宮竹 貴久

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/01 21:47
 
アバター
研究者氏名
宮竹 貴久
 
ミヤタケ タカヒサ
ハンドル
handle0074488
URL
http://www.agr.okayama-u.ac.jp/LAPE/miyatake.html
所属
岡山大学
部署
環境生命科学研究科
職名
教授
学位
理学(九州大学)
科研費研究者番号
80332790
Twitter ID
@TMiyataek
ORCID ID
0000-0002-5476-0676

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
岡山大学環境生命科学研究科 教授
 
2008年4月
 - 
2011年3月
岡山大学環境学研究科 教授
 
2005年4月
 - 
2008年3月
岡山大学大学院環境学研究科 教授
 
2000年10月
 - 
2005年3月
岡山大学農学部 助教授
 
1987年4月
 - 
1990年3月
沖縄県中部農業改良普及所 職員(技術系)
 
1990年4月
 - 
2000年9月
沖縄県農業試験場 研究員
 
1997年
 - 
1998年
ロンドン大学(ユニバーシティーカレッジ)客員研究員 研究員
 

学歴

 
1996年11月
   
 
九州大学博士(理学)学位取得 理学部 生物学科
 
 
 - 
1986年
琉球大学 農学研究科 農学
 
 
 - 
1984年
琉球大学 農学部 農
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
現在
日本動物行動学会  運営委員
 
