論文

査読有り 筆頭著者
2005年5月

絶食時血糖障害および耐糖能異常の関連因子 日本の郊外における健康診断の分析(Factors associated with impaired fasting glycemia and impaired glucose tolerance: An analysis of medical check-ups in a suburban area of Japan)

民族衛生
  • Hashimoto Michiyo
  • ,
  • Nishiyama Midori
  • ,
  • Orui Masami
  • ,
  • Usami Takahiro
  • ,
  • Nakae Kimihiro

71
3
開始ページ
107
終了ページ
115
記述言語
英語
掲載種別
出版者・発行元
日本健康学会

健康診断受診者の特徴と,絶食時血糖障害(IFG)および耐糖能異常(IGT)関連因子の横断的および追跡調査を実施した.1992年に1,112名,2000年に849名が東京郊外の私立病院で健診受診,横断的研究に参加した.1992年と2000年の両年に受診した210名が追跡調査に加わった.2000年の被験者は平均年齢およびBMIが1992年よりも有意に高かった.追跡調査では,1992年の耐糖能正常(NGT)被験者の77.1%は同じ状態を維持(NGT-NGT群),16.3%は境界型血糖状態(NGT-境界群)へ進行,6.6%は2000年にT2DMを発現した.1992年に境界型血糖状態の被験者37例のうち67.6%は,2000年にも境界型を維持した.NGT-NGT群およびNGT-境界群に比べ,1992年に上昇したGGTとUAは2000年にはIFG/IGT発症に関連があった.更に,SBP,AST,GGTおよびTGにおいて時間と血糖状態の有意な交互作用効果があった.GGTおよびUAは境界型血糖状態への転換前兆であると思われる

リンク情報
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2005&ichushi_jid=J01424&link_issn=&doc_id=20050624360001&doc_link_id=10026951952&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10026951952&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2005&ichushi_jid=J01424&link_issn=&doc_id=20050624360001&doc_link_id=10.3861%2Fjshhe.71.107&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3861%2Fjshhe.71.107&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif
ID情報
  • ISSN : 0368-9395
  • eISSN : 1882-868X
  • 医中誌Web ID : 2006150507

エクスポート
BibTeX RIS