呰上 大吾

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/23 08:10
 
アバター
研究者氏名
呰上 大吾
 
アザカミ ダイゴ
所属
東京農工大学
部署
農学研究院 動物生命科学部門 獣医臨床腫瘍学研究室
職名
准教授
学位
博士(獣医学)(日本獣医生命科学大学)
その他の所属
東京農工大学農学部付属動物医療センター
ORCID ID
0000-0002-4512-8599

研究分野

 
 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 獣医臨床病理学
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 獣医臨床腫瘍学

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
東京農工大学 農学研究院動物生命科学部門 獣医臨床腫瘍学研究室 准教授
 
2016年4月
 - 
2019年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 臨床部門 准教授
 
2012年4月
 - 
2016年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 臨床部門 専任講師
 
2007年4月
 - 
2012年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 臨床部門 助教
 
2004年4月
 - 
2007年3月
日本獣医生命科学大学 付属動物医療センター 前期・後期研修獣医師
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
日本獣医畜産大学 大学院 獣医学研究科 獣医学専攻 博士課程
 
1994年4月
 - 
2000年3月
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 獣医学科
 

委員歴

 
2018年8月
 - 
現在
日本獣医臨床病理学会  理事
 
2015年4月
 - 
現在
日本小動物血液療法研究会  学術委員
 
2014年4月
 - 
現在
動物臨床医学会  血液・免疫分科会委員・顧問
 
2013年4月
 - 
現在
日本獣医がん学会  理事、獣医腫瘍科認定医認定委員長、学会誌編集委員
 
2012年4月
 - 
2017年3月
日本獣医臨床病理学会  学術集会実行委員
 
2009年4月
 - 
2013年3月
日本獣医がん学会  評議員、学会誌編集委員
 
2009年4月
 - 
2015年3月
日本動物看護学会  評議員、学会誌編集委員
 

受賞

 
2013年11月
日本比較臨床医学会 日本比較臨床医学会賞 Systemic Mycobacterium avium complex infection with hematogenous vertebral osteomyelitis in a young dog.
 
2015年10月
日本小動物獣医学会 日本小動物獣医学会中国地区学会長賞 遺伝子解析によりラフォラ病と生前診断されたチワワの1例
受賞者: 田村慎司、田村由美子、小田まゆみ、呰上 大吾
 

