CHAEN MIKA


CHAEN MIKA

J-GLOBAL         Last updated: Nov 12, 2018 at 13:22
 
Avatar
Name
CHAEN MIKA
E-mail
cmikasfc.keio.ac.jp
Affiliation
International University of Health and Welfare
Section
School of Nursing at Narita, Department of Nursing
Degree
修士(看護学)(St.luke's College of Nursing), 博士(看護学)(St.luke's College of Nursing)
Research funding number
10269516

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Associate Professor, Keio University Faculty of Nursing and Medical Care, Department of Nursing
 
Apr 1973
 - 
Aug 1976
大学医学部看護婦
 
Sep 1976
 - 
May 1977
医学部附属厚生女子学院専任教員助手
 
Jun 1977
 - 
Mar 1990
医学部附属厚生女子学院専任教員
 
Apr 1990
 - 
Mar 1991
大学医学部看護婦(看護婦主任待遇)
 

Committee Memberships

 
Jan 2010
 - 
Jan 2012
特定非営利活動法人 日本緩和医療学会  Committee Member
 
Jul 2009
 - 
Sep 2010
日本看護歴史学会 2第24回学術集会  Committee Member
 
Jul 2009
 - 
Sep 2010
日本看護歴史学会第24回学実集会 企画委員  Committee Member
 
May 2008
 - 
Sep 2008
第15回日本家族看護学会  査読/実行委員
 
Oct 2007
 - 
Feb 2007
日本がん看護学会 第2回国際学会学実集会の実行委員  Committee Member
 

Published Papers

 
Hope Treeにおける医療関係者、患者へのアンケート調査結果報告
CHAEN MIKA
緩和ケア 増刊号   24(6) 160-163   Jun 2014
がんになった親と未成年の子どもを支える人々や社会資源―看護師の立場から―
CHAEN MIKA
緩和ケア 増刊号   24(6) 52-53   Jun 2014
CHAEN MIKA
Palliative Care Research   8(1) 312-318   Jun 2013
子どもに伝えることを支援するための看護師の役割
CHAEN MIKA
がん看護別冊   18(4) 463-467   May 2013
子育て中のがん患者支援能力向上のための看護師教育ー子育て中のがん患者が子どもに病気を説明することを支援する看護師の認識と支援の実態
CHAEN MIKA
慶應義塾大学SFC研究所   1-9   Mar 2013

Books etc

 
情報通信技術を基盤としたe-ケア型社会システムの形成とその応用の融合研究:文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業ハイテクリサーチセンター整備事業平成21年度研究成果報告書
CHAEN MIKA (Part:Contributor, 159-160)
慶應義塾大学SFC研究所   Mar 2010   
情報通信技術を基盤としたe-ケア型社会システムの形成とその応用の融合研究:文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業ハイテクリサーチセンター整備事業平成18年度研究成果報告書
CYAEN MIKA (Part:Contributor, 71-80)
慶應義塾大学SFE研究所   Feb 2008   
17年度に行った「高齢者の身体機能調査および生活機能調査」のデータをもとに運動プログラム(お目覚め体操、お茶の間体操)を開発し、研究対象者に、自宅で体操および体操日記の記録を3ヶ月間行ってもらった。その前後に身体機能調査および生活機能調査を実施した 3ヶ月間の体操の成果と今後の課題を明らかにした。
看護学学習辞典 第2版
茶園 美香 (Part:Joint Work)
41,62-63,128-129,135-136など   Nov 2002   
発熱のある患者の看護、胃がん患者の看護、胃・十二指腸潰瘍患者の看護、胃切除術を受ける患者の看護、痛みのある患者の看護、嚥下障害のある患者の看護、嘔気・嘔吐のある患者の看護、黄疸のある患者の看護、肝硬変患者の看護、急性肝炎患者の看護、手術を受ける患者の看護、膵炎患者の看護、大腸がん患者の看護、糖尿病患者の看護、吐血・下血のある患者の看護、乳がん患者の看護、発熱のある患者の看護、腹痛のある患者の看護、浮腫のある患者の看護、慢性肝炎患者の看護について担当。それぞれについて、看護のポイント、観察の...
「看護医療」への招待
茶園 美香 (Part:Joint Work, 135-143)
慶應義塾出版   Dec 2000   
83年間の慶應における看護教育の特徴として、科学的な知識を基にした実践能力の育成、人間尊重および主体的に活動できる能力の育成、豊富な学習環境の中での教育という視点から述べた。
看護のコツと落とし穴
茶園 美香 (Part:Joint Work)
中山出版   Jul 2000   

Conference Activities & Talks

 
子宮頚がんのリスクコントロールに関するオンライン質問紙の作成と適切性の検討
熊田奈津紀 林直子 茶園美香 新藤悦子 稲吉光子 中山直子
第28回日本がん看護学会学術集会   8 Feb 2014   日本がん看護学会
プリセプター教育支援プログラムとその効果―人を育てるチームづくり―
矢崎久妙子、西平万知子、朴順禮、上田留美子、田村雅子、宗廣妙子、杉浦なおみ、田山聡子、茶園 美香、宮脇美保子
第44回 日本看護学会看護管理学術集会   19 Sep 2013   日本看護協会
臨床指導ナース育成研修に関する実践報告
矢崎久妙子、西平万知子、朴順禮、上田留美子、田村雅子、宗廣妙子、杉浦なおみ、田山聡子、茶園 美香、宮脇美保子
第44回 日本看護学会看護管理学術集会   19 Sep 2013   日本看護協会
Current status and issues with psychosocial support for patients with recurrent colorectal cancer
E.Shindo,N.Yamagishi,M.Chaen,H.Komatsu
International Symposium on Supportive Care in Cancer   27 Jun 2013   
Effect of mild exersise program for patients with gynecological cancer undergoing chemotherapy
M.Chaen,E.Shindo,N.Morita,N.Yamagishi,M.Kobayashi
International Symposium on Supportive Care in Cancer   27 Jun 2013   

Works

 
がん化学療法中の生活の質の向上:運動と共に
CHAEN MIKA   The Others   Nov 2013
がんとのつきあい方~女性のつどい~
CHAEN MIKA   The Others   Sep 2013
がん患者に対する緩和ケア~疼痛がある患者の体験をもとに~
CHAEN MIKA   The Others   Apr 2013
大切な人を亡くした、残された家族のサポートとケアを考えるー「グリーフケア」 対象喪失の悲しみに寄り添うー
CHAEN MIKA   The Others   Jul 2011 - Jul 2011
慶大研究グループ 「寝たきり防止 体操で」
CHAEN MIKA   The Others   Nov 2010 - Nov 2010

Research Grants & Projects

 
大切な人を亡くす子どもへの看護師の関わりについて
SFC研究所プロジェクト補助金
化学療法中のがん患者用セルフケア型運動プログラム構築
Keio Gijuku Academic Development Funds
Project Year: 2011 - 2012
オンライン学習と電子メール相談による子宮頸がんに対するリスクコントロールの促進
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2010 - 2014
加療中のがん患者のQOL維持・向上支援システムの構築 化学療法中のがん患者に対する運動プログラムの効果
平成22年度 慶應義塾大学SFC研究所プロジェクト補助 慶應義塾大学SFC研究所プロジェクト補助
Project Year: 2010 - 2010
大学病院に勤務する看護師のスピリチュアルケア実践能力向上プログラムの試みとその評価
平成22年度 笹川医学医療研究財団研究助成 ホスピス緩和ケアスタッフの発掘・啓発研究助成
Project Year: Apr 2010 - Feb 2011