明石 知子

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/27 14:45
 
アバター
研究者氏名
明石 知子
 
アカシ サトコ
eメール
akashiyokohama-cu.ac.jp
URL
http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/stbiol/index.html
所属
横浜市立大学
部署
理学部 理学科 生命医科学研究科 生命医科学専攻
学位
薬学博士(千葉大学)
科研費研究者番号
10280728

プロフィール

企業、公的研究機関を経て、現在は横浜市大で質量分析による構造生物学研究を行っています。H18日本薬学会学術振興賞、H7日本質量分析学会奨励賞等の受賞歴があります。

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
横浜市立大学 国際総合科学部 生命医科学コース 生命医科学研究科生命医科学専攻 准教授
 

学歴

 
1991年5月
   
 
千葉大学 薬学博士 
 
 
   
 
千葉大学 薬学部 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本質量分析学会  理事
 
2011年4月
 - 
2015年3月
日本質量分析学会  委員
 
2005年4月
 - 
2009年3月
日本質量分析学会  委員
 
2001年1月
 - 
2006年12月
アメリカ質量分析学会  編集委員
 
1995年4月
 - 
1999年3月
日本質量分析学会  委員
 

受賞

 
2006年
日本薬学会平成18年度学術振興賞
 
2002年
日本質量分析学会論文賞
 
1995年
日本質量分析学会奨励賞
 

論文

 
Ushijima, H., Maekawa, R., Igarashi, E., Akashi, S.
J. Am. Soc. Mass Spectrom.      2019年8月   [査読有り]
Structural visualization of key steps in nucleosome reorganization by human FACT.
Mayanagi, K., Saikusa, K., Miyazaki, N., Akashi, S., Iwasaki, K., Nishimura, Y., Morikawa, K, Tsunaka, Y.
Sci. Rep.   9(1) 10183   2019年7月   [査読有り]
Application of the NZ-1 Fab as a crystallization chaperone for PA tag-inserted target proteins.
Tamura R, Oi R, Akashi S, Kaneko MK, Kato Y, Nogi T.
Protein Sci.   28(4) 823-836   2019年4月   [査読有り]
Photoinduced in Vivo Magnetic Resonance Imaging (MRI) with Rapid CO Release from an MnCO-Protein Needle Composite.
Hyodo, F., Sho, T., Basudev, M., Fujita, K., Tachibana, Y., Akashi, S., Mano, M., Hishikawa, Y., Matsuo, M., Nakaji, T., Ueno, T.
Chemistry. Eur. J.   24(45) 11578-11583   2018年8月   [査読有り]
Methyl-selective isotope labeling using α-ketoisovalerate for the yeast Pichia pastoris recombinant protein expression system
Suzuki, R., Sakakura, M., Mori, M., Fujii, M., Akashi, S., Takahashi, H.
J. Biomol. NMR   71(4) 213-228   2018年8月   [査読有り]

Misc

 
難結晶性生体超分子複合体の溶液構造を解析する -様々な手法を駆使して基本転写因子 TFIIE の構造を解析-
明石 知子
化学と生物   45(2)    2007年

書籍等出版物

 
現代質量分析学
明石 知子 (担当:共著, 範囲:第26章 生体超分子)
化学同人   2013年   
“試料分析講座 タンパク質分析”、日本分析化学会編
明石 知子 (担当:共著, 範囲:5.3 タンパク質複合体のネイティブ質量分析)
丸善出版   2012年   
翻訳後修飾のプロテオミクス -質量分析装置を中心とした分析法の原理-
明石 知子 (担当:共著, 範囲:4章 4.13.2 質量分析法による脱イミノ化の検出)
講談社   2011年   
生命科学のための機器分析実験ハンドブック
羊土社   2007年   
Ⅱ-8 タンパク質の相互作用の解析(2) -タンパク質相互作用部位の解析 書名:生命科学の最新マヌスペクトロメトリー ゲノム創菜をめざして
講談社サイエンティフィク   2002年   

