SAKAMOTO Osamu

J-GLOBAL         Last updated: Oct 11, 2018 at 07:44
 
Avatar
Name
SAKAMOTO Osamu
E-mail
osakamoto-thkumin.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/bb4d9e1ac43f339820ae5f6a0978d40d.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Medicine Medical Sciences Reproductive and Developmental Medicine Pediatrics
Job title
Associate Professor
Degree
医学博士(Tohoku University)

Research Areas

 
 
  • Clinical internal medicine / Pediatrics / 先天代謝異常学、臨床遺伝学

Academic & Professional Experience

 
Aug 2011
 - 
Today
Accoasicate Professor, Department of Pediatrics, Tohoku University School of Medicine
 
Dec 2005
 - 
Jan 2006
小児科部長, 古川市立病院
 
Apr 1998
 - 
Mar 1999
Ishinomaki City Hospital
 
Jun 1991
 - 
Mar 1994
Sendai Shakai-hoken Hospital
 

Education

 
 
 - 
Mar 1998
Graduate School, Division of Medicine, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1991
医学科, Faculty of Medicine, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2011
 - 
Today
日本先天代謝異常学会  評議員
 

Published Papers

 
Tocan V, Ohkubo K, Higashi K, Toda N, Kojima-Ishii K, Nishiyama K, Ishimura M, Takada H, Sakamoto O, Sasaki F, Yoshimura K, Hirose S, Ohga S
Pediatrics and neonatology   59(4) 415-417   Aug 2018   [Refereed]
Watabe D, Watanabe A, Akasaka T, Sakamoto O, Amano H
Acta dermato-venereologica   98(8) 805-806   Aug 2018   [Refereed]
Akamine S, Ishizaki Y, Sakai Y, Torisu H, Fukai R, Miyake N, Ohkubo K, Koga H, Sanefuji M, Sakata A, Kimura M, Yamaguchi S, Sakamoto O, Hara T, Saitsu H, Matsumoto N, Ohga S
European journal of medical genetics   61(8) 451-454   Mar 2018   [Refereed]
新生児マススクリーニングで診断されたシトルリン血症I型の3例
坂本 修, 市野井 那津子, 呉 繁夫
日本マス・スクリーニング学会誌   27(3) 283-287   Dec 2017
本邦でも2014年から全国的にタンデム質量計を用いた新生児マススクリーニング(以下TMS)が導入された。TMSにより多数の軽症患者もしくはヘテロ接合体も拾い上げられるようになり、その診断および治療の要否の判断に苦慮しているときく。今回、TMSでろ紙血シトルリン値陽性を契機に診断されたシトルリン血症I型(CTLN1)の診断までの経過と現在の治療を記載する。初回のシトルリン(Cit)値が軽度でも徐々にCit値が上昇し、高アンモニア(NH3)血症を呈する例もあるため、注意深い経過が重要である。ま...
Numata-Uematsu Y, Sakamoto O, Kakisaka Y, Okubo Y, Oikawa Y, Arai-Ichinoi N, Kure S, Uematsu M
Brain & development   39(6) 532-535   Jun 2017   [Refereed]
フェニル酪酸ナトリウム投与により蛋白耐容量が増加したカルバミルリン酸合成酵素I欠損症の新生児例
市野井 那津子, 坂本 修, 佐藤 亮, 二瓶 真人, 曽木 千純, 内田 奈生, 上村 美季, 菊池 敦生, 熊谷 直憲, 菅野 潤子, 呉 繁夫
小児科臨床   70(4) 533-538   Apr 2017
尿素サイクル異常症のひとつであるCPS 1(carbamoyl phosphate synthetase 1、カルバミルリン酸合成酵素I)欠損症は、生後早期に高アンモニア血症で発症することが多い。高アンモニア血症は予後不良であるため、急性期の積極的な治療と、慢性期の高アンモニア血症発作再燃を防ぐ管理が重要である。日齢2に高アンモニア血症(NH3 962μg/dL)で発症したCPS1欠損症の1例に対して、血液持続透析濾過、安息香酸ナトリウム点滴を含む集中治療が行われた。透析離脱後、蛋白負荷に...
Kimura M, Kawai E, Yaoita H, Ichinoi N, Sakamoto O, Kure S
Case reports in infectious diseases   2017 1254175   2017   [Refereed]
Chinen Y‚ Nakamura S‚ Tamashiro K‚ Sakamoto O‚ Tashiro K‚ Inokuchi T‚ Nakanishi K.
Mol Genet Metab Reports.   11 2-5   2017   [Refereed]
新生児期に著明な脳萎縮をきたしたメチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素欠損症
大塚 敬太, 西久保 敏也, 利根川 仁, 西本 瑛里, 中川 隆志, 釜本 智之, 内田 優美子, 榊原 崇文, 坂本 修, 高橋 幸博
日本小児科学会雑誌   120(10) 1488-1494   Oct 2016
日齢5男児。出生時より哺乳不良、活動性低下を認め新生児搬送となった。入院時の血液検査や新生児マススクリーニングは正常で、入院後は経口摂取不十分のため胃管注入を併用して経腸管栄養を開始した。その後も活動性低下が持続し、日齢33の頭部CTにて著明な脳室拡大と脳萎縮を認め、血漿・尿中アミノ酸分析結果よりメチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素欠損症と診断した。葉酸、ビタミンB6、ビタミンB2、カルニチンの内服、ビタミンB12の筋注を開始し、更にベタイン、メチオニン内服を追加した結果、全身状態は改善し、脳...
Gupta D, Bijarnia-Mahay S, Kohli S, Saxena R, Puri RD, Shigematsu Y, Yamaguchi S, Sakamoto O, Gupta N, Kabra M, Thakur S, Deb R, Verma IC
Genetic testing and molecular biomarkers   20(7) 373-382   Jul 2016   [Refereed]

