Profile Information

Affiliation
Institute for Excellence in Higher Education Division of Research in Student Support Section of Cinical Medicine, Tohoku University
Degree
博士(医学)(Tohoku University)

J-GLOBAL ID
200901052392671534
researchmap Member ID
1000365342

External link

Research Interests

  3

Papers

  102

Misc.

  75

Books and Other Publications

  5
  • 小川 晋 (Role: Joint author, 腎機能低下例におけるSGLT2阻害薬の安全性をみる)
    先端医学社, May, 2018
  • 小川晋, 伊藤貞嘉 (Role: Joint author, 糖尿病慢性合併症(大血管症),p213-216)
    シュプリンガー・ジャパン, Sep, 2011
  • 富野康日己監修, 柏原直樹, 南学正臣, 小, 伊藤貞嘉 (Role: Joint author, I.腎炎, ネフローゼ(P172-175), IV.慢性腎不全(P283-287))
    中外医学社, Jun, 2008
  • 渡邊有三, 羽田勝計, 馬場園哲也, d. 小川晋, 森建文, 伊藤貞嘉 (Role: Joint author, 糖尿病の合併症と対策, 141-145)
    日本メディカルセンター, Jun, 2007
  • 寺内康夫, d. 小川晋, 伊藤貞嘉 (Role: Joint author, 血圧が下がらない、どうしよう?, 154-157)
    中外医学社, Apr, 2007

Presentations

  235

Other

  1
  • Sep, 2007 - Sep, 2007
    糖尿病における腎臓内のレニンアンジオテンシン系の亢進メカニズムの解明。腎臓内酸化ストレスの増大がアンジオテンシノージェン産生を増大させレニンアンジオテンシン系を亢進させる。このレニンアンジオテンシン系の亢進が再び酸化ストレスを増大させる悪循環を形成する。アンジオテンシン受容体ブロッカーはこの悪循環を抑制しアンジオテンシノージェン増大を抑制する。