NISHIO Takeshi

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:03
 
Avatar
Name
NISHIO Takeshi
E-mail
nishobios.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/0100b9dab9cf1be638e319527c5b1169.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Life Science Department of Applied Plant Science Laboratory of Plant Breeding and Genetics
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1980
農学, Graduate School, Division of Agriculture, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1975
園芸農学, Faculty of Agriculture, Osaka Prefecture University
 

Committee Memberships

 
Apr 1988
 - 
Mar 2001
日本育種学会  編集幹事
 
Apr 2016
 - 
Today
日本育種学会  学会賞選考委員
 
Oct 2014
 - 
Today
日本学術会議 育種学分科会  幹事
 
Oct 2011
 - 
Today
日本学術会議 遺伝子組換え分科会幹事  幹事
 
Oct 2011
 - 
Today
日本学術会議  連携会員
 

Awards & Honors

 
Apr 1983
アブラナ科植物の自家不和合性に関する育種学的研究, 日本育種学会賞, 日本育種学会
Winner: 日向康吉、西尾剛、中西テツ
 

Published Papers

 
A 2-oxoglutarate-dependent dioxygenase mediates the biosynthesis of glucoraphasatin in radish.
Kakizaki T, Kitashiba H, Zou, Z, Li F, Fukino N, Takayoshi Ohara, Nishio T, Ishida M
Plant Physiol   173 1583-1593   2017   [Refereed]
Endo T, Chiba B, Wagatsuma K, Saeki K, Ando T, Shomura A, Mizubayashi T, Ueda T, Yamamoto T, Nishio T
Theoretical and Applied Genetics   129 631-640   Mar 2016   [Refereed]
Kato S, Takada Y, Shimamura S, Hirata K, Sayama T, Taguchi-Shiobara F, Ishimoto M, Kikuchi A. Nishio T
Breeding Science   66 319-327   Mar 2016   [Refereed]
Li F, Chen B, Xu K, Gao G, Yan G, Li J, Qiao J, Li H, Li L, Nishio T, Wu X
Plant Science   242 169-177   Mar 2016   [Refereed]
Kitashiba H, Taguchi K, Kaneko I, Inaba K, Yokoi S, Takahata Y, Nishio T
Plant Cell Rep   35 2197-2204   2016   [Refereed]

Misc

 
Nishio T
Breeding Science   64 1-1   2014
Zhang X, Lu G, Long W, Zou X, Li F, Nishio T
Breeding Science   64 60-73   2014
Kitashiba H, Nishio T
Biotechnology of Crucifers. Ed. by Gupta SK   187-208   2013
Molecular techniques and methods for mutation detection and screening in plants
Shu QY, Shirasawa K, Hoffman M, Hurlebaus J, Nishio T
Plant mutation breeding and biotechnology   241-256   2012
Self-incompatibility
Kitashiba H, Nishio T
Biology and Breeding of Crucifers   99-112   2009

Books etc

 
The Radish Genome
Nishio T., Kitashiba H. (Part:Editor)
Springer   2017   
菜の花サイエンス
阿部美幸、伊藤豊彰、大串由紀江、大村道明、北柴大泰、齋藤雅則、中井裕、南條正巳、西尾剛
東北大学出版会   Jul 2014   
今を生きる 5自然と科学
西尾 剛
東北大学出版会   2013   
Plant Breeding the 4th edition
Takeshi Nishio, Atsushi Yoshimura (Part:Joint Work)
Buneido   Mar 2012   ISBN:978-4-8300-4122-8
遺伝学の基礎
西尾剛・向井康比己・大澤良・草場信・鳥山欽哉 (Part:Editor)
朝倉書店   Mar 2006   

Conference Activities & Talks

 
Seed formation ability in interspecific hybridization in Brassica
Japan-China Joint Seminar “Genetic studies on stress tolerances and reproduction traits in Brassica crops”   4 Dec 2014   
従来型突然変異育種における突然変異体選抜技術の進歩
西尾 剛*
日本育種学会   12 Oct 2013   
F1 hybrid breeding of Brassicaceae crops using genome information
Comparative Genomics and Breeding of Brassicaceae crops   11 Oct 2012   
SNP等の多型検出技術の開発と品種育成研究への応用
日本育種学会講演会   24 Sep 2010   
アブラナ科野菜のSNPベースの高密度連鎖地図の構築と育種への応用
課題別検討会   24 May 2010   