論文

 
Kawata R, Ii T, Hori T, Machida Y, Ochiai K, Azakami D, Ishiwata T, Michishita M
The Journal of veterinary medical science      2018年12月   [査読有り]
Ochiai K, Azakami D, Morimatsu M, Hirama H, Kawakami S, Nakagawa T, Michishita M, Egusa AS, Sasaki T, Watanabe M, Omi T
Oncology reports      2018年5月   [査読有り]
Kawakami S, Ochiai K, Azakami D, Kato Y, Michishita M, Morimatsu M, Ishiguro-Oonuma T, Onozawa E, Watanabe M, Omi T
Veterinary research communications   42(1) 49-56   2018年3月   [査読有り]
Chambers JK, Thongtharb A, Shiga T, Azakami D, Saito M, Sato M, Morozumi M, Nakayama H, Uchida K
Veterinary pathology   300985818758471   2018年1月   [査読有り]
Kawakami S, Ochiai K, Kato Y, Michishita M, Hirama H, Obara R, Azakami D, Watanabe M, Omi T
The Journal of veterinary medical science      2017年11月   [査読有り]
Hagiwara K, Michishita M, Yoshimura H, Ochiai K, Azakami D, Ishiwata T, Takahashi K
Journal of comparative pathology   157(4) 266-269   2017年11月   [査読有り]
Ishimori M, Michishita M, Yoshimura H, Azakami D, Ochiai K, Ishiwata T, Takahashi K
The Journal of veterinary medical science   79(9) 1503-1506   2017年9月   [査読有り]
Kato Y, Ochiai K, Kawakami S, Nakao N, Azakami D, Bonkobara M, Michishita M, Morimatsu M, Watanabe M, Omi T
BMC veterinary research   13(1) 170   2017年6月   [査読有り]
Kishimoto TE, Yashima S, Nakahira R, Onozawa E, Azakami D, Ujike M, Ochiai K, Ishiwata T, Takahashi K, Michishita M
The Journal of veterinary medical science      2017年5月   [査読有り]
Michishita M, Takagi M, Kishimoto TE, Nakahira R, Nogami T, Yoshimura H, Hatakeyama H, Azakami D, Ochiai K, Takahashi K
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   29(3) 325-330   2017年5月   [査読有り]
Nakahira R, Michishita M, Kato M, Okuno Y, Hatakeyama H, Yoshimura H, Azakami D, Ochiai K, Bonkobara M, Takahashi K
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   29(1) 105-108   2017年1月   [査読有り]
Momota Y, Yasuda J, Ikezawa M, Sasaki J, Katayama M, Tani K, Miyabe M, Onozawa E, Azakami D, Ishioka K, Sako T
The Journal of veterinary medical science   78(12) 1883-1885   2017年1月   [査読有り]
小野沢 栄里, 生野 佐織, 平松 朋子, 石井 聡子, 後藤 杏依, 宮島 芙美佳, 小田 民美, 呰上 大吾, 森 昭博, 左向 敏紀
ペット栄養学会誌   20(1) 1-6   2017年
ヒトのがん患者の研究において、化学療法前後の血漿遊離アミノ酸濃度(PFAAs)が変化することが知られているが、イヌにおいては明らかではない。そこで本研究では、移行上皮癌(TCC)罹患犬における化学療法前後のPFAAsの変化を検討することを目的とした。TCC罹患犬3頭を用いた。TCC罹患犬にミトキサントロンを診断時および診断から3週間後に静脈内投与した。また、化学療法中はピロキシカムも6週間目まで毎日投与した。そして、0(抗がん剤投与前)、1、3、6週間目に採取した絶食時の血漿を高速液体クロ...
Momota Y, Shimada K, Gin A, Matsubara T, Azakami D, Ishioka K, Nakamura Y, Sako T
Veterinary dermatology   27(5) 428-e110   2016年10月   [査読有り]
荻野直孝, 藤野泰人, 小林輔, 長島友美, 中野優子, 周藤行則, 杉山大樹, 青木卓磨, 呰上大吾, 井手香織, 入江充洋, 遠藤泰之, 近江俊徳, 下田哲也, 中村遊香, 成田正斗, 丸山治彦, 久末正晴, 内田恵子
動物臨床医学   25(2) 069‐073-073   2016年6月
Azakami D, Onozawa E, Miyabe M, Ochiai K, Michishita M, Hirano T, Momota Y, Ishioka K, Sako T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   78(5) 913-916   2016年6月   [査読有り]
Momota Y, Shimada K, Noguchi A, Saito A, Nozawa S, Niina A, Tani K, Azakami D, Ishioka K, Sako T
Veterinary dermatology   27(2) 67-e19   2016年2月   [査読有り]
Azakami D, Nakahira R, Kato Y, Michishita M, Kobayashi M, Onozawa E, Bonkobara M, Kobayashi M, Takahashi K, Watanabe M, Ishioka K, Sako T, Ochiai K, Omi T.
Veterinary Comperative Oncology      2016年1月   [査読有り]
Omi T, Nakazawa S, Udagawa C, Tada N, Ochiai K, Chong YH, Kato Y, Mitsui H, Gin A, Oda H, Azakami D, Tamura K, Sako T, Inagaki T, Sakamoto A, Tsutsui T, Bonkobara M, Tsuchida S, Ikemoto S
PloS one   11(10) e0165000   2016年   [査読有り]
Ochiai K, Morimatsu M, Kato Y, Ishiguro-Oonuma T, Udagawa C, Rungsuriyawiboon O, Azakami D, Michishita M, Ariyoshi Y, Ueki H, Nasu Y, Kumon H, Watanabe M, Omi T
Oncotarget   7(3) 3283-3296   2015年12月   [査読有り]
Miyabe M, Gin A, Onozawa E, Daimon M, Yamada H, Oda H, Mori A, Momota Y, Azakami D, Yamamoto I, Mochizuki M, Sako T, Tamura K, Ishioka K
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   77(10) 1201-1206   2015年11月   [査読有り]
Kato Y, Ochiai K, Michishita M, Azakami D, Nakahira R, Morimatsu M, Ishiguro-Oonuma T, Yoshikawa Y, Kobayashi M, Bonkobara M, Kobayashi M, Takahashi K, Watanabe M, Omi T
Veterinary journal (London, England : 1997)   206(2) 143-148   2015年11月   [査読有り]
Nozawa S, Kimura T, Kurishima M, Mimura K, Saeki K, Miki Y, Oda H, Mori A, Momota Y, Azakami D, Ishioka K
