大森 慈子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/03 14:00
 
アバター
研究者氏名
大森 慈子
 
オオモリ ヤスコ
所属
仁愛大学
部署
人間学部 心理学科
職名
教授
学位
博士(心理学)(関西学院大学), 修士(文学)(関西学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2001年4月
 - 
現在
仁愛大学人間学部心理学科
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
福井県動物愛護管理推進協議会委員
 
2011年
 - 
現在
福井県動物愛護管理業務委託先選考委員会委員
 
2014年
 - 
2018年
福井保護司選考会委員
 
2014年
 - 
2016年
越前町男女共同参画審議会委員
 
2014年
 - 
2015年
福井県動物の適正飼養推進に係る研究会委員
 

論文

 
児童自立支援施設におけるアニマルセラピー
石黒由貴、荒川正吉、大森慈子、大門由美子
人間学研究   15 13-21   2017年   [査読有り]
イヌの視線の向きが印象に与える影響-口の開閉および耳の形状による検討-
大森慈子、千秋紀子、水田敏郎
人間学研究   14 21-29   2016年   [査読有り]
共感の指向性が悲しみの緩和に与える影響-悲しい曲を聴取した際の生理的・心理的変化-
西浦真結、大森慈子、森本文人、水田敏郎
人間学研究   14 63-71   2016年   [査読有り]
イヌ型ペットロボットの存在と反応の有無によるリラクセーション効果
大森慈子、千秋紀子、水田敏郎
人間学研究   13 39-46   2015年   [査読有り]
イヌに対する認知-被毛と体の大きさが印象に与える影響-
大森慈子、石黒由貴、千秋紀子
人間学研究   12 45-52   2014年   [査読有り]
表情写真に対する笑顔表出における練習の効果
伊藤舞、千秋紀子、大森慈子
人間学研究   12 11-17   2014年   [査読有り]
音楽が悲しい気分に与える影響-泣けるミュージックビデオを用いた検討-
西浦真結、大森慈子、水田敏郎
人間学研究   12 53-62   2014年   [査読有り]
Eye-blink behaviors in 71 species of primates
田多英興、大森慈子、廣川空美、大平英樹、友永雅己
PLOS ONE   8 e66018   2013年   [査読有り]
音楽によるリラクセーションと生理反応の変化-リラックス効果の有無に関する教示の影響-
鳥山友莉、千秋紀子、大森慈子
人間学研究   10 81-88   2011年   [査読有り]
他者の存在が映像に対する面白さと笑い表情の表出に与える影響
大森慈子、千秋紀子
仁愛大学研究紀要   10 25-31   2011年

Misc

 
大森 慈子, 宮田 洋
心理学研究   69(5) 408-413   1998年
印象形成における瞬目の役割-テレビアナウンサーを刺激人物とした場合-
仁愛大学研究紀要   1, 59-69 