講演・口頭発表等

 
Native mass spectrometry of biomolecular complexes [招待有り]
明石 知子
第57回生物物理学会年会   2019年9月24日   
メチル化DNAを用いたdiNCPの再構成と構造特性解析
牛島弘嗣,前川怜奈,五十嵐愛莉,橋本洸平,小沼剛,大橋和音,明石知子
第92回日本生化学会   2019年9月20日   
夾雑環境下でのネイティブ質量分析法の構築 [招待有り]
明石 知子
第19回日本蛋白質科学会年会・第71回細胞生物学会大会   2019年6月25日   
電子顕微鏡構造からFACTを介したクロマチンリモデリングの分子機構にせまる
津中康夫、真柳浩太、七種和美、宮崎直幸、明石知子、岩崎憲治、西村善文、森川耿右
第19回日本蛋白質科学会年会・第71回細胞生物学会大会   2019年6月25日   
Accurate Mass Determination of Long DNA Fragments Prepared for Structural Biology Study of Epigenetic DNA methylation
Hiroshi Ushijima, Rena Maekawa, Eri Igarashi, Satoko Akashi
The 67th ASMS Conference   2019年6月6日   
ESI-TOF-MSを用いた簡便で正確なDNAメチル化追跡法
牛島弘嗣,前川怜奈,五十嵐愛莉,明石知子
第67回質量分析総合討論会   2019年5月17日   
質量分析を用いたアセチル化に伴うヌクレオソームの構造変化の解析
七種和美,日高はる菜,新屋大貴,畔上奈々子,加藤大貴,胡桃坂仁志,泉俊輔,明石知子
第67回質量分析総合討論会   2019年5月17日   
生理的環境に近い状態で調製されたタンパク質およびDNAのネイティブ質量分析
高野航太朗,七種和美,小沼剛,明石知子
第67回質量分析総合討論会   2019年5月16日   
夾雑環境下でのネイティブ質量分析
高野航太朗、七種和美、小沼剛、明石知子
第71回イオン反応研究会   2018年12月1日   
(CCG)n配列を含む二重鎖DNAからなるヌクレオソームコア粒子の再構成の試み
橋本洸平、長土居有隆、小沼剛、明石知子
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月29日   
ヌクレオソーム構造変換におけるFACT酸性天然変性領域の新たな分子機能
津中康央、真柳浩太、七種和美、宮崎直幸、明石知子、岩崎憲治、西村善文、森川耿右
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月28日   
不揮発性緩衝液で調製した巨大タンパク質複合体の観測の試み [招待有り]
明石 知子
第10回LC/MSワークショップ   2018年11月1日   
質量分析によるヌクレオソームにおけるヒストンアセチル化の解析
日高はる菜、泉俊輔、明石知子、七種和美
第56回日本生物物理学会年会   2018年9月17日   
Structural Diversity of Nucleosomes Characterized by NanoESI-MS and Structural Calculation
明石 知子
XXII International Mass Spectrometry Conference   2018年8月27日   
イオンモビリティ質量分析で得られたヌクレオソームの構造多様性
七種和美、渕上壮太郎、明石知子
日本質量分析学会・日本プロテオーム学会 2018年合同大会   2018年5月16日   
巨大タンパク質-DNA複合体NCPのイオンモビリティ質量分析と構造計算
明石 知子
第7回イオン移動度研究会   2018年4月14日   
ネイティブ質量分析 -ヌクレオソームから生命現象をつかさどる金属の解析まで-
明石 知子
日本化学会第98春季年会   2018年3月23日   
ネイティブな状態を捕える質量分析の構造生物学での展開
明石 知子
2017年度生命科学系合同年次大会   2017年12月6日   
再構成したヌクレオソームのネイティブ質量分析
明石 知子
第17回日本蛋白質科学会年会   2017年6月7日   
ヌクレオソームコア粒子のESI-MSにおける電荷分布の解析
前川怜奈、大橋和音、長土居有隆、明石知子
第65回質量分析総合討論会   2017年5月17日   
不揮発性緩衝液で調製したタンパク質複合体のNative質量分析
七種和美、加藤大貴、長土居有隆、胡桃坂仁志、明石知子
第65回質量分析総合討論会   2017年5月17日   
アセチル化に伴うヌクレオソームの構造変化の解析
七種和美・新屋大貴・加藤大貴・畔上奈々子・長土居有隆・泉俊輔・西村善文・胡桃坂仁志・明石知子
日本化学会第97春季年会   2017年3月16日   
Behavior of Intrinsically Disordered Regions in Protein Complexes [招待有り]
Kazumi Saikusa, Akihisa Osakabe, Yasushi Kawata, Hitoshi Kurumizaka, Satoko Akashi
21st International Mass Spectrometry Conference   2016年8月25日   
タンパク質複合体の天然変性領域の構造への影響 [招待有り]
明石 知子
第16回日本蛋白質科学会年会   2016年6月9日   
高塩基性ペプチドのコンフォメーションと電荷の関係の解析
明石 知子、Kevin Downard
第64回質量分析総合討論会   2016年5月18日   
Native Mass Spectrometry of Protein Complexes with Intrinsically Disordered Regions [招待有り]
明石 知子
2015 Korean Society for Mass Spectrometry Annual Meeting   2015年8月20日   
Behavior of histone H2A/H2B dimers in the gas phase [招待有り]
明石 知子
The 3rd Global Mass Spectrometry Trends and Ion Chemistry   2015年8月18日   
Native Mass Spectrometry of Reconstituted Human Nucleosome Core Particle
