樋口 由美

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/18 15:23
 
アバター
研究者氏名
樋口 由美
 
ヒグチ ユミ
URL
http://elderly.rehab.osakafu-u.ac.jp/
所属
大阪府立大学
部署
大学院 総合リハビリテーション学研究科
職名
教授
学位
博士(医学)(大阪医科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
大阪府立大学 大学院総合リハビリテーション学研究科 教授
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2009年3月
大阪医科大学 医学研究科博士課程 衛生学・公衆衛生学
 
2003年4月
 - 
2005年3月
滋賀医科大学 医学系研究科修士課程 
 
1991年4月
 - 
1994年3月
京都大学 医療技術短期大学部 理学療法学科
 
1987年4月
 - 
1991年3月
筑波大学 第二学群人間学類 心身障害学系運動障害学
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本地域理学療法学会運営幹事
 
 
 - 
現在
羽曳野市介護認定審査会委員
 
 
   
 
大阪府介護予防評価専門部会委員
 

受賞

 
2009年
第43回日本理学療法学術大会優秀賞受賞
 
2007年
第41回日本理学療法学術大会優秀賞受賞
 
2005年
第39回日本理学療法学術大会奨励賞受賞
 
2005年
第45回日本社会医学会奨励賞受賞
 
2005年
第2回転倒予防医学研究集会奨励賞受賞
 

論文

 
Ogaya S, Naito H, Iwata A, Higuchi Y, Fuchioka S, Tanaka M
Journal of applied biomechanics   31(4) 275-280   2015年8月   [査読有り]
Ishihara M, Higuchi Y, Yonetsu R, Kitajima H
Journal of physical therapy science   27(5) 1283-1286   2015年5月   [査読有り]
Hirashima K, Higuchi Y, Imaoka M, Todo E, Kitagawa T, Ueda T
Clinical interventions in aging   10 643-648   2015年   [査読有り]
Iwata A, Higuchi Y, Sano Y, Ogaya S, Kataoka M, Yonetsu R, Okuda K, Iwata H, Fuchioka S
Geriatrics & gerontology international   14(4) 886-891   2014年10月   [査読有り]
Iwata A, Higuchi Y, Sano Y, Inoue J, Ogaya S, Iwata H, Fuchioka S
Journal of the American Geriatrics Society   62(8) 1595-1596   2014年8月   [査読有り]
Iwata A, Higuchi Y, Sano Y, Ogaya S, Kataoka M, Okuda K, Iwata H, Fuchioka S
Archives of gerontology and geriatrics   59(1) 107-112   2014年7月   [査読有り]
Ogaya S, Naito H, Iwata A, Higuchi Y, Fuchioka S, Tanaka M
Gait & posture   40(3) 341-345   2014年7月   [査読有り]
Ishihara M, Higuchi Y
Journal of physical therapy science   26(5) 737-740   2014年5月   [査読有り]
Ogaya S, Higuchi Y, Tanaka M, Fuchioka S
Journal of physical therapy science   25(8) 901-903   2013年8月   [査読有り]
Iwata A, Higuchi Y, Kimura D, Okamoto K, Arai S, Iwata H, Fuchioka S
Archives of gerontology and geriatrics   56(3) 482-486   2013年5月   [査読有り]
[Lateral trunk control in a sitting test is associated with mobility and Instrumental Activities of Daily Living among community-dwelling elderly people].
Higuchi Y, Iwata A, Fuchioka S
Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics   49(4) 449-456   2012年   [査読有り]
[A cross-sectional study on the relationship between the Trail Making Test and mobility-related functions in community-dwelling elderly].
Hirota C, Watanabe M, Tanimoto Y, Kono R, Higuchi Y, Kono K
Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics   45(6) 647-654   2008年11月   [査読有り]
[Evaluation of the best indicator of muscle mass in community-dwelling elderly persons].
Tanimoto Y, Watanabe M, Higuchi Y, Hirota C, Kono K
Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics   45(2) 213-219   2008年3月   [査読有り]
A validation study of devices designed to reduce loads in provision of care: whether these assistive devices are used, or not, and whether work posture is appropriate or not.
Tomioka K, Higuchi Y, Shindo H
Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health   49(4) 113-121   2007年7月   [査読有り]
[Low back load and satisfaction rating of caregivers & care receivers in bathing assistance given in a nursing home for the elderly practicing individual care].
Tomioka K, Kumagai S, Higuchi Y, Tsujimura H, Arai Y, Yoshida J
Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health   49(2) 54-58   2007年3月   [査読有り]
[Predictors of houseboundedness among elderly persons living autonomously in a rural community].
Watanabe M, Watanabe T, Matsuura T, Higuchi Y, Shibutani T, Usuda K, Kono K
Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics   44(2) 238-246   2007年3月   [査読有り]

