長平 彰夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/04 15:08
 
アバター
研究者氏名
長平 彰夫
 
ナガヒラ アキオ
eメール
akio.nagahiramost.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/c616f825ba803c56369f2f167a1e8a64.html
所属
東北大学
部署
大学院工学研究科・工学部 技術社会システム専攻 実践技術経営融合講座 技術経営分野
職名
教授
学位
経営学(博士)(東北大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 
 

委員歴

 
2016年12月
 - 
2017年11月
科学研究費委員会専門委員(挑戦的研究部会第25小委員会)  幹事
 
2008年4月
 - 
現在
日本MOT学会  論文誌担当理事
 
2006年6月
 - 
現在
産学連携学会  理事(学問体系設計委員会委員長)
 
2006年5月
 - 
現在
Research Policy paper referee  学術論文査読委員
 
2005年10月
 - 
現在
日本学術振興会科学技術研究費評価委員会  評価委員
 

受賞

 
2017年7月
International Conference on Business and Information Distinguished Paper Award
受賞者: 「Tadashi Nakamura」,「Akio Nagahira」
 
2017年7月
2017 International Conference on Business and Information Distinguished Paper Award Study on Effective Business Continuity Management(BCM) to Sustain Supply Chain in Global Auto Parts Firm
 
2017年5月
日本経営システム学会 日本経営システム学会学生研究発表優秀賞 日本企業のオープンイノベーションとパフォーマンスの成功との関係性に関する研究
受賞者: 王 雪、長平彰夫
 
2016年10月
International Symposium on Business and Management Distinguished Paper Award The impact of fuzzy front end activities and changes in project execution on new product project success: Comparative study between B2B and B2C projects
受賞者: 「Ko Yamasaki」,「Akio Nagahira」,「Sumie Ishihara」
 
2015年10月
研究・イノベーション学会 研究・技術計画学会論文賞 特許データによる発明の価値の把握-被引用数と属性統合指標との比較-
受賞者: 石井 康之、長平 彰夫
 

