二又 裕之

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/28 02:40
 
アバター
研究者氏名
二又 裕之
 
フタマタ ヒロユキ
eメール
futamata.hiroyukishizuoka.ac.jp
URL
http://cheme.eng.shizuoka.ac.jp/wordpress/futamatalab/
所属
静岡大学
部署
グリーン科学技術研究所 - グリーンエネルギー研究部門
職名
教授
学位
農学(博士)(九州大学)
その他の所属
静岡大学静岡大学

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
 - 
1994年
福岡県農業総合試験場 八女分場 上級職・技師
 
1997年
 - 
2001年
海洋バイオ釜石研究所 ポスドク研究員
 
2001年
 - 
2008年
豊橋技術科学大学エコロジー工学系 助手/助教
 
2007年
 - 
2008年
米国南カルフォルニア大学 Visiting Researcher
 
2008年
   
 
-   静岡大学工学部准教授
 

学歴

 
 
 - 
1997年
九州大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1991年
九州大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2018年4月
   
 
Microbes and Environments Senior Editor
 
2016年6月
 - 
2017年3月
NEDO 研究評価委員会(分科会)・委員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
Microbes and Environments Senior Editor
 
2015年3月
 - 
2019年2月
BBB(農芸化学会英文誌)編集委員
 
2015年1月
 - 
2017年12月
日本微生物生態学会第16期評議委員
 

受賞

 
2018年11月
膜学会 優秀発表学生賞 微生物による多層膜小胞分泌の機構解析
受賞者: 髙木航太郎、長谷川雄将、田原悠平、新谷政己、大熊盛也、宮田真人、二又裕之、田代陽介
 
2018年11月
Shizuoka University Best Presentation Awaard Coexistence mechanism in phenol degradation by two bacterial strains Commamonas testosteroni R2 and Stenotrophomonas sp. Y
受賞者: Abd Rahman Jabir Mohd Din, Kenshi Suzuki, Masahiro Honjo, Ayaka Minoura, Kensei Masuda, Yosuke Tashiro, and Hiroyuki Futamata
 
2018年6月
American Society for Microbiology 2018-ASM Outstanding Abstract Award Metabolic networks based on the substrate-spatiotemporal heterogeneity can organize coexistence of microbes
受賞者: Kenshi Suzuki, Masahiro Honjo, Tomoka Nishimura, Kensei Masuda, Ayaka Minoura, Yosuke Tashiro, and Hiroyuki Futamata
 
2017年10月
2017年度 日本農芸化学会中部支部奨励賞
 
2017年8月
環境微生物系合同大会2017 優秀ポスター賞
 

論文

 
Effect of using thermophilic bacteria as start inoculum on microbial aspect of pulp and paper mill sludge compositing process
Ngo Thi Tuong Chau, Le Van Thien, Le Thi Tham Hong, and Hiroyuki Futamata
Chiang Mai J. Sci.   45 1-14   2018年10月   [査読有り]
Kenshi Suzuki, Fatma A. A. Azizi, Masahiro Honjo, Tomoka Nishimura, Ryota Moriuchi, Hideo Dohra, Kensei Masuda, Ayaka Minoura, Yuki Kudo, Yosuke Tashiro, and Hiroyuki Futamata
Microbiology Resource Announcement   7(18)    2018年10月   [査読有り]
Abd Rahaman Jabir Mohd Din, Siti Zulaiha Hanapi, Hiroyuki Futamata, and Mohamad roji Sarmidi
Organic Agriculture      2018年10月   [査読有り]
Bacterial communities adapted to higher external resistance can reduce the onset potential of anode in microbial fuel cells
[責任著者]Hiroyuki Futamata [共著者]Kei Suzuki & Yutaka Kato & Shuji Yamamoto & Owen Rubaba & Hiroki Mochihara & Takuya Hosokawa & Hiroko Kubota & Arashi Yui & Yosuke Tashiro
Journal of Bioscience and Bioengineering   (vol)((num)) (xxx)-(zzz)   2018年5月   [査読有り]
Characterization and utilization of pulp and paper mill sludge digesting thermophilic bacteria in compositing process
Chau Ngo, Van Thien Le, Ngoc Lan Pham Thi, and Hiroyuki Futamata
Sains Malaysiana   47(5) 1051-1060   2018年5月   [査読有り]

