基本情報

所属
東北大学 大学院農学研究科・農学部 応用生命科学専攻 植物機能科学講座 植物遺伝育種学分野 教授

J-GLOBAL ID
200901029802679641

外部リンク

研究キーワード

  3

論文

  109

MISC

  11

書籍等出版物

  8
  • Nishio T, Kitashiba H(担当:編集)
    Springer  2017年 
  • 阿部美幸, 伊藤豊彰, 大串由紀江, 大村道明, 北柴大泰, 齋藤雅則, 中井裕, 南條正巳, 西尾剛
    東北大学出版会  2014年7月31日 
  • 西尾 剛
    東北大学出版会  2013年 
  • 西尾 剛, 吉村 淳(担当:共著)
    文英堂  2012年3月1日 (ISBN: 9784830041228) 
  • 西尾剛, 向井康比己, 大澤良, 草場信, 鳥山欽哉(担当:編集)
    朝倉書店  2006年3月20日 

講演・口頭発表等

  18

所属学協会

  3

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

社会貢献活動

  7

メディア報道

  10

その他

  11
  • 2013年4月 - 2013年4月
    ダイコンのゲノム解析を進め、グルコシノレート含量を制御する遺伝子の単離同定を行う
  • 2012年4月 - 2012年4月
    本研究交流は、中国の乾燥地や半乾燥地でも栽培できる乾燥耐性のナタネを、遺伝子組換え技術を用いるのではなく、DNA分析技術とゲノム情報を利用して自然変異や突然変異により作出することを目的とする。 具体的には、日本側はナタネの耐乾性を選別(スクリーニング)するための遺伝子一塩基変異多型(SNP)マーカーの開発を担当し、中国側は耐乾燥ナタネ優良系統の交雑による新しい育種系統の作出を担当する。
  • 2011年5月 - 2011年5月
    塩害土壌の様々な塩分濃度等を解析し、津波塩害状況に合わせたアブラナ科作物品種を選抜、作付けし、塩害土壌に最適な品種の種子生産および農業復興とエコエネルギーを象徴する景観形成を目標として活動した。本事業採択前から被災土壌解析を行っていたが、宮城県内344地点の被災土壌調査および土壌分析を宮城県及び仙台市と連携して実施した。また、本農学研究科が保有するアブラナ科作物ジーンバンクから耐塩系統69系統を選び、これらを栽培して耐塩性を調べ、耐塩系統7系統を選抜し、これらの苗を被災水田および畑地に作付けした。
  • 2010年4月 - 2010年4月
    選抜系統を用いて「麗江新団黒谷」に由来する高度耐冷性について解析を行い、高度耐冷性のQTLを特定し遺伝子の単離を試みる
  • 2010年4月 - 2010年4月
    キャベツの黒腐病抵抗性等の病害抵抗性のQTL解析を行い、主要なQTLを含む染色体部分置換系統を作成して抵抗性の評価を行い、抵抗性遺伝子を含む染色体領域を絞り込む。他種のゲノム情報を利用してその染色体領域のDNAマーカー(主としてSNPマーカー)を多数作成し、そのマーカーを利用して短い染色体領域を含む染色体置換系統を作成することによって抵抗性遺伝子を含む領域を限定する。その領域をカバーするBACクローンのコンティグを作成し、その塩基配列を決定してDNAマーカーを作成する。