Misc

 
専業主婦における主観的な身体活動量と実測値について
北川 智美, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 今岡 真和, 平島 賢一, 石原 みさ子
理学療法科学   30(5) 693-697   2015年10月
[目的]専業主婦を対象に、座業時間を含む身体活動量について、主観的な評価と実測値との関連を検討した。[対象]24〜44歳の専業主婦17名を対象とした。[方法]IPAQ日本語版と活動量計によって得られた身体活動量をそれぞれ、高強度活動、中等度強度活動、座業の三段階に分類し、総身体活動量を含めた4項目について比較検討した。[結果]主観的な評価と実測値の比較では、総身体活動量・座業で実測値の方が有意に高く、相関関係は全4項目でほとんど認められなかった。高強度活動が実測されたにも関わらず全く行って...
在宅ケアを支えるリハビリ専門職の育成プロジェクトの取組みについて 初年度報告
樋口 由美, 西川 智子, 高畑 進一, 淵岡 聡, 吉田 幸恵
日本公衆衛生学会総会抄録集   74回 507-507   2015年10月
多職種が在籍する訪問看護ステーションでの多機能情報端末による業務量軽減の取り組み
藤堂 恵美子, 樋口 由美
日本公衆衛生学会総会抄録集   74回 554-554   2015年10月
入所者の居室の違いが転倒リスクと25(OH)Dに与える影響についての後ろ向き研究
今岡 真和, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 上田 哲也, 安藤 卓, 安岡 実佳子, 寺島 由美子, 黒崎 恭兵, 七川 大樹, 池内 まり
日本転倒予防学会誌   2(2) 84-84   2015年9月
地域在住男性高齢者の外出頻度と環境要因
藤堂 恵美子, 樋口 由美, 今岡 真和, 北川 智美, 平島 賢一, 上田 哲也
理学療法科学   30(2) 285-289   2015年4月
[目的]地域在住男性高齢者における外出頻度低下の関連要因を検討することとした。[対象]ニュータウンに居住する65歳以上の男性を対象とした。[方法]無記名自記式の質問紙を配布し、回収率は59.4%であった。分析対象者は116名とした。単変量解析にはχ2検定、多変量解析にはロジスティック回帰分析を使用した。[結果]単変量解析の結果、後期高齢者、居住棟にエレベーターがない、居住棟と近隣商店との高低差が大きいことが外出頻度低下に対する有意な関連性を示した。外出頻度低下に対する有意な独立関連因子は、...

書籍等出版物

 
標準理学療法学 骨関節理学療法学
医学書院   2013年   
地域リハビリテーション学テキスト
南江堂   2012年   
臨床評価指標入門
協同医書出版社   2003年   
障害からみた高齢者在宅リハビリテーションマニュアル
金芳堂   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
虚弱高齢者の姿勢変化に顕在化する臨床像と機能的予後に関する研究
研究期間:  - 2017年
地域高齢者における生活機能と歩行能力の関連について
研究期間:  - 2014年
高齢者見守りのための住居空間のスマート化とセンサ情報処理の高度知能化
研究期間:  - 2013年
座位条件下における虚弱高齢者の歩行改善指向性プログラムの開発
研究期間:  - 2012年
軽度要介護高齢者の集団プログラムとして座位で出来る転倒予防運動プログラムの検証
研究期間:  - 2010年
虚弱高齢者の集団に対する座位実施転倒予防運動プログラムの開発
研究期間:  - 2009年
「医療と介護の切れ目ないリハビリテーションの提供が要介護度の変化に及ぼす影響」
研究期間:  - 2007年
介護保険における「新予防給付」対象者の、転倒予防・転倒に対する自己効力感および生活機能の低下を予防するプログラムの効果検証と開発
研究期間:  - 2006年
大阪府内における介護労働者の腰痛問題を克服する
研究期間:  - 2006年
被介護者の介護予防に役立ち、介護者の負担を軽減する介護機器の有効性検証
研究期間:  - 2005年
老人福祉施設での園芸活動を目的としたイチゴ栽培ユニットの開発
研究期間:  - 2004年
ホームヘルパーを対象とした労働と健康に関する調査と身体負担軽減に関する研究
研究期間:  - 2003年