Ogawa Susumu

J-GLOBAL         Last updated: Mar 22, 2019 at 15:30
 
Avatar
Name
Ogawa Susumu
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/8167454b1c10b601925c849bde710d15.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Institute for Excellence in Higher Education Division of Research in Student Support Section of Cinical Medicine
Job title
Associate Professor
Degree
博士(医学)(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Apr 2017
 - 
Today
糖尿病性腎症研究会  幹事
 
Jan 2017
 - 
Today
高血圧学会  プログラム委員会
 
Jan 2017
 - 
Today
日本高血圧学会  国内交流委員会
 
Apr 2015
 - 
Today
日本腎臓学会  評議員
 
Oct 2013
 - 
Today
日本高血圧学会  評議員
 

Published Papers

 
Intensive Treat-to-Target Statin Therapy in High-Risk Japanese Patients With Hypercholesterolemia and Diabetic Retinopathy: Report of a Randomized Study.
Diabetes Care   41(6) 1275-1284   Jun 2018   [Refereed]
Achieving LDL cholesterol target levels <1.81 mmol/L may provide extra cardiovascular protection in patients at high risk: Exploratory analysis of the Standard Versus Intensive Statin Therapy for Patients with Hypercholesterolaemia and Diabetic Retinopat
Itoh H, Komuro I, Takeuchi M, Akasaka T, Daida H, Egashira Y, Fujita H, Higaki J, Hirata KI, Ishibashi S, Isshiki T, Ito S, Kashiwagi A, Kato S, Kitagawa K, Kitakaze M, Kitazono T, Kurabayashi M, Miyauchi K, Murakami T, Murohara T, Node K, Ogawa S, Saito Y, Seino Y, Shigeeda T, Shindo S, Sugawara M, Sugiyama S, Terauchi Y, Tsutsui H, Ueshima K, Utsunomiya K, Yamagishi M, Yamazaki T, Yo S, Yokote K, Yoshida K, Yoshimura M, Yoshimura N, Nakao K, Nagai R; EMPATHY Investigators.
Diabetes Obes Metab   21(4)    2019   [Refereed]
Effects of sodium‐glucose cotransporter 2 inhibitors on hypoglycaemia in brittle diabetic patients with decreased endogenous insulin secretion.
Ogawa S, Nako K, Ito S
Endocrinol Diab Metab      2018   [Refereed]
Decreased Glycaemia with Renal Failure in Diabetes Betides in Relation to the Change in Renal Glutamate Metabolism.
Ogawa S, Shimizu M, Nako K, Okamura M, Ito S.
Journal of Clinical & Experimental Nephrology   3(1)    2018   [Refereed]
The Dynamics of Carnitine, γ-butyrobetaine and Trimethylamine N-oxide in Diabetics and the Effects of Changes in Renal Function.
Ogawa S, Shimizu M, Nako K, Okamura M, Ito S.
J Nephrol Ren Dis   1(2)    Apr 2017   [Refereed]

Misc

 
腎アミノ酸代謝と腎糖新生
小川 晋
循環器内科   82(4) 313-320   Oct 2017
糖尿病は腎臓の天敵
小川 晋
宮城県腎臓協会会報   (28) 15-19   Jul 2017
糖尿病における食塩感受性高血圧発症機序
小川 晋
新時代の臨床糖尿病学(下) -より良い血糖管理をめざして-   74(2) 697-701   Apr 2016
肥満学生と糖尿病例における血中乳酸濃度の上昇とその臨床的背景の比較解析
小川晋、滝口純子、清水麻那美、奈古一宏、岡村將史、木内喜孝、伊藤貞嘉
東北大学高度教養教育・学生支援機構 紀要   (2) 135-141   Mar 2016
CGM外来を開設して~立ち上げの経緯、活動の実際、今後の展望~
岡村 将史、小川 晋、伊藤 貞嘉
Calm   3(1) 7-11   Jan 2016

Books etc

 
内分泌・糖尿病内科学
小川晋, 伊藤貞嘉 (Part:Joint Work, 糖尿病慢性合併症(大血管症),p213-216)
シュプリンガー・ジャパン   Sep 2011   
EBM腎臓病の治療2008-2009
富野康日己監修, 柏原直樹, 南学正臣 小川晋, 伊藤貞嘉 (Part:Joint Work, I.腎炎, ネフローゼ(P172-175), IV.慢性腎不全(P283-287))
中外医学社   Jun 2008   
新しい糖尿病学と透析医療
渡邊有三、羽田勝計、馬場園哲也 ed. 小川晋、森建文、伊藤貞嘉 (Part:Joint Work, 糖尿病の合併症と対策, 141-145)
日本メディカルセンター   Jun 2007   
現場の疑問に答える 糖尿病診療Q&A
寺内康夫 ed. 小川晋、伊藤貞嘉 (Part:Joint Work, 血圧が下がらない、どうしよう?, 154-157)
中外医学社   Apr 2007   

Conference Activities & Talks

 
糖尿病と肥満における血中タウリン濃度の評価とその意義
小川 晋、清水 麻那美、滝口 純子、奈古 一宏、岡村 將史、伊藤 貞嘉
第29回日本糖尿病性腎症研究会   2 Dec 2017   
Free style libre proを用いた健常人の血糖変動について
岡村 将史、丹野 尚太郎、奈古 一宏、小川 晋、伊藤 貞嘉
第55回日本糖尿病学会東北地方会   11 Nov 2017   
糖尿病におけるgamma-butyrobetaine(γBB)動態の検討
小川 晋、清水 麻那美、岡村 将史、奈古 一宏、伊藤 貞嘉
第55回日本糖尿病学会東北地方会   11 Nov 2017   
糖尿病における腎機能低下と血中γ-butyrobetaine(gBB)の関連とその機序の解明
小川 晋、清水 麻那美、奈古 一宏、岡村 將史、伊藤 貞嘉
第40回日本高血圧学会総会   20 Oct 2017   
2型糖尿病におけるspironolactone治療のアルブミン尿寛解・退縮効果の検討
小川 晋、伊藤 貞嘉、Spring-DM研究group
第40回日本高血圧学会総会   20 Oct 2017   

Social Contribution

 
仙台エリア糖尿病性腎症ワークショップ
[Others]  20 Jul 2016
特別講演
平成28年度 糖尿病療養支援ネットワーク研修会 in 宮城
[Others]  17 Jul 2016
研修会講師
石巻地区糖尿病医療連携セミナー
[Others]  12 Jul 2016
講演
第4回御茶の水糖尿病セミナー
[Others]  8 Jul 2016
特別講演
第11回神戸循環器・腎臓Joint Meeting
[Others]  27 May 2016
講演

Others

 
Sep 2007   腎臓内酸化ストレスとアンジオテンシノージェン産生調節メカニズムの解明
糖尿病における腎臓内のレニンアンジオテンシン系の亢進メカニズムの解明。腎臓内酸化ストレスの増大がアンジオテンシノージェン産生を増大させレニンアンジオテンシン系を亢進させる。このレニンアンジオテンシン系の亢進が再び酸化ストレスを増大させる悪循環を形成する。アンジオテンシン受容体ブロッカーはこの悪循環を抑制しアンジオテンシノージェン増大を抑制する。