三上 修治

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:22
 
アバター
研究者氏名
三上 修治
 
ミカミ シュウジ
eメール
mikamia7.keio.jp
所属
慶應義塾大学
部署
医学部病理診断部
職名
専任講師
学位
医学(東京医科歯科大学)
科研費研究者番号
20338180

研究分野

 
 

経歴

 
2017年5月
   
 
慶應義塾大学病院 病理診断科 診療科副部長
 
2013年12月
   
 
慶應義塾大学医学部 病理診断部 専任講師
 
2001年4月
 - 
2013年11月
慶應義塾大学医学部 病理診断部 助手(助教:2007/4~)
 
2011年3月
   
 
国立がん研究センターがん対策情報センター病理診断コンサルテーションサービス コンサルタント
 
2012年4月
   
 
日本病理学会コンサルテーションシステム コンサルタント
 

学歴

 
 
 - 
2001年3月
東京医科歯科大学 医学系研究科 病理学
 

委員歴

 
2011年4月
   
 
がん対策情報センター・CIS病理診断コンサルテーション・サービス  コンサルタント
 
2010年4月
   
 
腎癌研究会  世話人
 
2002年4月
   
 
日本臨床細胞学会  会員
 
1998年4月
   
 
日本癌学会  会員
 
1998年4月
   
 
日本病理学会  会員
 

受賞

 
2010年4月
日本病理学会 学術奨励賞 腎細胞癌の浸潤・転移の分子機構
受賞者: 三上 修治
 
2009年9月
胃と腸 第15回白壁賞 colitic cancer/dysplasiaの画像診断-拡大内視鏡を中心に
受賞者: 岩男泰、三上修治、向井万起男、松岡克善、日比紀文、長谷川博俊、杉野吉則
 
2014年11月
日本病理学会 日本病理学会学術研究賞
 
2010年4月
日本病理学会 日本病理学会学術奨励賞
 

論文

 
Hagiwara Masayuki, Kikuchi Eiji, Tanaka Nobuyuki, Kosaka Takeo, Mikami Shuji, Saya Hideyuki, Oya Mototsugu
BMC Cancer   18(1)    2018年1月
<p>Background: Cisplatin is the most commonly used chemotherapeutic agent in the treatment of patients with metastatic and/or recurrent urothelial cancer. However, the effectiveness of these treatments is severely limited due to the development of...
Kobayashi Hiroaki, Kosaka Takeo, Mikami Shuji, Miyazaki Yasumasa, Matsumoto Kazuhiro, Kikuchi Eiji, Miyajima Akira, Kameyama Kaori, Sato Yasufumi, Oya Mototsugu
Oncotarget   9(12) 10203-10210   2018年1月
<p>Background: We previously reported high expression of vasohibin-1 (VASH1), which is specifically expressed in activated vascular endothelial cells, was a prognostic indicator of disease progression in prostate cancer. The aim of this study was ...
Shigeta Keisuke, Kikuchi Eiji, Hagiwara Masayuki, Ando Toshiyuki, Mizuno Ryuichi, Abe Takayuki, Mikami Shuji, Miyajima Akira, Nakagawa Ken, Oya Mototsugu
Journal of Urology      2017年
<p>Purpose: Since conditional survival analysis provides better estimates of survival time at each followup, we assessed changes in conditional intravesical recurrence-free survival rates after radical nephroureterectomy. We also sought to determi...
Kuroda Naoto, Yorita Kenji, Sasaki Naomi, Ishihara Akira, Matsuura Keiko, Daa Tsutomu, Mori Shintaro, Sasaki Aya, Mikami Shuji, Shigematsu Kazuto, Nagashima Yoji
Polish Journal of Pathology   68(1) 66-72   2017年
<p>Renal cell carcinoma (RCC) with t(6;11)(p21;q12) has been incorporated into the recent WHO classification. We performed a clinicopathological study of 5 cases with such a tumor. The patients consisted of 4 males and 1 female. The age of patient...
Mizuno Ryuichi, Mikami Shuji, Takamatsu Kimiharu, Shinojima Toshiaki, Kikuchi Eiji, Oya Mototsugu
Japanese Journal of Clinical Oncology   47(12) 1170-1174   2017年12月
<p>Background: To elucidate the clinical prognostic factors in patients with metastatic renal cell carcinoma (mRCC) treated with axitinib. Methods: A total of 58 patients were retrospectively analyzed. All patients received axitinib treatment for ...