書籍等出版物

 
生理心理学と精神生理学Ⅰ
堀忠雄、坂田省吾、高砂美樹、大平英樹、一谷幸男、岡田隆、山田一夫、谷口清、佐藤暢哉、岡田佳奈、櫻井芳雄、高瀬堅吉、畑敏道、川崎勝義、松井三枝、小野田慶一、宮内哲、阿部高志、浅田博、入戸野宏、河地庸介、河野理、田中慶太、尾上浩隆、山田冨美雄、長野祐一郎、松村健太、寺井賢祐、高瀬弘樹、本多麻子、福田恭介、田中裕、田中邦彦、志堂寺和則、大森慈子、平野晋吾、高橋隆宜、井澤修平、永岑光恵、岡村尚昌、木村健太、尾﨑久記 (担当:分担執筆, 範囲:瞬目活動 従属変数としての瞬目と独立変数としての瞬目)
北大路書房   2017年   
生理心理学と精神生理学Ⅱ
堀忠雄、片山順一、鈴木直人、手塚洋介、飯田沙依亜、松永昌宏、藤村友美、小林一生、大森慈子、森数馬、佐藤弥、魚野翔太、木村元洋、玉越勢治、木田哲夫、大上淑美、小谷泰則、村田明日香、田中裕、安永大地、武田裕司、長野祐一郎、久保賢太、木村健太、井澤修平、福田早苗、小野田慶一、馬場天信、裏出良博、田中秀樹、阿部高志、小川景子、甲斐田幸佐、浅岡章一、林光緒、福田一彦、駒田陽子、小川時洋、松田いずみ、大塚拓朗、小林孝寛、山本直宏、野村理朗、大隅尚広、中田大貴、関矢寛史、高井秀明、菅生貴之、佐藤暢哉、畑敏道、山田一夫、尾﨑久記 (担当:分担執筆, 範囲:感情と表出活動-目の動き-)
北大路書房   2017年   
心理学から考えるヒューマンファクターズ
篠原一光、中村隆宏、木村貴彦、島田英昭、南部美砂子、大橋智樹、入戸野宏、権藤恭之、八木絵香、岡耕平、細田聡、大森慈子 (担当:分担執筆, 範囲:バーチャル空間とコミュニケーション行動)
有斐閣   2012年   
福祉のための心理学
小林芳郎、杉本敏夫、梅谷忠勇、河田将一、元村直靖、平井誠也、古川聡、都筑繁幸、小林亮、沢宮容子、稲垣応顕、皆川順、冨重健一、竹内美香、音山若穂、櫻井秀雄、神澤創、杉村省吾、曽我昌祺、酒井敦子、戸ケ埼泰子、山本惠子、岩崎瑞枝、中島俊介、尾崎真奈美、室田洋子、千原美重子、益満孝一、藤澤清、大森慈子、日下菜穂子、中谷三保子、水田敏郎、菅原正和、野崎晃広、松本好生、斎藤和恵、勝田麻津子、大野太郎、浮田徹嗣、堀尾良弘、石郷岡泰、新宅博明、千草篤麿、箱井英寿、安田誠人、三戸秀樹、西原尚之、塩谷亨 (担当:分担執筆, 範囲:高齢者福祉と心理臨床的な問題)
保育出版社   2003年   
脳科学からみた機能の発達-発達心理学の基礎と臨床-
平山諭、保野孝弘、吉田和典、美袮弘子、田島誠、山下由紀恵、水田敏郎、宮地弘一郎、坂原明、西本絹子、杉島一郎、秋山繁治、大森慈子、田中雄治、水上喜美子、藤澤清、おのしずか (担当:分担執筆, 範囲:対人関係-人とかかわるこころの発達-)
ミネルヴァ書房   2003年   
新生理心理学
山崎勝男、山田冨美雄、竹中晃二、山崎勝之、大平英樹、花谷隆志、太田義隆、野田哲朗、投石保広、八木昭宏、三戸秀樹、大須賀恵美子、寺下裕美、吉田倫幸、阿部恒之、中川正、綿貫茂樹、松中雅彦、道広和美、西尾恭幸、柿木昇治、権藤恭之、大坪治彦、佐々木直美、古満伊里、菊本修、大森慈子、瀧本誓、大野太郎、梅沢章男、口ノ町康夫、古賀一男 (担当:分担執筆, 範囲:ノンバーバルコミュニケーションと生理心理学)
北大路書房   1998年   
現代心理学シリーズー脳と心ー
宮田洋、沖田庸嵩、小西賢三、石原金由保野孝弘、三戸秀樹、大森慈子、山崎勝之、山崎直樹、山田冨美雄、山村健、三橋美典、稲森義雄 (担当:分担執筆, 範囲:目と印象形成ー目が語る人の心ー)
培風館   1996年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
動物の対人行動が笑顔の表出とリラクセーションに与える効果に関する健康心理学的研究
科学研究費(基盤研究C)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 大森 慈子
泣きと涙の定量化と心身の健康に関する基礎的研究
科学研究費(基盤研究C)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 大森 慈子
ヒトを含む霊長類における内因性瞬目の比較認知科学的研究
科学研究費(基盤研究C)
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 田多英興
超高齢期の睡眠覚醒リズムに関する研究
研究期間: 2001年   
他者存在による笑い表情の表出とリラクゼーション効果に関する健康心理学的研究
科学研究費(若手研究)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 大森慈子