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   78(3) 411-417   2015年11月   [査読有り]
Nozawa S, Oda H, Akiyama R, Ueda K, Saeki K, Shono S, Maruyama N, Murata A, Tazaki H, Mori A, Momota Y, Azakami D, Sako T, Ishioka K
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   76(8) 1177-1182   2014年8月   [査読有り]
Michishita M, Ezaki S, Ogihara K, Naya Y, Azakami D, Nakagawa T, Sasaki N, Arai T, Shida T, Takahashi K.
Reserch in Veterinary Science   96(2) 315-322   2014年4月   [査読有り]
Momota Y, Shimada K, Takami A, Akaogi H, Takasaki M, Mimura K, Azakami D, Ishioka K, Nakamura Y, Sako T
Veterinary dermatology   24(4) 450-2, e100   2013年6月   [査読有り]
Ochiai K, Watanabe M, Azakami D, Michishita M, Yoshikawa Y, Udagawa C, Metheenukul P, Chahomchuen T, Aoki H, Kumon H, Morimatsu M, Omi T
Veterinary journal (London, England : 1997)   197(3) 769-775   2013年5月   [査読有り]
Ishioka K, Suzuki Y, Tajima K, Ohtaki S, Miyabe M, Takasaki M, Mori A, Momota Y, Azakami D, Sako T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   75(2) 173-177   2013年2月   [査読有り]
Michishita M, Uto T, Nakazawa R, Yoshimura H, Ogihara K, Naya Y, Tajima T, Azakami D, Kishikawa S, Arai T, Takahashi K
Journal of pharmacological sciences   121(4) 339-342   2013年   [査読有り]
猫における経皮的水分蒸散量:3種類の処理の比較による経皮的水分蒸散量に対する被毛の影響の検討
百田 豊、島田 健一郎、高見 秋奈、赤荻 晴美、高崎 麻理子、三村 可菜、呰上 大吾、石岡 克己、中村 遊香、左向 敏紀
28(4) 66-70   2013年   [査読有り]
高崎 麻理子, 寺川 和秀, 藤原 清隆, 早川 典之, 百田 豊, 呰上 大吾, 石岡 克己
動物臨床医学会誌   21(2) 60-65   2012年6月   [査読有り]
Systemic Mycobacterium avium complex infection with hematogenous vertebral osteomyelitis in a young dog.
Azakami D, Takasaki M, Ishioka K, Momota Y, Michishita M, Kataoka Y, Hasegawa D, Ogasawara S, Wada M, and Sako T
Journal of Comparative Clinical Medicine   19(1) 23-28   2012年1月   [査読有り]
Azakami D, Shibutani H, Dohi M, Takasaki M, Ishioka K, Mori A, Momota Y, Bonkobara M, Washizu T, Michishita M, Hatakeyama H, Ogasawara S, Sako T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(8) 1105-1108   2011年8月   [査読有り]
Mori A, Lee P, Yokoyama T, Oda H, Saeki K, Miki Y, Nozawa S, Azakami D, Momota Y, Makino Y, Matsubara T, Osaka M, Ishioka K, Arai T, Sako T
Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs   14(2) 133-139   2011年6月   [査読有り]
努力報酬不均衡モデル調査票を用いた動物看護師の職業性ストレスの評価に関する予備的研究
髙崎麻理子、栗島みゆき、三村可菜、呰上大吾、石岡克己、左向敏紀、松原孝子
日本比較臨床医学会誌   19(1) 23-28   2011年   [査読有り]
動物看護大学生が抱く動物看護職へのイメージについて
三村可菜、栗島みゆき、髙崎麻理子、呰上大吾、石岡克己、左向敏紀、松原孝子
日本比較臨床医学会誌   19(2) 51-58   2011年   [査読有り]
満田 千賀, 織田 春人, 伊藤 政史, 倉田 朋子, 呰上 大吾, 船津 敏弘, 永田 雅彦
獣医臨床皮膚科   16(3) 133-136   2010年9月
Mitsuda C, Oda H, Ito M, Kurata T, Azakami D, Funatsu T, Nagata M.
Japan Journal of Veterinary Dermatology   16(3) 133-136   2010年   [査読有り]
Furuta H, Nakase A, Yuzuhara A, Saeki K, Oda H, Miki Y, Mizukoshi M, Azakami D, Ishioka K, Yoshida T, and Sako T.
Journal of Pet Animal Nutrition   13(1) 7-11   2010年   [査読有り]
Mori A, Lee P, Mizutani H, Takahashi T, Azakami D, Mizukoshi M, Fukuta H, Sakusabe N, Sakusabe A, Kiyosawa Y, Arai T, Sako T
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   21(1) 112-116   2009年1月   [査読有り]
Sako T, Mori A, Lee P, Takahashi T, Izawa T, Karasawa S, Furuuchi M, Azakami D, Mizukoshi M, Mizutani H, Kiyosawa Y, Arai T
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   20(5) 634-638   2008年9月   [査読有り]
Azakami D, Bonkobara M, Washizu T, Iida A, Kondo M, Kato R, Niikura Y, Iwaki S, Tamahara S, Matsuki N, Ono K
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   68(12) 1343-1346   2006年12月   [査読有り]
Isotani M, Katsuma K, Tamura K, Yamada M, Yagihara H, Azakami D, Ono K, Washizu T, Bonkobara M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   68(8) 809-814   2006年8月   [査読有り]
Bonkobara M, Sato T, Takahashi N, Kasahara Y, Yagihara H, Tamura K, Isotani M, Azakami D, Ono K, Washizu T
Veterinary immunology and immunopathology   107 171-176   2005年8月   [査読有り]
Bonkobara M, Miyake F, Yagihara H, Yamada O, Azakami D, Washizu T, Cruz PD Jr, Ariizumi K
Veterinary research communications   29 499-505   2005年8月   [査読有り]
Washizu T, Azakami D, Bonkobara M, Washizu M, Arai T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   67(6) 615-616   2005年6月   [査読有り]
Washizu T, Takahashi M, Azakami D, Ikeda M, Arai T
Veterinary research communications   25 623-629   2001年12月   [査読有り]