Misc

 
【小児の治療指針】 代謝 アミノ酸代謝異常症(フェニルケトン尿症、メープルシロップ尿症など)
坂本 修
小児科診療   81(増刊) 525-526   Apr 2018
【小児の治療指針】 代謝 尿素回路障害 シトリン欠損症(NICCD、CTLN2)
大浦 敏博, 坂本 修
小児科診療   81(増刊) 532-534   Apr 2018
坂本 修
小児科   59(5) 735-741   Apr 2018
<文献概要>先天代謝異常は遺伝子異常に由来し,そのコードする蛋白の機能異常を原因とする.遺伝子に起因する病態なので,治療としては「治る」ということよりは「コントロール」をすることを目標とし,一生涯治療が必要となるものが多い.近年,慢性疾患をもちつつ成人になった患者の移行期医療(トランジッション)が注目されている.この際に先天代謝異常領域が他の分野と違うこところは,先天代謝異常分野には成人科にカウンターパートがないため,先天代謝異常を扱う医師は小児科医という部分と先天代謝異常専門医として成人...
【広域災害と子ども】 東日本大震災の経験から学んだこと
坂本 修
小児内科   50(3) 320-323   Mar 2018
<Key Points>(1)「平時は紳士たれ、有事は武人たれ」。(2)リーダーの最大の敵は疲労である。また部下を休ませるのもトップの責任である。(3)指揮官は「我ここにあり」と陣頭指揮の場所を決めることで情報を集中させる。(4)医局員の無事を確かめるシステムを作る。情報取集には二系統をもっておく。ローテク(場所を決めて集合)とSNSなどの二本立てがよい。(5)他院との情報交換のシステムを作る。これも電話などとSNSなどの二系統がよい。(6)関連病院の機能不全の際、この支援を長く続けるため...
指定難病最前線(Volume 50) メチルグルタコン酸尿症の主要症状と治療
坂本 修
新薬と臨牀   66(11) 1464-1469   Nov 2017
【小児臨床検査のポイント2017】 血液生化学検査 有機酸およびビタミン ビタミンB(B1・B2・B6・B12・葉酸・ビオチン)、ビタミンC、ビタミンA・D・E
坂本 修
小児内科   49(増刊) 228-232   Nov 2017
【成人型シトルリン血症】 シトリン欠損症の日本人と海外における遺伝子異常頻度
坂本 修
神経内科   87(1) 110-114   Jul 2017
【小児疾患診療のための病態生理 3 改訂第5版】 先天代謝異常 ホモシスチン尿症
大浦 敏博, 坂本 修
小児内科   48(増刊) 57-63   Nov 2016
【小児疾患診療のための病態生理 3 改訂第5版】 先天代謝異常 マルチプルカルボキシラーゼ欠損症
坂本 修
小児内科   48(増刊) 101-104   Nov 2016
【慢性疾患児の一生を診る】 先天代謝異常症 ホモシスチン尿症
坂本 修
小児内科   48(10) 1409-1411   Oct 2016

Books etc

 
新編 小児栄養 理論と演習・実習
大浦敏博、廣野治子 ed. 大浦敏博, 坂本修 (Part:Contributor, 小児期の病気と食生活, 141-145)
医歯薬出版株式会社   Apr 2002   
わかりやすい小児の検査マニュアルをそのコツ
飯沼一宇 ed. 坂本修, 大浦敏博 (Part:Contributor, 検体検査, 2-13)
診断と治療社   Apr 2001   

Conference Activities & Talks

 
新生児マス・スクリーニングではみつからないホモシスチン尿症
坂本 修
第59回日本小児神経学会学術集会   Jun 2017   
尿素サイクル異常症治療の現状と課題
坂本 修
日本先天代謝異常学会雑誌   Sep 2016   
新生児マススクリーニングを契機に発見されたプロピオン酸血症の遺伝子型での比較
坂本 修, 市野井 那津子, 呉 繁夫
第120回日本小児科学会学術集会   Apr 2016   
タンデムマスによる代謝異常スクリーニングの現状の問題点と今後の展望 病型診断と遺伝子検査について
坂本 修
第42回日本マススリーニング学会学術集会   Aug 2015   
日本人メチルマロン血症患者におけるMUT遺伝子変異およびハプロタイプ解析
坂本修、大浦敏博、松原洋一、高柳正樹、土屋滋
日本先天異常学会   15 Nov 2007   
日本人メチルマロン血症患者におけるMUT遺伝子変異およびハプロタイプ解析
坂本修、大浦敏博、松原洋一、高柳正樹、土屋滋
日本小児科学会   20 Apr 2007   
肝腫大を主訴とし典型的な症状を欠いた無βリポタンパク血症の一例
坂本修、大浦敏博、虻川大樹、武山淳二、新井宣博、山下静也
日本先天代謝異常学会   16 Nov 2005   
日本人ビタミンB12反応性メチルマロン酸血症の遺伝子解析
坂本修、大浦敏博、松原洋一、高柳正樹、土屋滋
日本小児科学会学術集会   22 Apr 2005