YAMADA Tsutomu

J-GLOBAL         Last updated: Oct 17, 2018 at 14:07
 
Avatar
Name
YAMADA Tsutomu
E-mail
t-yamadam.tains.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/604261a40870ce24cd820cbeb65cf5e8.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Science Earth Science
Job title
Assistant Professor
Degree
博士(理学)(Tohoku University), 修士(理学)(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1998
 - 
Sep 1999
Research Student(1998-1999), Postdoctoral Student(1999), Graduate School of Science, Tohoku University
 

Education

 
 
 - 
Mar 1998
地学, Graduate School, Division of Natural Science, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1990
地学科地学第一, Faculty of Science, Tohoku University
 

Awards & Honors

 
Sep 2005
優秀講演賞(ポスター発表), 日本地質学会
Winner: 浅海竜司・山田 努・井龍康文
 
過去200年間の古エルニーニョ記録.日本地質学会第112年学術大会
Mar 2004
A coral-based reconstruction of paleoceanographic changes in the western Pacific for the last 2 centuries., International Review Meeting on the Northern Environmental Change Research Project, Best Poster Award, International Review Meeting on the Northern Environmental Change Research Project
Winner: Ryuji Asami, T. Yamada, Y. Iryu, and T. M. Quinn
 

Published Papers

 
Marine environment during early Messinian Period in Sorbas Basin, southeast Spain: Reconstruction on the basis of carbon and oxygen isotope ratio of foraminiferal tests
NEMOTO Naoki, SAEKI Kentaro, YAMADA Tsutomu, MINOURA Koji
Earth Sciencs (Chikyu Kagaku)   72(3) 169-178   Jul 2018   [Refereed]
Carbonate clumped isotope thermometry and their application to speleothems
Tsutomu Yamada, Hiroki MATSUDA
Journal of the Speleological Society of Japan   42 3-15   Dec 2017   [Refereed]
宮城県沿岸海域の堆積調査
山田 努・西 弘嗣・高嶋礼詩・平野信一
平成28年度 東北マリンサイエンス拠点形成事業(海洋生態系の調査研究) 課題I「漁場環境の変化プロセスの解明」成果概要   106-109   Jul 2017
編集兼発行者:国立大学法人 東北大学大学院農学研究科 東北大学マリンサイエンス復興支援室
印刷:有限会社 明倫社
全103ページ
Black-colored Deposits in Caves: A Review
Tsutomu Yamada
Journal of Speleological Society Japan   41 1-14   Dec 2016   [Refereed]
Speleothems with a Large Number of Black Colored Laminae Discovered in Fkunakubo-dokutsu (cave), Shiwa, Iwate Prefecture
Tsutomu Yamada & Takashi Matsuzaka
Journal of Speleological Society Japan   41 27-29   Dec 2016   [Refereed]

Books etc

 
Tahiti Sea Level: the last deglacial sea level rise in the South Pacific: offshore drilling in Tahiti (French Polynesia). IODP Prel. Rept., 310.
Expedition 310 Scientists (Part:Joint Work)
May 2006   
Reefs and Carbonate Platforms in the Pacific and Indian Oceans.
Y. Iryu, T. Nakamori, and T. Yamada. Edited by G. F. Camoin and P. J. Davies. (Part:Joint Work, Pleistocene reef complex deposits in the Central Ryukyus, south-western Japan.)
Blackwell Science Ltd., Oxford   Apr 1998   
Special Publication Number 25 of the International Association of Sedimentologists.
Edited by G. F. Camoin and P. J. Davies.
鴨島報告海底潜水調査、鴨島学術調査最終報告書-柿本人麻伝承と万寿地震津波-
高安克己,箕浦幸治,井龍康文,山田 努,品田やよい (Part:Joint Work, 鴨島海底潜水調査報告 p. 155-162.)
鴨島伝承総合学術調査団   Mar 1995   
Essays in Geology, Professor Hisao Nakagawa, Commemorative Volume
Yasufumi Iryu, Tsutomu Yamada Edited by Professor Hisao Nakagawa Taikan Kinenjigyo-kai (Part:Joint Work, 徳之島および沖氷良部島の琉球層群に記録された更新世海面変動-予察-)
東光印刷株式会社,仙台   Mar 1991   
A preliminary report on Pleistocene sea level changes recorded in the Ryukyu Group on Toku-no-shima and Okierabu-jima, Ryukyu Islands.
Marine ecosystems after Great East Japan Earthquake in 2011
Kazuhiro Kogure, Masato Hirose, Hiroshi Kitazato, Akihiri Kijima eds. (Part:Joint Work, 61-62)
Tokai University Press   Mar 2016   

