紙谷 義孝

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 17:30
 
アバター
研究者氏名
紙谷 義孝
 
カミヤ ヨシノリ
URL
https://www.med.niigata-u.ac.jp/ane/
所属
新潟大学大学院医歯学系
部署
麻酔科学分野
職名
准教授
学位
医学博士(横浜市立大学)

プロフィール

麻酔科医として臨床業務を行いながら、臨床から生じた疑問を解決できるような基礎研究を行いたいと思っています。麻酔薬の作用機序→グルタミン酸受容体のゲート機構→神経障害性疼痛の治療法→下行性疼痛抑制系の鎮痛への関与 といったような研究遍歴です。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
新潟大学大学院医歯学総合研究科 麻酔科学分野 准教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
新潟大学 医歯学総合病院 魚沼地域医療教育センター 麻酔科 麻酔科部長
 
2013年1月
 - 
2015年3月
新潟大学 医歯学総合病院 麻酔科 講師
 
2010年4月
 - 
2012年12月
横浜市立大学 大学院医学研究科 神経解剖学教室 助教
 
2006年4月
 - 
2010年3月
横浜市立大学大学院医学研究科 生体制御・麻酔科学 助教
 
2004年4月
 - 
2006年3月
横浜市立大学附属病院 麻酔科 助手
 
2002年10月
 - 
2004年3月
横浜市立大学大学院医学研究科 生体制御・麻酔科学 博士研究員
 
2000年6月
 - 
2002年9月
セントジュード小児研究病院 発達神経生物部 博士研究員
 
1996年4月
 - 
1997年3月
茅ヶ崎市立病院 麻酔科 後期レジデント
 
1994年5月
 - 
1996年3月
横浜市立大学附属病院 初期研修医
 
 
   
 
プロフィール参照
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
横浜市立大学 大学院医学研究科 生体制御・麻酔科学
 
1988年4月
 - 
1994年3月
横浜市立大学 医学部 医学科
 

論文

 
Kubota T, Fukushima A, Hagiwara H, Kamiya Y, Furuta M, Miyazaki T, Fujioka H, Fujiwara SE, Funabashi T, Akema T.
Neurosci Lett.   671 70-75   2018年4月   [査読有り]
Kamiya Y, Hasegawa M, Yoshida T, Takamatsu M, Koyama Y
European journal of anaesthesiology   35(3) 215-223   2018年3月   [査読有り]
Furutani K, Watanabe T, Kamiya Y, Baba H
Medicine (Baltimore).   96(35) e7983   2017年9月   [査読有り]
Ishii H, Petrenko AB, Sasaki M, Satoh Y, Kamiya Y, Tobita T, Furutani K, Matsuhashi M, Kohno T, Baba H
Brain Res.   1682 24-35   2018年3月   [査読有り]
Masayuki Yamane, Naoya Yamashita, Tomonobu Hida, Yoshinori Kamiya, Fumio Nakamura, Pappachan Kolattukudy, Yoshio Goshima
Journal of Cell Science   130(8) 1393-1403   2017年4月   [査読有り]
Koyama Y, Andoh T, Kamiya Y, Miyazaki T, Maruyama K, Kariya T, Goto T
PLoS One   11(10) e0164125   2016年10月   [査読有り]
Impact of pectoral nerve block on postoperative pain and quality of recovery in patients undergoing breast cancer surgery: A randomised controlled trial.
Eur J Anaesthesiol.   35(3) 215-223   2017年3月   [査読有り]
Kida H, Tsuda Y, Ito N, Yamamoto Y, Owada Y, Kamiya Y, Mitsushima D.
Cerebral Cortex   26(8) 3494-3507   2016年8月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
反発性神経ガイダンス因子 Sema3A による神経因性疼痛軽減作用
日本麻酔科学会第53回学術集会   2006年   

競争的資金等の研究課題

 
神経障害性疼痛における脊髄・脳連関の生理学的解析およびグリア細胞活性化機構の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 紙谷 義孝
ヘッジホッグシグナル伝達系は末梢神経再生を誘導する
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 瀬尾 憲司
μオピオイドによる急性耐性、痛覚過敏の細胞内シグナル機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 河野 達郎
カルシウム感受性蛍光タンパクを用いたスライス及びin vivo脊髄イメージング
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 紙谷 義孝
幼若脳に対する麻酔薬の興奮作用と神経毒性との関係の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 石和 大
成体ラット開腹手術モデルを用いた急性侵害性疼痛による記憶学習能への影響の検討
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 小川 賢一
損傷を受けた神経細胞に対する麻酔・鎮静薬の毒性に関する検討
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 安藤 富男
疼痛制御に関与するSema3Aシグナルパスウェイの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 紙谷 義孝
難治性疼痛に対する脊髄刺激鎮痛法の作用点の解明 -中枢か脊髄か-
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 紙谷 義孝
疼痛が記憶学習に及ぼす影響の、行動学的及び中枢神経系での組織学・生理学的検討
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 小川 賢一
幼若脳組織の神経活動に対する麻酔薬の作用の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 安藤 富男
Sema3Aの疼通抑制作用における神経成長因子の関与の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 紙谷 義孝
麻酔薬の幼弱脳神経毒性に対するエリスロポイエチンの予防効果
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 越後 憲之
神経因性疼痛における神経ガイダンス因子の多角的アプローチによる分子標的の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 紙谷 義孝
神経保護因子としてのエリスロポイエチンの新しい作用メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 安藤 富男
揮発性麻酔薬の神経細胞のフリーラジカルに対する作用の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 紙谷 義孝
神経因性疼痛時の脊髄内神経回路リモデリングにおける神経ガイダンス因子の役割
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 山田 芳嗣
麻酔薬の中脳ドパミンニューロンに対する影響と耽溺性との関連の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 小川 賢一
G蛋白質連関型ドーパ受容体候補の機能解析と新規低分子活性物質の構造決定
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 五嶋 良郎
グルタミン酸受容体のゲート機構の解析及び同機構に及ぼす麻酔薬の影響
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 紙谷 義孝