Satoko Akashi, Nanako Azegami, Kazumi Saikusa, Yasuto Todokoro, Aritaka Nagadoi, Hitoshi Kurumizaka, Yoshifumi Nishimura
20th International Conference on Mass Spectrometry   2014年8月27日   
Stability of the B2B3-beta crystallin heterodimer to increased oxidation by radical probe and ion mobility mass spectrometry
Kevin Downard, Satoko Akashi, Simin Maleknia, Kazumi Saikusa
20th International Conference on Mass Spectrometry   2014年8月27日   
Behavior of the disordered tail regions of the histone H2A/H2B dimer
Kazumi Saikusa, Aritaka Nagadoi, Kana Hara, Sotaro Fuchigami, Hitoshi Kurumizaka, Yoshifumi Nishimura and Satoko Akashi
20th International Conference on Mass Spectrometry   2014年8月27日   
ネイティブ質量分析 –タンパク質複合体のストイキオメトリーの確実な決定手法-
明石 知子
第14回日本蛋白質科学会年会   2014年6月25日   
天然変性タンパク質の動的構造解析 -質量分析による解析-
明石 知子
新学術領域研究「天然変性タンパク質の分子認識機構と機能発現」第3回公開シンポジウム   2014年2月27日   
MS と SAXS を組み合わせたタンパク質の解析 [招待有り]
明石 知子
SPRUC拡大研究会・SPring-8利用ワークショップ -SPring-8 とユーザーのさらなる連携を目指して-   2014年2月1日   
Structure of histone H2A/H2B dimer analyzed by ion mobility mass spectrometry and molecular dynamics simulation
Kazumi Saikusa, Sotaro Fuchigami, Yuuki Asano, Aritaka Nagadoi, Hiroaki Tachiwana, Hitoshi Kurumizaka, Mitsunori Ikeguchi, Yoshifumi Nishimura, Satoko Akashi
The 61st ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics   2013年6月11日   
タンパク質複合体のイオンモビリティ質量分析 -構造生物学での利用- [招待有り]
明石 知子
第2回イオン移動度研究会   2013年5月18日   
質量分析による構造生物学 [招待有り]
明石 知子
中性子連携研究会(第4 回中性子小角散乱解析法研究会)   2013年3月14日   
Characterization of IDPs by Mass Spectrometry and MD simulation
明石 知子
2nd International Symposium on Intrinsically Disordered Proteins   2013年1月23日   
高分子としてのタンパク質構造解析:様々の手法のシンクロナイゼーション質量分析の立場から [招待有り]
明石 知子
第6回ソフトマター中性子散乱研究会   2012年12月21日   
タンパク質複合体イオンの構造を探る [招待有り]
明石 知子
横浜市立大学エクステンション講座「マススペクトロメトリー -イオンサイエンスでイノベーションを-」   2012年11月16日   
Structure of a Beta-Crystallin Heterodimer by Ion Mobility and Radical Probe Mass Spectrometry
Kevin Downard, Yuichi Kokabu, Mitsunori Ikeguchi, Satoko Akashi
19th International Conference on Mass Spectrometry   2012年9月20日   
Behavior of intrinsically disordered regions within a protein complex of Swi5-Sfr1 characterized by IM-MS and SAXS
Kazumi Saikusa, Naoyuki Kuwabara, Yuichi Kokabu, Mamoru Sato, Hiroshi Iwasaki, Mitsunori Ikeguchi, Toshiyuki Shimizu, *Satoko Akashi
19th International Conference on Mass Spectrometry   2012年9月20日   
What happens on the histone multimers in the gas phase?
Kazumi Saikusa, Sotaro Fuchigami, Kyohei Takahashi, Yuuki Asano, Aritaka Nagadoi, Hiroaki Tachiwana, Hitoshi Kurumizaka, Mitsunori Ikeguchi, Yoshifumi Nishimura, Satoko Akashi
19th International Conference on Mass Spectrometry   2012年9月17日   
Application of Homology Modelling, Ion Mobility and Protein Footprinting in Unison to Characterize Protein Bimolecular Complexes
Yuichi Kokabu, Mitsunori Ikeguchi, Satoko Akashi, Kevin Downard
The 60th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics   2012年5月24日   
Impact of Protein Oxidation on their Ion Mobility for Protein Footprinting Applications