論文

 
グローバルの自動車部品企業におけるサプライチェーン維持のために有効な事業継続マネジメント(BCM)に関する研究
長平 彰夫
日本経営システム学会誌   34(3) 295-302   2018年3月   [査読有り]
大学等研究機関の科学技術コミュニケーション活動活性化における経営組織の役割
長平 彰夫
日本経営システム学会誌   34(2) 143-149   2017年11月   [査読有り]
Study on Effective Business Continuity Management(BCM) to Sustain Supply Chain in Global Auto Parts Firm
Tadashi Nakamura、 Akio Nagahira
2017 International Conference on Business and Information      2017年7月   [査読有り]
日本企業の新製品開発プロジェクトのユーザーイノベーションの成功に関するB2BとB2Cプロジェクトの比較研究
長平 彰夫
5(7) 287-297   2017年7月   [査読有り]
日本企業における新製品開発プロジェクトの成功に関するユーザーイノベーションの効果
長平 彰夫
International Journal of Innovative Research in Technology   4(1) 372-382   2017年6月   [査読有り]
国内大学の科学技術コミュニケーションにおける組織活動
小林 俊哉、 長平 彰夫
日本経営システム学会誌   33(3) 227-233   2017年3月   [査読有り]
日本企業における海外R&Dマネジメントの分析
「安田英土」「長平彰夫」
日本経営システム学会   33(3) 109-118   2016年11月   [査読有り]
韓国企業の新製品開発プロセスにおけるファジイフロントエンド(開発の前段階)での活動と新製品開発の成功との関係性に関する研究
「尹 喜子」「長平 彰夫」「石田 修一」
日本経営システム学会誌   33(2) 119-129   2016年11月   [査読有り]
Optimizing Unique Supply Chains: A Case of Automobile Business Continuity Management
Abednico Lopang Montshiwa, Akio Nagahira, Shuichi Ishida,
2016 International Symposium on Business and Management - Fall Session   13-40   2016年10月   [査読有り]
The Impact of Fuzzy Front End Activities and Changes in Project Execution on New Product Development Project Success : Comparative Study between B2B and B2C Projects
Ko Yamasaki, Akio Nagahira, Sumie Ishihara
2016 International Symposium on Business and Management - Fall Session   110-134   2016年10月   [査読有り]
The Impacts of Open Innovation on NPD Project Success and FFE Activities: An Empirical Study in Japanese Manufacturing Firms
Kento Shimizu, Akio Nagahira, Sumie Ishihara, Shuichi Ishida
2016 International Symposium on Business and Management - Fall Session   87-109   2016年10月   [査読有り]
「Abednico Lopang Montshiwa」「Akio Nagahira」「Shuichi Ishida」
Journal of Disaster Research   11(4) 691-698   2016年8月   [査読有り]
日本企業の海外R&D活動における研究成果排出促進要因に関する分析
安田 英土、長平 彰夫
日本経営システム学会誌   32(3) 305-311   2016年3月   [査読有り]
グレンジャー因果性検定に基づく我が国の技術・産業コンコーダンス表の構築
河合 毅治、 長平 彰夫
日本経営システム学会誌   32(3) 353-358   2016年3月   [査読有り]
日本企業の海外R&D活動における研究成果排出促進要因に関する分析
「安田英土」「長平彰夫」
日本経営システム学会誌   32(3) 306-311   2016年3月   [査読有り]
特許公報から見た我が国主要企業の研究開発体制の推移
「河合毅治」「長平彰夫」
日本経営システム学会誌   32(3) 353-358   2016年3月   [査読有り]
Impacts of Business Continuity Management(BCM) on Automobile Parts Makers Afainst Natural Disaster Events
Abednico Lopang Montshiwa,Akio Nagahira
Journal of Disaster Research   10(6) 1091-1098   2015年12月   [査読有り]
FFE activities in Japanese manufacturing firms:A Comparative Study
Ruslan MAMMETSEYIDOV,Akio NAGAHIRA,
International Journal of Japan Association for Management Systems   7(1) 19-24   2015年12月   [査読有り]
Ruslan Mammetseyidov and Akio Nagahira
International Journal of Product Development   20(6) 465-494   2015年11月   [査読有り]
Comparative study on FFE activities between Japanese and Korean NPD project success
Ruslan Mammetseyidov and Akio Nagahira
Management Studies   3(9-10) 247-261   2015年10月   [査読有り][招待有り]
The impact of fuzzy front end of innovation in Japanese manufacturing firms in the 1980s and the 2000s
Akio Nagahira, Ruslan Mammetseyidov, Shuichi Ishida, Sumie Ishihara, and Tomohiro Yokoyama
Cinet Conference 2015   231-248   2015年9月   [査読有り]
グレンジャー因果性検定に基づく我が国の技術・産業コンコーダンス表の構築
河合 毅治、長平 彰夫