Misc

 
症例から学ぶCPC 多発型皮膚肥満細胞腫の犬の1例
古川 敬之, 呰上 大吾, 近藤 広孝, 高橋 雅, 田邊 美加, 小笠原 聖悟
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   13(2) 46-54   2017年7月
症例から学ぶCPC 偶発的に認めた腹腔内腫瘤の犬の1例
原田 慶, 呰上 大吾, 近藤 広孝, 高橋 雅, 田邊 美加, 小笠原 聖悟
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   13(2) 55-60   2017年7月
症例から学ぶCPC 体表リンパ節腫大の犬の1例
原田 慶, 呰上 大吾, 近藤 広孝, 高橋 雅, 田邊 美加
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   13(1) 58-62   2017年1月
症例から学ぶCPC 血球貪食性組織球性肉腫の犬の1例
古川 敬之, 呰上 大吾, 近藤 広孝, 高橋 雅, 田邊 美加
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   13(1) 63-70   2017年1月
南智彦, 呰上大吾
CAP (Companion Animal Practice)   31(327) 8‐17-17   2016年9月
小野沢栄里, 生野佐織, 石井聡子, 後藤杏依, 宮島芙美佳, 小田民美, 森昭博, 石岡克己, 呰上大吾, 左向敏紀
Veterinary Nursing   21(1) 61   2016年6月
近江俊徳, 中澤翔太, 多田尚美, 三井寛子, 加藤由比子, 落合和彦, 銀梓, 松原孝子, 呰上大吾, 妻井雅美, 浅野潤三, 土田修一, 筒井敏彦
Veterinary Nursing   21(1) 53   2016年6月
呰上大吾
日本獣医麻酔外科学雑誌   47(Supplement 1) 51‐52   2016年6月
【口腔内悪性黒色腫】 口腔内悪性黒色腫の臨床病理
呰上 大吾
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   12(1) 7-10   2016年1月
【細胞診の兵法〜まずは己を知る〜】 標本作製
野上 英, 呰上 大吾
MVM   25(1) 18-28   2016年1月
【細胞診の兵法〜まずは己を知る〜】 サンプル採取法
伊藤 秀俊, 呰上 大吾
MVM   25(1) 6-17   2016年1月
落合和彦, 加藤由比子, 中平嶺, 道下正貴, 呰上大吾, 高橋公正, 近江俊徳
獣医臨床病理   14(1) 34   2015年12月
リンパ節細胞診の読み方・考え方 臨床例のリンパ節像から学ぶ
呰上 大吾
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   10(2) 73-79   2014年9月
【診断シリーズVol.18 疾患からみた検査の考え方 腫瘍<後編>】 筋骨格系の腫瘍
呰上 大吾
SA Medicine   16(6) 30-36   2014年12月
腫瘍科診療における細胞診を中心とした症例検討
呰上 大吾
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   11(2) 105-109   2015年7月
呰上大吾
SA Med   17(5) 22-23   2015年10月
呰上大吾
日本獣医生命科学大学研究報告(Web)   (64) 84‐85 (WEB ONLY)   2015年12月
動物看護におけるサーモロジーの有用性の検討 手術中の犬における皮膚温と体温の変化に関する考察
小林 真歩, 小泉 紫織, 灘山 真未, 蒔田 成美, 室伏 利美, 伊奈 求, 舩元 謙二, 呰上 大吾, 松原 孝子
as: animal specialist   26(9) 80-82   2014年9月
【まどわされないコツはここだ!白血球の見分け方】
呰上 大吾
as: animal specialist   26(6) 4-15   2014年6月
動物看護師における看護観育成に関するセミナーの必要性
伊奈 求, 牧野 ゆき, 呰上 大吾, 左向 敏紀, 松原 孝子
as: animal specialist   26(3) 80-83   2014年3月
呰上大吾
SA Med   16(6) 30-36   2014年12月
入院動物看護実習の概要 期待する学習目標と到達度の検討
松原 孝子, 森 昭博, 百田 豊, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
as: animal specialist   26(1) 82-84   2014年1月
呰上 大吾
日本補助犬科学研究   6(1) 62-62   2012年11月
【診断シリーズVol.7-疾患からみた検査の考え方-血液疾患<前編>】 鉄代謝に関連した検査 血清鉄・総鉄結合能(TIBC)
呰上 大吾
SA Medicine   15(1) 71-75   2013年2月
動物看護学生による看護過程学習について 優先順位を考えた動物看護上の問題点を抽出するまで
原田 栞, 秋山 ともか, 長澤 優紀, 森 昭博, 百田 豊, 呰上 大吾, 水越 美奈, 牧野 ゆき, 石岡 克己, 左向 敏紀, 松原 孝子
as: animal specialist   25(6) 82-85   2013年6月
【診断シリーズVol.11-疾患からみた検査の考え方-呼吸器疾患】 胸水検査
呰上 大吾
SA Medicine   15(5) 95-98   2013年10月
動物モデル 猫における皮膚バリア機能の検討
百田 豊, 島田 健一郎, 安田 隼也, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
アレルギー   62(9-10) 1311-1311   2013年10月
白血球の鑑別を極める
呰上 大吾
日本獣医生命科学大学研究報告   (63) 159-160   2014年12月
【診断シリーズVol.1-疾患からみた検査の考え方-肝胆道系疾患】 腹水検査
呰上 大吾
SA Medicine   14(1) 35-37   2012年2月
【診断シリーズVol.1-疾患からみた検査の考え方-肝胆道系疾患】 尿検査
呰上 大吾
SA Medicine   14(1) 33-34   2012年2月
【肝臓の外科】 肝臓疾患の血液検査と穿刺吸引生検
呰上 大吾
SURGEON   16(2) 10-19   2012年3月
【診断シリーズVol.1-疾患からみた検査の考え方-肝胆道系疾患】 完全血球計算(CBC)
呰上 大吾
SA Medicine   14(1) 30-33   2012年2月
Good or Bad?? 細胞診1年生(第6回) 関節液の評価
呰上 大吾
MVM   20(1) 44-49   2011年1月
補助犬に求められる獣医学 レトリバー種に多い腫瘍
呰上 大吾
日本補助犬科学研究   5(1) 108-108   2011年10月
呰上 大吾
日本獣医腎泌尿器学会誌   4(1) 38-47   2011年11月
Good or Bad?? 細胞診1年生(第5回) リンパ節針吸引生検標本の観察法(2)
呰上 大吾
MVM   19(7) 28-32   2010年11月
象皮様皮膚を呈する重度マラセチア皮膚炎に対する新規治療法"MMD療法"の検討
百田 豊, 荒井 延明, 小野沢 栄里, 宮部 真裕, 島田 健一郎, 森 昭博, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   157回 491-491   2014年8月
【治療シリーズ 私はこうしている 皮膚および耳の疾患】 組織球系腫瘍
呰上 大吾
SA Medicine   12(4) 58-62   2010年8月
Good or Bad?? 細胞診1年生(第4回) リンパ節針吸引生検標本の観察法(1)
呰上 大吾
MVM   19(6) 36-39   2010年9月
犬の食欲不振症例に対する化学合成イヌ・グレリンの有用性の検討
呰上 大吾, 小野沢 栄里, 宮部 真裕, 岩崎 藍, 高松 佳苗, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   157回 492-492   2014年8月
Good or Bad?? 細胞診1年生(第3回) 尿沈渣標本の観察法
呰上 大吾
MVM   19(4) 43-48   2010年5月
Good or Bad?? 細胞診1年生(第2回) 細胞診標本の見方と考え方
呰上 大吾
MVM   19(2) 44-47   2010年3月
Good or Bad?? 細胞診1年生(第1回) 病変に適した標本作製とクオリティー評価
呰上 大吾
MVM   19(1) 38-43   2010年1月
【保定と投薬】 投薬法
呰上 大吾, 池田 耕二
SA Medicine   11(1) 16-23   2009年2月
【甲状腺腫瘍2007】 甲状腺腫瘍のプロフィールおよび診断
呰上 大吾
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   4(1) 8-13   2008年1月
百田 豊, 島田 健一郎, 安田 隼也, 砦上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
アレルギー   62(9)    2013年10月
【生検・細胞診の手技 後編】 リンパ節および脾臓の生検・細胞診の手技
呰上 大吾
SA Medicine   9(6) 5-13   2007年12月
【尿検査】 尿沈渣標本の観察法
呰上 大吾
SA Medicine   8(6) 44-56   2006年12月
左向 敏紀, 石岡 克己, 牧野 ゆき, 呰上 大吾, 水越 美奈
日本獣医生命科学大学研究報告   56 11-12   2007年12月
呰上 大吾
日本獣医畜産大学研究報告   53 40-42   2004年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
人とどうぶつの血液型
呰上 大吾 (担当:分担執筆, 範囲:犬と猫の輸血・献血)
緑書房   2018年8月   ISBN:978-4-89531-347-6
小山秀一, 辻本元
インターズー   2015年9月   ISBN:489995901X
動物看護学教育標準カリキュラム準拠 専門分野 動物臨床検査学
呰上 大吾 (担当:共著, 範囲:第3章尿検査,第5章細胞診検査と病理組織検査,第6章遺伝子検査)
インターズー   2014年4月   ISBN:978-4-89995-819-2
全国動物保健看護系大学協会カリキュラム検討委員会, 左向 敏紀, 松原 孝子
インターズー   2014年   ISBN:9784899958222
全国動物保健看護系大学協会カリキュラム検討委員会, 左向 敏紀, 松原 孝子
インターズー   2014年   ISBN:9784899958215
日本獣医がん学会, 日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医認定委員会
ファームプレス   2013年   ISBN:9784863820432
森裕司, 細井戸大成 (担当:共著, 範囲:154-160ページ)
インターズー   2012年9月   ISBN:4899956940
辻本元, 小山秀一 (担当:共著, 範囲:725-729ページ)
インターズー   2012年9月   ISBN:4899956924
日本獣医生命科学大学獣医保健看護学科臨床部門 (担当:共著, 範囲:10-33ページ)
緑書房   2012年4月   ISBN:4895310272
呰上 大吾 (担当:監修, 範囲:全ページ)
誠文堂新光社   2010年11月   ISBN:4416710399

