今泉 美佳

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/14 10:14
 
アバター
研究者氏名
今泉 美佳
 
イマイズミ ミカ
所属
杏林大学
部署
医学部 医学科
職名
教授
学位
理学博士(上智大学)

研究分野

 
 

受賞

 
1994年
第12回エッソ石油(株)女性のための研究奨励賞
 

論文

 
Aoyagi K, Ohara-Imaizumi M, Itakura M, Torii S, Akimoto Y, Nishiwaki C, Nakamichi Y, Kishimoto T, Kawakami H, Harada A, Takahashi M, Nagamatsu S
Diabetes      2016年3月   [査読有り]
Kim K, Oh CM, Ohara-Imaizumi M, Park S, Namkung J, Yadav VK, Tamarina NA, Roe MW, Philipson LH, Karsenty G, Nagamatsu S, German MS, Kim H
Endocrinology   156(2) 444-452   2015年2月   [査読有り]
Ohara-Imaizumi M, Kim H, Yoshida M, Fujiwara T, Aoyagi K, Toyofuku Y, Nakamichi Y, Nishiwaki C, Okamura T, Uchida T, Fujitani Y, Akagawa K, Kakei M, Watada H, German MS, Nagamatsu S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110(48) 19420-19425   2013年11月   [査読有り]
Tamaki M, Fujitani Y, Hara A, Uchida T, Tamura Y, Takeno K, Kawaguchi M, Watanabe T, Ogihara T, Fukunaka A, Shimizu T, Mita T, Kanazawa A, Imaizumi MO, Abe T, Kiyonari H, Hojyo S, Fukada T, Kawauchi T, Nagamatsu S, Hirano T, Kawamori R, Watada H
The Journal of clinical investigation   123(10) 4513-4524   2013年10月   [査読有り]
Aoyagi K, Ohara-Imaizumi M, Nishiwaki C, Nakamichi Y, Ueki K, Kadowaki T, Nagamatsu S
PloS one   7(10) e47381   2012年   [査読有り]
Nagamatsu S, Ohara-Imaizumi M, Nakamichi Y, Aoyagi K, Nishiwaki C
Biochemical and biophysical research communications   412(4) 556-560   2011年9月   [査読有り]
Sasakawa N, Ohara-Imaizumi M, Fukuda M, Kabayama H, Mikoshiba K, Kumakura K
Neuropharmacology   60(7-8) 1364-1370   2011年6月   [査読有り]
Aoyagi K, Ohara-Imaizumi M, Nagamatsu S
Frontiers in bioscience (Landmark edition)   16 1197-1210   2011年1月   [査読有り]
Aoyagi K, Ohara-Imaizumi M, Nishiwaki C, Nakamichi Y, Nagamatsu S
The Biochemical journal   432(2) 375-386   2010年12月   [査読有り]
Ohara-Imaizumi M, Yoshida M, Aoyagi K, Saito T, Okamura T, Takenaka H, Akimoto Y, Nakamichi Y, Takanashi-Yanobu R, Nishiwaki C, Kawakami H, Kato N, Hisanaga S, Kakei M, Nagamatsu S
PloS one   5(12) e15553   2010年12月   [査読有り]
Zhao A, Ohara-Imaizumi M, Brissova M, Benninger RK, Xu Y, Hao Y, Abramowitz J, Boulay G, Powers AC, Piston D, Jiang M, Nagamatsu S, Birnbaumer L, Gu G
Diabetes   59(10) 2522-2529   2010年10月   [査読有り]

Misc

 
β細胞研究の最前線 インスリン顆粒の細胞内trafficking
今泉 美佳, 永松 信哉
糖尿病学の進歩   (43) 20-24   2009年9月
膵β細胞のアクティブゾーンを構成する分子群
今泉 美佳, 大塚 稔久, 永松 信哉
内分泌・糖尿病科   25(3) 265-272   2007年9月
インスリン分泌の分子機構 インスリン顆粒開口分泌とその異常
今泉 美佳, 永松 信哉
分子糖尿病学の進歩: 基礎から臨床まで   2006 8-17   2006年3月
インスリン分泌機構の画像解析
永松 信哉, 今泉 美佳
内分泌・糖尿病科   24(1) 69-75   2007年1月
今泉 美佳, 永松 信哉
日本薬理学雑誌   126(6) 399-405   2005年12月
インスリンは膵β細胞内の分泌顆粒に貯蔵され,開口放出によって細胞外へ分泌される.この開口放出機構の解明には,インスリン分泌顆粒動態の画像解析が有力なアプローチとなる.私達は,遺伝子工学的手法によるインスリンのGFP標識と,全反射蛍光顕微鏡(total internal reflection fluorescence microscopy:TIRFM)を用いた画像解析技術を組み合わせることにより,グルコース刺激による2相性インスリン分泌における分泌顆粒の形質膜への供給,ドッキング,フュージョ...
インスリン開口放出の可視化
今泉 美佳, 永松 信哉
生化学   75(1) 49-54   2003年1月

書籍等出版物

 
ポスター発表はチャンスの宝庫. in医学・理学系学会 一歩進んだ発表のための計画・準備から当日のプレゼンまで
羊土社   2003年   
インスリン開口放出の可視化(ミニレビュー).生化学
2003年   
インスリン分泌顆粒動態の実画像解析. 分子糖尿病学の進歩—基礎から臨床まで
金原出版   2002年   
神経分泌のリアルタイム・モニタリング,神経細胞培養法 ニューロサイエンス・ラボマニュアル第1巻
シュプリンガー・フェアラーク、東京   1997年   
高透過性細胞を用いたエクソサイトーシスの解析 実験医学 別冊 バイオマニュアルUPシリーズ脳・神経
羊土社   1995年   

講演・口頭発表等

 
シンポジウム:生物多様性からみる膵内分泌細胞の機能的理解
今泉 美佳
第 121回日本解剖学会総会・全国学術集会   2015年8月9日   
Imaging analysis reveals mechanistic differences between first and second phase insulin exocytosis
International Symposium on Membrane Traffic, Awaji   2007年   
2型糖尿病の膵β細胞異常(機能・量) 2型糖尿病におけるインスリン開口放出異常
第50回日本糖尿病学会年次学術集会 仙台   2007年   
アディポネクチンはインスリン分泌を促進する
第50回日本糖尿病学会年次学術集会 仙台   2007年   
グリニド剤の糖尿病膵β細胞機能における検討
第50回日本糖尿病学会年次学術集会 仙台   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
インスリン開口分泌の分子機構
単一分泌顆粒の可視化解析