KOBAYASHI Kenichi

J-GLOBAL         Last updated: Jul 4, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
KOBAYASHI Kenichi
E-mail
atamadaitamacc.chuo-u.ac.jp
URL
http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~atamadai/
Affiliation
Chuo University
Section
Faculty of Letters
Job title
Professor
Research funding number
80303296

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1987
 - 
Apr 1988
中野区新井三丁目遺跡調査会調査員(非常勤)
 
May 1988
 - 
Dec 1991
慶應義塾大学慶應義塾藤沢校地埋蔵文化財調査室助手(嘱託)
 
Jan 1992
 - 
Jun 1992
渋谷区北青山遺跡調査会調査員(常勤)
 
Jun 1992
 - 
Jan 1998
目黒区大橋遺跡調査会主任調査員(常勤)
 
Mar 1998
 - 
Dec 2000
金沢大学埋蔵文化財調査センター助手
 

Education

 
Apr 1979
 - 
Mar 1983
archaeology, Faculty of Literature, Keio University
 
Apr 2001
 - 
Mar 2004
Department of Japanese History, Graduate School, Division of Cultural Studies, the graduate university fpr advanced studies
 

Awards & Honors

 
Mar 2004
炭素14年代測定にもとづく関東地方縄文中期文化の研究, 総合研究大学院大学研究賞, 総合研究大学院大学
 
Mar 2004
炭素14年代測定にもとづく関東地方縄文中期文化の研究, 長倉研究奨励賞, 総合研究大学院大学
 
Oct 2011
栃木県小山市寺野東遺跡から出土した縄文時代後・晩期の木組遺構の高精度年代測定, 第一回日本植生史学会論文賞, 日本植生史学会
Winner: 工藤雄一郎・小林謙一・江原 英・中村俊夫
 
Jun 2008
日本産樹木年輪試料の炭素14年代を用いた弥生時代後期から古墳時代初期の暦年較正, 日本文化財科学会第25回研究発表会ポスターセッション賞, 日本文化財科学会
Winner: 尾嵜大真・藤尾慎一郎・小林謙一・坂本稔・春成秀爾・今村峯雄・西本豊弘・松崎浩之・中村俊夫・光谷拓実
 

Published Papers

 
Study of the Burial Process of House-pit Vestiges of the Jomon Period
kobayashi kenichi
Bulletin of the National Museum of Japanese History   (172) 317-356   Mar 2012   [Refereed][Invited]
Understanding Pit dwellings from Middle Jomon using 14C dates
kobayashi kenichi
Bulletin of the national museum of japanese history   (149) 113-133   Mar 2009   [Refereed]
北陸地方石川県における縄文晩期から弥生移行期の炭素14年代測定研究
小林謙一・福海貴子・坂本 稔・工藤雄一郎・山本直人
国立歴史民俗博物館研究報告   (150) 1-32   Mar 2009   [Refereed]
河内地域における弥生前期の炭素14年代測定研究
小林謙一・春成秀爾・坂本稔・秋山浩三
国立歴史民俗博物館研究報告   (139) 17-51   Mar 2008   [Refereed]
Test of the relability of samples for AMS radiocarbon dating as an archaeological technique and estimates of the residential occupation span in the Jomon period
kobayashi ken'ichi
koukogaku Kenkyu   54(2) 50-69   Sep 2007   [Refereed]

Misc

 
Radiocarbon dating on the Archaeological Pottery in Odawara City
Kobayashi Kenichi
Journal of the institute of cultural science   (90) 225-259   Sep 2018
縄紋中期南西関東多摩武蔵野地域の屋内埋甕の検討
今泉沙希・小嶋円有佳・小林謙一
セツルメント研究   (9) 77-115   May 2018
縄紋時代の手形足形土製品について
真田菜央・小林謙一
白門考古   (17)    Mar 2018
三内丸山遺跡出土木材の酸素同位体分析と年代研究
小林謙一・木村勝彦・箱崎真隆・佐野雅規・中塚武
特別史跡三内丸山遺跡年報   (21)    Mar 2018
Archaeology and dating techniques
Kenichi Kobayashi
The Archaeological journal   (709) 3-7   Mar 2018   [Invited]

Books etc

 
Real Dates of the Jomon period – Earthenware dating and Radiocarbon dating
Kobayashi, K
Douseisha   Nov 2017   ISBN:978-4-88621-774-5
発掘で探る縄紋の暮らし 中央大学の考古学
小林謙一
中央大学出版部   Mar 2011   ISBN:978-4-8057-2702-7
縄紋文化のはじまり-上黒岩岩陰遺跡
kobayashi kenichi
新泉社   Jun 2010   ISBN:978-4-7877-1040-6
New perspectives of study on Jomon society-Applied radiocarbon dating to Archaeological methodology-
kobayashi kenichi
rokuichi-shobo   Jul 2008   ISBN:978-4-86445-012-6
New Perspectives of study on Jomon society
kobayashi kenichi
Rokuichi-shobo   Oct 2004   ISBN:978-4-86445-012-6