講演・口頭発表等

 
溶血性貧血を確実に鑑別し、治療する
呰上 大吾
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2017年11月   
これだけは知っておきたい細胞診の1.2.3
呰上 大吾
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2017年11月   
がん抑制遺伝子REIC/Dkk-3ネコホモログの構造と乳腺腫瘍に対するアポトーシス誘導能の解析
落合 和彦, 杉原 思穂, 小田 民美, 川上 翔太, 平間 日奈子, 呰上 大吾, 近江 俊徳
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月   
移行上皮癌罹患犬における血漿遊離アミノ酸濃度の変動
小野沢 栄里, 生野 佐織, 小竹 隼人, 酒井 麻有, 杉原 思穂, 小田 民美, 呰上 大吾, 森 昭博, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月   
犬の開腹手術時における体温変動の回顧的研究
酒井 麻有, 安田 暁子, 鴫原 果映, 呰上 大吾, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月   
イヌのマイオカイン FGF21の分子クローニングと血中変動の解析
小竹 隼人, 河田 純, 木嶋 織子, 小野沢 栄里, 呰上 大吾, 石岡 克己
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月   
CMAH遺伝子解析による猫AB式血液型の分子基盤
近江 俊徳, 中澤 翔太, 宇田川 智野, 多田 尚美, 三井 寛子, 落合 和彦, 加藤 由比子, 呰上 大吾, 左向 敏紀, 筒井 敏彦, 盆子原 誠, 土田 修一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月   
チェンバーズ ジェームズ, トンターブ アティガン, 呰上大吾, 齋藤弥代子, 諸角元二, 中山裕之, 内田和幸
獣医神経病学会   2017年7月8日   
症例から学ぶCPC 偶発的に認めた腹腔内腫瘤の犬の1例
原田 慶, 呰上 大吾, 近藤 広孝, 高橋 雅, 田邊 美加, 小笠原 聖悟
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   2017年7月   
症例から学ぶCPC 多発型皮膚肥満細胞腫の犬の1例
古川 敬之, 呰上 大吾, 近藤 広孝, 高橋 雅, 田邊 美加, 小笠原 聖悟
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   2017年7月   
移行上皮癌罹患犬における化学療法前後の血漿遊離アミノ酸濃度(Concentration of plasma free amino acids before and after chemotherapy in canine transitional cell carcinoma)
小野沢 栄里, 生野 佐織, 平松 朋子, 石井 聡子, 後藤 杏依, 宮島 芙美佳, 小田 民美, 呰上 大吾, 森 昭博, 左向 敏紀
ペット栄養学会誌   2017年4月   
ヒトのがん患者の研究において、化学療法前後の血漿遊離アミノ酸濃度(PFAAs)が変化することが知られているが、イヌにおいては明らかではない。そこで本研究では、移行上皮癌(TCC)罹患犬における化学療法前後のPFAAsの変化を検討することを目的とした。TCC罹患犬3頭を用いた。TCC罹患犬にミトキサントロンを診断時および診断から3週間後に静脈内投与した。また、化学療法中はピロキシカムも6週間目まで毎日投与した。そして、0(抗がん剤投与前)、1、3、6週間目に採取した絶食時の血漿を高速液体クロ...
症例から学ぶCPC 血球貪食性組織球性肉腫の犬の1例
古川 敬之, 呰上 大吾, 近藤 広孝, 高橋 雅, 田邊 美加
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   2017年1月   
症例から学ぶCPC 体表リンパ節腫大の犬の1例
原田 慶, 呰上 大吾, 近藤 広孝, 高橋 雅, 田邊 美加
Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   2017年1月   
皮膚生検と遺伝子解析によりラファラ病と生命診断されたチワワの1例
田村 慎司, 田村 由美子, 小田 まゆみ, 呰上 大吾
日本獣医師会雑誌   2016年10月   
呰上大吾
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   2016年9月23日   
桑原孝幸, 小山田尚, 中島直彦, 呰上大吾
関東・東京合同地区獣医師大会・獣医学術関東・東京合同地区学会   2016年9月11日   
百田豊, 島田健一郎, 角谷千尋, 南谷雄司, 橋本尚美, 呰上大吾, 石岡克己, 松原孝子, 左向敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2016年8月30日   
小野沢栄里, 生野佐織, 石井聡子, 後藤杏依, 宮島芙美佳, 小田民美, 森昭博, 石岡克己, 呰上大吾, 左向敏紀
Veterinary Nursing   2016年6月20日   
近江俊徳, 中澤翔太, 多田尚美, 三井寛子, 加藤由比子, 落合和彦, 銀梓, 松原孝子, 呰上大吾, 妻井雅美, 浅野潤三, 土田修一, 筒井敏彦
Veterinary Nursing   2016年6月20日   
呰上大吾
日本獣医麻酔外科学雑誌   2016年6月5日   
外科療法
呰上 大吾
日本獣医麻酔外科学雑誌   2016年6月   
中澤翔太, 宇田川智野, 多田尚美, 加藤由比子, 呰上大吾, 左向敏紀, 小山秀一, 盆子原誠, 落合和彦, 土田修一, 近江俊徳
日本比較臨床医学会学術集会講演要旨集   2016年   
谷浩由輝, 池田美奈子, 下島怜, 伊藤秀俊, 南智彦, 溝口やよい, 高橋賢一郎, 小野沢栄里, 呰上大吾, 呰上大吾
獣医臨床病理   2015年12月30日   
落合和彦, 加藤由比子, 中平嶺, 道下正貴, 呰上大吾, 高橋公正, 近江俊徳
獣医臨床病理   2015年12月30日   
長島友美, 長島友美, 藤野泰人, 藤野泰人, 小林輔, 小林輔, 荻野直孝, 荻野直孝, 中野優子, 中野優子, 周藤行則, 周藤行則, 杉山大樹, 杉山大樹, 青木卓磨, 青木卓磨, 呰上大吾, 呰上大吾, 井手香織, 井手香織, 入江充洋, 入江充洋, 遠藤泰之, 遠藤泰之, 近江俊徳, 近江俊徳, 下田哲也, 下田哲也, 瀬川和仁, 瀬川和仁, 中村遊香, 中村遊香, 成田正斗, 成田正斗, 丸山治彦, 丸山治彦, 久末正晴, 久末正晴, 内田恵子, 内田恵子
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2015年11月20日   
犬と猫の輸血のための採血法の指針
長島 友美, 藤野 泰人, 小林 輔, 荻野 直孝, 中野 優子, 周藤 行則, 杉山 大樹, 青木 卓磨, 呰上 大吾, 井手 香織, 入江 充洋, 遠藤 泰之, 近江 俊徳, 下田 哲也, 瀬川 和仁, 中村 遊香, 成田 正斗, 丸山 治彦, 久末 正晴, 内田 恵子