2015年1月
 - 
現在
Journal of Experimental Zoology Part A (Wiley)  EDITORIAL BOARD
 
2013年1月
 - 
現在
日本生態学会  全国委員
 
2012年1月
 - 
現在
ethology (Wiley)  Advisory Editorial Board
 
2009年1月
 - 
現在
Population Ecology (Springer)  Editorial Board
 

受賞

 
2016年10月
日本動物行動学会日高賞
 
2010年3月
日本応用動物昆虫学会賞 不妊化法の効率を左右する昆虫時計遺伝子の生態遺伝学的研究
 
2002年3月
日本生態学会宮地賞 第6回(2002年)日本生態学会宮地賞受賞
 
2001年
日本応用動物昆虫学会奨励賞
 

論文

 
Matsumura K, Ito R, Miyatake T
Ethology   126(2) in press   2019年1月   [査読有り][招待有り]
Minekawa K, Miyatake T, Ishikawa Y, Matsuo T
Animal Behaviour   140 29-37   2018年6月   [査読有り]
Hironaka M, Kamura T, Osada M, Sasaki R, Shinoda K, Hariyama T, Miyatake T
Journal of Economic Entomology   110(4) 1911-1915   2017年8月   [査読有り]
Sumi T, Takahashi Y, Sawatani H, Karasawa S, Miura K,,Miyatake T
Journal of Asia-Pacific Entomology   20(4) 1096-1103   2017年12月   [査読有り]
Matsumura K, Fuchikawa T, Miyatake T
Behavior genetics   47(4) 459-467   2017年7月   [査読有り]
Sumi T, Miura K, Miyatake T
PloS ONE   12(4) e0175373   2017年   [査読有り]
Miyatake Takahisa
Physiological Entomology   42(1) 98-102   2017年   [査読有り]
Miyatake Takahisa, Yokoi Tomoyuki, Fuchikawa Taro, Korehisa Nobuyoshi, Kamura Toru, Nanba Kana, Ryouji Shinsuke, Kamioka Nagisa, Hironaka Mantaro, Osada Midori, Hariyama Takahiko, Sasaki Rikiya, Shinoda Kazutaka
Journal of Economic Entomology   109(6) 2551-2560   2016年10月   [査読有り]
Hiroki Gotoh,Mai Ishiguro,Hideto Nishikawa,Shinichi Morita,Kensuke Okada*,Takahisa Miyatake*,Toshinobu Yaginuma,Teruyuki Niimi
Scientific Reports   6    2016年   [査読有り]
「Kentarou Matsumura」「Ken Sasaki」「Takahisa Miyatake」
Journal of Ethology   34(2) 97-105   2016年5月   [査読有り]
Aizawa Misato, Watanabe Takeo, Kumano Akemi, Miyatake Takahisa, Sonoda Shoji
Journal of Pesticide Science   41(3-4) 167-170   2016年   [査読有り]
Kentarou Matsumura, Takahisa Miyatake
PLoS ONE   10 (5)    2015年   [査読有り]
Yu Suzaki, Masako Katsuki, Takahisa Miyatake, Yasukazu Okada
Entomological Science   18 278-282   2015年   [査読有り]
Tsuji Kazuki, Miyatake Takahisa, Yamagishi Masaaki, Shimada Masakazu, Kuno Eiji
Population Ecology   57(4) 545-550   2015年   [査読有り]
Behavioral Ecology and Sociobiology   68 1843-1850   2014年   [査読有り]
Nakayama S, Takatsuki J, Seko T, Andou S, Miura K, Miyatake T
Applied Entomology and Zoology   48 223-227   2014年   [査読有り]
T Sumi, K Miura, T Miyatake
Applied Entomology and Zoology   48 35-38   2014年   [査読有り]
Hikaru Kiyotake, Hitoshi Matsumoto, Nakayama Satoshi, Miyuki Sasaki, Takahisa Miyatake, Masasuke Ryuda, Yoichi Hayakawa
Journal of Insect Physiology   60 92-97   2014年   [査読有り]
Suzaki Yu, Miyatake Takahisa
Entomological Science   17(3) 359-363   2014年   [査読有り]
Takahashi KH, Teramura K, Muraoka S, Okada Y, Miyatake T
Heredity   110 312-320   2013年   [査読有り]
Katsuki M, Arikawa K, Wakakuwa M, Omae Y, Okada K, Sasaki R, Shinoda K, Miyatake T
Applied Entomology and Zoology   48 547-551   2013年   [査読有り]
Katsuki M, Toquenaga Y, Miyatake T
Population Ecology   55 493-498   2013年   [査読有り]
Suzaki Y, Katsuki M, Miyatake T, Okada Y
PloS one   8(12) e83278   2013年   [査読有り]
Harano T, Sato N, Miyatake T
Journal of Ethology   30 337-343   2012年   [査読有り]
Omae Y, Fuchikawa T, Nakayama S, Okada K, Miyatake T, Sasaki R, Shinoda K
Applied Entomology and Zoology   47 157-163   2012年   [査読有り]
Katsuki M, Omae Y, Okada K, Matsuyama T, Haraguchi D, Kohama T, Miyatake T
Applied Entomology and Zoology   47 285-290   2012年   [査読有り]
Okada Y, Gotoh H, Miura T, Miyatake T, Okada K
Evolution & Development   14 363-371   2012年   [査読有り]
Fuchikawa T, Matsubara K, Miyatake T, Matsuura K
Physiological Entomology   37 303-308   2012年   [査読有り]
Katsuki M, Harano T, Miyatake T, Okada K, Hosken DJ
Ecology Letters   15 193-197   2012年   [査読有り]
Nakayama S, Sasaki K, Matsumura K, Lewis Z, Miyatake T
Journal of Insect Physiology   58 750-755   2012年   [査読有り]
Okada Y, Suzaki Y, Miyatake T, Okada K
Animal Behaviour   83 1001-1006   2012年   [査読有り]
Yamane T, Miyatake T
Behavioral Ecology   23 715-722   2012年   [査読有り]
Suzaki Y, Miyatake T
Animal Behaviour   82 1103-1108   2012年   [査読有り]
Koshiyama Y, Miyata R, Miyatake T
Entomological Science   15 23-27   2012年   [査読有り]
Takahisa Miyatake
Applied Entomology and Zoology   46 3-14   2011年   [査読有り]
Okada K, Suzaki Y, Okada Y, Miyatake T
Zoological Science   28 659-663   2011年   [査読有り]
Okada K, Katsuki M, Okada Y, Miyatake T
Journal of Evolutionary Biology   24 1737-1743   2011年   [査読有り]
Suzaki Y, Koizumi U, Miyatake T
Applied Entomology and Zoology   46 429-433   2011年   [査読有り]
Fuchikawa T, Matsuyama T, Yamagishi M, Nakayama S, Okada K, Miyatake T
Applied Entomology and Zoology   46 553-557   2011年   [査読有り]
Lewis Z, Sasaki H, Miyatake T
Animal Behaviour   81 579-583   2011年   [査読有り]
Harano T, Miyatake T
Journal of Insect Physiology   57 415-420   2011年   [査読有り]
Harano T, Okada K, Nakayama S, Miyatake T, Hosken DJ
Current Biology   20(6) 2036-2039   2010年
Nakayama S, Seko T, Takatsuki J, Miura K, Miyatake T
Journal of Economic Entomology   103(5) 1564-1568   2010年10月   [査読有り]
Yamane T, Miyatake T
Journal of Insect Physiology   56(12) 1783-1788   2010年12月   [査読有り]
Katsuki Masako, Miyatake Takahisa
JOURNAL OF INSECT PHYSIOLOGY   55(2) 112-115   2009年2月   [査読有り]
Matsumoto A, Ohta Y, Itoh TQ, Sanada-Morimura S, Matsuyama T, Fuchikawa T, Tanimura T, Miyatake T
Annals of the Entomological Society of America,   101(6)    2008年11月   [査読有り]