Conference Activities & Talks

 
Fossil bones recovered from Kangen-kutsu (cave), Kesennuma and their ages
YAMADA Tsutomu
6 Oct 2018   
仙台湾海底堆積物の放射能分布
山田 努・平野信一・杉原真司
炭酸塩コロキウム2017 in 川渡   8 Mar 2017   
仙台湾における福島第一原発事故由来の放射性セシウムの挙動
平野信一・山田 努・杉原真司
日本地理学会2016年秋季学術大会   30 Sep 2016   
黒色層を含む鍾乳石による古環境復元
山田 努
日本地質学会第123年学術大会   10 Sep 2016   
複数の黒色層を含む鍾乳石を用いた古環境復元の可能性
山田 努
日本洞窟学会第42 回大会   19 Aug 2016   

Research Grants & Projects

 
陸成炭酸塩堆積物に記録された古環境情報の抽出
Project Year: Apr 2002 - Today
シャコガイ殻の成長線や炭素・酸素同位体比を用いた古環境解析手法の開発とその応用
Project Year: Apr 2002 - Today
造礁サンゴ骨格の炭素・酸素同位体組成や化学組成の変化を用いた古環境解析手法の開発とその応用
Project Year: Apr 1991 - Today
造礁サンゴ骨格の炭素・酸素同位体組成における'vital effects'の研究
Project Year: Apr 1994 - Today
中新世炭酸塩プラットフォームの形成と続成史
Project Year: Jan 2001 - Today

Social Contribution

 
第41回全国高等学校総合文化祭自然科学部門地学分野審査員
[Others]  2 Aug 2017 - 3 Aug 2017
第41回全国高等学校総合文化祭の自然科学部門地学分野の審査員を務める
三重県総合博物館第15回企画展「きて・みて・さわって カモシカ☆パラダイス」補助
[Others]  Mar 2017 - Jul 2017
三重県総合博物館第15回企画展「きて・みて・さわって カモシカ☆パラダイス」の開催に際し,カモシカ化石の貸与などの便宜をはかった
第41回全国高等学校総合文化祭自然科学部門第1回審査委員会
[Others]  17 Jun 2017
第41回全国高等学校総合文化祭(みやぎ総文2017)自然科学部門 第1回審査委員会における審査基準の確認と予備審査
平成28年度宮城県高等学校文化連盟自然科学専門部第2回生徒研修会
[Others]  26 Dec 2016
「平成28年度宮城県高等学校文化連盟自然科学専門部第2回生徒研修会」に講師として参加し,高校生の理科研究発表についての指導・助言を行った.
第69回宮城県高等学校生徒自然科学研究発表会(みやぎ総文2017自然科学部門プレ大会)
[Others]  5 Nov 2016
「第69回宮城県高等学校生徒自然科学研究発表会(みやぎ総文2017自然科学部門プレ大会)」に審査員として参加し,高校生の理科研究発表の審査および助言を行った.

Others

 
Feb 2006
国際統合深海掘削計画第310次航海(タヒチ島の海水準変動)のonshore party(2月13日-3月4日)に,炭酸塩堆積学者として参加
Sep 2005
国際統合深海掘削計画第310次航海(タヒチ島の海水準変動)のoffshore party(10月6日-11月16日)に,炭酸塩堆積学者として参加
Dec 2004
ニューカレドニア(IRDおよびヌメア水族館),「シャコガイの成長線を用いた古日射量計の開発とその応用」のための飼育実験および研究打ち合わせ
Jul 2004
ニューカレドニア(IRDおよびヌメア水族館),「シャコガイの成長線を用いた古日射量計の開発とその応用」のための飼育実験および研究打ち合わせ
Feb 2004
ニューカレドニア(IRDおよびヌメア水族館),「シャコガイの成長線を用いた古日射量計の開発とその応用」のための飼育実験および研究打ち合わせ