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2015年11月   
呰上 大吾
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2015年11月20日   
呰上 大吾
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2015年11月20日   
田村慎司, 田村由美子, 小田まゆみ, 呰上大吾
日本産業動物獣医学会(中国)・日本小動物獣医学会(中国)・日本獣医公衆衛生学会(中国)   2015年10月1日   
呰上大吾
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   2015年9月25日   
LC/MSを用いた担癌犬における血漿アミノ酸濃度測定の有用性
小野沢 栄里, 生野 佐織, 平松 朋子, 小田 民美, 森 昭博, 呰上 大吾, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月   
犬における剥離角質細胞面積の計測 急性バリア障害モデルと解剖学的部位における経皮水分蒸散量との比較
百田 豊, 島田 健一郎, 宮部 真裕, 小野沢 栄里, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月   
小野沢 栄里, 生野 佐織, 平松 朋子, 小田 民美, 森 昭博, 呰上 大吾, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月30日   
B型ネコのCMAH変異遺伝子解析 新規変異遺伝子のcDNA単離とディプロタイプ
近江 俊徳, 宇田川 智野, 落合 和彦, 盆子原 誠, 呰上 大吾, 左向 敏紀, 土田 修一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月   
前立腺がん関連遺伝子SGTAイヌホモログの構造および機能解析
加藤 由比子, 落合 和彦, 中平 嶺, 道下 正貴, 呰上 大吾, 高橋 公正, 近江 俊徳
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月   
イヌ培養細胞におけるオフタルミン酸産生
村田 貴輝, 佐藤 稲子, 片山 欣哉, 野澤 聡司, 呰上 大吾, 田崎 弘之
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月   
加藤 由比子, 落合 和彦, 中平 嶺, 道下 正貴, 呰上 大吾, 高橋 公正, 近江 俊徳
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月30日   
村田 貴輝, 佐藤 稲子, 片山 欣哉, 野澤 聡司, 呰上 大吾, 田崎 弘之
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月30日   
近江 俊徳, 宇田川 智野, 落合 和彦, 盆子原 誠, 呰上 大吾, 左向 敏紀, 土田 修一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月30日   
百田 豊, 島田 健一郎, 宮部 真裕, 小野沢 栄里, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月30日   
呰上大吾
Vet Nurs   2015年6月30日   
小野沢 栄里, 生野 佐織, 平松 朋子, 小田 民美, 森 昭博, 呰上 大吾, 左向 敏紀
ペット栄養学会誌   2015年6月30日   
担癌犬と健常犬の血漿アミノ酸濃度の比較および化学療法前後における血漿アミノ酸濃度の変化を検討した。移行上皮癌を罹患した犬は Proline、3-Methylhistidine、1-Methylhistidine、Carnosine、Tryptophan、芳香族アミノ酸において有意に高値を示し、 Ficher比は有意に低下した。化学療法前後における血漿アミノ酸濃度の比較を行ったところ、治療開始1週間後においてGlutamine、Proline、Alanineは顕著に上昇していた。1回目の投与...
輸血前検査 クロスマッチ(交叉適合)試験
呰上 大吾
Veterinary Nursing   2015年6月   
加藤由比子, 落合和彦, 宇田川智野, 呰上大吾, 近江俊徳
日本比較臨床医学会学術集会講演要旨集   2015年   
田村慎司, 田村由美子, 小田まゆみ, 呰上大吾
広島県獣医学術学会   2015年   
野口梓沙, 齋藤晶緒, 百田豊, 呰上大吾, 石岡克己, 左向敏紀
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   2014年12月1日   
松原孝子, 百田豊, 呰上大吾, 石岡克己, 左向敏紀
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   2014年12月1日   
小野沢栄里, 松田華奈, 米野井瞳, 宮部真裕, 添田聡, 道下正貴, 百田豊, 石岡克己, 左向敏紀, 呰上大吾
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   2014年12月1日   
白血球の鑑別を極める
呰上 大吾
日本獣医生命科学大学研究報告   2014年12月   
犬の剥離角質細胞面積の測定とバリア機能の関連性
野口 梓沙, 齋藤 晶緒, 百田 豊, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医生命科学大学研究報告   2014年12月   
動物看護教育における入院看護実習のあり方の検討(第1報) 入院動物看護実習の概要と学生の学び
松原 孝子, 百田 豊, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医生命科学大学研究報告   2014年12月   
前立腺近傍に発生した犬の骨外性骨肉腫由来細胞株の樹立
小野沢 栄里, 松田 華奈, 米野井 瞳, 宮部 真裕, 添田 聡, 道下 正貴, 百田 豊, 石岡 克己, 左向 敏紀, 呰上 大吾
日本獣医生命科学大学研究報告   2014年12月   
犬および猫における輸血方法指針の提案
荻野 直孝, 藤野 泰人, 小林 輔, 長島 友美, 中野 優子, 周藤 行則, 杉山 大樹, 青木 卓磨, 呰上 大吾, 井手 香織, 入江 充洋, 遠藤 泰之, 近江 俊徳, 下田 哲也, 中村 遊香, 成田 正斗, 丸山 治彦, 久末 正晴, 内田 恵子
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2014年11月   
ペルゲル核異常を疑った犬の1例
清田 大介, 久末 正晴, 根尾 櫻子, 出浦 知也, 溝口 やよい, 阪口 雅弘, 呰上 大吾
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2014年11月   
DNA相同組換えタンパク質RAD51の動物種特異的アミノ酸配列が機能に及ぼす影響の解析
落合 和彦, 閑野 大輝, 宇田川 智野, 呰上 大吾, 大沼 俊名, 吉川 泰永, 森松 正美, 近江 俊徳