Research Grants & Projects

 
Studies on self-incompatibility genes in Brassicaceae
Ordinary Research
Project Year: Oct 1997 - Today
Studies on DNA-selection breeding in crops
Ordinary Research
Project Year: Apr 2002 - Today
Genome analysis of Brassica vegetables
Ordinary Research
Project Year: Apr 2000 - Today

Patents

 
4346933 : アブラナ科植物のS遺伝子型同定方法
西尾剛・藤本龍・岡本俊介・赤松豊和・坂本浩司。榛澤英昭
特許第3357478号 : 酒類の製造方法
特許第3126481号 : アレルゲン低減化米調整物、その製造方法及びそれを含む加工食品

Social Contribution

 
研究指導
[Others]  Oct 2014 - Oct 2015
福島市立渡利中科学部塩害実験班の研究報告指導
外部資金審査委員
[Others]  1 Feb 2014 - 31 Mar 2014
外部資金審査委員 2件
東北大学サイエンスカフェ
[Others]  30 Sep 2011
講演
みやぎ県民大学
[Others]  Sep 2007 - Sep 2008
講義
ダイコンのゲノム情報を解読
[Planner]  誠文堂新光社 農耕と園芸  Feb 2015

Others

 
Oct 2008   SNP分析を利用した日本独自作物ダイコンの低コストゲノム研究
本研究は、独自に開発した簡易一塩基多型(SNP)分析法を利用した遺伝子型分析による低コストゲノム研究の実例を、日本独自の作物として重要なダイコンを材料として示すものである。ゲノム研究の結果可能となる根の肥大特性や、辛み、抽苔性、耐病性など育種に関わる遺伝子の同定は、ダイコン育種の効率化をもたらすだけでなく、肥大根を形成する新作物の開発の可能性も開くものとなる。またこの研究が他の多くの作物の低コストゲノム研究の先駆けとなることを目指す。
Apr 2013   ダイコンのグルコシノレート含量を制御する遺伝子の単離
ダイコンのゲノム解析を進め、グルコシノレート含量を制御する遺伝子の単離同定を行う
Apr 2012   SNP マーカー選抜による耐乾性ナタネの作出
本研究交流は、中国の乾燥地や半乾燥地でも栽培できる乾燥耐性のナタネを、遺伝子組換え技術を用いるのではなく、DNA分析技術とゲノム情報を利用して自然変異や突然変異により作出することを目的とする。
具体的には、日本側はナタネの耐乾性を選別(スクリーニング)するための遺伝子一塩基変異多型(SNP)マーカーの開発を担当し、中国側は耐乾燥ナタネ優良系統の交雑による新しい育種系統の作出を担当する。
May 2011   津波塩害農地復旧のための菜の花プロジェクト
 塩害土壌の様々な塩分濃度等を解析し、津波塩害状況に合わせたアブラナ科作物品種を選抜、作付けし、塩害土壌に最適な品種の種子生産および農業復興とエコエネルギーを象徴する景観形成を目標として活動した。本事業採択前から被災土壌解析を行っていたが、宮城県内344地点の被災土壌調査および土壌分析を宮城県及び仙台市と連携して実施した。また、本農学研究科が保有するアブラナ科作物ジーンバンクから耐塩系統69系統を選び、これらを栽培して耐塩性を調べ、耐塩系統7系統を選抜し、これらの苗を被災水田および畑地に作付けした。
Apr 2010   キャベツの病害抵抗性遺伝子に関する研究
キャベツの黒腐病抵抗性等の病害抵抗性のQTL解析を行い、主要なQTLを含む染色体部分置換系統を作成して抵抗性の評価を行い、抵抗性遺伝子を含む染色体領域を絞り込む。他種のゲノム情報を利用してその染色体領域のDNAマーカー(主としてSNPマーカー)を多数作成し、そのマーカーを利用して短い染色体領域を含む染色体置換系統を作成することによって抵抗性遺伝子を含む領域を限定する。その領域をカバーするBACクローンのコンティグを作成し、その塩基配列を決定してDNAマーカーを作成する。