Yokoyama, Hirokazu

J-GLOBAL         Last updated: May 29, 2019 at 04:27
 
Avatar
Name
Yokoyama, Hirokazu
Alternative names
Hirokazu Yokoyama
E-mail
wdphq489yahoo.co.jp
Affiliation
Keio University
Section
Research Centers and Institutes Health Center
Job title
Professor
Degree
医学博士(Keio University)
Research funding number
70200920

Profile

Under construction. Coming soon.

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jun 1985
 - 
May 1987
研修医, 内科学教室, 慶応義塾大学病院
 
Jun 1987
 - 
May 1989
レジデント, 内科, 東京国立第二病院
 
Jun 1989
 - 
Apr 1991
助手, 内科学教室(消化器内科), 慶応義塾大学医学部
 
May 1991
 - 
Jul 1992
医員, 内科, 東京都立広尾病院
 
Aug 1992
 - 
Dec 1995
研究員, Charles S Lieber 研究室, 米国ニューヨーク大学マウントサイナイ医科大学
 

Education

 
Mar 1985
   
 
医学科, Faculty of Medicine, Keio University
 

Published Papers

 
キャンパスにおけるエボラウイルス病対応の経験ーエボラウイルス病を扱った米国病院からの帰国事例
YOKOYAMA HIROKAZU
慶応保健研究   34(1) 39-44   Jul 2016
The factors responsible for and solution strategies to inconsistences in waist circumference cut-off values for metabolic syndrome screening established by the international diabetes federation and the Japanese committee.
YOKOYAMA HIROKAZU
Jacob Journal of Obesity   1(2) 1-8   Jun 2015   [Refereed]
Norihiro Suzuki; Yoshiki Ishikawa; Shintaro Gomi; Nobuhiko Ito; Shigeru Watanabe; Masako Yokoyama; Kazuo Funatsu; Hitoshi Miyake; Hirokazu Yokoyama; Toshihiko Shimizu; Mamoru Shibata
Internal Medicine   53(7) 683-689   Jan 2014   [Refereed]
Hirokazu Sato; Kengo Tomita; Chihiro Yasue; Rumiko Umeda; Hirotoshi Ebinuma; Sho Ogata; Wenlin Du; Shigeyoshi Soga; Koji Maruta; Yuichi Yasutake; Kazuyuki Narimatsu; Shingo Usui; Chikako Watanabe; Shunsuke Komoto; Toshiaki Teratani; Takahiro Suzuki; Hirokazu Yokoyama; Hidetsugu Saito; Shigeaki Nagao; Toshifumi Hibi; Soichiro Miura; Takanori Kanai; Ryota Hokari
Hepatology Research   doi: 10.1111 hepr.12344   Jan 2014   [Refereed]
Kengo Tomita; Toshiaki Teratani; Takahiro Suzuki; Motonori Shimizu; Hirokazu Sato; Kazuyuki Narimatsu; Yoshikiyo Okada; Chie Kurihara; Rie Irie; Hirokazu Yokoyama; Katsuyoshi Shimamura; Shingo Usui; Hirotoshi Ebinuma; Hidetsugu Saito; Chikako Watanabe; Shunsuke Komoto; Atsushi Kawaguchi; Shigeaki Nagao; Kazuo Sugiyama; Ryota Hokari; Takanori Kanai; Soichiro Miura; Toshifumi Hibi
Hepatology (Baltimore, Md.)   59(1) 154-169   Jan 2014   [Refereed]

Misc

 
英語圏における災害理論の変遷に基づくインシデントレポートの評価とグローバル化時代のインシデントレポートの提言。機能的インシデントレポート作成のすすめ
YOKOYAMA HIROKAZU
慶応保健研究   34(1) 75-86   Jul 2016   [Refereed]
2014年ー2015年に慶応義塾大学保健管理センターが経験した西アフリカ諸国およびコンゴ共和国におけるエボラウイルスアウトブレークへの対応の検証
YOKOYAMA HIROKAZU
慶応保健研究   33(1) 139-145   Jul 2015
2014年-2015年に慶応義塾大学保健管理センターが経験した西アフリカ諸国およびコンゴ共和国におけるエボラウイルスアウトブレークへの対応の実際
YOKOYAMA HIROKAZU
慶応保健研究   33(1) 135-138   Jul 2015   [Refereed]
2014年西アフリカ諸国およびコンゴ共和国におけるエボラウイルスアウトブレークの文献的比較考察
YOKOYAMA HIROKAZU
慶応保健研究   33(1) 23-28   Jul 2015   [Refereed]
B型肝炎ワクチン基礎接種不反応者に対する本邦の従来法による追加接種の転帰の検討
YOKOYAMA HIROKAZU
Campus Health   51(2) 81-86   2014   [Refereed][Invited]

Books etc

 
Esophageal Cancer - Cell and Molecular Biology, Biomarkers.
Yokoyama H et al. (Part:Joint Work, pp.101 - 126 The interaction between the metabolisms of retinol and ethanol in esophageal mucosa; a possible mechanism of esophageal cancer in alcoholics.)
InTec   2012   ISBN:978-953-51-0223-6
新しい診断・治療のABCシリーズ( 最新医学」別冊)62「アルコール性肝障害」
YOKOYAMA HIROKAZU
最新医学社   2009   
看護学学習辞典(第3版)
YOKOYAMA HIROKAZU
学習研究社   2008   
疾患からまとめた病態生理 first aid
YOKOYAMA HIROKAZU
メディカル・サイエンス・インターナショナル社   2006   
pp. 168-174 上部消化管検査
YOKOYAMA HIROKAZU
中外医学社   2002   

Conference Activities & Talks

 
訪日留学生への感染対策・ワクチン接種など [Invited]
YOKOYAMA HIROKAZU
第31回トラベラーズワクチンフォーラム   2017   
健診におけるメタボリックシンドローム(MetS)とアルコール関連疾患(alcoholic related diseases; ARD) のオーバーラップに関する考察 [Invited]
YOKOYAMA HIROKAZU
第45回日本総合健診学会   2017   
学校医が経験したエボラウイルス対応ー法的根拠、責任論、危機管理としての感染症対策
YOKOYAMA HIROKAZU
第53回全国大学保健管理集会   2015   
本センターで新しく確立した HBV ワクチン管理体制の経済効果の検討
YOKOYAMA HIROKAZU
第52回全国大学保健管理集会    2014   
NAFLD FIBROSIS SCORE の健診への導入の意義
YOKOYAMA HIROKAZU
第52回全国大学保健管理集会   2014   

Teaching Experience

 

Patents

 
2002-257808 : レチノイドの分離分析方法
横山裕一、宮城みち子
ビタミンAはレチナールに代謝されさらにレチノイン酸に代謝される。夫々は all-trans, 9-cis, 13-cis の異性体を有するが、その総て即ち 9 種類を同時測定する方法を開発した。この方法により、生体資料におけるのビタミンA 代謝を同時測定することが可能になった。