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2014年8月   
犬の食欲不振症例に対する化学合成イヌ・グレリンの有用性の検討
呰上 大吾, 小野沢 栄里, 宮部 真裕, 岩崎 藍, 高松 佳苗, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2014年8月   
象皮様皮膚を呈する重度マラセチア皮膚炎に対する新規治療法"MMD療法"の検討
百田 豊, 荒井 延明, 小野沢 栄里, 宮部 真裕, 島田 健一郎, 森 昭博, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2014年8月   
ネコAB式血液型を担うCMAH遺伝子の変異部位の解析
近江 俊徳, 多田 尚美, 古関 純也, 蒔田 莉菜, 江添 沙耶, 谷口 ひろみ, 落合 和彦, 盆子原 誠, 呰上 大吾, 左向 敏紀, 土田 修一, 宇田川 智野
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2014年8月   
イヌ横紋筋肉腫株化細胞由来sphereの特性解析
岸本 拓也, 八嶋 翔子, 中平 嶺, 小野沢 栄里, 呰上 大吾, 高橋 公正, 道下 正貴
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2014年8月   
曖昧なまま見ていませんか? How to尿沈渣
呰上 大吾
日本獣医生命科学大学研究報告   2013年12月   
臨床検査を理解しよう! 尿検査
呰上 大吾
獣医臨床病理   2013年9月   
イヌGPR120遺伝子の一塩基多型解析と犬種
宮部 真裕, 大門 愛, 山田 華, 小野澤 栄里, 百田 豊, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年8月   
がん抑制遺伝子REIC/Dkk-3イヌホモログの構造と乳腺腫瘍に対するアポトーシス誘導能の解析
落合 和彦, 渡部 昌実, 宇田川 智野, 呰上 大吾, 森松 正美, 大沼 俊名, 近江 俊徳
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年8月   
前立腺近傍に発生した犬の骨外性骨肉腫由来細胞株の性状解析
小野沢 栄里, 呰上 大吾, 石岡 克己, 百田 豊, 左向 敏紀, 松田 華奈, 米野井 瞳, 宮部 真裕, 添田 聡, 道下 正貴
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年8月   
皮膚生検および遺伝子解析によりLafora病と生前診断したチワワの1例
呰上 大吾, 小野沢 栄里, 宮部 真裕, 田村 慎司, 小田 まゆみ, 百田 豊, 石岡 克己, 神谷 新司, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年8月   
宮部 真裕, 小野澤 栄里, 百田 豊, 呰上 大吾, 左向 敏紀, 石岡 克己
ペット栄養学会誌   2013年7月   
β3アドレナリン受容体(ADRB3)はアドレナリン受容体のサブタイプの1種で、主に脂肪細胞に発現している。ヒトではADRB3遺伝子の一塩基多型(SNP)によって64番目のアミノ酸がTrpからArgに置換すると安静時代謝量が200 kcal低下し、肥満のリスクが高まることが知られている。我々はこれまでの研究でイヌADRB3遺伝子のExon領域に12個のSNPを発見したが、その中でC749Tは250番目のSerがPheに置換する非同義置換であり、BCS...
動物看護教育における入院看護実習のあり方の検討(第1報) 入院動物看護実習の概要と学生の学び
松原 孝子, 百田 豊, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本動物看護学会大会抄録集   2013年7月   
動物看護におけるサーモロジーの有用性の検討 手術中の犬における皮膚温と体温の変化に関する考察
小林 真歩, 小泉 紫織, 灘山 真未, 蒔田 成美, 室伏 利美, 伊奈 求, 舩元 謙二, 呰上 大吾, 松原 孝子
日本動物看護学会大会抄録集   2013年7月   
副前立腺嚢胞に発生した犬の骨外性骨肉腫由来細胞株の樹立
小野沢 栄里, 松田 華奈, 米野井 瞳, 宮部 真裕, 添田 聡, 道下 正貴, 百田 豊, 石岡 克己, 左向 敏紀, 呰上 大吾
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年3月   
呰上 大吾
獣医臨床病理 = Japanese journal of veterinary clinical pathology   2013年   
ネコにおける単球走化性因子-1(MCP-1)の臨床的意義の検討
木村 友子, 大滝 すみれ, 小野沢 栄里, 宮部 真裕, 上田 香織, 丸山 夏樹, 小田 民美, 佐伯 香織, 百田 豊, 呰上 大吾, 左向 敏紀, 石岡 克己
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年8月   
イヌにおけるβ3アドレナリン受容体(β3AR)遺伝子のSNP解析
宮部 真裕, 阿部 真由美, 小野澤 栄里, 百田 豊, 呰上 大吾, 石岡 克己
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年8月   
犬の肝癌幹細胞の同定と特徴づけ
道下 正貴, 江崎 詩織, 荻原 喜久美, 納谷 裕子, 呰上 大吾, 中川 貴之, 佐々木 伸雄, 新井 敏郎, 高橋 公正
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年8月   
Lafora病の遺伝的背景を持ったミニチュア・ワイヤーヘアード・ダックスフンドの経時的観察とその血液生化学的異常について
呰上大吾、髙﨑麻理子、長谷川大輔、小林菜美子、中村迪香、百田豊、石岡克己、織間博光、左向敏紀
日本獣医神経病学会2012年度大会   2012年   
猫の経表皮蒸散水分量(TEWL)測定時における被毛処理方法の検討
高見 秋奈, 島田 健一郎, 赤荻 晴美, 渋谷 葉菜, 高崎 真理子, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀, 百田 豊
日本獣医生命科学大学研究報告   2011年12月   
ミニチュア・ワイヤーヘアード・ダックスフンド繁殖群におけるラフォラ病原因遺伝子Epm2b重複変異の保有率について
高崎 麻理子, 小林 菜美子, 中村 迪香, 長谷川 大輔, 百田 豊, 石岡 克己, 左向 敏紀, 呰上 大吾
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2011年8月   
犬新鮮血を用いた動物用血球計数機器の外部精度管理調査
呰上大吾、越智康浩、佐藤令奈、高崎麻理子、長澤優紀、宮部真裕、石岡克己、左向 敏紀
第152回日本獣医学会学術集会   2011年8月   
ネコ経表皮蒸散水分量(TEWL)における被毛の影響および解剖学的マッピング
百田 豊, 島田 健一郎, 高見 秋奈, 赤荻 晴美, 渋谷 葉菜, 高崎 麻理子, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2011年3月   