Conference Activities & Talks

 
関東地方縄文中期文化の興亡
小林謙一
練馬区立石神井公園ふるさと文化館 企画展「石神井川流域の縄文文化」関連講演会   Jul 2018   
縄紋土器付着炭化物の同位体分析の検討-縄紋前期におけるC4植物の調理痕跡の可能性-
小林謙一
日本文化財科学会第35回大会   Jul 2018   
上黒岩岩陰遺跡出土の自然遺物の年代測定とその評価
遠部慎(久万高原町教育委員会)、小林謙一(中央大学)、覚張隆史(金沢大学)、米田穣(東京大学)
『日本動物考古学会 第6回大会』2018/6/16-17,岩手県宮古   Jun 2018   
「日本列島における土器の出現」「実年代による縄紋文化の再編成」
中央大学学術シンポジウム文化の始まりを探る 土器の始まり・文字の始まり   Dec 2017   
Current status and future perspectives of the oxygen isotopic dendrochronology in northeast Japan
Masataka HAKOZAKI, Katsuhiko KIMURA, Masaki SANO, Akane TSUSHIMA, Zhen LI, Takeshi NAKATSUKA, Toshio NAKAMURA, Motonari OHYAMA, Junichi KIMURA, Seiken SHIDARA, Kenichi KOBAYASHI, Mitsuo SUZUKI
日本第四紀学会2017年大会   Aug 2017   

Works

 
大日野原遺跡・滝坂遺跡・上黒岩第2岩陰2015年度発掘調査の概要
Mar 2016 - Mar 2016
滝坂遺跡2014年度発掘調査の概要
Mar 2015 - Mar 2015
おびのっぱら 大日野原遺跡2014年度発掘調査の概要
Mar 2015 - Mar 2015
東京都内縄文中期集落遺跡データベース
Apr 2009 - Apr 2009
国立歴史民俗博物館館蔵縄文時代資料データベース
Apr 2008 - Apr 2008

Research Grants & Projects

 
Study of Organization of dating and Process of Cultural Historical Reconstruction in East Asia in the Neolithic period
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(B)
Project Year: Apr 2018 - Mar 2022    Investigator(s): 小林謙一
東アジア新石器文化に対し、炭素14、年輪、酸素同位体、ルミネッセンス、古地磁気の多様な年代測定法による実年代体系化を図る。酸素同位体変動による気候復元など生態史と考古編年を対比させ、同位体分析による食性復元、定住度を反映する遺構の比熱痕跡分析など自然科学分析を先史試料に適用し、日本列島、朝鮮半島、中国大陸など東アジア新石器文化における自然環境と文化変化の関連、地域間交流史を体系化する。本研究の特徴は、新手法「酸素同位体比年輪年代法」の導入で、従来法では百年以上の誤差を含んでいた先史時代に誤...
Reconstruction of the Jomon culture by Radiocarbon dating
文部科学省: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
Project Year: Apr 2013 - Mar 2017    Investigator(s): 小林謙一
縄紋時代実年代の決定には混乱がある。実年代による縄紋文化の枠組みの再構築として、AMS炭素14年代測定を考古学的課題に応用していく。縄紋時代の細別型式ごとの実年代を比定し、絶対年代での縄紋文化の変遷をたどれるようにする。このことにより、縄紋文化と関係があるとされてきた東アジア特に韓国、さらには中国南部、沿海州との比較が可能となろう。また、環境史と対応させることで文化変化と環境変動の関係を明確にし、土器型式の変化や集落継続性など縄紋社会の実態を復元する。年代と同時に検討する土器付着物の安定同...
Resrach of the Jomon settlementes by radiocarbon-dating
文部科学省: 科学研究費助成事業 平成24年度 基盤研究(C)
Project Year: Apr 2012 - Mar 2013    Investigator(s): 小林 謙一
縄紋集落の継続期間、断続性、規模の変化などについて、年代測定を応用し検討する。
Reconstraction of cultural inter-active on NIHON-KAI
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013    Investigator(s): 石井正敏
日本列島を取り巻く環日本海地域では、先史・古代から人・モノ・情報の往来が見られた(図1参照)。これまで北部九州や北海道が朝鮮半島・大陸との交流の窓口とされる一方で、日本列島対岸(現在の中国東北地方・ロシア沿海地方)とその周辺との交流については不明瞭な点が多い。|rn| 近年、国立歴史民俗博物館が提示した弥生開始年代の見直しによって、中国・朝鮮半島の青銅器・鉄器時代文化と諸集団の相互関係について再検討されている。また、日本史・東洋史主導で行われてきた渤海史・女真史についても、中国・ロシアにお...
縄紋集落の実証的研究
中央大学: 
Project Year: Apr 2008 - Mar 2010