138. Simin Maleknia, Satoko Akashi, Kevin Downard
The 60th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics   2012年5月23日   
Behavior of Intrinsically Disordered Regions within a Protein Complex of Swi5-Sfr1 Characterized by Ion Mobility Mass Spectrometry
Kazumi Saikusa, Naoyuki Kuwabara, Yuichi Kokabu, Mamoru Sato, Hiroshi Iwasaki, Mitsunori Ikeguchi, Toshiyuki Shimizu, and Satoko Akashi
The 60th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics   2012年5月23日   
質量分析で観るタンパク質の姿
明石 知子
理研シンポジウム 第12回分析・解析技術と化学の最先端   2011年12月12日   
機能するタンパク質の構造変化を質量分析で探る
明石 知子
公開シンポジウム「蛋白質の機能を解き明かす多彩なアプローチ」   2011年10月17日   
Mass Spectrometry of Histone Multimers
明石 知子
The 2nd Asian Oceanic Mass Spectrometry Conference   2011年8月18日   
Characterization of histone multimers by ESI- MS
Shingo Shimoyama, Yuuki Asano, Kyohei Takahashi, Kazumi Saikusa, Aritaka Nagadoi, Hiroaki Tachiwana, Hitoshi Kurumizaka, Yoshifumi Nishimura, *Satoko Akashi
The 59th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics   2011年6月2日   
質量分析によるタンパク質複合体の相互作用解析
明石 知子
2011年3月10日   
Mass Spectrometry for Characterization of IDPs
明石 知子
The 1st International Symposium on Intrinsically Disordered Proteins   2011年1月27日   
翻訳後修飾に伴う蛋白質の構造変化 –H2A/H2B のシトルリン化-
第58回質量分析総合討論会(2010)   2010年   
天然変性タンパク質の構造解析‐質量分析によるアプローチ
新学術領域研究「天然変性タンパク質の分子認識機構と機能発現」第1回公開シンポジウム   2010年   
Comprehensive analysis of the TRAP-Anti-TRAP complex by ESI-MS and X-ray crystallography
The 57th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics   2009年   
Studies of protein-protein and protein-RNA complexes by mass spectrometry
2008年   
TRAP(trp RNA-binding attenuation protein) とそのRNAおよびanti-TRAPとの複合体の構造解析
2008年   
構造生物学での質量分析
第128年会シンポジウム「新領域を切り拓く分析化学-質量分析とクロマトグラフィー-」   2008年   
Mass Spectrometry of Macromolecular Complexes: Elucidation of Architecture of General Transcription Factors, TFIIE and TFIIF
特定領域研究「膜インタフェイス」国際シンポジウム in 福岡   2008年   
タンパク質の質量分析 ~構造生物学への挑戦~
第2回明日の質量分析を創る若手討論会   2007年   
溶液条件によるタンパク質イオンの mobility の変化
第128回関東談話会   2007年   
非共有結合性タンパク質複合体イオンの解離
第53回イオン反応研究会   2007年   
ヒト基本転写因子TFIIFの構造解析
第55回質量分析総合討論会(2007)   2007年   
レーザースプレーMSによるDNA-薬物複合体の結合親和性解析
第34回BMSコンファレンス   2007年   
質量分析による生体高分子の構造生物学的研究
日本薬学会第126年会   2006年   
マイクロチップキャピラリー電気泳動‐質量分析による塩基性タンパク質の分析
第54回質量分析総合討論会(2006)   2006年   
レーザースプレー質量分析による二重鎖DNAと薬物複合体の結合親和性に関する解析
第54回質量分析総合討論会(2006)   2006年   

競争的資金等の研究課題

 
細胞からサンプリングするタンパク質複合体のネイティブ質量分析法の開発
中谷医工計測技術振興財団: 開発研究助成金
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月    代表者: 明石 知子
夾雑環境下でのネイティブ質量分析によるタンパク質相互作用の観測と追跡
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域公募研究
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 明石 知子
修飾ヌクレオソームの質量分析による構造生物学
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 明石 知子
結晶構造解析できないタンパク質の気相および溶液における構造の比較
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 明石 知子
X線結晶構造解析が不可能な修飾ヌクレオソームコアの構造解析
住友財団: 2013年度住友財団基礎科学研究助成金
研究期間: 2013年11月 - 2015年3月    代表者: 明石 知子

その他

 
2017年5月   第65回質量分析総合討論会実行委員長
参加者数約600名の学術会議の実行委員長