Misc

 
倉敷市の井原鉄道高架に棲むヤマコウモリ Nyctalus aviator の生息状況 − アブラコウモリ Pipistrellus abramus との比較
越山洋三・筬島玄太郎・宮竹貴久
コウモリ通信   23(1) 18-23   2018年3月   [査読有り]
ヤマコウモリ Nyctalus aviator は日本最大の昆虫食性コウモリで(Fukui 2015)、環境省
RDB2017 で絶滅危惧II 類に指定される希少種である(http://www.env.go.jp/press/files/
jp/105449.pdf;2017 年12 月11 日最終確認)。著者らは2016 年に岡山県下4 カ所目
のヤマコウモリ生息地として倉敷市真まび備町の井原鉄道高架を報告し、本種の岡山県レッ
ドデータブック(RDB)への掲載に言及した。加えて、県RDB...
昆虫の行動を科学する (700 号記念)--(特集 日本の昆虫研究: 現状と今後の展開)
宮竹 貴久
昆虫と自然   52(13) 24-26   2017年2月   [依頼有り]
ミバエ類の根絶と再侵入防止: その背景と特異性 (特集 外来生物の駆除への取り組み: 科学的知見と分析に基づき計画的に防除)
宮竹 貴久
遺伝: 生物の科学   71(1) 21-25   2017年1月   [依頼有り]
岡山県倉敷市でヤマコウモリを初記録 ― 糞由来のDNAを利用した種同定 ―
越山洋三・筬島玄太郎・園田昌司・宮竹貴久
コウモリ通信   27(1) 18-20   2016年6月   [査読有り]
島根県雲南市木次町ふるさと尺の内公園における哺乳類生息調査(2014年)-特にイタチ科の種同定について
林成多・片岡大輔・河本智宏・越山洋三・園田昌司・宮竹貴久
ホシザキグリーン財団研究報告   19    2016年

書籍等出版物

 
宮竹 貴久
集英社   2018年2月   ISBN:4087210219
宮竹 貴久
山川出版社   2015年   ISBN:9784634150706
藤崎 憲治, 大串 隆之, 宮竹 貴久, 松浦 健二, 松村 正哉
朝倉書店   2014年   ISBN:9784254420395
宮竹 貴久
講談社   2014年   ISBN:9784062728393
行動生物学辞典
宮竹 貴久 (担当:分担執筆)
東京化学同人   2013年10月   
伊藤 嘉昭, 垣花 廣幸, 久場 洋之, 小濱 継雄, 杉本 毅, 瀬戸口 脩, 宮竹 貴久, 山村 光司
海遊舎   2007年   ISBN:9784905930389
宮竹 貴久
KADOKAWA / メディアファクトリー   2012年10月   
宮竹 貴久
メディアファクトリー   2011年   ISBN:9784840142762

