基本情報

所属
福岡大学 筑紫病院 教授
学位
博士(医学)(九州大学)

研究者番号
30335963
J-GLOBAL ID
200901080090502788

糖尿病における動脈硬化症の発症・進展を主として脂質代謝異常の観点から研究を行ってきた.その過程で糖尿病状態で増加する糖化LDLが酸化変性を受けやすく催動脈硬化作用が強いこと,またそれに対して血管内皮細胞は取り込み・代謝を増加させ,プロスタサイクリンを産生するなど防御作用を示すことなどをあきらかにした.アデノウイルスを用いた遺伝子導入によりVLDL受容体の機能を明らかにした.さらにそれを用いて家族性高コレステロール血症や糖尿病のモデル動物における脂質代謝異常を改善・正常化しうることを示した.脂肪細胞から分泌されるアディポカインの1種であるアディポネクチンの新たな抗動脈硬化作用について報告した.現在は,きわめてまれな遺伝疾患である中性脂肪蓄積心筋血管症(TGCV:別名全身性中性脂肪蓄積症)がATGL遺伝子変異によって起こることを明らかにし,その細胞内糖・脂質代謝におよぼす影響について研究を続けている.さらに糖尿病患者などにおいてATGL遺伝子異常がない例でもTGCVフェノタイプを示す群を見出し,特発性TGCVとして診断・治療に取り組んでいる.

論文

  93

書籍等出版物

  8

講演・口頭発表等

  24

共同研究・競争的資金等の研究課題

  11

社会貢献活動

  1

メディア報道

  1