佐藤 孝雄

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/18 02:41
 
アバター
研究者氏名
佐藤 孝雄
 
サトウ タカオ
eメール
satoflet.keio.ac.jp
所属
慶應義塾大学
部署
文学部 人文社会学科(史学系)
職名
教授
学位
文学修士(慶應義塾)
科研費研究者番号
20269640

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
 - 
1998年3月
国立歴史民俗博物館 考古研究部 共同研究員
 
1994年4月
 - 
2000年3月
常葉学園富士短期大学 国際教養科 専任講師
 
1998年4月
 - 
1999年3月
大正大学 文学部 非常勤講師
 
2000年4月
 - 
2001年3月
慶應義塾大学 文学部 非常勤講師
 
2001年4月
 - 
2007年3月
慶應義塾大学 文学部 助教授
 

学歴

 
1986年3月
   
 
慶應義塾 文学部 
 
1988年3月
   
 
慶應義塾 文学研究科 
 
1994年3月
   
 
慶應義塾 文学研究科 
 

委員歴

 
2019年6月
 - 
現在
三田史学会  常任委員
 
2018年8月
 - 
現在
日本考古学協会  日本考古学協会賞選考委員
 
2018年4月
 - 
現在
日本動物考古学会  副会長
 
2018年4月
 - 
2018年7月
東北大学大学院文学研究科  外部評価者
 
2016年12月
 - 
2017年11月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 

論文

 
Tsutaya T., Mackie M., Koenig C., Sato T., Weber A.W., Kato H., Olsen, J.V., Cappellini E.
Scientific Reports   (9)    2019年9月   [査読有り]
Khenzykhenova F., Yoshida K., Sato T., Shchetnikov A., Osipova E., Danukalova G., Ivanova V., Simakova A., Filinov I., Semenei E., Namzalova O., Tumurov E., Malikov D.
Quaternary International      2019年4月   [査読有り]
© 2019 Elsevier Ltd and INQUA Multidisciplinary research was carried out at the new Late Pleistocene Bokhan site in the Baikal region (Fore-Baikal)including geochemical and petrochemical X-ray fractions, palynological and palaeozoological studies,...
佐藤 孝雄, 巌谷 勝正, 長瀬 忍, 森 茂樹, 能城 修一, 吉永 淳, 米田 穣
Anthropological Science (Japanese Series)   127(1) 15-23   2019年4月   [査読有り]
Tsutaya T., Takahashi T., Schulting R.J., Sato T., Yoneda M., Kato H. and Weber A.
Journal of Archaeological Science: Reports   20 626-633   2018年7月   [査読有り]
Sawaura R., Sawada J., Sato T., Suzuki, T. and Sasaki K.
International Journal of Osteoarchaeology   (28) 179-187   2018年2月   [査読有り]

Misc

 
北海道に探る多種共存の糸口
佐藤孝雄
BIOSTORY   (30) 8-11   2018年12月   [依頼有り]
絡み合う人とオオワシ
佐藤孝雄
BIOSTORY   (30) 64-66   2018年12月   [依頼有り]
佐藤孝雄
畜産の研究   72(12) 944-954   2018年12月   [依頼有り]
序言: 島の歴史学−講演会の狙い−
佐藤孝雄
史学   88(1) 149-150   2018年12月
早期に遡る縄文犬骨−東名遺跡および上黒岩岩陰出土資料に関する調査成果−
佐藤孝雄
季刊考古学   (144) 38-42   2018年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Mattila R, Ito, S. and Flink S. eds. (担当:共著, 範囲:A Zooarchaeology study of the formation process of the Ainu bear-sending ceremony/)
Springer VS: Wiesbaden.   2019年3月   ISBN:978-3-658-24388-3
縄文の奇跡!東名遺跡−歴史をぬりかえた縄文のタイムカプセル−
佐藤 孝雄 (担当:共著, 範囲:pp.180-187, 271-272, 縄文人とイヌ)
雄山閣   2017年1月   ISBN:978-4-639-02443-9
奈良貴史, 渡辺丈彦, 澤田純明, 澤浦亮平, 佐藤孝雄 編 (担当:共編者)
六一書房   2015年3月   ISBN:978-4-86445-057-7
アルケオメトリア 考古遺物と美術工芸品を科学の眼で透かし見る
佐藤 孝雄 (担当:共著, 範囲:pp.81-94, バイカルシベリアのマンモス動物群化石)
東京大学総合研究博物館   2012年3月   
アイヌ研究の現在と未来
佐藤 孝雄 (担当:共著, 範囲:pp.72-93, 「アイヌ考古学」の歩みとこれから)
北海道大学出版会   2010年3月   ISBN:978-4-8329-6272-4

講演・口頭発表等

 
動物遺体から探る先史時代の狩猟活動 [招待有り]
佐藤孝雄
シンポジウム Hunting: 狩猟相解明のためのアプローチ   2019年11月16日   八ケ岳旧石器研究グループ
ここまで分かった! 縄文犬 [招待有り]
佐藤孝雄
東京都埋蔵文化財センター講演会   2019年9月28日   東京都埋蔵文化財センター
遺体の時系列同位体分析によるヒグマ飼育履歴の認定
松林順, 佐藤孝雄
日本動物考古学会第7回大会   2019年6月16日   日本動物考古学会
鳥浜貝塚出土ニホンジカ遺体の死亡季節−歯のマイクロウェアと鹿角の分析に基づく再検討−
佐藤巧庸, 佐藤孝雄, 久保麦野
日本動物考古学会第7回大会   2019年6月16日   
Current Studies of Jomon Dogs.
Sato T.
The 1st Workshop of Core to Core IRIS (2018-2022).   2019年3月21日   

担当経験のある科目

 

Works

 
その他   2018年4月 - 現在
その他   2014年11月 - 現在
佐藤孝雄, 澤浦亮平, 澤田純明 ほか   Webサービス   2014年 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
生物分布境界域「下北半島」における更新世人類集団の行動様式に関する学際的研究
日本学術振興会: 科研費基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 渡辺丈彦
本州北部更新世人類集団の資源利用に関する学際的調査・研究
日本学術振興会: 科研費基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 佐藤孝雄
境界域での民族集団の形成:考古学と人類遺伝学によるアイヌ民族形成過程の解明
日本学術振興会: 科研費基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 加藤博文
オホーツク文化集団の動物利用・動物儀礼に関する研究
慶應義塾大学: 慶應義塾学事振興資金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 佐藤孝雄
東南アジア大陸部における家畜化プロセスの総合的解明
日本学術振興会: 科研費基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 澤田純明

社会貢献活動

 
NPO法人全国てらこやネットワーク 特別顧問
【】  2009年4月 - 現在
NPO法人鎌倉てらこや 顧問
【】  2003年8月 - 現在