日本経営システム学会誌   32(1) 19-25   2015年7月   [査読有り]
Nagahira Akio,Mammetseyidov Ruslan, Sumie Ishihara
The 22ND INNOVATION & PRODUCT DEVELOPMENT MANAGEMENT CONFERENCE Proceedings      2015年6月   [査読有り]
Organizational promoting Factors for SME BCP(2)
Shinichi Okabe,Akio Nagahira,
Journal of Disaster Research   10(1) 163-170   2015年2月   [査読有り]
Comparative study on FFE activities between Korean and Japanese NPD projects
Akio Nagahira, Kyong-Hwan Kim, Hee-Ja Yoon, Sumie Ishihara, Yukiya Chiba, Yuta Tanaka, Aya Miura
International Journal of Technology Marketing   10(1) 67-94   2015年1月   [査読有り]
Comparative study on FFE activities between Japanese and Korean NPD project success
Ruslan Mammetseyidov,Akio Nagahira
Journal of Management Studies      2015年1月   [査読有り]
特許データによる発明の価値の把握-被引用数と属性統合指標との比較-
石井 康之、長平 彰夫
研究 技術 計画   29(2/3) 185-199   2014年9月   [査読有り]
自動車部品企業における自然災害リスクに対応したサプライチェーン維持に関する研究
中村 正、長平 彰夫
日本経営システム学会誌   31(1) 77-83   2014年7月   [査読有り]
Ruslan Mammetseyidov, Akio Nagahira
ICADRE14 Conference Proceedings      2014年7月   [査読有り]
Comparative study on FFE activities between Japanese and Korean NPD project success
Akio Nagahira
The R&D Management Conference 2014 Proceedings      2014年6月   [査読有り]
Significant factors for implementing BCP
Shinichi Okabe Akio Nagahira
Journal of Disaster Research      2014年   [査読有り]
Comparative study on FFE activities between Korean and Japanese NPD
Akio Nagahira
International Journal of Technology Marketing      2014年   [査読有り]
Organizational prompting factors for SME BCP
Shinichi Okabe Akio Nagahira
Journal of Disaster Research      2014年   [査読有り]
自動車部品企業における自然災害リスクに対応したサプライチェーン維持に関する研究
中村 正 長平彰夫
日本経営システム学会誌      2014年   [査読有り]
Significant factors for implementing BCP
Shinich Okabe,Akio Nagahira
Journal of Disaster Research   8(1) 17-28   2013年9月   [査読有り]
4レベルに重み付けした適合性フィードバック技術の自社内の戦略特許検索への適用に関する事例研究
阿部 仁、長平彰夫
日本経営システム学会誌   29(2) 159-164   2012年11月   [査読有り]
技術軌道分析による共同研究開発における組織間イノベーション・プロセスに関する研究―超LSI技術研究組合の事例研究―
小出 実 長平彰夫
日本創造学会論文誌   16 11-17   2012年8月   [査読有り]
適合性フィードバック技術を4レベルに重み付けした新しい特許検索技術の構築
阿部 仁、長平彰夫
日本経営システム学会誌   28(2) 139-147   2011年11月   [査読有り]
適合性フィードバック技術を4レベルに重み付けした新しい特許検索技術の構築
阿部 仁、長平彰夫
日本経営システム学会誌   28(2) 139-147   2011年11月   [査読有り]
外食産業の海外市場展開における知識基盤型サービス業(Knowledge Intensive Business Service)との協働とその効果に関する研究
長平彰夫
日本フードサービス学会年報   (16) 6-22   2011年11月   [査読有り]
The KIBS and its Role on Innovation of Manufacturing Corporations in Japan
She,S.,Nagahira,A.
International Journal of Services science      2011年10月   [査読有り]
日本のディスクリート企業のグローバル事業展開におけるキャッシュフローへの影響要因
立石文雄,水本智也,長平彰夫,石田修一
日本経営システム学会誌      2011年8月   [査読有り]
適合性フィードバック技術を4レベルに重み付けした新しい特許検索技術の構築
阿部仁、長平彰夫
日本経営システム学会誌      2011年8月   [査読有り]
白色LED照明の現状と将来像
長平彰夫
化学工業   62(5) 74-79   2011年5月   [査読有り][招待有り]
既存事業防衛のための参入障壁堅持に資する研究開発戦略と特許戦略に関する研究
福田 雄一、長平 彰夫
パテント   64(1) 41-45   2011年1月   [査読有り]
効果的な参入障壁構築のための研究開発戦略と特許戦略の連携に関する研究―分析フレームワークとしてのパテントライフサイクル・モデルとその応用―
福田雄一、長平彰夫
月刊パテント   64(1) 41-45   2011年1月   [査読有り]
She,S.,Nagahira,A.
International Journal of Technology Management      2011年   [査読有り]
Fumio TATEISHI,Masashi KURAHASHI,Tadashi NAKAMURA,Tomoya MIZUMOTO,Nobuo NAKATSUKA,Shigetoshi SUGAWA,Akio NAGAHIRA and Shuichi ISHIDA
Proceedings in the 4th International Conference on Management and Service Science (IEEE_MASS 2010)   234-237   2010年8月   [査読有り]