薬と投薬について
呰上 大吾
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2010年11月   
抗がん剤治療における血液学的モニタリング
呰上 大吾
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2010年11月   
犬新鮮血を用いた動物病院で使用される血球計数機器のサンプルサーベイ
佐藤 令奈, 呰上 大吾, 越智 康浩, 石岡 克己, 左向 敏紀
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2010年11月   
犬の再発性汎軟骨炎の診断に寄与する抗体価測定方法の開発
百田 豊, 柿崎 萌, 神志那 弘明, 片山 泰章, 谷 健二, 渋谷 葉菜, 高崎 麻理子, 三木 陽平, 佐伯 香織, 小田 民美, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀, 中村 悟
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年9月   
犬の横紋筋肉腫由来細胞株のin vitro抗がん剤感受性
渋谷 葉菜, 長澤 優紀, 木幡 祥子, 土肥 まりえ, 丹保 瞳, 高崎 麻理子, 百田 豊, 石岡 克己, 左向 敏紀, 呰上 大吾
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年9月   
犬血管周皮腫株移植モデルにおけるベバシズマブの抗腫瘍効果の検討
道下 正貴, 宇都 達弥, 中澤 亮太, 荻原 喜久美, 納谷 裕子, 岸川 正剛, 呰上 大吾, 塚田 晃三, 高橋 公正
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年9月   
動物病院向け血球計数機器のサンプルサーベイに使用する犬新鮮血材料の基礎的検討
呰上大吾、越智康浩、渋谷葉菜、高崎麻理子、赤荻晴海、小澤恵吾、清野由布紀、佐藤令奈、高見秋奈、丹保瞳、長澤優紀、宮部真裕、石岡克己、左向敏紀
第150回日本獣医学会学術集会   2010年9月   
犬における新しい炎症性マーカーの臨床的意義について
伊奈 求, 山岸 紀子, 木幡 祥子, 高崎 麻理子, 渋谷 葉菜, 清沢 好男, 板橋 由紀子, 森 昭博, 呰上 大吾, 百田 豊, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本動物看護学会大会抄録集   2010年7月   
膀胱に発生した犬の横紋筋肉腫からの細胞株の樹立
渋谷 葉菜, 木幡 祥子, 伊奈 求, 高崎 麻理子, 道下 正貴, 森 昭博, 百田 豊, 石岡 克己, 左向 敏紀, 呰上 大吾
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年3月   
ミオクローヌス発作を呈する犬におけるEpm2b遺伝子の重複変異の解析
高崎 麻理子, 小林 菜美子, 中村 迪香, 渋谷 葉菜, 伊奈 求, 木幡 祥子, 長谷川 大輔, 織間 博光, 筒井 敏彦, 呰上 大吾, 百田 豊, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年3月   
担癌動物のケア
呰上 大吾
日本獣医生命科学大学研究報告   2009年12月   
犬の再発性多発軟骨炎の診断を目的とした、血清を用いた診断方法の検討
百田 豊, 新井 克彦, 生澤 充隆, 呰上 大吾, 石岡 克己, 片山 泰章, 谷 健二, 神志那 弘明, 鎌田 憲明, 左向 敏紀, 中村 悟
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2009年9月   
自然発生した犬の横紋筋肉腫由来の細胞株の樹立とその性状解析
渋谷 葉菜, 土肥 まりえ, 木幡 祥子, 伊奈 求, 高崎 麻理子, 呰上 大吾, 石岡 克己, 左向 敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2009年9月   
獣医療におけるサンプルサーベイの試み
呰上大吾, 越智康浩, 吉田卓史, 左向敏紀
第29回動物臨床医学会   2008年11月   
非結核性抗酸菌症の犬の1例
呰上 大吾、鎌田 佐知子、中村迪香、武内 皇子、空元 あかね、片岡 康、小山 秀一、道下 正貴、左向 敏紀
日本獣医臨床病理学会   2008年   
犬および猫糖尿病における糖化アルブミン測定の有用性について
左向 敏紀, 高橋 知也, 唐澤 志乃, 井澤 豪人, 吉川 真貴, 呰上 大吾, 水越 美奈, 森 昭博, 清沢 好男, 廣瀬 昶
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2007年11月   
犬組織球性肉腫細胞株7株におけるヌードマウス移植腫瘍の検討
呰上大吾, 岩城周子, 加藤里奈, 新倉由美子, 盆子原誠, 鷲巣月美, 小野憲一郎
第144回日本獣医学会学術集会   2007年8月   
秋田犬にみられた皮膚エリテマトーデスの1例
呰上 大吾,田村 恭一,盆子原 誠,鷲巣 月美
日本獣医臨床病理学会   2007年   
FIPの診断にリアルタイムPCRを用いた猫の2例
呰上 大吾,小山 秀一,廣瀬 昶,田中 良和
日本獣医臨床病理学会   2006年   
汎発性リンパ管腫症が疑われた犬の1例
呰上 大吾,盆子原 誠,鷲巣 月美,小山 秀一
日本獣医臨床病理学会   2006年   
全身性組織球症が疑われた犬の1例
呰上 大吾,志賀 聡子,盆子原 誠,鷲巣 月美
日本獣医臨床病理学会   2005年   
犬CD56遺伝子のクローニングと組織発現の検討
佐藤 隆, 笠原 靖子, 高橋 直子, 斎藤 太郎, 山下 真弘, 呰上 大吾, 盆子原 誠, 小野 憲一郎, 鷲巣 月美
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2004年8月   

競争的資金等の研究課題

 
犬のラフォラ病の疫学調査とその病態に関する基礎的研究
日本獣医生命科学大学: 研究者研究支援経費
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 呰上 大吾
肥満細胞腫におけるチロシンキナーゼ阻害剤耐性化機構の解明と克服戦略の構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 盆子原 誠
イヌREIC/Dkk-3によるホルモン療法抵抗性前立腺がん治療戦略の創出
文部科学省: 科学研究費助成基金助成金(基盤研究C)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 落合 和彦
身体障害者補助犬の腫瘍死に関する調査及び腫瘍死の抑制に向けたがん関連遺伝子の解析
日本獣医生命科学大学: 若手研究者研究支援経費
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 呰上 大吾
犬のラフォラ病の疫学調査とその病態に関する基礎的研究
日本獣医生命科学大学: 若手研究者研究支援経費
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 呰上 大吾