講演・口頭発表等

 
昆虫の動く・動かないを決めるゲノム行動生態学 [招待有り]
宮竹 貴久
京都大学生態学研究センター研究集会_異なるマクロ生物学分野のインタープレイ   2018年10月28日   
振動刺激によって擬死から覚醒する感受性にも遺伝変異がある
宮竹 貴久・松村健太郎・北山凌大・嵆昱皓・藤澤隆介・大槻圭一・永谷直久
西日本応用動物昆虫研究会 ・中国地方昆虫学会 平成30年度合同例会   2018年10月5日   
逃げる虫は脚が長い? コクヌストモドキの捕食者回避行動への人為選抜に対する脚の長さの反応
松村健太郎・宮竹 貴久
西日本応用動物昆虫研究会・中国地方昆虫学会 平成30年度合同例会   2018年10月5日   
擬死からの覚醒
宮竹 貴久
日本動物行動学会第37回大会   2018年9月29日   
逃げる虫は脚が長い!
松村健太郎・宮竹 貴久
日本動物行動学会第37回大会   2018年9月28日   
Trajectory analysis of bio-navigation by using machine learning: comparison between strains artificially selected for duration of death-feigning in the red flour beetle
Maekawa T, Ohara K, Matsumura K, Fujisawa R, Nagaya N, Miyatake T
第41回日本神経科学大会   2018年7月26日   
コクヌストモドキの移動分散と性的形質の関係
松村健太郎、宮竹貴久
新学術領域研究「生物移動情報学」領域会議   2018年6月8日   
コクヌストモモドキをモデルとしたナビゲーション能力を制御するゲノム行動生態学的研究 [招待有り]
宮竹 貴久
新学術領域研究「生物移動情報学」領域会議   2018年6月8日   
コクヌストモドキの死にまね行動に地理的変異はあるか?
松村健太郎・宮竹 貴久
第62回日本応用動物昆虫学会大会   2018年3月25日   
ヤマトシリアゲが採用する交尾戦術に与える左右対称性および体サイズの影響
石原凌・宮竹貴久
第62回日本応用動物昆虫学会大会   2018年3月25日   
コメグラサシガメは動かない餌にも反応するのか? 
朝倉雅也・宮竹 貴久
第62回日本応用動物昆虫学会大会   2018年3月25日   
不動行動の生態と機能
宮竹 貴久
ESJ65、2018年日本生態学会   2018年3月17日   
ヤマトシリアゲの交尾戦術に体長と左右対称性のゆらぎ(FA)は影響するか?
石原凌・宮竹貴久
ESJ65、2018年日本生態学会   2018年3月14日   
コクヌストモドキにおける歩行能力への人為選抜が生活史形質へ及ぼす影響
宮竹 貴久
ESJ65、2018年日本生態学会   2018年3月14日   
LEDと性フェロモンを用いた環境・生産に負荷の少ない貯穀害虫 [招待有り]
宮竹 貴久
モニタリングトラップ平成29年度LED応用技術セミナー   2018年2月2日   
コクヌストモドキの振動実験 [招待有り]
宮竹 貴久
第2回昆虫行動ロボティクス研究会   2017年12月4日   
コクヌストモドキの死にまね系統間におけるインスリン・チロシン関連遺伝子の発現比較
日ノ澤祥悟・宮竹貴久・佐々木謙
日本昆虫学会支部会   2017年11月18日   
Try to measure of walking activity by ANTAM in the beetle strains selected for the duration of Tonic Immobility [招待有り]
宮竹 貴久
SWARM 2017: The 2nd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics   2017年11月1日   
ヤマトシリアゲが採用する交尾戦術に体サイズおよびFAは影響するか?
石原凌・宮竹貴久
平成29年度西日本応用動物昆虫研究会・日本昆虫学会中国支部会合同例会   2017年10月13日   
カシミールコクヌストモドキの死にまね行動に対する人為選抜への直接反応
小西加奈・宮竹貴久
平成29年度西日本応用動物昆虫研究会・日本昆虫学会中国支部会合同例会   2017年10月13日   

担当経験のある科目

 

Works

 
「生物の動き」を支配する遺伝子が個体の適応度と集団に及ぼす生態学的影響の解析
宮竹 貴久   その他   2018年4月 - 現在
ナビゲーション能力を制御するゲノム行動生態学的研究
宮竹 貴久   その他   2017年4月 - 2019年3月
野外で生物リズムを持たない個体は、どのように環境に適応して生存しているのか?
宮竹 貴久   その他   2016年4月 - 2019年3月
生理活性物質が制御する生物の動きと適応度に関する進化生態学的解析
宮竹 貴久   その他   2014年4月 - 2018年3月
生物の光応答メカニズムの解明 と省エネルギー、コスト削減利用技術の開発
宮竹 貴久   その他   2010年4月 - 2013年3月