書籍等出版物

 
腎細胞がんの核異型度の変遷
三上 修治、黒田 直人、長嶋 洋治 (担当:共著, 範囲:313-138)
腎臓内科・泌尿器科 科学評論社   2018年3月   
第5回 泌尿器画像診断・治療技術研究会(JSURT)報告「腎腫瘍の画像診断と病理」 腎腫瘍のWHO分類の改定の要点と病理診断のポイント
三上 修治 (担当:共著, 範囲:映像情報Medical50巻1号68-71)
医学開発機構   2018年1月   
第5回 泌尿器画像診断・治療技術研究会(JSURT)報告 腎腫瘍はCT/MRIでここまで鑑別できる
秋田 大宇, 陣崎 雅弘, 三上 修治, 大家 基嗣
医学開発機構   2018年1月   
Pathlogy of renal cell carcinoma
Shuji Mikami, Naoto Kuroda, Yoji Nagashima (担当:共著, 範囲:Renal Cell Carcinoma: Molecular Features and Treatment Updates)
Springer   2017年   
【腎臓の腫瘍】 腎腫瘍WHO2016新分類
三上 修治, 黒田 直人, 長嶋 洋治
文光堂   2017年10月   

講演・口頭発表等

 
妊婦に生じた隆起性皮膚線維肉腫(DFSP)の1例
豊島 進(慶応義塾大学), 栗原 佑一, 持丸 奈央子, 平井 郁子, 中村 善雄, 天谷 雅行, 舩越 建, 三上 修治
日本皮膚科学会雑誌(0021-499X)127巻12号 Page2653(2017.11)   2017年11月   
両側びまん性すりガラス陰影と気管内結節を認めた濾胞性リンパ腫の1例
桑江 美聡(慶応義塾大学医学部附属病院 呼吸器内科), 川田 一郎, 渡辺 理沙, 入江 秀大, 奥隅 真一, 中鉢 正太郎, 鎌田 浩史, 石井 誠, 猶木 克彦, 別役 智子, 西村 瑤子, 蔵本 純子, 林 雄一郎, 三上 修治, 亀山 香織
気管支学(0287-2137)39巻6号 Page536(2017.11)   2017年11月   
2回肺部分切除術を施行し胃癌肺転移と考えられた1例
森本 洋輔(日野市立総合病院 外科), 藤田 晃司, 島田 理子, 一坂 俊介, 森 克昭, 石川 啓一, 堂脇 昌一, 菊永 裕行, 熊井 浩一郎, 三浦 弘志, 森永 正二郎, 三上 修治, 山本 達也
日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)78巻増刊 Page738(2017.10)   2017年10月   
細胞診で扁平上皮癌と診断し組織診との乖離があった5例の細胞像
照井 仁美(慶応義塾大学医学部附属病院 病理診断科), 岡田 ゆり子, 蔵本 純子, 川井田 みほ, 三上 修治, 林 雄一郎, 田中 京子, 岩田 卓, 青木 大輔, 亀山 香織
日本臨床細胞学会雑誌(0387-1193)56巻Suppl.2 Page806(2017.10)   2017年10月   
前立腺癌における予後因子としてのバソヒビン2発現の検討(英語)
宮崎 保匡(慶応義塾大学 医学部泌尿器科学教室), 小坂 威雄, 三上 修治, 安水 洋太, 田中 伸之, 菊地 栄次, 佐藤 靖史, 大家 基嗣
日本癌学会総会記事(0546-0476)76回 Page P-3204(2017.09)   2017年9月   

競争的資金等の研究課題

 
癌微小環境に着目した腎細胞癌の進展および治療耐性機構の解明
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 基盤(C): 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
腎細胞癌の分子標的薬による治療効果の病理学的解析と耐性機構の解明
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 基盤(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
腎細胞癌における VASH1発現の病理学的検討
慶應義塾学事振興資金 個人B
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月
EMT誘導因子をターゲットとした腎細胞癌の分子標的治療
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 若手B
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月
上皮ー間葉転換を標的とした腎細胞癌の分子標的治療
慶應義塾学事振興資金 個人研究B
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月