で開始した。渡りカモのウイルス遺伝子を比較解析したところ、日本で分離されたH9インフルエンザウイルスと1996年に韓国でニワトリに被...
ウイルス病の予防に関する研究

特許

 
武笠 幸一, 松本 和彦, 石井 睦, 武田 晴治, 澤村 誠, アグス スバギョ, 細井 浩貴, 末岡 和久, 喜田 宏, 迫田 義博