A new approach to technology roadmapping of disruptive innovation
Akio Nagahira, David Probert,Tsuguo Fukuda, Shigefusa F Chichibu, Yuji Kagamitani and Atsushi Abe
Proceedings in the R&D MANAGEMENT CONFERENCE 2010   121-135   2010年6月   [査読有り]
工場主導実需ベース生産経営システム
立石文雄、長平彰夫、石田修一
日本経営システム学会誌   Vol.26(No.2) 99-106   2010年3月   [査読有り]
Kazunori Imaoka, Yoshihiro Ishii, Tsuyoshi Kikuchi, Shigetoshi Sugawa and Akio Nagahira
IEEE TRANSACTIONS ON SEMICONDUCTOR MANUFACTURING   Vol.22(No.4) 482-490   2009年11月   [査読有り]
Inventory Reduction and Measurement Way of Effectiveness through G-FMI
Fumio TATEISI, Masashi KURAHASHI, Tadashi NAKAMURA, Tomoya MIZUMOTO,Nobuo NAKATSUKA, Shigetoshi SUGAWA and Akio NAGAHIRA
Proceedings in the 21th International Micro Electronics Conference   79-87   2009年11月   [査読有り]
日本の大企業におけるオープン・イノベーションの実態と課題
長平彰夫
Japan International Science & Technology Exchange Center Quarterly Report   Vol.70 7-10   2009年1月   [招待有り]
「Verworn,B.」「C.Herstatt」「A. Nagahira」
R&D Management   38(1) 1-19   2008年4月   [査読有り]
Academic Tech Transfer and IP management in Japan:Recent Development and Some New Evidence
Cao yong,Akio Nagahira,Chen Rensong,Zhu Xuezhong
ICM'2007   1557-1564   2007年8月   [査読有り]
Study of Standardization Forming Process of Industrial System Interfaces
Akira Nagashima,Akio Nagahira,
PICMET 2007 Conference   2399-2415   2007年8月   [査読有り]
The Role of Chief Technology Officer in Japanese Corporations
Akio Nagahira, Isao Sugiyai, Yong Cao,Takashi Masaki1
The 6th International Conference on Management   第3(第1) 1549-1556   2007年8月   [査読有り][招待有り]
製品開発におけるロードマップマネジメント
長平彰夫
企業研究会研究叢書   (第140) 59-83   2007年3月   [招待有り]
産業財の標準化形成に関する研究-フィールドバス標準をケースとして
「永島 晃」「長平彰夫」
技術と経済   2007年(4月)    2007年3月   [査読有り]
Akio Nagahira, Cornelius Herstatt,Frank Tieze ,Davis Probert,
International Journal of Information and Technology   第4(第3) 323-350   2007年3月   [査読有り]
Akio Nagahira., Cornelius Herstatt, ,Christoph Stockstrom, and Birgit Verworn
International Journal of Innovation and Technology Management   第3(第1) 43-60   2006年10月   [査読有り]
研究開発管理と技術経営
長平彰夫
日仏工業技術   第52(第1) 16-20   2006年8月   [招待有り]
Akio Nagahira, Isao Sugiyai, Cornelius Herstatt, Birgit Verworn,Christoph Stockstrom, Yong Cao,Takashi Masaki
PICMET 2006 Conference   2586-2594   2006年7月   [査読有り]
Impact Analysis of Front End Practice in Japanese companies
Akio Nagahira ,Isao Sugiyai ,Cornelius Herstatt, Birgit Verworn,Christoph Stockstrom
The First International Conference on Business,Technology and Competitive Intelligence      2005年10月   [査読有り]
Yong Cao,Yasutaka Iguchi,Yuko Harayama,Akio Nagahira
PICMET Technology Management   第1(第2) 118-129   2005年8月   [査読有り]
「長平彰夫」「高橋 修」
ルネサンスプロジェクト電子ジャーナル   第1(第28) 1-39   2005年3月   [招待有り]
産学連携の狙いと現状および課題
長平彰夫
企業研究会研究叢書   (第127) 417-443   2004年5月   [招待有り]
Reducing project related uncertainty in the ‘fuzzy front end’of innovation – A comparison of German and Japanese product innovation projects
Nagahira,A., Herstatt, C. and Verworn, B.
International Journal of Product Development   第1(第1) 43-65   2004年1月   [査読有り]
産学連携による成果創出のためのマネジメント
長平彰夫
組織科学   34(1) 12-21   2000年9月   [査読有り]
米国研究大学におけるスピンオフ企業創出と技術移転機関の役割
長平彰夫
東北大学経済学会誌「研究年報経済学」   61(3) 105-123   1999年12月
Conceptual Modeling for User Innovation and NPD project Success in Japanese firms
長平 彰夫
International Journal of Business and Management   5(4) 142-149   [査読有り]

