佐藤 修平

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/11 03:09
 
アバター
研究者氏名
佐藤 修平
 
サトウ シュウヘイ
URL
http://www.ok-radiology.jp/
所属
岡山大学
部署
岡山大学病院
職名
准教授
学位
博士(医学)(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
   
 
- 岡山大学岡山大学病院 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東京大学 工学部 計数工学科
 
 
 - 
1990年
金沢大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2010年
   
 
日本医学放射線学会  代議員
 
2002年
   
 
日本核医学会  評議員
 
2009年
   
 
日本小児放射線学会  代議員
 

受賞

 
2015年
国民健康保険中央会表彰
 

Misc

 
OKUMURA Y, TAKEDA Y, SATO S, SHIMIZU M, KOMATSU M, HONDA O, NAKAGAWA T, NIIYA H, HIRAKI Y
Clinical Nuclear Medicine   23(8) 514-516   1998年
Tc-99mシンチグラフィで高集積を呈する結節性甲状腺腫に対するTl-201シンチグラフィ後期像を用いた良悪性の鑑別.
臨床放射線   23 514-516   1998年
Comparison of differential diagnostic capabilities of Tl-201 scintigraphy and fine-needle aspiration of thyroid nodules.
Journal of Nuclear Medicine   40 1971-1977   1999年
結節性甲状腺腫におけるTl-201シンチグラフィと穿刺吸引細胞診の良悪性の鑑別診断能の比較
臨床放射線   40 1971-1977   1999年
Experimental and Clinical Studies of Fast three-Dimensional MR Imaging of the Heart.
Journal of Japan Radiological Society   59(8) 386-394   1999年

書籍等出版物

 
循環器臨床を変えるMDCT
文光堂   2015年   ISBN:978-4-8306

講演・口頭発表等

 
MRIとSPECT-CTが診断に有用であったpure struma ovariiの一例
第119回 日本医学放射線学会中国・四国地方会   1212年   
非小細胞肺癌におけるF-18 FDG PET/CTの有用性-転移性リンパ節と胸膜浸潤の診断に関して-
第119回 日本医学放射線学会中国・四国地方会   1212年   
FDG-PET/CTで集積を示した肝神経内分泌性腫瘍の一例
第119回 日本医学放射線学会中国・四国地方会   1212年   
特発性好酸球増多症による脳症の一例
第119回 日本医学放射線学会中国・四国地方会   1212年   
肝嚢胞性腫瘍との鑑別を要した肝嚢胞内出血の1例
第119回 日本医学放射線学会中国・四国地方会   1212年   

競争的資金等の研究課題

 
先天性心疾患の画像診断
研究期間: 2011年   
腫瘍シンチグラフィの有効性に関する研究
研究期間: 2010年   
FDG-PETやタリウムシンチグラフィなどの腫瘍シンチグラフィの臨床的有用性について検討する。
センチネルリンパ節の核医学的検出法
Tl-201シンチグラフィを用いた結節性甲状腺腫の良悪性の鑑別