競争的資金等の研究課題

 
「生物の動き」を支配する遺伝子が個体の適応度と集団に及ぼす生態学的影響の解析
科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 宮竹 貴久
異なるマクロ生物学分野のインタープレイ
京都大学生態学研究センター: 京都大学生態学研究センター研究集会
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 宮竹 貴久
申請する研究集会の背景:マクロ生物学は、行動学、集団遺伝学、統計科学、系統学などと連携して生態科学を包含する学問の大きな流れとして発展してきた。最近、マクロ生物学諸分野における解析手法には著しい進展が見られる。たとえば、生物個体の形態計測法、行動測定法、至近要因解析技術、集団レベルの系統推定法、集団レベルの遺伝学的解析法、群集構造解析法、マクロ現象の理論モデルや統計モデルは大きく変貌しつつある。しかし、進歩が急速かつ広範囲なだけに、研究者個人がこれらを俯瞰して新しい研究課題に昇華させること...
ナビゲーション能力を制御するゲノム行動生態学的研究
科学研究費補助金: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 宮竹 貴久
野外で生物リズムを持たない個体は、どのように環境に適応して生存しているのか?
科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 宮竹 貴久
生理活性物質が制御する生物の動きと適応度に関する進化生態学的解析
科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 宮竹貴久
生物の光応答メカニズムの解明 と省エネルギー、コスト削減利用技術の開発
農林水産技術会議: 農林水産業特別試験研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 寺島一男
害虫の光応答メカニズムの解明と高度利用技術の開発
農林水産省: 農林水産省委託プロジェクト研究
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 本多健一郎
飛ばないテントウムシのアブラムシ防除への適用
農林水産省: 先導的技術実用化促進のための研究
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 世古智一
種分化を引き起こす時計遺伝子の生態遺伝学的研究
科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2002年4月 - 2006年3月    代表者: 宮竹貴久
ニカメイガのホストレースにおける時計遺伝子と生殖隔離に関する生理生態学的研究
科学研究費補助金: 萌芽研究
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 宮竹貴久

特許

 
特許第5594657号 : 遺伝的に飛翔能力を欠くテントウムシの作出方法

社会貢献活動

 
岡山県ヒアリ対策に関する有識者会議
【助言・指導】  岡山県  岡山県ヒアリ対策に関する有識者会議  2017年8月1日 - 現在
特殊病害虫特別事業推進会議
【助言・指導】  沖縄県  特殊病害虫特別事業推進会議  2016年4月1日 - 現在
JICA課題別研修「ミバエ類温度処理殺虫技術」コース
【講師】  JICA  JICA課題別研修「ミバエ類温度処理殺虫技術」コース  2014年4月1日 - 現在
岡山県消費・安全対策交付金に係る事業の事後評価
【助言・指導】  岡山県  消費・安全対策交付金に係る事業の事後評価  2013年4月1日 - 現在
特殊病害虫の防除に関する検討会
【助言・指導】  農林水産省  特殊病害虫の防除に関する検討会  2008年4月1日 - 現在
チコちゃんに叱られちゃうかな-なぜキスってするの?
【取材協力, 助言・指導】  講談社  週刊現代  2019年2月9日 - 2019年2月9日
【ダーウィンが来た】第581回 「数百万匹の大乱舞 奇跡の絶景! ティサの開花」
【取材協力, 助言・指導】  NHK  ダーウィンが来た  (http://cgi2.nhk.or.jp/darwin/articles/detail.cgi?p=p581)  2019年1月20日 - 2019年1月20日
【講師】  岡山大学図書館  知好楽セミナー第22回  2019年1月16日 - 2019年1月16日
■ 知好楽セミナー第22回「人に生まれて良かったと思える、虫の話」(談話会編)
○詳細
【開催日】2019年1月16日(水) 14:00~15:30
【講 師】岡山大学環境生命科学研究科 宮竹貴久教授
【場 所】中央図書館 本館1階 ラーニングコモンズ

○当日の様子
 2018年注目の話題作『したがるオスと嫌がるメスの生物学』の著者の宮竹貴久教授に、ご講演いただきました。今回のセミナーでは、生きて命をつなぐための生存と繁殖の戦略について、虫の話を中心にお話しいただきました。

 ご講演...
ウォーキング虫では逆効果? 岡山大大学院宮竹教授ら確認
【取材協力, 情報提供】  社会面  2018年11月28日 - 2018年11月28日
たくさん歩くメスは損をする 岡山大、昆虫を使って研究
【取材協力, 情報提供】  朝日新聞  朝日新聞DIGITAL  2018年8月23日