Misc

 
IoT/IoEとクラスター進化論:エコシステムからの視点
長平 彰夫
研究 技術 計画   30(4/2015) 244-245   2016年2月

書籍等出版物

 
日本企業のイノベーション・マネジメント
コルネリウス・ヘルシュタット、クリストフ・シュトックシュトルム、ヒューゴ・チルキー、長平彰夫 (担当:共著)
同友館   2012年6月   
産学連携学入門
「東北大学教授 長平彰夫」「千葉工業大学教授 山口佳和」「中華人民共和国 華中科技大学管理学院教授 曹勇」「帝京大学 名誉教授 佐貫利雄」「北海道大学教授 荒磯恒久」「九州大学教授 湯本長伯」 (担当:共著, 範囲:第1章5頁~16頁、第6章51頁~73頁、)
産学連携学会   2008年6月   
挑戦する地域
長平彰夫
ぎょうせい   2003年3月   
動き出した産学官連携
「長平彰夫」「西尾好司」 (担当:共著, 範囲:全体編著者であり、個人執筆部分は第1章1頁~24頁、第2章第2節43頁~59頁、第3章第1節73頁~97頁、第6章第2節259頁~273頁)
中央経済社   2003年11月   
Management of Technology and Innovation in Japan
Cornelius Herstatt,Christoph Stockstrom,Hugo Tschirky,Akio Nagahira (担当:共著, 範囲:Editor でもあり個人的にはPart 2 "Fuzzy Front End"pp167-183,Part 3(NPD Process)pp249-265,Part 4(Cultural Aspects)pp329-352)
Springer   2005年11月   

講演・口頭発表等

 
日本企業のオープンイノベーションとパフォーマンスの成功との関係性に関する研究
王 雪、長平 彰夫
第58回 日本経営システム学会 全国研究発表大会   2017年5月27日   
Optimizing Unique Supply Chains: A Case of Automobile Business Continuity Management
Abednico Lopang Montshiwa, Akio Nagahira
2016 International Symposium on Business and Management Fall   2016年10月7日   
The Impacts of Open Innovation on NPD Project Success and FFE Activities: An Empirical
Kento Shimizu, Akio Nagahira, Sumie Ishihara, Shuichi Ishida
2016 International Symposium on Business and Management Fall   2016年10月7日   
The Impact of Fuzzy Front End Activities and Changes in Project Execution on New Product
Ko Yamasaki,Akio Nagahira,Sumie Ishihara
2016 International Symposium on Business and Management Fall   2016年10月7日   
The impact of fuzzy front end of innovation in Japanese manufacturing firms in the 1980s and the 2000s
7. Akio Nagahira, Ruslan Mammetseyidov, Shuichi Ishida, Sumie Ishihara, and Tomohiro Yokoyama
Cinet Conference 2015   2015年9月13日   

競争的資金等の研究課題

 
プロダクトイノベーションにおける"Fuzzy Front End"の研究
科学研究費補助金
研究期間: 1999年7月 - 現在
企業の事業継続マネジメント
科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月
CTOの役割と権限に関する研究
研究期間: 2005年9月 - 現在
中小企業の知的財産戦略に関する研究
研究期間: 2004年4月 - 現在
企業の事業継続計画
一般別枠研究
研究期間: 2011年12月 - 現在

その他

 
2014年4月   地域イノベーション研究
企業の新製品開発活動に関しての研究
2011年5月   地域・イノベーション研究
企業の新事業開発におけるイノベーション研究を行うことを目的とする。
2010年8月   中国企業における新製品開発活動と新製品優位性との関係性に関する研究
本研究の目的は、中国企業の新製品開発活動と新製品の優位性との間の関係性を集中的な現地調査により分析することである。併せて、日本や欧米の同業者と比較して新製品開発プロセスの類似性があるのか、新製品開発プロセスマネジメントの発達における歴史依存性、経路依存性が存在するかについても明らかにすることを目的とする。
2010年8月   地域・イノベーション研究
企業の新事業開発におけるイノベーション研究を行うことを目的とする。
2010年7月   中国企業における新製品開発活動と新製品優位性との関係性に関する研究
本研究の目的は、中国企業の新製品開発活動と新製品の優位性との間の関係性を集中的な現地調査により分析することである。併せて、日本や欧米の同業者と比較して新製品開発プロセスの類似性があるのか、新製品開発プロセスマネジメントの発達における歴史依存性、経路依存性が存在するかについても明らかにすることを目的とする。