武石 智香子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/12 15:35
 
アバター
研究者氏名
武石 智香子
 
タケイシ チカコ
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00010553.html
所属
中央大学
部署
商学部
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2014年11月
 - 
2018年5月
 中央大学副学長
 
2014年11月
 - 
2018年3月
 中央大学国際センター所長
 
2013年4月
   
 
~ 中央大学商学部教授
 
2001年4月
 - 
2013年3月
 中央大学商学部専任講師
 
1985年4月
 - 
1988年3月
 (株)三菱総合研究所
 

学歴

 
 
 - 
1999年
ハーバード大学大学院 社会学研究科 
 

受賞

 
1994年
The 2nd Worldwide Competition for Young Sociologist top winner
 

論文

 
Cultural Differences in Cognition between the "West" and "East Asia"
武石 智香子
Contemporary Asian Economy Research   4(1) 75-89   2013年4月
性格タイプ尺度の開発,および営業話法との関連性の研究:意思決定における認識・判断の多様性
武石 智香子
企業研究   21 15-33   2012年8月
近代が心の枠組みに与える影響について:うつ病、双極性障害、統合失調症への社会学的アプローチ
武石 智香子
中央大学論集   33 55-68   2012年3月
レジャー嗜好と性格タイプとの関連性について:個の確立の時代におけるストレス対処に向けて
武石 智香子
商学論纂   53(3・4) 403-434   2012年3月
職場環境要因と職場いじめの傾向、および組織市民行動(OCB)との関連―大学教員・職員を対象としたWHS尺度の適用―
武石 智香子
社会科学研究所年報   (15) 65-79   2011年7月
Rethinking Japanese National Identity
武石 智香子
Harvard University      1999年5月
Japanese National Identity in Transition
武石 智香子
International Sociology   11(2) 239-268   1996年6月   [査読有り]
Main Currents in Theories of Nationalism
武石 智香子
Nature-people-society   (14) 87-98   1993年1月
Communication Distances and Domination: Translation from Language to Language
武石 智香子
社会科学ジャーナル   31(2) 47-62   1992年11月

書籍等出版物

 
The Ideals of Joseph Ben-David: The Scientist's Role and Centers of Learning Revisited
Transaction Publishers   2012年7月   
中国における企業文化の変容
中央大学企業研究所翻訳叢書   2015年9月   

講演・口頭発表等

 
同行支援データ分析報告
WERCワークショップ 同行支援の<見える化>とこれからのDV被害者支援   2018年   
DVを巡るデータ分析・英語文献のレビュー
WERC 第3回第交流学習会   2018年   
Malformed Identity and Its Political Implications
ECPR General Conference, Glasgow   2014年   
Cultural Differences between East Asia and the West
IASS Workshop, Boston University   2012年   
Centers of Learning Reconsidered in the Japanese Context
The Role of the University in our Time, Conference at the Centro Stefano Franscini of the ETH Zürich, Switzerland   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
配偶者間暴力のコスト推計
研究期間: 2017年   
認知の多様性と集合意識
研究期間: 1990年