Misc

 
膜電極複合体を装着した微生物燃料電池における電気生産特性と細菌群集構造
[責任著者]二又 裕之 [共著者]Rubaba Owen,荒木葉子,山本脩二,鈴木渓,坂本尚敏,松田厚範
日本生物工学会誌   93(2) 78-78   2015年2月
微生物生態系の「しなやかさ」に迫る
二又 裕之
日本微生物生態学会誌   26(1) 18-20   2014年3月
Challenge for complex microbial ecosystems: combination of experimental approaches with mathematical modeling.
[責任著者]Hiroyuki Futamata [共著者]Shin Haruta,Takehito Yoshida,Yoshiteru Aoi,Kunihiko Kaneko
Microbes and Environments   28(3) 285-294   2013年9月
異分野融合による微生物生態システムの理解~微生物生態学に新展開はあるのか~
[責任著者]春田伸 [共著者]二又裕之
日本微生物生態学会誌   26(1) 31   2011年3月

書籍等出版物

 
環境と微生物の辞典
二又 裕之 (担当:共著)
朝倉書店   2014年7月   
微生物燃料電池による発電・省エネ型廃棄物・排水処理技術最前線
二又 裕之 (担当:共著)
エヌ・ティー・エス   2013年10月   
バイオ電池の最新動向
監修:加納健司 他30名 (担当:共著)
シーエムシー出版   2011年12月   
「通信」の時代と現在の間
服部勉,二又裕之,ほか23名 (担当:共著)
博友社   2010年5月   

講演・口頭発表等

 
Buttiauxella属細菌のTo-Pal系欠損による多重膜小胞形成
高木航太郎、田原悠平、新谷政己、大熊盛也、宮田真人、二又裕之、田代陽介
日本農芸化学会2019年度大会   2019年3月   
Pseudomonas sp. LAB-08株培養上清による大腸菌の一時的増殖抑制機構の解析
本荘雅宏、鈴木研志、田代陽介、二又裕之
日本農芸化学会2019年度大会   2019年3月   
塩素化エテン類の新規共役的脱塩素化プロセス
工藤優輝、大堀尚子、青柳智、堀知行、羽部浩、田代陽介、二又裕之
日本水環境学会   2019年3月   
Improvement of bacterial membrane vesicle production in Escherichia coli and prospec-tive application as genetic material carrier
5. Sharmin Aktar, Hiroyuki Futamata, Yosuke Tashiro
The 5th International Symposium toward the future of advanced researches in Shizuoka University 2019   2019年3月   
Coexistence mechanism in phenol degradation by two bacterial strains Commamonas testosteroni R2 and Stenotrophomonas sp. Y
Abd Rahman Jabir Mohd Din, Kenshi Suzuki, Masahiro Honjo, Ayaka Minoura, Kensei Masuda, Yosuke Tashiro, Hiroyuki Futamata
The 5th International Symposium toward the future of advanced researches in Shizuoka University 2019   2019年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
超効率的嫌気廃水処理を誘導する微生物電子共生系の解明
基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
微生物により生成される高蓄電ミネラルの生成機構解明
発酵財団研究所: 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
微生物生態系における発現機能の多様性と調和機構の解明
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
微生物により生成される新規蓄放電物質の生成機構の解明
基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
脱塩素化集積物における代謝ネットワーク構造の解明とモデル系の構築
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月

特許

 
特願2013-183961 : 蓄放電可能な物質並びにこれを用いた二次電池及び微生物二次電池
特願2012-197971 : 蓄放電可能な物質並びにこれを用いた二次電池及び微生物二次電池